神栖市(茨城県)の託児所の保育士求人一覧

託児所とは?

託児所とは、国や自治体の公認を受けていない、乳幼児を預かる保育施設です。「事業所内託児所」と「一般利用託児所」の2種類があります。事業所内託児所は、企業で働く人のみが利用できるもので、一般利用託児所は一般の人が利用でき、スーパーの一部分やマンションの一室などを園舎として使っています。

エリア
神栖市
給与
こだわり無し
職種
こだわり無し
雇用形態
こだわり無し
施設形態
託児所
こだわり
こだわり無し

ピースホームタウン株式会社

ドリームボックス春日

月22~30万円、引越し費用最大10万円の補助あり!年休120日以上

  • ボーナスあり
  • 残業少なめ
  • 年休120日超
  • 新卒も歓迎

療育が初めての方も歓迎!入社後は研修や資格取得支援があり、経験を重ねながら成長できます。年休数も多く、オンオフのバランスを取りながら働ける職場です。転居される方には引越し費用の補助…

勤務地 茨城県つくば市春日3-12-3 スクロパレス河村1F
事業エリア 茨城県、東京都、埼玉県
運営施設種別 放課後等デイサービス

社会福祉法人つぼみ会

4エリアで新規園オープン予定!残業なし・持ち帰り禁止で定時退勤、賞与年3回

  • 福利厚生充実
  • 上京者歓迎
  • 残業少なめ
  • 復帰率高

保育園はいつでも子どもたちが主人公。その環境をつくるためにはまず、働く大人がとことん保育を楽しむ!それが私たちのモットーです。だからこそ、残業はしない・休みはしっかり取る・給与面や…

本社所在地 東京都北区桐ヶ丘1-7-17
事業エリア 東京都、茨城県ほか
運営施設種別 認可保育園
01

働く子育て家庭を応援します!扶養内勤務もお気軽にご相談ください。

キープ
ホテルルートイン神栖託児所(茨城県神栖市)
  • 福利厚生充実
  • 社会保険完備
  • 車通勤可
  • 産休育休制度
  • 初心者歓迎
  • 有給
  • 扶養内可
  • 複数園あり

16時には勤務終了なので、プライベートを大切にした働き方もできますよ。勤務日数などは、ご相談ください!当園では、ホテルに勤務する従業員のお子さまをお預かりしています。対象年齢は1歳...

所在地 茨城県神栖市奥野谷4203-2 ラパス奥野谷1号室
アクセス 東関東自動車道 潮来ICより車で約25分 ※マイカー通勤OK!
給与 時給1,000円 ~
施設形態 託児所

1件中 1〜1件表示

1

気になる求人は見つかりましたか?
保育士バンクではキャリアアドバイザーによるお仕事の紹介も行っています

専任のキャリアアドバイザーがあなたの就職・転職を全力サポートいたします。非公開求人も多数ご用意していますので、ぜひ求人紹介サービスもご利用ください。

よくある質問

Q

神栖市の求人を条件で絞り込むことはできますか?

A

もちろん可能です!以下の条件がよく見られています。
神栖市 × 保育士 × オープニング
神栖市 × 保育士 × 住宅補助あり
神栖市 × 保育士 × ボーナスあり

他にも様々な条件で絞り込みができます!
神栖市の一覧ページからご確認ください。

Q

自分で職場を探すのは自信が無いので、求人を紹介してもらうことは可能ですか?

A

もちろん可能です!まずはこちらから会員登録(無料)にお進みください。保育士バンク!では、専任の担当者があなたにぴったりの求人を完全無料でご紹介いたしますので、安心してご利用いただくことが可能です。

Q

在職中も利用することはできますか?

A

もちろんご利用可能です!こちらから会員登録(無料)いただけば、退職・転職に伴う手続きなどもキャリアアドバイザーがしっかりサポートいたします。

Q

転職相談や情報収集だけでも大丈夫?

A

ご相談だけでも大歓迎です!まずはこちらから会員登録(無料)にお進みください。

託児所のお給料事情

託児所の給与には、17万~20万以上と幅があります。大手企業が併設している託児所は給料が高くなる場合があります。正職員だと、賞与が出るところもありますが、実際にはアルバイトやパート契約が多く、時給1,000円前後の相場で働いている人も多いです。

託児所で必要な資格

保育士資格が歓迎されるでしょう。 国の許可などが必要がないため、保育士資格や幼稚園教諭免許がなくても働けます。

託児所のメリット・おすすめポイント

教育したり、集団行動などを教える必要がないため、保育計画などを立てなくても働けます。 シフト制の場合が多く、時間の融通がききます。 外遊びは基本的にないため、体力的にも保育園や幼稚園より楽でしょう。

託児所にはさまざまな施設がある

保育園では、保育や子どもを育てることを総合的に行いますが、託児所は子どもを預かり面倒を見ることが主要な目的です。国の認可も必要は無いため、託児所のスタイルは多種多様。中には英会話や音楽を聞かせたり個性を伸ばすサービスを行っているところもあります。託児所では、保育園とは異なり、保育資格が絶対に必要、というわけではありません。そのため、無資格でも採用されやすいメリットはあります。実際の預かり内容は、託児所によって、幼児教育を行っていたりと様々なため、その託児所の特色をよく確認してみましょう。一般の保育士よりも給料は下がりますが、資格がないけれど子どもに携わりたい人、または空いた時間に少しだけ働きたい人には適しています。

企業内保育もある

託児所の形態の一つが、育児中の従業員に向けて、企業が設置している「企業内保育」です。これはオフィスの近くに設置されていることが多いでしょう。企業内保育の目的は、「育児と仕事の両立を図る従業員が安心して働くことができるようにする」こと。子育てからの社会復帰を応援するとともに、企業側としては、優秀な人材に、育児後もできるだけ残ってもらいたい、という思いもあるようです。2016年から、こうした企業内の託児所にも、国からの補助が入るようになったため、今後も設置を検討する企業が増えるでしょう。

母親の会社復帰を後押しします

託児所があることの最大のメリットは、子持ちの従業員の満足度を高め、安定した雇用につなげること。女性社員を新規採用する際にも、大きなアピールになります。職場に近いところに預けていれば、子どもが体調が悪い時の対応も柔軟にできますし、大地震などの災害時に、子どもと離ればなれになるリスクも低くなります。乳幼児の場合は、急な体調不良がよくあるため、なかなか預けることが難しい場合もありますが、2歳をすぎると病気の心配もぐっと減ることから、母親の会社復帰と合わせて利用ができることもメリットです。企業としても、託児所の機能を取り入れることにより、社会的なイメージアップにもつながる取り組みです。

上京特集