2017年01月16日

保育園看護師のお仕事とは?

保育園看護師のお仕事とは?


皆さん、保育園看護師ってご存知でしょうか?
子どものことが大好き、子どもに関わるお仕事に就きたい、出産や育児の経験を活かしたいなどの理由から、近年保育園看護師を目指す人も増えているのだとか。主な役割は、園児の健康管理やケガや病気への対応、職員・保護者に対しての健康指導を行うこと。小さなお子さんを預ける保護者にとって、保育園看護師はとっても頼もしい味方。
ということで、保育園看護師のお仕事や、1日の流れ、収入などについてまとめてみました。



保育園看護師とは?


◯保育園看護師の概要と役割

2007年に厚生労働省は、体調不良、アレルギーの子どもや障害をもつ子どもたちへのケアを図ることを目的として、保育園への看護師配置に関する制度を定めました。実際、保育園では子どもが熱を出したり、転んで傷をつくったり、インフルエンザなどのウイルスが流行することは珍しいことではありませんよね。そのようなケガや急病などに対して迅速に対応したり、予防対策することが保育園看護師の第一の役割と言えるでしょう。

とは言うものの、子どもたちの健康管理、ケアを保育園看護師だけで対応するのは困難ですよね。保育士さん、調理師さん、栄養士さんなどの園の職員と日頃からコミュニケーションをとったり、職員に対する健康管理指導も併せて行っていく必要がありそうです。

また子どもたちの健康を守るためには、園内だけではなく、子どもの保護者に対しても健康指導を行っていくことも欠かせませんね。健康指導のための知識をわかりやすく伝えたり、子どもの体調に関する質問にも、適切にアドバイスしていくことも保育園看護師の重要な役割と言えるでしょう。

◯保育園看護師のメリット・デメリット

夜勤のある看護師とは違い、保育園看護師は日勤のみになります。ご自身の子育てと両立しやすいことや、子育ての経験を活かせることをメリットと感じている人も多いようです。

一方でケガや急病に対して素早く的確な判断が求められるわけですから、保育士さんや保護者からは過剰に期待されてしまったり、自分自身が責任感を感じすぎてしまうことがあるかもしれませんね。でも、だからこそ保育園看護師は存在意義があり、十分なやりがいがあると言えるでしょう。



保育園看護師の1日の流れ


保育園看護師は、【看護師】と言っても病棟看護師とは業務の内容や1日の流れに大きな違いがあることご存知でしょうか?保育園看護師が、具体的にどのような仕事をこなしているのか1日のスケジュールをまとめてみました。

◯午前中の業務

登園してきた園児の健康チェックが保育園看護師の1日の始まりです。保育士から園児の体調や健康について質問があれば、看護師の立場として適切な回答が求められます。昨晩家庭でどのように過ごしたか、通院中の場合はかかりつけの医師から言われたことなどについて、送り迎えの時間にお母さんに確認をすることもあるようです。

園児が活動する時間になると、ひざをすりむいた、おでこをぶつけた、虫に刺された・・・・・・などのケガの対応を行います。ちょっとしたケガはたいてい冷やしたり、消毒するだけの対応ですが、状態によっては園児を病院へ引率することもあるようです。

◯午後の業務

お昼ごはんのあと、保護者からの依頼書をもとに与薬します。園児のお昼寝中は事務的な作業や資料作成などの時間です。保健所や役所等から発信される感染症や病気等の注意を保護者や保育士に促すための資料などを作成したりするそうです。看護師としての専門知識をもとに、保育士や調理師に対して衛生管理のアドバイスや、保護者への衛生指導や疾病予防指導などのお便り作成などしつつ、園児のお迎えの時間には、ケガや病気で処置をしたことについて保護者と直接お話することもあるようです。

これらの日々の業務の他に、年に数回行われる健康診断では、その準備や後片付けを担当したりするそうです。また、保護者から健康に関する質問、相談などがあれば、その都度、看護師として助言したり、適切な対応をとる必要もありそうです。

◯看護師というより保育士に近い?

実際に保育園看護師をしている先輩談によると、当初想像していたよりも保育補助の業務が多いのだそうです。皆さんが想像する「ナース」ではなく、保育士のイメージに近いのかもしれません。また同僚の看護師が何人もいる病院とは違い、保育園看護師は基本的に一人でこれらの業務を行います。看護師としての悩みごとを共有したり、愚痴を言い合える同僚がいない環境のなかで、自ら考え行動できる力が求められてきます。



保育園看護師の年収は?


子どもが大好きで子どもに関わるお仕事に就きたいという理由から、保育園看護師を目指される方が増えているようです。では気になる年収はいくらぐらいなのでしょうか?

◯看護師に比べれば低い

一般的な病棟勤務の看護師に比べて保育園看護師の年収は低いと言えます。月収にすると25〜35万円ぐらいが相場と言えるでしょうか。年収が低くなってしまうのは、病棟看護師に比べ勤務時間が短い、夜勤がないといった理由や、保育園は社会福祉法人ということからもわかるとおり、医療を目的とした機関ではなく、あくまでも福祉を目的とした機関であるからです。

ではどれぐらい年収に差があるのでしょうか?病棟看護師の年収は350〜550万円ぐらいの水準に対し、保育園看護師は年収250〜400万円。参考までに一般的なOLの年収200〜300万円です。

いかがでしょうか?一般的なOLに比べると給与水準は高いようですが、病棟看護師とは大きな開きがあることがおわかり頂けると思います。また公立保育園と私立保育園でも給与体系は異なってくるそうです。

とは言っても、病棟看護師と保育園看護師が全く同じ仕事をしているわけではありませんよね。病棟看護師のほうが肉体的にも精神的にもとてもハードな仕事なわけです。

◯保育園看護師のメリット

たとえ給与水準が低くても保育園看護師に魅力を感じる人が少なくないのは、保育園看護師ならではのメリットがあるからです。

・メリット1:夜勤がない

・メリット2:定時で帰宅できる

・メリット3:自分の子どもを保育園に預けることができる(園によって異なります)

・メリット4:大好きな子どもたちと関われる

家庭とのバランスを図りたい人にとってみれば、保育園看護師はぴったりな職業と言っても良さそうです。



保育園看護師に求められる素養


以上、保育園看護師の概要、メリット・デメリット、一日の仕事の流れなどご理解頂けたでしょうか。非常に魅力的なお仕事ですよね。もちろん、保育園看護師の誰でも簡単に務まる仕事ではありません。何よりも子どものことが好きでなければいけませんし、意思疎通ができない乳幼児を相手にすることだってあります。

子どもを預ける保護者からは、子どもたちのケガや急病に対して、素早く的確に対応してもらえるとの期待が寄せられることでしょう。インフルエンザなどのウイルスが流行する季節には、その対応に追われたり、園の行事にだって参加することもあるでしょう。

同じ看護師であっても、医療機関で働くのとは大きく異なります。いずれ病院の勤務に戻ろうと考えている人にとっては、保育園看護師を長く続けるほどブランクが空いて不安に感じることもあるかもしれません。しかし、それを超えて保育に魅力を感じられる人にとっては最適な職業と言えるでしょう。

特集コラム一覧

オススメの保育士求人

    • 正光寺保育園 29年4月に《浦和園》《南浦和園》を同時に新規開園

    • 保育士、看護師
    • 正社員、パート
    • 《2017年4月オープン☆小規模☆定員19名》ぴっぴのもり保育園

    • 保育士
    • 正社員、パート
    • 放課後等デイサービス バディ西成教室【2017年8月新規オープン!!入社祝い金2万円あり!】

    • 保育士、その他
    • 正社員、契約社員、パート
    • 金蘭会保育園(仮称)

    • 保育士
    • 正社員、パート
    • いまふくゆうゆう保育園、どいゆうゆう保育園

    • 保育士
    • 正社員、パート
    • 長尾保育所、伊丹乳児院、有岡乳児保育所

    • 保育士
    • 正社員、契約社員