食育 2014年09月03日

食育・嫌いなものは無理にすすめずほめて伸ばそう!!

 保育士・幼稚園教諭の皆様  


 


んにちは!


保育士バンク!編集部近藤です。


 


突然ですが、保育士のみなさんの今日のお昼はなんでしたか?


私はおでんを食べました!


まだ9月だよ!と思う方もいらっしゃると思いますが、


最寄りのコンビニで70円セールをやっていたので、


ついつい買ってしまったんです。


しかも、実は2日連続おでん!!


 


最近近藤はプチダイエット中なので、


炭水化物をあんまり取らないようにしているんですが、


 


おでんは体も温まるし、


安いし、


おいしいし、


ダイエットにいいし、


 


私の中では最高のランチだと思っています。


 


attachment00.jpg


↑本日のランチ♪


 しらたきとはんぺんは必ず買っちゃいます。なんだかとても味気ないですね・・・


 


実は今日こんな話をしたのは、


保育士さんにランチのお話をうかがったからなんです。


 


その保育士さんも、夜、お仕事が終わった後についつい食べてしまうのが


コンビニのおでんだったとか。


 


お弁当を持って行って、かき込んで食べるのが


保育士さんのいつものお昼の風景ですから、


帰り道、一人でゆっくりおでんを嗜むのがたのしみだったそうです。


 


園によっては給食が食べられるところもありますね。


近年、食育が重要視されていることから、


給食をだしている園の多くが、保育園・幼稚園の「アピールポイント」としているそうです。


 


食育にもいろいろありますが、厚生労働省の指針としては、


 


(1) お腹がすくリズムのもてる子ども 
(2) 食べたいもの、好きなものが増える子ども 
(3) 一緒に食べたい人がいる子ども 
(4) 食事づくり、準備にかかわる子ども 
(5) 食べものを話題にする子ども 


 


このような子どもを育てるというのが食育の目標と定めています。


 


注目すべきは、「嫌いなもの」という言葉が入っていない事。


子どもはどうしても好き嫌いがありますよね。


 


私は子どもの時、野菜を全くたべられない子どもでした。


いまではサラダなしでは生きていけない体ですが、


未だにトマトとしいたけは、食べる時に気合を入れなければ口に運べません。


レバーは新鮮なものなら食べられますが、


ほとんど受け付けません。


 


大人でもこうなのですから、


子どもたちに嫌いなものをたべさせるのは、本当に大変な事だと思います。


嫌いをいうものを無理に食べさせず、好きなものをいっぱい食べられたら褒めてあげる。


嫌いなものを食べようとがんばったら褒めてあげる。


 


褒めることで子どもの向上心を育て、


いつかピーマンや、にんじんをたべてくれるようになるといいですね。


 


私も、トマトとしいたけ、克服したいものです。


あ、レバーはたぶん、一生むりかもしれません!


 



保育士バンク!は保育士専門の求人サイトです。



どんどん活動していただいて、理想のお仕事先に出会っていただけるよう、



私たちもサポートしていきます!!



      保育士さんの求人サイト 保育士バンク!


 

関連記事

新着記事

特集コラム一覧