山形県飽海郡遊佐町の保育士求人

  1. 遊佐乳児園

    山形県飽海郡遊佐町遊佐字舞鶴10-1

    遊佐乳児園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  2. 遊佐町立/吹浦保育園

    山形県飽海郡遊佐町吹浦字苗代34

    遊佐町立/吹浦保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  3. 遊佐町立/藤崎保育園

    山形県飽海郡遊佐町増穂字西田96

    遊佐町立/藤崎保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  4. 遊佐町立/遊佐保育園

    山形県飽海郡遊佐町遊佐字五所ノ馬場4-1

    遊佐町立/遊佐保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  5. 杉の子幼稚園

    山形県飽海郡遊佐町遊佐字高砂83

    杉の子幼稚園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  6. 遊佐学童保育所ぽっかぽかクラブ

    山形県飽海郡遊佐町遊佐字広表6-8

    遊佐学童保育所ぽっかぽかクラブ
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

山形県の最北部に位置している日本海に面している町で、人口はおよそ14,000人です。日本海の雄大な漁場を活かして漁業がさかんですが、近年は工業も活性化してきて、工業団地もあります。また、信仰の山として有名な鳥海山をはじめハイキングや海水浴など観光スポットもあります。

山形県飽海郡遊佐町は山形県最北部の日本海沿いに位置する自治体です。町域の東側部分には鳥海山の山岳地帯を控え、人口の多くは西側海沿いの庄内平野に分布しています。そのため鉄道や主な道路はほぼ全てこの地域を通っています。鉄道はJR東日本の羽越本線が通り、町内には北から女鹿、吹浦、遊佐の三駅が設置されています。このうち特急停車駅でもある遊佐駅周辺が中心市街地となっています。主要道路では海沿いを国道7号線が町を南北に貫くように通っていますが、町の中部より南方向へ国道345号線が分岐しています。町内の公共交通としては、コミュニティバスとして遊佐町営バスがありましたが、2013年を持って廃止されています。現在では住民向けの公共交通サービスとして、スクールバス、デマンドタクシーの運行や、交通弱者向け対策としてタクシー料金の補助などが行われています。

遊佐町の遊佐の小正月行事には秋田の「なまはげ」によく似たアマハゲと言われる行事があります。起源は秋田のなまはげと一緒だと言われていて、内容もなまはげ同様ですが、身に着けている衣装等は集落ごとに微妙に違うものとなっています。垂井曳やま(ひきやま)まつりは八重垣神社の祭りで、3つの豪華な曳やまが町中を練り歩くのが名物です。また曳やま上で演じられる歌舞伎も見物の一つで、毎年様々な演目が演じられています。伊吹祭りは伊富岐神社に伝わる神楽を舞うお祭りです。豊作と安全も祈願する神楽で200年以上の長きに渡り、毎年舞われ続けています。

国土庁指定の重要無形民俗文化財である杉沢比山とは、遊佐町杉沢地区に伝承される山伏により舞われる神楽、番楽です。奉納される熊野神社は鳥海山二之王子熊野大権現、と呼ばれており、修験者が入峰した際の二之宿。伝統や文化的価値だけではなく芸術的価値も評価されており、著名な民俗学者の折口信夫氏らの推挙を受け、明治神宮鎮座十年大祭にて奉納公演をしています。毎年、8月6日の仕組み、8月15日の本舞、8月20日の神送りの三晩を杉沢熊野神社境内にて演じます。公園内に三崎山旧街道が現存する三崎公園は、切り立った崖の絶景が有名な景勝地で、「手長足長の伝説」も有名です。

山形県の最北西部に位置する遊佐町では、町民の高齢化に伴い、今後町の人口が減っていくのを見据え、積極的にIJUターンを推進する取り組みを進めています。専用の窓口を作り、首都圏での「田舎暮らし」のイベントに参加したり、遊佐町IJU促進協議会がHPを立ち上げ様々な情報を提供しています。移住を決める前に一定期間「お試し体験住宅」を体験してもらうことで、移住の実現を確かなものにしてもらいます。また、地域には移住者を支援する体制を整えておりNPO法人いなか暮らし遊佐応援団もこの体験をフォローします。移住者への手厚いサポート体制を作って一人でも多くの方に移住してもらおうと取り組んでいます。