砂川市(北海道)の放課後等デイサービスの保育士求人一覧

放課後等デイサービスとは

放課後等デイサービスとは、6歳~18歳までで主に知的・身体的な障害があったり、発達に特性のある子どもに「療育」(自立するための治療と、訓練を織り交ぜた教育)を行う福祉サービスです。

エリア
砂川市
給与
こだわり無し
職種
こだわり無し
雇用形態
こだわり無し
施設形態
放課後等デイサービス
こだわり
こだわり無し

株式会社プライムツーワン

全国各地で保育施設を展開!「夢を育む社会」の実現を目指してみませんか?

  • 福利厚生充実
  • 住宅補助あり
  • 初心者歓迎
  • WEB面接OK

株式会社プライムツーワンは、認可・小規模保育・企業主導型保育・院内保育など、様々な形態の保育施…

本社所在地 北海道札幌市豊平区月寒東5条10丁目3番3号 プライムビル3階
事業エリア 北海道、東京都ほか
運営施設種別 認可保育園、病院院内保育ほか
01

定員10名の少人数制・無料駐車場あり!未経験でも月給22.5万スタート

キープ
児童発達支援・放課後等デイサービス ひかり砂川(北海道砂川市)
  • 新卒も歓迎
  • 社会保険完備
  • 車通勤可
  • ボーナスあり
  • ブランクOK
  • 初心者歓迎
  • 有給
  • 勤務地選択可

保育士・児童指導員の資格をお持ちの方なら、未経験・ブランクが長い方も歓迎!4週8休制(日曜+シフト休)でしっかりお休みが取れる職場で、有休は半日~取得が可能!家庭やプライベートと上...

所在地 北海道砂川市東1条南6丁目1-18
アクセス JR函館本線「砂川駅」より徒歩14分 ◆マイカー通勤OK!(無料駐車場あり)
給与 月給225,000円 ~ 267,000円
施設形態 放課後等デイサービス

1件中 1〜1件表示

1

気になる求人は見つかりましたか?
保育士バンクではキャリアアドバイザーによるお仕事の紹介も行っています

専任のキャリアアドバイザーがあなたの就職・転職を全力サポートいたします。非公開求人も多数ご用意していますので、ぜひ求人紹介サービスもご利用ください。

よくある質問

Q

砂川市の求人を条件で絞り込むことはできますか?

A

もちろん可能です!以下の条件がよく見られています。
砂川市 × 保育士 × オープニング
砂川市 × 保育士 × 住宅補助あり
砂川市 × 保育士 × ボーナスあり

他にも様々な条件で絞り込みができます!
砂川市の一覧ページからご確認ください。

Q

自分で職場を探すのは自信が無いので、求人を紹介してもらうことは可能ですか?

A

もちろん可能です!まずはこちらから会員登録(無料)にお進みください。保育士バンク!では、専任の担当者があなたにぴったりの求人を完全無料でご紹介いたしますので、安心してご利用いただくことが可能です。

Q

在職中も利用することはできますか?

A

もちろんご利用可能です!こちらから会員登録(無料)いただけば、退職・転職に伴う手続きなどもキャリアアドバイザーがしっかりサポートいたします。

Q

転職相談や情報収集だけでも大丈夫?

A

ご相談だけでも大歓迎です!まずはこちらから会員登録(無料)にお進みください。

児童指導員の待遇、時給など

児童指導員(放課後デイサービスの職員)は非常勤雇用が多く、時給は900~1200円程度です。他に土日手当やリーダー手当、非常勤でも賞与が出るところも。正社員の場合は月額20万~25万円程度の給与が一般的でしょう。

放課後デイサービスで必要な資格

職員は「児童指導員」と呼ばれ、保護者に代わって18歳未満の児童を監護します。 児童指導員は専門学校や大学の指定学部などを卒業すると取得できます。 国の基準では配置すべき職員の半数以上は「児童指導員」「保育士」と定めています。

放課後等デイサービスのメリットやおすすめポイント

他業種で無資格でも、指導員としてチャレンジしやすい。 資格のある方は福祉資格の知識を多方面で活かせます。 幅ひろい年齢の子どもとじっくり関わり、障がいについての知識が身につく。

放課後等デイサービスは療育をする場

放課後等デイサービスとは、6歳~18歳までで、身体や知的な機能に障害があったり、発達に特性のある子どものために、「療育」といった自立するための治療と、訓練を織り交ぜた教育を行う福祉サービスです。療育や集団活動を通して、家と学校以外の居場所やお友だちをつくることができるので“障害児の学童”とも表現されます。職場としての放課後等デイサービスは、幅広い年齢の子どもたちに関わることができ、長い目で成長を見ることが出来るのが大きな魅力です。子どもひとりひとりと深く関わることから、保育士としての知識や知見が役立つでしょう。一方で、パニックを起こしてしまった子の対応や、それぞれに合わせたケアが必要になってくるので、障害児保育に近いような専門性も求められる場面があります。

2012年からスタートした新しい施設

放課後等デイサービスは、2012年に制度がスタートした、比較的新しいタイプの施設です。一般社会で、発達障害や、グレーゾーンといわれる子どもたちの認知が進んできたこともあり、利用者数は急激に増えています。それに伴い、施設数も都心を中心に増えてきました。そんな中、療育内容やプログラムの質に差が大きいために、単なる「お預かり」のようになっている放課後等デイサービスもあり、厚生労働省がガイドラインを出すなどの取り組みをしています。放課後等デイサービスに通ってくる頻度や、目的はそれぞれの家庭によって異なります。保護者が子どもとしっかり向き合うために、休養や休息を取ることを目的として利用するケースもあります。今後の放課後等デイサービスは、晩婚化や共働きの増加に伴い、さらにニーズが高まっていくでしょう。

上京特集