結城市(茨城県)の時短勤務可の保育士求人一覧

時短勤務で働くとは?

時短勤務とは、主に正社員や契約社員など定時が決まっている人が、産前・産後で勤務時間を短縮して働けるようにする制度です。 子どもがまだ小さくて長い時間預けられなかったり、出産前のようにフルタイムで働くのが難しい人が活用しています。

エリア
結城市
給与
こだわり無し
職種
こだわり無し
雇用形態
こだわり無し
施設形態
こだわり無し
こだわり
時短勤務可

ピースホームタウン株式会社

ドリームボックス春日

月22~30万円、引越し費用最大10万円の補助あり!年休120日以上

  • ボーナスあり
  • 残業少なめ
  • 年休120日超
  • 新卒も歓迎

療育が初めての方も歓迎!入社後は研修や資格取得支援があり、経験を重ねながら成長できます。年休数も多く、オンオフのバランスを取りながら働ける職場です。転居される方には引越し費用の補助…

勤務地 茨城県つくば市春日3-12-3 スクロパレス河村1F
事業エリア 茨城県、東京都、埼玉県
運営施設種別 放課後等デイサービス

社会福祉法人つぼみ会

4エリアで新規園オープン予定!残業なし・持ち帰り禁止で定時退勤、賞与年3回

  • 福利厚生充実
  • 上京者歓迎
  • 残業少なめ
  • 復帰率高

保育園はいつでも子どもたちが主人公。その環境をつくるためにはまず、働く大人がとことん保育を楽しむ!それが私たちのモットーです。だからこそ、残業はしない・休みはしっかり取る・給与面や…

本社所在地 東京都北区桐ヶ丘1-7-17
事業エリア 東京都、茨城県ほか
運営施設種別 認可保育園
01

株式会社コシノテック

あいわ保育園
保育士
正社員

キャリア加算アリ!資格や、これまでの経験を活かして働けますよ。

キープ
あいわ保育園(茨城県結城市)
  • 時短勤務可
  • 社会保険完備
  • 車通勤可
  • 有給
  • 残業少なめ
  • 退職金制度
  • 昇給昇進あり

あいわ保育園は、0歳から5歳児を対象とした定員30名の企業主導型保育園です。異年齢児保育を取り入れて思いやりの心を育み、子どもの主体性を大切にした見守る保育を実践しています。当園で...

所在地 茨城県結城市鹿窪1744-11
アクセス JR水戸線「結城駅」より車10分
給与 月給180,000円 ~ 250,000円
施設形態 企業主導型

1件中 1〜1件表示

1

気になる求人は見つかりましたか?
保育士バンクではキャリアアドバイザーによるお仕事の紹介も行っています

専任のキャリアアドバイザーがあなたの就職・転職を全力サポートいたします。非公開求人も多数ご用意していますので、ぜひ求人紹介サービスもご利用ください。

よくある質問

Q

結城市の求人を条件で絞り込むことはできますか?

A

もちろん可能です!以下の条件がよく見られています。
結城市 × 保育士 × オープニング
結城市 × 保育士 × 住宅補助あり
結城市 × 保育士 × ボーナスあり

他にも様々な条件で絞り込みができます!
結城市の一覧ページからご確認ください。

Q

自分で職場を探すのは自信が無いので、求人を紹介してもらうことは可能ですか?

A

もちろん可能です!まずはこちらから会員登録(無料)にお進みください。保育士バンク!では、専任の担当者があなたにぴったりの求人を完全無料でご紹介いたしますので、安心してご利用いただくことが可能です。

Q

在職中も利用することはできますか?

A

もちろんご利用可能です!こちらから会員登録(無料)いただけば、退職・転職に伴う手続きなどもキャリアアドバイザーがしっかりサポートいたします。

Q

転職相談や情報収集だけでも大丈夫?

A

ご相談だけでも大歓迎です!まずはこちらから会員登録(無料)にお進みください。

時短勤務に必要な資格

時短勤務制度で、正規の保育士として勤務を希望する場合は、保育士資格が必要です。産前・産後には働きやすい制度ですが、働く時間が短くなる分、お給料は減ることを考えておきましょう。

時短勤務のメリット

時短勤務は働く時間が短くなる分、家事など家庭での時間もとれます。例えば、17時の定時が2時間前倒しになると、仕事と家庭の両立がしやすくなるとイメージできるのではないでしょうか。正規職員としての雇用形態を維持できるのもメリットと言えるでしょう。

時短勤務でいきいきと働こう!その仕組みとは?

出産がひと段落したあと、育児休業を長い間とってはいられない、早く職場復帰したいという、保育士さんのための制度が短時間勤務制度、いわゆる時短勤務です。時短勤務は、正規職員としての雇用体系を維持しながら、3歳未満の子どもを育てている親御さんが1日6時間の勤務で帰宅できる制度です。育児休業法で定められた公的な制度なので、誰でも、もちろん保育士さんでも、取得できる制度です。早く帰宅した分、子どもとの時間をとれるので仕事と育児の両立を応援してくれます。その後、子どもが大きくなれば、フルタイム勤務として職場に完全復帰できるので、短期でしかとれない育児休業や家庭の事情に対応できるのが時短勤務という制度です。

働くお母さん保育士に対応する時短勤務

時短勤務は原則6時間働くことができれば認められます。例えば、朝9時から勤務を始めたら、1時間の休憩をはさんでも、午後4時には帰れます。夕方の早めの時間に帰れるので、保育所に預けてあるお子さんのお迎えも余裕をもって向かうことができます。その後は、お子さんと一緒の時間を楽しんだり、家事をしたりすることができます。職場で働きつつ、家での時間もとれるので、育児と仕事の両立ができるのが一番のメリットだといえるでしょう。

時短勤務の現状

メリットがたくさんある時短勤務ですが、デメリットもあります。働く時間が短いとはいえ、正規職員であるため、仕事量は他の職員とほぼ変わりません。仕事量がもともと多い現場だと、時短勤務が認められていても、「持ち帰り残業」をしなければならず、結果的にフルタイム勤務と変わらない状況になってしまうこともあります。職場に時短勤務の制度が浸透していないと、周りの目を気にしながら帰らないといけないなどのデメリットもあります。時短勤務を考えている保育士さんは、時短勤務に理解のある保育園で働きたいですね。

上京特集