山形県最上郡真室川町の保育士求人

  1. たんぽぽこども園

    山形県最上郡真室川町大字新町376-2

    たんぽぽこども園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  2. 真室川町立/安楽城保育所

    山形県最上郡真室川町大字大沢814-14

    真室川町立/安楽城保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  3. 真室川町立/釜淵保育所

    山形県最上郡真室川町大字釜渕383-16

    真室川町立/釜淵保育所
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  4. やすらぎ福祉サービスキッズハウス

    山形県最上郡真室川町大字平岡片杉野1692-13

    やすらぎ福祉サービスキッズハウス
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  5. 真室川学童クラブ

    山形県最上郡真室川町大字川ノ内2104-2

    真室川学童クラブ
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  6. 真室川北部学童クラブ

    山形県最上郡真室川町大字釜渕817-37

    真室川北部学童クラブ
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

山形県の新庄盆地の北側に位置しています。また秋田県と隣接していて、出羽産地や奥羽山脈に囲まれています。人口はおよそ9千人です。農業では米のブランド化を目指すなど力を入れています。その他に聞きなれない名前の伝承野菜の数々の栽培も手掛けています。

真室川町は秋田県と県境を接する、山形県の北に位置する町となっています。公共交通機関はJR東日本「奥羽本線」が市内を南北に走っています。町内に位置する「及位(のぞき)駅」は難解駅名として全国的にも有名です。町役場など町内の主要な公共施設は「真室川駅」の周囲に立地しています。道路網としては国道13号線が「奥羽本線」と平行するように走っています。秋田県の内陸部とを結ぶこの路線は、峠部は交通の難所として過去複数回の改修が行われており、現在は「一般国道13号主寝坂道路」として整備されています。この道路は将来的に東北中央自動車道として併用される予定です。また、町内を東西に結ぶ路線としては「国道344号」が整備されており、酒田市との間を結んでいます。この路線は山あいの豪雪地帯を通ることから、冬季の運転においては注意が必要です。

山形県の真室川町では子どもが参加できるイベントがいろいろあります。「真室川梅まつり」は早春の梅の花が咲く頃に行われるおまつりです。きれいに咲いた梅のもとで民謡ショーや有名な真室川音頭の披露などがあり、ダンスパフォーマンスなどのイベントも楽しめます。夜には満開の梅のライトアップが綺麗です。「真室川音頭全国大会」は、たくさんの人に愛され歌われる真室川音頭を、日本全国から本場の真室川に参集し歌い競うというものです。大人からこどもまで自慢の歌を披露します。「番楽フェスティバル」は360年前から伝わる番楽という伝統的な舞を間近で見ることができます。

真室川梅林公園にhは、梅が約450本植えられていて、見ごろは4月下旬からゴールデンウィークまです。梅まつり、観梅会、梅の里マラソン大会が開かれます。及位観光わらび園は、入園料大人2千円、12kgまで収穫できます。時期は5月下旬から6月中旬までです。まむろ川温泉には、350円という低料金で入れる大浴場のほか、サウナ、休息室など設備の充実した温泉宿泊施設があります。近くには、産直品売り場「産直まごころ工房」、炭焼き小屋、森林鉄道トロッコ列車、体験の森公園、林間コテージなどの設備があります。ふるさとおもてなし宿泊券を購入すると、30%お得で宿泊できます。

真室川町では子供への支援のひとつとして、ひとり親家庭等医療制度を実施しています。離婚や死別などの理由により、父または母と一緒に暮らしていない子供を支えるためのもので、母子家庭だけではなく父子家庭も対象となっています。0歳から18歳までの子供に対して助成が行われており、医療機関で保険診療を行った場合、自己負担分が軽減されます。通院・入院ともに対象となりますが、入院の際の食事代や差額ベッド代などは対象外のため、注意が必要です。ひとり親家庭等医療制度は、ひとり親家庭に育つ子供の健康を守るために制定されており、子供の病気の早期発見・治療を目指しています。