リズム遊びで楽しく運動好きになろう!保育士さんのお遊びネタ

リズム遊びは、楽しく基本的な運動能力を養うことができます。
昔の子どもは外や自然の中でたくさん遊ぶことで身体能力を身に付けましたが、現代の子どもや都会の子どもたちが環境的に難しい場合には、リズム遊びは最適かもしれません。
ここでは、保育士の遊びネタとしておすすめのリズム遊びについてご紹介してきます。



リズム遊び

●身体能力を高めるリズム遊び


リズム遊びは手や足など全身を使って、飛んだり、走ったり、しゃがんだり、立ったりとさまざまな動きを行なうことができます。
音楽に合わせてリズムを取れば楽しいですし、表現力も育っていくことでしょう。

保育士バンク!があなたの就活・転職をお手伝いします

●リズム遊びにプラスして


子どもは本来、体を動かすのが大好きなので、音楽がかかると自然とリズムを取るものです。
リズムの良い音楽をかけたり、ピアノで伴奏をしたりして、音と体の動きを組み合わせてみましょう。
また、保育士が太鼓を叩いて、その間に子どもたちが自由に走り回り、太鼓を止めた瞬間に動きもストップさせるといった単純な遊びもおすすめです。
このようにリズム遊びは、探してみると数多く見つけることができます。



●リズム遊びいろいろ


・おーちたおちた

遊び方:保育士が「おーちたおちた」と言ったら、子どもたちみんなで「なーにがおちた?」と言ってもらいます。

保育士が「くだものや野菜の名前」を言ったら、子どもたちに両手で受け取るまねをしてもらいましょう。

同じように、「カミナリ」と言ったら、おへそを両手でかくす、「お金や宝石の名前」を言ったら、地面に落ちているのをひろう、「それ以外のものの名前」を言ったら、何もせず、「気をつけ」をしてもらいます。

こうして4種類の「なーにがおちた?」をランダムに言って、意外な物や、だまされそうな物にするのが、子どもたちを楽しませるポイントです。



・手をたたきましょう

遊び方:歌に合わせて手を叩いたり、手振り身振りをして遊ぶリズム遊びです。保育士が中心となって歌を歌ってあげましょう。

歌詞:手をたたきましょう タンタンタン タンタンタン 足ぶみしましょう タンタンタンタン タンタンタン わらいましょう ワッハッハ わらいましょう ワッハッハ  ワッハッハ ワッハッハ ああ おもしろい
※繰り返しで「わらいましょう ワッハッハ」の部分は、「おこりましょう プンプンプン」「なきましょう エンエンエン」に変えましょう。

関連する記事

保育士にピアノは必須? 現場で必要なレベルや上達方法

保育士にピアノは必須? 現場で必要なレベルや上達方法

保育園では、保育士のピアノに合わせて、園児みんなで歌う場面がありますよね。そういった場面...

保育士の不安と対処法 ピアノや担任のプレッシャー、ブランクについて

保育士の不安と対処法 ピアノや担任のプレッシャー、ブランクについて

子ども、保護者、先輩の保育士など、さまざまな人とかかわる保育士は、子どもの悩み、 保護...

保育士とピアノ!上達のコツは?

保育士とピアノ!上達のコツは?

保育士のイメージといえば、どんなものでしょうか?動きまわる子どもたちを笑顔で追いかけてい...

ピアノが弾けなくても先生になれる?

ピアノが弾けなくても先生になれる?

ピアノが弾けなくても先生になれる? こんにちは! おーせです!! 今日はみなさまから...

歌遊びでコミュニケーション!保育士さんのお遊びネタ

歌遊びでコミュニケーション!保育士さんのお遊びネタ

保育士が、子どもたちへ遊びを教えるものの一つとして代表的なのが、歌遊びではないでしょうか...

保育士にピアノは必要か

保育士にピアノは必要か

保育士さんになりたいけれど、ピアノが弾けない、ピアノには自身がないなどと言う理由であきらめ...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す