保育士の求人票の見方とチェックすべきポイント


転職、再就職を考えている方がお仕事探しをするうえで重要となるのが求人票ですね。

ですが、この保育士求人票の内容をしっかりとチェックできているでしょうか。
求人票からは、労働環境などのデータの裏に隠された情報も知ることができるのです。




20170217_1.jpg



では、転職・再就職を失敗しないために、どのようにしたらよいのか。
正しい求人票の見方を一緒に見ていきましょう。



◆給与の記載はどうなっている?



求人票を見る際に、一番気になるのは給与面ですよね。
ここで重要になるのは、基本的に特別な記載がない場合は、給与は額面での記載となります。

ということは、記載されている額面のおよそ20%程度は、健康保険料や雇用保険料などが差し引かれてしまうということです。

これを念頭に置いて、手取りの給与を算出しましょう。
また、記載方法もさまざまで、「基本給、固定給、月給」などがあるので、その内容についてもきちんと把握しておきましょう。



◆気をつけよう!「固定残業代」と「みなし労働時間制」



求人票の中に、「みなし残業手当:30,000円」「固定残業手当:40,000円」などという記載がある場合があります。
これは、残業の有無に関わらず、一定の金額を支払い、既定の時間数を超える残業代は別途支払うというシステムです。

額面上の月給は多くなりますが、残業代が別途で支払われる所よりも、手取りが少なくなるケースがありますので、必ずチェックしましょう。

また、このシステムを取り入れているということは、残業が発生する職場であるということです。

残業時間が多めであることも覚悟して、月にどれくらいの残業をしているのか、平均時間なども聞いてみると良いでしょう。



◆社会保険に含まれるものは?



求人票では良く見かける「社会保険完備」という記載ですが、どのようなものが含まれるのでしょうか。

社会保険には雇用保険、労災保険、厚生年金保険、健康保険が含まれます。

社会保険完備の記載がなく、完備されていない場合は、国民年金や国民健康保険などに別途加入が必要な場合もありますので、きちんと確認しましょう。



◆試用期間と期間中の待遇を必ずチェックしよう



「入社後2カ月間は試用期間となります」などの記載がある場合は、試用期間中の雇用形態や各種条件が大きく異なる場合があります。

面接時などに、試用期間中の条件を必ず確認しましょう。

また、有期雇用という試用期間中の雇用形態の場合は、更新されないこともあります。

正規職員への登用の可能性があるのかをきちんと確認しておきましょう。



◆非公開求人にも注目しよう



ここまで求人票について確認してきましたが、保育園への転職を希望する場合、求人票をチェックする際には大手の転職サイトへの無料登録をおすすめします。

その大きなメリットは、「非公開求人」。
非公開求人は、求人全体のうち、なんと90%を占めているのです。

特に保育園では、保育園名を公開しないという形での非公開求人も見られます。

求人を公開したほうが、より多くの候補者から良質な人材を選び取れるのに、なぜ非公開求人が多いのでしょうか?非公開求人には、主に次の3つの理由が考えられます。



(1)採用の手間を省く
(2)情報が外部に漏れるのを避ける
(3)条件を厳しくする


それぞれ詳しく見ていきましょう


〇理由1:採用の手間を省く

条件の良い求人、特に都市部での求人は、公開すると、1週間に数十人、多い場合は100人以上の応募が殺到します。
そうなると、保育園の側に、書類選考から面接、応募者への通知等、対応に膨大な手間がかかります。

数百人の中から、採用する1人を選び出すのは、精神的にも、金銭的にも、負担が大きくなります。
そこで、特定のエージェントからの紹介に絞ることで、応募者数を減らし、選考の手間を省くのです。



〇理由2:情報が外部に漏れるのを避ける

たとえば、新しい保育園のオープンに向けた求人の場合、公開求人をしてしまうと、新しい園を作ることが、競合他社に知られてしまいます。

これは、経営戦略上、あまり好ましいことではありません。
また、園内の誰かの退職による補充求人の場合、退職する事実がオープンになる前に、「誰かが辞める」ということが知られてしまう可能性があります。
余計な憶測を呼ぶおそれがないよう、秘密裏に補充人員を探す、ということもあります。



〇理由3:条件を厳しくする

オープンに求人をしてしまうと、経歴や能力の条件をかけるのが、難しくなります。
その点、転職サイトに紹介を依頼するのであれば、依頼する時点で望ましい経歴や能力、人柄などを細かく決めておくことができます。

このように、転職サイトの方であらかじめ候補者をスクリーニングしてくれるので、保育園の方で条件を確認する必要がなく、求める条件に合った人材のみが候補者に上がってくるので、採用選考は、とても楽になります。



◆自分に合った求人を探して、長く働ける場所を見つけよう



求人票については、聞きにくくても、雇用条件について細かく確認することが、後悔しないためのポイントとも言えるでしょう。

しかし、なかなか面接では条件面に言及できないという人は、保育士の人材紹介コンサルタントに相談するということもできます。
職、再就職は重要な人生の選択です。
不安要素はできるだけ払拭しておけるといいですね。


関連する記事

保育園事務員の仕事内容。求人や正社員、パートなど働き方、志望動機について

保育園事務員の仕事内容。求人や正社員、パートなど働き方、志望動機について

保育園で働く事務員というと、仕事内容などあまりイメージが湧かない人も多いのではないでしょう...

保育士の有効求人倍率とは?解説と都道府県別の違い

保育士の有効求人倍率とは?解説と都道府県別の違い

景気のよしあしを表す指標の一つに有効求人倍率があります。各職業ごとに違いがあり、保育士は...

男性保育士の役割と求人募集中の保育園の特徴

男性保育士の役割と求人募集中の保育園の特徴

保育士さんのイメージといえば女性を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?実際に男性保育...

広がる保育士の「時短勤務」 子育て後の職場復帰に

広がる保育士の「時短勤務」 子育て後の職場復帰に

日本全体で働き方の多様化が進む中、「時短勤務」という働き方が保育業界でも注目されています...

駅チカの職場の魅力は?近年急増中、通勤便利な保育園

駅チカの職場の魅力は?近年急増中、通勤便利な保育園

日々の業務が忙しく、早番や遅番もある保育士さんにとって、できるだけ通勤の負担は減らしたい...

4月スタートの保育士求人は転職しやすい?新年度の転職を目指すには

4月スタートの保育士求人は転職しやすい?新年度の転職を目指すには

転職する際に、「余裕をもって転職したい」、「スムーズな入職ができる職場を探している」という...

勤務地を選べる保育園求人の良いところ、その特徴は?

勤務地を選べる保育園求人の良いところ、その特徴は?

求人を探す際に気になるのが勤務地。できれば最寄りの沿線沿いや住み慣れた土地で働きたいですよ...

寮ありの保育士求人 低家賃・生活費も抑えられる寮生活のメリット

寮ありの保育士求人 低家賃・生活費も抑えられる寮生活のメリット

「地元を離れて新天地で就職・転職しよう!」と考えている保育士さんのために、首都圏や主要都...

「複数園あり」の保育士求人 大手法人で保育士として働く魅力って何?

「複数園あり」の保育士求人 大手法人で保育士として働く魅力って何?

現在転職を考えている保育士さんは、「複数園あり」という条件に注目したことはありますか? ...

福利厚生・手当が充実した保育園求人の特徴

福利厚生・手当が充実した保育園求人の特徴

給与の改善が進む保育業界ですが、まだまだその恩恵を受けている保育士は多いとはいえません。そ...

設備が充実している保育園ってどんな職場?

設備が充実している保育園ってどんな職場?

保育士さんが「働いてみたい」と思えるような職場であるためには、保育園の設備も重要ですよね。...

年休120日超の条件とは?お休みが多い保育園求人の特徴

年休120日超の条件とは?お休みが多い保育園求人の特徴

仕事のやりがいは大きい一方で、その内容は楽とはいえないのが保育士のお仕事。できることなら...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す