2018年02月02日

保育士さんのお役立ち手遊び 10選【動画付きで分かりやすい♪】


これから保育士を目指すみなさんは手遊びを何種類ご存知ですか?
手遊びは様々な場面で活用できるので、現役の保育士は手遊びを数多く知っています。保育実習などでも使えるので、手遊びのレパートリーを増やしましょう。

今回は保育士に役立つ手遊び10個を動画付きでご紹介します。


「手遊びで楽しくじゃんけんしよう! やきいもグーチーパー」


20171222-06.jpg▲クリックで動画の手遊び解説が見られます♪


歌詞「やきいもグーチーパー」



やきいも やきいも おなかがグー

ほかほかほかほか あちちのチー

たべたらなくなる なんにもパー

それ やきいもまとめて グーチーパー

じゃんけん ぽん


いつものじゃんけんに一工夫



子どもたちの生活の中で、オニごっこのオニを決めたり、順番を決めたりと、一度覚えると使う機会がたくさんあるのが「じゃんけん」です。
そのじゃんけんにメロディと振りを付けて楽しくしたのがこの「やきいもグーチーパー」です。
やきいもを食べるときに合わせてグーチョキパーが歌の中に入っているため、子どもたちが初めてじゃんけんをする時の紹介としてもピッタリの手遊びですよ♪


「かわいい卵はなんになる? コロコロたまご」


20171222-07.jpg▲クリックで動画の手遊び解説が見られます♪


歌詞「コロコロたまご」



コロコロたまごは おりこうさん

コロコロしてたら ひよこになった

ピヨピヨひよこは おりこうさん

ピヨピヨしてたら コケコになった

コロコロ ピヨピヨ コケコッコー

コケコがないたら よがあけた コケコ


ことばが面白い・簡単手遊び



「コロコロ」「ピヨピヨ」「コケコッコー」という、たまごやひよこ、にわとりを表したことばが面白い手遊びがこの「コロコロたまご」です。
コロコロと手を回す動き、頭をなでる動き、と簡単な動きの繰り返しが多く、 ゆったりとしたメロディのため、入園したての年少さんでもマネして一緒に遊べます。
動きの中では、手をグーにしたり、開いたり、指を立てたりと指をよく動かすため、子どもの手先を動かす練習にもなりますよ♪
卵から、ひよこ、ニワトリへの成長も紹介しているため、ひよこやニワトリの本を読む前にもピッタリの手遊びです!


「手遊びでいろんなお仕事をイメージ♪おおきくなったらなんになる」


20171222-08.jpg▲クリックで動画の手遊び解説が見られます♪


歌詞「おおきくなったらなんになる」



おおきくなったら なんになろう おおきくなったら なんになろう
ひとつとひとつで なんになろう ちくちくさすよ おいしゃさん

おおきくなったら なんになろう おおきくなったら なんになろう
ふたつとふたつで なんになろう ちょきちょききるよ びようしさん

おおきくなったら なんになろう おおきくなったら なんになろう
みっつとみっつで なんになろう くりーむまぜるよ けーきやさん

おおきくなったら なんになろう おおきくなったら なんになろう
よっつとよっつで なんになろう みんなをみまもる おまわりさん

おおきくなったら なんになろう おおきくなったら なんになろう
いつつといつつで なんになろう どすこいどすこい おすもうさん


お仕事を教える手遊び



指の数に合わせて、いろいろなお仕事とその名前をを子どもたちに紹介することができるのが特徴の手遊びです。
一つひとつのお仕事を、「ハサミで髪を切ったり」「クリームを混ぜたり」と具体的なイメージと動きを合わせて、何をする仕事なのか伝えることができますよ。
大げさに動くと子ども達に伝わりやすいです。
また、「ひとつ」「ふたつ」といった昔ながらの数え方を子どもたちが自然と学ぶことがことができるため、意外と教育的な手遊びです。

これから大きく成長していく子どもたちにとって、未来の可能性は無限大。手遊びの中で紹介するお仕事が将来の夢になるかもしれません♪


「二匹のうさぎの愉快なリズム手遊び♪ うさぎさん」


20171227-09a.jpg▲クリックで動画の手遊び解説が見られます♪


歌詞「うさぎさん」



1番:
こっちから うさぎさんがかけてきて 
おみみをうごかすよ ぴくっ ぴくっ
こっちのうさぎさんもでておいで 
たらったらったらった かけてゆく

x2回

2番:
両方からうさぎさんがかけてきて 
おみみをうごかすよ ぴくっ ぴくっ
やあやあみなさん こんにちわ
たらったらったらった かけてゆく



手をチョキにしてうさぎさんを表現しましょう



最初は両手を後ろに隠しておきます。うさぎさんがかけてくる→後ろから手をくるくるさせながら出す。
ぴくっぴくっ→チョキの二本指を耳に見立てて耳を動かす様子、たらったらったらったかけてゆく→手を後ろにしまう、など歌に合わせて手を動かしましょう。
両方から~のところは両手で始めましょう。こんにちわ、のところであいさつ、かけてゆくで後ろに隠します。


動きも簡単・アレンジ簡単♪



「うさぎさん」は主に年少から年中さん向けの手遊びです。
手をチョキにして動かすのは簡単な手の動きです。入園式の親離れの時、入園した次の日から、年少さんでも楽しめます!
アレンジも簡単です。
「このうさぎさんはのんびりだよ~」とゆっくりで、「このうさぎさんはせっかちだよ」と速く、スピードを調整するだけで単純な動きにバリエーションが!
最後のうさぎさんがかけていくところだけ、巻きの速さでやったり、きつねさんやぞうさんを登場させてあげてもいいですね。

保育士バンク!があなたの就活・転職をお手伝いします

「スズメはどこへ飛んでいく?手遊び 奈良の大仏さん」


20171222-05.jpg▲クリックで動画の手遊び解説が見られます♪


歌詞「奈良の大仏さん」



ならの ならの だいぶつさんに スズメが5わ とまった

なんといって ないてます チュンチュン チュンチュンチュン ヘイ!

1わめのスズメが あたまに とまった 

たかい たかい やまだよ チュンチュン チュンチュンチュン ヘイ!

2わめのスズメが おはなに とまった

くらい くらい トンネルだよ チュンチュン チュンチュンチュン ヘイ!

3わめのスズメが おへそに とまった

ひろい ひろい いけだよ チュンチュン チュンチュンチュン ヘイ!

4わめのスズメが おゆびに とまった 

ながい ながい えんとつだよ チュンチュン チュンチュンチュン ヘイ!

5わめのスズメが おしりにとまった

くさい くさい おかだよ チュンチュン チュンチュンチュン ヘイ!


スズメはどこにとまったのかな?



「5羽のスズメが大きな奈良の大仏にとまったらどう感じるだろう」という手遊び。
振り付けも簡単なので年少さんでも真似しやすいですね。 歌詞の中には「1わ、2わ...」といった鳥の数え方を、
遊びの中で子どもに教えることがもできて意外と学びの要素がありますよ。
スズメの代わりに、ネコやイヌで鳴き声を変えるアレンジをしてみても面白いですよ♪


「電車の旅に行った気分で手遊び♪ 線路は続くよどこまでも」


20171222-04.jpg▲クリックで動画の手遊び解説が見られます♪


歌詞「線路は続くよどこまでも」



せんろはつづくよ どこまでも 

のをこえ やまこえ たにこえて

はるかなまちまで どこまでも

たのしいたびのゆめ つないでる

ランラ ランラ ラーンラ ランラ ランラ ラーンラ

ランラ ランラ ランラン ランランラン
(繰り返し)


指先をたくさん使う手遊び♪



動画中で繰り返し行われている振り付けは子どもの手先の発達の練習になります。
手を合わせてたたいたり、手の上下を入れ替えたり、指をはじくような動作も手の対称的、非対称的、指先の動きが含まれているため子どもの手先を使う練習になる手遊びです。
また、電車をテーマにしているのがこの手遊び。電車の車両のように、子どもたち同士が後ろからだんだんくっつく電車ごっこをやっても面白いですよ♪


「導入の定番手遊び♪ はじまるよ」


20171227-08a.jpg▲クリックで動画の手遊び解説が見られます♪


歌詞「はじまるよ」



はじまるよ はじまるよ はじまるよったら はじまるよ

いちといちで にんじゃだよ どろーん

はじまるよ はじまるよ はじまるよったら はじまるよ

にとにで かにさんだよ ちょきん

はじまるよ はじまるよ はじまるよったら はじまるよ

さんとさんでねこのひげ にゃおー

はじまるよ はじまるよ はじまるよったら はじまるよ

よんととんで たこのあし ひゅーん

はじまるよ はじまるよ はじまるよったら はじまるよ

ごとごで とりさんだよ ぱたぱたぱたー


青虫の家族になりきろう



みんなで楽しくやれば確実に盛り上がるのがこの手遊び歌。

主役はあおむしの家族なので、おとうさんあおむしから、あかちゃんあおむしまで表情豊かにやってみてください。
そして最後のにょきにょきにょき...と増えていく所は楽しく面白く、やってみてくださいね。


ちょうちょになる=成長を感じさせる



ちょうちょになるという事は素敵な事ですよね。
この手遊びをやるときは、いもむしからちょうちょへ成長することを子どもたちに例えてお話ししてあげると、さらに深みが増します。子どもたちにも、興味を持ってもらえますよ。

人気の手遊びだからこそ応用編も沢山あるのでネットで検索したり自分で新しい方法を考えてみても楽しい手遊び歌。是非やってみてくださいね!


「赤ちゃんから楽しめる手遊び♪ てをたたきましょう」


20171222-03.jpg▲クリックで動画の手遊び解説が見られます♪


歌詞「てをたたきましょう」



てをたたきましょう タンタンタン タンタンタン

あしぶみしましょう タンタンタンタン タンタンタン

わらいましょう ワッハッハ わらいましょう ワッハッハ

ワッハッハ ワッハッハ ああおもしろい

2番:

てをたたきましょう タンタンタン タンタンタン

あしぶみしましょう タンタンタンタン タンタンタン

おこりましょう プンプンプン おこりましょう プンプンプン

プンプンプン プンプンプン ああおもしろい

3番:

てをたたきましょう タンタンタン タンタンタン

あしぶみしましょう タンタンタンタン タンタンタン

なきましょう エンエンエン なきましょう エンエンエン

エンエンエン エンエンエン ああおもしろい


赤ちゃんでも楽しめる簡単な手遊び



「てをたたきましょう」は一定のリズムにのって、手をたたいたり、気持ちを表現する、とても簡単な手遊びです。
リズムも単調なので赤ちゃんのリズム感覚を養うのにもピッタリな手遊びの一つです。 気持ちを表現することのが多いのもこの手遊びの特徴です。
子どもたちと一緒に笑ったり、怒ったり、泣いたり、豊かに感情表現をして楽しみましょう♪


「数え歌の要素がある手遊び どんぐりとこりす」


20170925_23.jpg▲クリックで動画の手遊び解説が見られます♪


歌詞「どんぐりとこりす」



1番:
どんぐりころころ かけてった かけてった

ころころひとつ ころころふたつ ころころみっつ ころころよっつ

ころころころころ いつつ むっつ ななつ やっつ ここのつ とお

こりすにおわれてかけてった

2番:
どんぐりころころ つかまった つかまった

ころりんひとつ ころりんふたつ ころりんみっつ ころりんよっつ

ころりんころりん いつつ むっつ ななつ やっつ ここのつ とお

こりすのおててにつかまった


数字に触れる数え歌



「どんぐりとこりす」は、次から次へ数字が出てくる手遊び。
子どもたちが数字という考え方に慣れるのには最適。
いち、に、さん、だけでなく、ひとつ、ふたつ、みっつ、と、ものの数え方も学ぶことができますね。
とはいえ手遊びは子どもたちと一緒に楽しむことが一番です。
あまり教育的になりすぎず、ころころ、やころりん、といったかわいいリズムを一緒に楽しみ、数字にふれ合いましょう。


「リズムや擬音が楽しい手遊び、りんごのうた」


20171222-02.jpg▲クリックで動画の手遊び解説が見られます♪


歌詞「りんごのうた」



りんごコロコロ りんごコロコロ

みかんカンカン みかんカンカン

ピーマン ぴっぴ ピーマン ぴっぴ

かぼちゃ ボチャボチャ かぼちゃボチャボチャ

あたまグシャグシャ あたまグシャグシャ


コロコロ、カンカン...擬音がたくさん


愉快なリズムの「コロコロ」「カンカン」といった、楽しい擬音がたくさん登場する「りんごのうた」。
振り付けも年少さんがすぐマネできるぐらいの簡単さですよ。
子どもたちが慣れてきたら、スピードに強弱をつけると、変化が出て子どもたちもノリノリになれますよ♪


アレンジを加えて手遊びを楽しく!



手遊びは、そのまま楽しんでもいいですし、子どもたちが慣れてきたら1つでもアレンジを加えることで何通りも遊べます。
手遊びを場面で使い分け、事前にアレンジを考えておくと使いやすくなります。
また、恥ずかしがらずにやることで子どもたちにも楽しんでもらえます。

様々な手遊びを覚えて、保育現場で使ってみましょ。

特集コラム一覧

  • カリスマ保育士・てぃ先生の園長見習い中
  • LET'S PLAY!世界の保育とゲーム
  • 保育がもっと楽しくなるコラム
  • 明日から使える!あそびコーディネートのコツ
  • 保育のあるある!ゆるり〜ホッと〜相談室
  • 保育士おとーちゃんの・保育の力って何だろう?