秋田県北秋田郡上小阿仁村の保育士求人一覧

保育士は県内では高優遇。また秋田県の消費者物価指数は低い!

秋田県の保育士の平均給与は298万円(2016年)で全国平均の309万円と比べてわずかに低くなっていますが、県内で働く全従業者の平均年収は347万円(2016年)で全国平均の468万円を下回っています。県内では保育士は比較的待遇がよい職種と言えるでしょう。また県庁所在地である秋田市の消費者物価指数は、全国で46位(2013年)と全国で2番目に低いことが特徴です。このことから県内で生活する上では金銭面にマイナス面が少ないことが考えられます。

0件中 1〜10件表示

気になる求人は見つかりましたか?
保育士バンクではキャリアアドバイザーによるお仕事の紹介も行っています

専任のキャリアアドバイザーがあなたの就職・転職を全力サポートいたします。非公開求人も多数ご用意していますので、ぜひ求人紹介サービスもご利用ください。

秋田県の平均学力の高さは生活習慣にある!

2016年度の全国学力テストでは秋田県が小・中学生ともに全国2位という結果になっています。秋田県は農村型(核家族と比べて複数世帯が同居している家庭)が多く、その特徴を活かして教育委員会が「家庭学習」と「公教育の充実」を促しています。秋田県の通塾率(塾に通う生徒の割合)は全国47位(2015年)と全国で最も低いのですが、教育委員会の掲げる「秋田わか杉っ子・学びの10ヶ条」の中の「早寝・早起き・朝ごはん・家庭学習」という方針が生活に溶け込んでいる児童が多く、そのために高い学力を維持していると言えるでしょう。

近年は再生可能エネルギー開発が成長分野。企業誘致の動きも!

「あきたこまち」の産地として知られる秋田県ですが、近年では自然に恵まれた土地の特性を活かして風力発電を中心に新エネルギーの開発に力を入れています。教育の学力平均の高さを誇る秋田県は現在では積極的に企業を誘致する動きもあり、今後は再生可能エネルギー分野での成長も期待されています。積雪が多い地方として有名ですが、秋田市内など人口の多い地域では生活に支障をきたすほどの積雪の心配はされていないようです。また秋田県は犯罪の発生率(刑法犯発生率)が最も低い県です。犯罪が起きたときの検挙率も全国で2番目に高く(2012年)、安全面ではまず安心して生活できると言えるでしょう。

こだわり条件で保育士求人を探す

都道府県別に保育士求人を探す