和歌山県東牟婁郡太地町の保育士求人

  1. 太地町立太地保育所

    和歌山県東牟婁郡太地町大字太地3431

    太地町立太地保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  2. 太地町立太地幼稚園

    和歌山県東牟婁郡太地町大字太地3427

    太地町立太地幼稚園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

太地町は和歌山県の南東端・熊野灘沿岸に位置し、人口は約3.1千人です。主な産業は捕鯨・イルカ漁に代表される水産業であり、「くじらの町」を名乗っています。観光業でもクジラ・イルカに関する施設を整備しています。また、国内では唯一、捕獲したイルカを国内外の水族館に出荷しています。

太地町は、和歌山県の南東部に位置する港町で、太地町内の各交通手段のほぼ全てが、主に町内の内陸部に集中する形で存在しています。中でも、自動車の主要交通手段となる国道42号線は町内西部を湾曲する形で走っており、紀勢本線の太地駅前を通るなど、主に世界遺産の熊野古道や周辺の観光地を目的に訪れる観光客が利用する交通手段となっています。また、鉄道駅や国道42号線が密集する太地町西部と、港なや町役場などが密集する太地町東部を結ぶのが和歌山県道239号太地港下里線で、県道239号線沿いには小学校や商店など町の主要な施設が数多く点在していることなどから、地元町民の生活基盤としての環境が整えられています。

子どもが参加できるイベントとして、和歌山県の太地町ではくじら踊りやくじら祭り、盆供養花火大会などのイベントがあります。くじら踊りは無形民俗文化財の一つとなっています。クジラを取り巻いて踊るという伝導ある祭りとなっています。またくじら祭りは毎年8月に行われる、地域恒例の夏祭りです。数多くの屋台が会場を埋め尽くし、金魚すくいや的当てなど、子供も楽しみやすいものが多いです。また、祭りの締めには花火が盛大に打ち上げられ、太地町の夜を綺麗に照らします。盆供養花火大会は夏の風物詩となっている盆踊り大会です。毎年多くの人々で賑わいを見せています。

鯨とイルカの町である太地町では、鯨とイルカを中心に多くの海洋レジャースポットがあります。吉野熊野国立公園内にあるくじら浜公園では、海洋水族館やシロナガスクジラの全身骨格標本、くじらの博物館があり海に関する様々な事を勉強できるほか、イルカショーやクジラショーも行われています。太地町森浦にあるワールド・ドルフィンリゾートには多くのイルカがおり、えさやり体験や浅瀬でのトレーナー体験など様々な形でイルカと触れ合う事が可能です。また、平見台園地を登った所にある展望台からは海の景色が一望できますし、春になると500本の桜が一斉に咲き誇る桜の名所にもなっています。

赤ちゃんやお子さんの急な発熱などの病気、怪我、健康診断…お子さんと病院に行く機会は多いですが、太地町では「乳幼児医療費助成制度」という育児補助制度があります。対象になっているのは0歳~6歳までの健康保険に加入しているお子さん。6歳になった日から最初の3月31日までが利用可能となっており、赤ちゃんの通院や入院に係わる一部負担金が助成金として支給されます。また、乳幼児医療費助成制度とは別に、出生時の体重が2000g以下であった未熟児、心臓などの臓器に先天的な異常がある為、入院や通院が必要な赤ちゃん、特定の慢性病を持った場合などは医療費助成してくれる国の制度もあります。