2017年01月30日

ブランクを気にしない。保育士の復職のタイミングと復帰方法

◆ブランクがあっても大丈夫。保育士の転職・復職


出産や育児で一旦職を離れていたり、別の職種への転職後にまた保育に関わりたいと考えている保育士さんにとって、体力的な問題や、現在の保育内容についていけるかなど、ブランクからの復帰には何かと不安がつきものですね。

しかし、採用側としては慢性的な人員不足により、即戦力になる保育士経験者を欲しがっているのが現状です。そこで今回はブランクのある保育士の方が転職・復職する際のコツと、実際に転職・復職を経験した方の声をご紹介したいと思います。


◆ブランクをメリットに変える転職・復職術


ブランクがあると「今の保育についていけるかしら」「体力がもつかしら」とついつい不安が頭をもたげるもの。しかし、ものは考えようです。ブランクは決してデメリットではなく、メリットへと変えることができるのです。



◯体力的な不安には勤務形態の見直しを

実際に保育の現場を経験していればこそ、保育士の仕事に体力が必要なことがわかっているので、以前のように働けるか不安になるのも自然なことです。そういう場合には、雇用形態を見直してみては。勤務期間が限定された派遣や勤務時間を限定したパートといった働き方もあります。ペースを掴むまでは数か月、非常勤で働いて徐々に体を慣らしていくという方法もありますよ。

◯現在の保育内容への不安は経験でカバー

しばらく現場を離れていると、業界の変化に追いつけず、昔に学んだ保育方法が現在の現場で通用するのか不安になることも。そんな時は、「ブランクOK」「ブランクのある方歓迎」といった記載のある求人を探してみるのもいいでしょう。また、ブランクのある保育士には新卒保育士にはない社会経験があるはずです。子育て経験があれば保育施設で即戦力になりますし、社会人経験があれば、コミュニケーション能力やマナーなど保護者対応に発揮することができるでしょう。

◯ブランクがある場合のアピールポイント

ブランクがあっても、保育現場での経験があるということは大きな強みです。過去にどのような経験を積んできたかなど、面接などでしっかり伝えましょう。また、保育から一度離れた理由も、場合によってはアピールのポイントに。保育士として復職したい理由と、保育経験や子育て経験、保育に関心をもった生活をしていたことをアピールしましょう。子育ての経験は保育士の素質として十分認められる要素です。

◯面接時にブランクについて聞かれたら?

面接ではしっかりとした受け答えできるように準備しておきましょう。ブランクについては、経歴を確認するだけでなく、長期で働いてくれるか、最低限の経験や仕事への意欲を持ち合わせているか、を見極める目的でも聞かれます。前向きでこれからを見据えた姿勢を見せる回答をしましょう。


◆保育士さんが『職場に復帰したい。』と思う時



保育士さんの中には、結婚や出産を機に退職し、今は別の仕事をしている方や専業主婦になっている方が大変多く、その数は60万人以上とも言われています。

この『潜在保育士』と呼ばれる方の多くは、保育士の仕事は大好きなので、できるものなら復帰したいと考えています。ですが現実には勤務時間・曜日の融通の利かなさ、お給料の安さ等さまざまな要因により、復帰は不可能と感じている方が大多数といいます。そんな中で、一度は保育士を辞めたけど復帰した方に、どんな気持ちで復帰を決意したのか、教えていただきました。



◯Aさんの場合

数年のブランクを経て、正職員として保育の現場に戻って働いてます。そもそも私はストレートで保育士になったわけではなく、大学を卒業後、一般企業に就職した後に、『やっぱり保育士になりたい、一生の仕事としてやっていきたい』と思い保育士資格を取って転職をしました。ですので、この先ずっと保育士としてやっていこうという想いや覚悟が他の方より強いのかもしれないです。

保育園は2園経験しましたが、どちらの園も普段はほぼ定時で帰れます。持ち帰りの仕事はほとんどありませんし、事務作業も仕事の早い先生は午睡中に全て終わらせてしまいます。ただ、遅番や会議の時はどうしても遅くなるので夫の協力は必要不可欠ですが、上手く協力してやっていけています。正直、最初に勤めていた一般企業の方がプレッシャーが大きく精神的に辛かったため、今は大好きな保育の仕事ができているだけで、幸せを感じています。

◯Bさんの場合

出産を機に退職しましたが、子どもが小学生に上がった後に復帰し8年が経ちます。最初は臨時職員で復帰し、現在は正職員として働いています。

復帰しようと考えた理由は、自分に一番向いている職業だと思ったからです。とにかく子どもたちがみんな可愛くて大好きなので、毎日関われるのが嬉しいと、今でも感じています。また、世の中には色々な仕事がありますが、自分が生き生きと働ける仕事は多くはありません。自分の娘に生き生きと働く親の後ろ姿を見せたい、それが一番の原動力になっているのかと思います。

◯その他こんな意見もありました

・自分と同じように働くお母さん、育児に悩むお母さんの力に少しでもなりたいと思ったから
・一般企業に行っても、保育士の時のようにやりがいを感じられるのか疑問があったから
・「協力するからもう一度やってみたら?」と夫や家族からの後押しがあったから


◆ブランクはチャンス。


ブランクから復帰を目指す保育士には、仕事に対する明確な動機や意欲があるので、採用側としても雇用条件さえマッチすれば長く働いてくれることから雇用するメリットが大きいと判断することが多いようです。

ブランク期間をチャンスと捉え、積極的にアピールしましょう。

特集コラム一覧

  • カリスマ保育士・てぃ先生の園長見習い中
  • LET'S PLAY!世界の保育とゲーム
  • 保育がもっと楽しくなるコラム
  • 明日から使える!あそびコーディネートのコツ
  • 保育のあるある!ゆるり〜ホッと〜相談室
  • 保育士おとーちゃんの・保育の力って何だろう?

オススメの保育士求人

    • アルタベビー三橋園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • どうぞのひろば、ベビーぽけっと松風台、みたけ台幼稚園、(仮称)シャルール保育園

    • 保育士
    • 正社員
    • アルタベビー田無園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • アルタベビー浦和園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • アルタベビー滝野川園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート
    • アルタベビー流山園

    • 保育士、その他
    • 正社員、パート