和歌山県日高郡印南町の保育士求人

  1. いなみこども園

    和歌山県日高郡印南町大字山口150-3

    いなみこども園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

和歌山県の中部に位置する印南町は、人口およそ8,000人の町です。産業は、農業がさかんで、サヤエンドウの栽培やすいかの栽培、プチトマトや真妻わさびなどの栽培があげられます。また、昭和50年以降スターチスと呼ばれる花の栽培も行われています。

和歌山県印南町は、沿岸部から内陸にかけて広く分布しており、特に内陸部の交通手段として最も利用されているのが、御坊南海バスが運営する路線バスです。特に、国道425号線を中心とした印南町東部の主流な交通手段として、地元住民の移動に利用されています。また、自動車を使った移動で利用されている阪和自動車道も印南町南部にインターチェンジを有するなど利便性が高くなっています。大阪から伊勢方面までを結ぶJR紀勢本線は印南町中部から南部を縦断する形で往来しており、その中でも印南町南部にある印南駅は、通勤や通学で利用する乗客を多く抱える中心駅として用いられています。

和歌山県の印南町で開催される産業祭りは、毎年11月に開催されている地元の名産品が目白押しのお祭りです。当日にはダンスや和太鼓などの演奏のほか、子どもが参加できるイベントとして、三輪車レースやミニSLなどおもしろイベントも開催しています。10月には印南八幡宮秋祭りが開催されます。屋台と神輿が印南浜まで渡卸する光景は、力強く勇ましい勇姿が見られます。地元ではこの祭りが終わると秋が訪れるとされています。川又観音会式は4月に開催されています。川又観音は厄除けとしても有名で、多くの参拝者が訪れています。近くに流れる滝の流水は目に良く効くことでも知られています。

和歌山県の印南町にあるかえる大橋は、のどかな町の風景の中に突如として現れる、真っ赤なボディとカエルの顔のついた橋になっていて、町のシンボルともなっています。港で行うことのできる観光地曳網では、実際に行われているやり方で網を引くことが出来るようになっています。魚はその場で購入することもできるので、新鮮な魚介類を楽しむことが出来るお得なイベントになっています。熊野権現にある五体王子の一つともなっている切目王子神社は、歴史を感じさせてくれる趣のある神社で、参拝をするときには二拝二拍一拝の形式となっています。

和歌山県の印南町では、子育て世帯を支援するための自治体の取り組みとして、児童扶養手当制度を行っています。この制度は母子家庭での児童の健全育成や生活安定を目的として行われています。支給の対象となっているのは、父母が離婚した児童、父が死亡した児童、一定の障害のある児童、父の生死が不明な児童、父が引き続き1年以上養育遺棄している児童、父が引き続き1年以上の間拘禁されている児童、母が婚姻によらず懐胎した児童、棄児された児童などの場合に支給されることになります。支給される額は扶養者の所得によって変動します。