小樽市(北海道)の時短勤務可の保育士求人一覧

時短勤務で働くとは?

時短勤務とは、主に正社員や契約社員など定時が決まっている人が、産前・産後で勤務時間を短縮して働けるようにする制度です。 子どもがまだ小さくて長い時間預けられなかったり、出産前のようにフルタイムで働くのが難しい人が活用しています。

エリア
小樽市
給与
こだわり無し
職種
こだわり無し
雇用形態
こだわり無し
施設形態
こだわり無し
こだわり
時短勤務可

株式会社プライムツーワン

全国各地で保育施設を展開!「夢を育む社会」の実現を目指してみませんか?

  • 福利厚生充実
  • 住宅補助あり
  • 初心者歓迎
  • WEB面接OK

株式会社プライムツーワンは、認可・小規模保育・企業主導型保育・院内保育など、様々な形態の保育施…

本社所在地 北海道札幌市豊平区月寒東5条10丁目3番3号 プライムビル3階
事業エリア 北海道、東京都ほか
運営施設種別 認可保育園、病院院内保育ほか
01

プロが厳選するプレミアム求人

カリキュラム作成やピアノ演奏などはなし!アットホームな少人数の保育所

キープ
東小樽病院ひまわり保育所(北海道小樽市)
  • 時短勤務可
  • 福利厚生充実
  • 社会保険完備
  • 住宅補助あり
  • 車通勤可
  • ボーナスあり
  • ブランクOK
  • 産休育休制度

現在(2020年12月)の預かり人数は6名程度、少人数のアットホームな保育所で一緒に働きませんか?職員同士の連携がスムーズ、意見交換やフォローも積極的に行なっているので、原則残業な...

所在地 北海道小樽市新光4丁目4-4
アクセス JR函館本線「朝里駅」から徒歩20分 ※マイカー通勤OK(無料駐車場あり)
給与 月給185,000円 ~ 205,000円
施設形態 病院内保育
02

株式会社プライムツーワン

小樽市立病院院内保育所
保育士
正社員

プロが厳選するプレミアム求人

経験やピアノスキル不問!園児20名前後、アットホームな少人数の保育園

キープ
小樽市立病院院内保育所(北海道小樽市)
  • 時短勤務可
  • 福利厚生充実
  • 社会保険完備
  • 住宅補助あり
  • ボーナスあり
  • ブランクOK
  • 夜間保育所
  • 産休育休制度

残業がないのでシフト通りの勤務ができ、カリキュラム作成などの書き物は少なめ。年間休日も120日前後あり、プライベートも充実させられます。さらに、法人全体で産休41人・育休40人の取...

所在地 北海道小樽市若松1丁目1番1号
アクセス JR函館本線「南小樽駅」から徒歩3分
給与 月給170,000円 ~ 195,000円
施設形態 病院内保育

2件中 1〜2件表示

1

気になる求人は見つかりましたか?
保育士バンクではキャリアアドバイザーによるお仕事の紹介も行っています

専任のキャリアアドバイザーがあなたの就職・転職を全力サポートいたします。非公開求人も多数ご用意していますので、ぜひ求人紹介サービスもご利用ください。

よくある質問

Q

小樽市の求人を条件で絞り込むことはできますか?

A

もちろん可能です!以下の条件がよく見られています。
小樽市 × 保育士 × オープニング
小樽市 × 保育士 × 住宅補助あり
小樽市 × 保育士 × ボーナスあり

他にも様々な条件で絞り込みができます!
小樽市の一覧ページからご確認ください。

Q

自分で職場を探すのは自信が無いので、求人を紹介してもらうことは可能ですか?

A

もちろん可能です!まずはこちらから会員登録(無料)にお進みください。保育士バンク!では、専任の担当者があなたにぴったりの求人を完全無料でご紹介いたしますので、安心してご利用いただくことが可能です。

Q

在職中も利用することはできますか?

A

もちろんご利用可能です!こちらから会員登録(無料)いただけば、退職・転職に伴う手続きなどもキャリアアドバイザーがしっかりサポートいたします。

Q

転職相談や情報収集だけでも大丈夫?

A

ご相談だけでも大歓迎です!まずはこちらから会員登録(無料)にお進みください。

時短勤務に必要な資格

時短勤務制度で、正規の保育士として勤務を希望する場合は、保育士資格が必要です。産前・産後には働きやすい制度ですが、働く時間が短くなる分、お給料は減ることを考えておきましょう。

時短勤務のメリット

時短勤務は働く時間が短くなる分、家事など家庭での時間もとれます。例えば、17時の定時が2時間前倒しになると、仕事と家庭の両立がしやすくなるとイメージできるのではないでしょうか。正規職員としての雇用形態を維持できるのもメリットと言えるでしょう。

時短勤務でいきいきと働こう!その仕組みとは?

出産がひと段落したあと、育児休業を長い間とってはいられない、早く職場復帰したいという、保育士さんのための制度が短時間勤務制度、いわゆる時短勤務です。時短勤務は、正規職員としての雇用体系を維持しながら、3歳未満の子どもを育てている親御さんが1日6時間の勤務で帰宅できる制度です。育児休業法で定められた公的な制度なので、誰でも、もちろん保育士さんでも、取得できる制度です。早く帰宅した分、子どもとの時間をとれるので仕事と育児の両立を応援してくれます。その後、子どもが大きくなれば、フルタイム勤務として職場に完全復帰できるので、短期でしかとれない育児休業や家庭の事情に対応できるのが時短勤務という制度です。

働くお母さん保育士に対応する時短勤務

時短勤務は原則6時間働くことができれば認められます。例えば、朝9時から勤務を始めたら、1時間の休憩をはさんでも、午後4時には帰れます。夕方の早めの時間に帰れるので、保育所に預けてあるお子さんのお迎えも余裕をもって向かうことができます。その後は、お子さんと一緒の時間を楽しんだり、家事をしたりすることができます。職場で働きつつ、家での時間もとれるので、育児と仕事の両立ができるのが一番のメリットだといえるでしょう。

時短勤務の現状

メリットがたくさんある時短勤務ですが、デメリットもあります。働く時間が短いとはいえ、正規職員であるため、仕事量は他の職員とほぼ変わりません。仕事量がもともと多い現場だと、時短勤務が認められていても、「持ち帰り残業」をしなければならず、結果的にフルタイム勤務と変わらない状況になってしまうこともあります。職場に時短勤務の制度が浸透していないと、周りの目を気にしながら帰らないといけないなどのデメリットもあります。時短勤務を考えている保育士さんは、時短勤務に理解のある保育園で働きたいですね。

上京特集