児童指導員の仕事内容とは?必要な資格や働ける場所、給料事情など

児童指導員の仕事内容をご存じでしょうか。主に児童養護施設や乳児院、放課後等デイサービスなどで働くことができますが、生活指導以外にも専門的な知識を活かしたサポートを行うようです。今回は、児童指導員の仕事内容をくわしく紹介します。あわせて、働くメリットやデメリット、なるための方法などもまとめました。


絵を描く子ども

ohayou!/stock.adobe.com


児童指導員とは

児童指導員とは児童福祉施設などにおいて、0歳から18歳までの児童の成長をサポートする職員です。


主に、放課後等デイサービス児童発達支援センターなどの児童発達支援事業において配置が必要とされています。


児童指導員は、子どもたちの生活を援助したり自立を支援したりする役割を持つ仕事です。


また、身体的なサポートをするだけでなく、心に傷を抱えた子どもたちの精神的な支えとなるような役割も担っています。


つまり、児童養護施設や乳児院などの施設に入所している子どもたちにとって、親や兄弟のような存在とも言えるでしょう。


出典:児童指導員/厚生労働省

児童指導員の仕事内容

保育園

maroke/stock.adobe.com


児童指導員の主な仕事内容は、入所児童の心や身体のケア、健全な成長の手助け、基本的な生活習慣のアドバイスなどです。ではくわしい仕事内容を見ていきましょう。



生活指導


児童指導員のメインとなる仕事内容が、子どもたちの生活全般の指導です。


ときには親の代わりとなって起床や就寝、食事作法の指導や学校の勉強のフォローなどを行います。


また、障がいを持つ子どもに対しての生活訓練なども仕事内容に含まれています。



障がいのある子どもへの療育


施設によっては、発達や四肢などに障がいを持つ子どもたちへのケアが求められます。


療育では、子どもたちの自立を促すために一人ひとりの発達状況や障がいの特性にあわせた支援を行います。



児童の生活指導計画の立案


子どもの生活指導計画を作成するのも児童指導員の仕事内容です。


障がいを持つ子どもの自立を支援するために、一人ひとりの特徴や発達に沿った個別の計画を作成する必要があります。


子どもたちをどのように指導、支援していくのかといった具体的な目標設定をすることが大切になるでしょう。



児童相談所や学校との連携


子どもが通う学校や児童相談所と連携を取ることも児童指導員の仕事内容の一つです。


子どもたちの状況を把握して丁寧なケアをするためには、関係機関との連携が重要になります。


適切な学習指導やフォローをするためにも、子どもの状況をくわしく共有することが大切です。



児童の引き取りに関する保護者との面談


児童の引き取りに向けた保護者との定期的な話し合いや面談も、児童指導員の仕事内容の一つです。


児童養護施設や乳児院などに入所している子どものなかには、精神的あるいは身体的な傷を抱えている子もいるため、保護者も子どもに関する不安を抱えている場合があります。


保護者の相談に乗って悩みに寄り添い、解消の手助けをすることが退所後の子どもの健全な成長につながるため、保護者との面談は重要な業務とされているようです。


出典:児童指導員/厚生労働省

児童指導員が働ける場所

話を聞く子ども

maroke/stock.adobe.com


厚生労働省の資料によると、児童指導員は児童発達支援センター児童発達支援事業(児童発達支援センター以外で主に重症心身障がい児を通わせる場合に限る)、放課後等デイサービス(主に重症心身障がい児を通わせる場合に限る)において配置が求められています。


以下に児童指導員が働ける代表的な児童福祉施設をまとめました。



乳児院


乳児院とは、保護者との生活が困難な乳児を保護し、養育する施設です。


主に0歳児から2歳児までの子どもたちが入所し、医師や看護師、保育士などのサポートのもとで生活をしています。


乳児院に入所する子どもは、保護者からの虐待やネグレクト、両親の病気などによって適切に養育を受けられないなどさまざまな事情を抱えているようです。


乳児院ではこういった子どもたちに対して安全な環境を用意し、特別なケアを行っています。



児童養護施設


児童養護施設は、さまざまな理由で養護が必要とされる児童を入所させる施設です。


乳児から18歳までの子どもが生活を送っており、生活指導や学習指導を通して子どもの成長と自立をサポートする目的で設置されています。


入所児童の半数以上が虐待を受けており、障がいを持つ子どももいるため、職員は一人ひとりにあわせた専門的なケアを行う必要があります。



児童発達支援センター


児童発達支援センターは、通所利用をする障がい児とその家族に対してサポートを行う施設です。


日常生活の基本的な動作の指導や知識技能の付与、集団生活への適応訓練などを行います。


ほかにも、センターが持つ専門機能を活かし、地域の障がい児や家族への相談支援のほか、保育所などの預かり施設への援助・助言などを行っているようです。



障がい児入所施設


障がい児入所施設は、身体障がい・知的障がい・精神障がいのある児童に対し、保護や日常生活の指導、知識技能の付与などを行う施設です。


「医療型障がい児入所施設」と「福祉型障がい児入所施設」の2種類があり、医療型障がい児入所施設では、上記の支援に加えて医療的ケアも行われます。



放課後等デイサービス


放課後等デイサービスは、放課後や夏休みなどの長期休暇中に、学校に通学する障がい児の自立を支援する施設です。


利用児童に対して生活能力向上のための訓練を行うほか、地域交流の機会などを提供します。


また、小学校や中学校、特別支援学校などと連携・協働して一貫性のある支援を行っているようです。


出典:児童発達支援センターの位置づけについて/厚生労働省

出典:障害児入所支援の概要/厚生労働省

出典:児童指導員及び指導員の資格要件等/厚生労働省

児童指導員になるには

絵を描く子ども

ohayou!/stock.adobe.com


児童指導員として働くためには「児童指導員任用資格」を取得する必要があります。


厚生労働省の資料「児童指導員及び指導員の資格要件等」によると、児童指導員任用資格を取得するには以下のいずれかの要件を満たす必要があると示されています。


  • 地方厚生局長等の指定する児童福祉施設の職員を養成する学校または、そのほかの養成施設を卒業した
  • 社会福祉士または精神保健福祉士の資格を持っている
  • 学校教育法の規定による大学の学部もしくは大学院で社会福祉学、心理学、教育学あるいは社会学を専修する学科を卒業した
  • 学校教育法の規定による大学の学部で社会福祉学、心理学、教育学または社会学に関する科目の単位を優秀な成績で修得したことによって、大学院への入学を認められた
  • 外国の大学において、大学の学部で社会福祉学、心理学、教育学もしくは社会学を先週する学科またはこれらに相当する課程を修めて卒業した
  • 高等学校もしくは中等教育学校を卒業し、児童福祉事業に2年以上従事した経験がある
  • 小学校、中学校、高等学校または中等教育学校の教諭の資格を持ち、都道府県知事が適当と認めた場合
  • 児童福祉事業に3年以上従事し、都道府県知事が適当と認めた場合

児童指導員になるためには、大学や大学院を卒業して自動的に任用資格を取得するパターンと、一定の実務経験を積んで資格を得るパターンがあります。


また、社会福祉士や精神保健福祉士の資格を持っている場合も、資格要件を満たしていることになりますね。


出典:児童指導員及び指導員の資格要件等/厚生労働省

児童指導員の給料・求人事情

絵本を読む親子

chachamal/stock.adobe.com


続いて、児童指導員の給料や求人事情を見ていきましょう。



給料


2021年度の賃金構造基本統計調査によると、全国の児童指導員が属する主な職業分類(福祉施設指導専門員)の年収は403.7万円と示されています。


施設や地域によって異なるものの、月給は約18万円から20万円くらいが多いようです。また、パートやアルバイト求人の場合、時給1000円程度が相場と言えるでしょう。


公立の施設では公務員として働くこととなるため、待遇もアップするかもしれません。


公務員の給料形態が適用されるため、長く働いて給料を上げたい方にはぴったりでしょう。



求人


保育園や幼稚園に比べると求人数は少ないものの、児童指導員を募集する求人はあります。


特に、児童発達支援施設や放課後等デイサービスなどの求人が豊富です。


正社員とパート・アルバイトのどちらも募集があるので、自分に合った働き方を選択できるでしょう。


出典:児童指導員/厚生労働省

児童指導員として働くメリットや大変なこと

親子

buritora/stock.adobe.com


最後に、児童指導員として働くやりがいや大変なことについてまとめました。



児童指導員としてのメリットややりがい


子どもの成長を近くで見守ることができる

子どもたちの変化や成長を身近なところで感じられる点にやりがいを持てるかもしれません。


児童指導員は、生活の指導や個別指導計画の作成などを行い、子ども一人ひとりの特性を見極めた支援が求められます。


自身の指導やサポートによって子どものできることが増えたり、集団で過ごせるようになったりする姿を近くで見守ることができるのは、児童指導員ならではのやりがいと言えそうです。

障がいや療育についての知識を得られる

児童指導員として働くことで、障がいや療育についての専門的な知識を身につけられるのもメリットの一つです。


障がいをもつ子どもと深く関わることで、身体障がいや知的障がい、精神障がいなどさまざまな障がい支援の実践的なスキルを得ることができるでしょう。


また、療育に関する知識を生かして、児童発達支援管理責任者などさらなるステップアップも目指すことができそうです。

保護者も支援できる

子どもだけでなく保護者の支えにもなっている点にやりがいを感じることができそうです。

児童指導員は、面談を通して子どもの育て方や接し方についてのフォローやアドバイスを行い、保護者を支援しています。


また、親に代わって子どもたちに指導をしたり療育をしたりすることが、保護者の負担軽減にもなるため、やりがいを実感できそうです。



児童指導員として働くうえでの大変なこと


肉体的にハードなことも

児童福祉施設で働くと、労働時間が長く肉体的にハードなことが考えられます。


児童養護施設や乳児院などでは24時間365日子どもたちが生活を送っているため、夜勤シフトがあったり勤務時間が不規則になったりしがちかもしれません。


また、人手不足となっている施設で働いた場合、一人が負担する業務量が多くなり、残業などが増えてしまうことも考えられるでしょう。

子どもたちのケアが難しいことも

乳児院や児童養護施設などにいる子どものなかには、精神的に不安定であったり、職員に心を開きにくかったりする子もいるようです。そのため、子どもたちとの接し方に悩むこともあるかもしれません。


また、療育は子どもの状況によって必要なケアが異なるため、一人ひとりに合わせて適切に支援する難しさを感じることもあるでしょう。


子どもと信頼関係を築くのは簡単ではないかもしれませんが、日々向き合い続けることで信頼してもらえたり、成長を感じられたりした時には大きなやりがいを得られるでしょう。

児童指導員の仕事内容を知り、転職先の視野を広げよう

今回は、児童指導員の仕事内容や資格、働くうえでのやりがいについて紹介しました。


児童指導員は障がい児が通う放課後等デイサービス児童養護施設乳児院などさまざまな場所で働き、子どもたちの成長を支援する仕事です。


児童指導員になるには児童指導員任用資格が必要となり、民間の施設に就職するほか、公務員として働くこともできます。


今回紹介した児童指導員の仕事内容ややりがい、大変なことなどをふまえて、転職活動の選択肢に入れてみるのもよいかもしれませんね。


保育士バンク!は、保育士さんの転職をサポートするお仕事紹介サービスです。


完全無料でお使いいただけるうえ、転職相談や情報収集だけの利用も大歓迎。


保育士資格を活かして別の仕事にチャレンジしたい方、児童指導員に興味がある方、まずは保育士バンク!に相談してみませんか?

関連する記事

無資格でも働ける!保育補助の仕事内容や求人事情、志望動機の例文などをくわしく解説

無資格でも働ける!保育補助の仕事内容や求人事情、志望動機の例文などをくわしく解説

無資格でも保育現場で働きたい方にぴったりなのが保育補助の仕事。アルバイトやパートなどがメイ...

子育て支援センターとは?保育士の役割や働くために必要な資格など

子育て支援センターとは?保育士の役割や働くために必要な資格など

子育て支援センターとは、育児中の保護者と子どもをサポートする地域交流の場です。保育士の資格...

保育士を辞めたあとの選択肢には何がある?キャリアを活かせる転職先を紹介

保育士を辞めたあとの選択肢には何がある?キャリアを活かせる転職先を紹介

保育士を辞めたあとに資格や経験を活かして働ける仕事には何があるでしょうか。ベビーシッターな...

幼稚園と保育園、就職するならどっちがいい?給料や仕事内容などの違いを徹底比較!

幼稚園と保育園、就職するならどっちがいい?給料や仕事内容などの違いを徹底比較!

就職や転職を考えるうえで、幼稚園と保育園のどっちがいいか悩むこともあるでしょう。具体的な仕...

主婦と保育士を両立できる働き方まとめ!パートや派遣、ベビーシッターなどの特徴とメリット

主婦と保育士を両立できる働き方まとめ!パートや派遣、ベビーシッターなどの特徴とメリット

保育士資格を持つ主婦の方は、さまざまな働き方を選択できます。育児や介護などがひと段落つき、...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!