山形県西村山郡朝日町の保育士求人

  1. 朝日町立/あさひ保育園

    山形県西村山郡朝日町大字宮宿2272

    朝日町立/あさひ保育園
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
  2. 朝日町立/子育て支援センターあさひ

    山形県西村山郡朝日町大字宮宿2272

    朝日町立/子育て支援センターあさひ
    • 保育士、幼稚園教諭、看護師、その他
    • 保育士資格をお持ちの方
    • 正社員、契約社員、非常勤・パート
    • -
    • -
    • -
    • -
無料転職サポートはこちら
上京者向け求人特集

昭和29年に2村・1町が合併し現在の朝日町となりました。平成22年の国勢調査では人口7,856人となっています。主な産業はりんご生産を中心とした果樹園栽培で、昭和45年から全国に先駆けて「無袋ふじ」の栽培に取り組んだことで知られています。また、朝日町とJAが共同で出資して朝日町ワインを設立。国産ワインコンクール金賞を受賞するワインを醸造するなど、地元産のブドウを使ったワインにも力を入れています。

山形県朝日町の東側には最上川が南北に流れており、最上川に沿うように国道287号線と山形県道9号長井大江線が通っています。朝日町の西側は朝日連邦の主峰である大朝日岳の東縁にあたり、幹線道路としては木川ダムの北側を通る山形県道289号線白滝宮宿線が白滝の近くまで延びています。朝日町で公共交通として利用されているのはバス路線です。朝日町では山交バスの路線バスをはじめ、朝日町が運行しているコミュニティバスと朝日町-山形市直行バスがあります。朝日町のコミュニティバス「あいのり号」は公共交通を利用しにくい地域の住民が町内を移動する際に利用できるデマンドタクシーです。

5月3日、宮宿地区で盛大に行われる豊龍神社例祭は、大獅子に宮神輿、樽神輿行列などがあり賑わいます。出店もあり、また商店街にて「豊玉姫まつり」も催されています。8月の朝日川渓流祭りでは、魚のつかみどりや、その魚を焼いて食べる体験ができ、家族連れで賑わいます。豊かな自然環境を体感しながら楽しめる夏休みのイベントです。6月5日の世界環境デーは、朝日町においては「空気の日」。その日に開催される空気祭りは、会場となる空気神社の本殿が一般公開され、巫女の舞も見ることができます。その他にも特産品の販売や、様々なイベントも行われるおまつりです。

朝日町のレジャースポットはまずasahi自然観でしょう。四季を通じてイベントが盛りだくさんあり農業体験も出来ます。美味しいものが目白押しの山形ですがダチョウが有名って知ってますか?ダチョウ村は飼育しながら入場無料で見学自由です。子供たちとものんびり触れ合える場所です。そして観光スポットとして忘れてはならない場所がもう一つあります。農水省の棚田百選にも名が載るほどの名所で、一本松公園(くぬぎだいらのたなだとも呼ばれています)で、扇状に広がった棚田が美しく公園の高台から棚田の斜面が一望できます。ビューポイントでもあり撮影ポイントでもあります。出かける時は是非時間や季節によって姿を変える棚田の風景を撮影しましょう。

朝日町では子育て支援の一環として、特別扶養手当の支給を行っています。心や体に障害を持つ0歳から20歳の児童を対象とし、対象児童の養育者に対して手当が支払われます。障害の判定については専任の審査医が行い、等級によって支給される金額が異なります。1級は月額50550円、2級は月額33670円となり、本人や養育者の所得が手当の上限を上回る場合には、支給が停止されます。特別扶養手当は障害を持つ児童の生活の安定を目指し、健やかな成長を支えるためのものとなっており、児童や養育者への大きな支援となっています。