三笠市(北海道)の昇給昇進ありの保育士求人一覧

保育士の昇給・昇進とは

経験年数が上がるとベテランになってきます。後輩に指導したり、主任を任されるなど、昇進する人もいることでしょう。また、主任や園長など仕事の責任の大きさに比例して給料が上がることを昇給といいます。

エリア
三笠市
給与
こだわり無し
職種
こだわり無し
雇用形態
こだわり無し
施設形態
こだわり無し
こだわり
昇給昇進あり

株式会社プライムツーワン

全国各地で保育施設を展開!「夢を育む社会」の実現を目指してみませんか?

  • 福利厚生充実
  • 住宅補助あり
  • 初心者歓迎
  • WEB面接OK

株式会社プライムツーワンは、認可・小規模保育・企業主導型保育・院内保育など、様々な形態の保育施…

本社所在地 北海道札幌市豊平区月寒東5条10丁目3番3号 プライムビル3階
事業エリア 北海道、東京都ほか
運営施設種別 認可保育園、病院院内保育ほか
01

残業少なめ・週休2日制・産休育休取得実績あり。長く続けられる職場です

キープ
幼保連携型認定こども園三笠まつばの杜(北海道三笠市)
  • 新卒も歓迎
  • 福利厚生充実
  • 社会保険完備
  • 住宅補助あり
  • 男性保育士
  • 車通勤可
  • ボーナスあり
  • ブランクOK

「オンオフどちらも充実させたい」そんなあなたにピッタリな職場!当園での残業時間は多い時でも月10h以下。また、週休2日制シフトに加え有給は時間単位で申請できるなど、お休みも取りやす...

所在地 北海道三笠市堤町7番地1
アクセス ◆マイカー通勤OK(無料駐車場あり) JR函館本線「峰延駅」より車で8分
給与 月給182,800円 ~
施設形態 認定こども園

1件中 1〜1件表示

1

気になる求人は見つかりましたか?
保育士バンクではキャリアアドバイザーによるお仕事の紹介も行っています

専任のキャリアアドバイザーがあなたの就職・転職を全力サポートいたします。非公開求人も多数ご用意していますので、ぜひ求人紹介サービスもご利用ください。

よくある質問

Q

三笠市の求人を条件で絞り込むことはできますか?

A

もちろん可能です!以下の条件がよく見られています。
三笠市 × 保育士 × オープニング
三笠市 × 保育士 × 住宅補助あり
三笠市 × 保育士 × ボーナスあり

他にも様々な条件で絞り込みができます!
三笠市の一覧ページからご確認ください。

Q

自分で職場を探すのは自信が無いので、求人を紹介してもらうことは可能ですか?

A

もちろん可能です!まずはこちらから会員登録(無料)にお進みください。保育士バンク!では、専任の担当者があなたにぴったりの求人を完全無料でご紹介いたしますので、安心してご利用いただくことが可能です。

Q

在職中も利用することはできますか?

A

もちろんご利用可能です!こちらから会員登録(無料)いただけば、退職・転職に伴う手続きなどもキャリアアドバイザーがしっかりサポートいたします。

Q

転職相談や情報収集だけでも大丈夫?

A

ご相談だけでも大歓迎です!まずはこちらから会員登録(無料)にお進みください。

昇給の平均金額ってどれくらい?

役職による昇給額は、これまで各園が独自に定めていましたが、2017年4月から副主任保育士、専門リーダーが導入されました。この制度では、月額給与で最大約4万円のアップが見込まれています。その下にも職務分野別リーダーとして約5000円アップする制度が始まりました。しかし、まだ普及していない保育園も多く、制度の本格実施は2018年以降になる見込みです。

昇給・昇進の時期はいつ?

ほかの職種と比べると、大きな昇進や昇給がないかもしれませんが、新年度が始まる4月にクラス担当の発表とともに、主任に昇給することがあるでしょう。また、昇給は、経験年数が上がる区切りの時期が多いでしょう。主任は、業務も多くなり、責任も重くなり、スキルも求められます。学年主任なども経て、8年目ぐらいの経験が必要だと言われています。

昇給・昇進のある求人のメリット

頑張り次第で昇進や昇給があると、仕事のモチベーションアップにつながりますよね。 給料があがる可能性があり、衣食住などプライベートが充実します。

昇給・昇進で上がるモチベーション

子どもと触れ合える楽しみや働きがいを重視して保育士になった方は多いのではないでしょうか。それでも、無視できないのが給料のお悩みですよね。給料は働く上で大きなモチベーションです。関東地方の自治体の保育士さんに関する調査によると、現在働いている保育士さんの約2割の方が退職を考えており、退職をしたい理由では「給料が安い」が65.1%でトップでした。給料に不満に思っている保育士さんが多いことがわかります。子どもを保育する楽しみの一方で、お子さんを預かる責任が大きく、事務作業なども多いのが保育の仕事です。仕事に慣れてきて、ベテランになると、より責任の大きな立場となるでしょう。仕事の責任に比例して、給料も上がる昇給、昇進の制度が充実した保育園でモチベーションを高く持って働きたいですね。

昇給の基準、評価制度を確認しよう

昇給の基準は園によって違うものの、一般的には年功序列で上がる園が多いでしょう。ただし、毎年のベースアップ以上に大きな昇給は難しいかもしれません。そんな時は、役職に就くのも昇給の手です。主任保育士、園長になると管理職の特別手当が出ますので、主任では年収は約30万円以上増えるでしょう。園長は現場の保育士より100万以上は年収が高くなるようです。しかし、役職数が少ないため、役職に就けるかどうかは同僚との兼ね合いになります。昇進の制度が不足していることで、国も役職設置に着手。2017年4月から約4万円アップの副主任保育士、専門リーダーを主任保育士の下に設置し、その下にも職務分野別リーダーという約5千円アップする制度が始まりました。まだ現場には十分に浸透していませんが、勤めたい保育園の昇進、昇給制度、給与体系がどうなっているのか、転職の際には注目してみてください。

園長を目指すか、子どもたちと直接触れ合う現場のやりがいか

現状の保育業界では、園長へのキャリアアップが一番の昇進ともいえます。その分給料も増えることでしょう。一方で責任、仕事の内容も大きくなります。働く保育士さんを雇い入れたり、自治体との手続きや交渉、保育園のトップとしての責任もあります。大きな仕事の分だけ、自分の目で園全体を見渡して、自分の理想とする保育の実現ができます。ただし、現場からは一歩離れてしまうため、子どもたちと直接触れ合う時間が少なくなってしまうというデメリットもあるでしょう。園全体に関わる仕事をし、給与も多いキャリアアップを選択するのか、給料は少ないが、子どもたちとふれ合う時間を十分確保できる担任や現場のリーダーを選ぶのか。保育士という仕事を続ける上では、こうしたキャリアを考える必要があります。

上京特集