【F・マリノススポーツクラブコーチに聞く】子どもを「褒める」。保育園での運動指導の大切さ

弊社保育士バンク!は5月25日、F・マリノススポーツクラブとの協働イベントを開催。幼児期から子どもの運動習慣が大切であるといわれているものの、近年では新型コロナウイルスの影響もあり、園児の運動不足が懸念されています。また事前の独自調査によると、「保育園での子どもの運動の機会が少ない」「運動指導に困っている保育士さんが多い」という実態も明らかに。そこで今回、横浜おひさま保育園ご協力のもと、一般社団法人F・マリノススポーツクラブのコーチに運動指導の大切さについて取材しました。


整列する様子

保育現場における運動指導の現状

弊社が独自で実施した「保育現場の運動指導の現状」において、現在の就業先に独自の運動プログラムがないと答えた方が8割、体力測定を実施していないと回答した方が約9割と子どもの運動機会の少なさが明らかになりました。


また、保育園で運動遊びをする機会はあっても、「子どもの運動が十分でない」と感じる保育士さんが7~8割を占める結果に。


保育現場の運動指導の現状データ

こうした現状が、子どもたちの運動能力の低下につながるという懸念の声が挙げられているものの、保育士さんのなかには「子どもへの運動指導に困ったことがある(あった)」と回答した方が約9割いることがわかりました。



保育現場の運動指導の現状_困っていると回答した人のデータ

子どもたちへの基本的な教え方や伝え方のほか、保育士さん自身、運動が苦手で見本を見せられず困っている、という声も挙げられています。

実際、今回のイベントを体験した5歳クラスの先生も、「まさに私自身、運動経験がまったくなく、どう教えたらいいのか、姿勢やボールの扱い方など基礎から分からないことが多くあった」とお話していました。


文部科学省「幼児期運動指針」の資料においても、運動能力の向上や社会性・創造性を育むためには、幼児期から運動の機会を保証することが重要であると公表されているものの、まだまだ保育現場における運動指導の課題は多いよう。


保育園という場所で、子どもへ運動指導することにはどんな意味があり、一番大切にすべきことはどんなことなのでしょうか。芝崎コーチにお話を伺いました。

しっかりと「褒める」ことが子どもの成長を伸ばす




ー保育園で運動指導をすることに、どんな意味やよさがあると考えていますか?


芝崎コーチ

保育園は子どもたちにとってなじみのある先生がいる場所なので、いろんな話や遊びができるという意味があります。また、親しみのある先生がいれば、鬼ごっこや普段の遊びなどをスムーズに運営できるというよさもあるので、室内で”ボールと仲良くする”といった運動を取り入れることも大事だと思います。




交互の足を使ってボールにタッチする様子 左右交互の足をボールに乗せて、徐々にレベルアップ!


ー保育園で子どもたちに運動指導をするうえで、一番大事なことを教えてください。


芝崎コーチ

一番は、子どもたちの目線に立って”褒める”ことです。しっかりと褒めてあげて、たとえできなくても「次はこうしてみよう」「もう一回挑戦してみよう」とプラスになる言葉をかけることが大切だと思います。そのうえで、保育士さんも子どもといっしょに実践してみてほしいですね。





ー運動が苦手という子どもに対して、どのような接し方をするとよいでしょうか?


子どもと同じ目線になってフォローする様子 子どもの目線の高さに合わせて横で見守るコーチ。

芝崎コーチ

見ることからはじめるといいと思います。強制したり、無理強いしたりするのではなく、もしできそうであれば少しずつ活動に参加させるなどの対応が大切だと思いますね。





将来につながる「健康」を育むために

手を使ってボールに親しむ子ども 手を使ってボールと仲良くなるところからスタート。


ー子どもにとっての「運動」を一言で表すとどんなものでしょうか?また今後、運動指導をする保育士さんに伝えたいメッセージがあればお願いします。


芝崎コーチ

子どもにとって運動は「健康」です。

将来、大人になってからも健康に過ごすためには欠かせない要素だと思います。


今回のイベントを通して、子どもたちの笑顔を見られてよかったですし、ボールを使って楽しそうに取り組む姿は僕たち自身にとっても勉強になるところがありました。

もちろん保育園によっては、運動できる環境が少ないということもあるかもしれません。そんなときは、ボールと仲よくするとか室内でできるボール遊びを取り入れるなど、限られた環境でもできる運動遊びを見つけてほしいと思います。


今後、サッカーなどのスポーツをはじめる子もいれば、そうでない子もいると思いますが、自分の好きなことを見つけて、今後の人生を楽しく過ごしてほしいなと思いますね。






取材協力:一般社団法人F・マリノススポーツクラブ
     
横浜おひさま保育園



【調査概要】

調査対象:「保育士バンク!」をご覧いただいている保育士さん

調査期間:2021年3月19日~2021年3月23日

査方法:インターネット調査

有効回答数:保育士 168名


関連する記事

【取材レポート】F・マリノススポーツクラブ×保育士バンク!協働イベントを開催!サッカーを通じて学ぶ子どもへの運動指導法

【取材レポート】F・マリノススポーツクラブ×保育士バンク!協働イベントを開催!サッカーを通じて学ぶ子どもへの運動指導法

弊社保育士バンク!は5月25日、一般社団法人F ・マリノススポーツクラブとの協働イベントを...

[PR]子どもの安全・安心で選ぶロールスクリーン。操作性もよりスマートに

[PR]子どもの安全・安心で選ぶロールスクリーン。操作性もよりスマートに

近年、安全性や機能性の観点からロールスクリーンを採用する園が増えています。Kids Fir...

【徹底解説】保育要録とは?書き方や様式、記入例文を紹介。

【徹底解説】保育要録とは?書き方や様式、記入例文を紹介。

5歳児クラスの担任は、子どもの様子を伝える「保育要録」を作成する必要があります。保育計画な...

大豆生田啓友先生インタビュー【後編】子ども主体の保育を実現するために、”いま”できること

大豆生田啓友先生インタビュー【後編】子ども主体の保育を実現するために、”いま”できること

「子どもの主体性」に着目する園が増えてきているいま。乳幼児期の”遊び”にはどんな意味がある...

[PR]子どもと暮らす環境に適した、自然の光や風を感じる「ウッドブラインド」

[PR]子どもと暮らす環境に適した、自然の光や風を感じる「ウッドブラインド」

PR:株式会社ニチベイ子どもたちが多くの時間を過ごす保育園。保育における生活環境は、子ども...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!