保育士を辞めた後も「保育の資格を生かせる」職場まとめ

大変な試験勉強や、多忙な実習・学校生活を乗り越えて手に入れた保育士の資格。
ところが、保育現場で理想と現実のギャップに悩んだり、結婚や出産を機に保育の現場を離れてしまったりする人も少なくありません。
一般のお仕事に目を向けてみてもよいですが、せっかく手にした保育士の資格を活かして活躍できる場は保育園の外にもたくさんあります。
そこで今回は保育士の資格を活かせる職場を総まとめしてみました。ぜひ「ご自分が活きる」場を見つけて下さいね。


保育士資格を活かせる求人紹介



保育士を辞めた後も「保育資格を生かせる」職場まとめ

放課後児童クラブ(学童保育)

主に、共働き家庭の小学生に、放課後の居場所を提供する「学童保育」は、多くの保育士さんが活躍している場でもあります。


放課後児童クラブ(学童保育)とは

放課後児童クラブは正式には「放課後児童健全育成事業」と呼びます。児童福祉法に基づき、保護者が働いているなどの理由で、昼間家庭にいることのできない小学生に対し、授業終了後、適切な遊びや生活空間を提供し、子どもの健全な育成を図るものです。


運営元

市町村が運営している公立の学童が8,735カ所、社会福祉法人・父母会・運営委員会・NPO法人などの民間で運営しているところが14,884カ所あります。
「厚生労働省/平成28年 放課後児童健全育成事業(放課後児童クラブ)の実施状況(5月1日現在)」より


運営場所

児童館や学校の教室、学校敷地内もあれば、専用の施設が設置されているところもあります。


設置数

全国で23,619カ所設置されていて、登録児童数は1,093,085人います。(2016年5月1日現在)


事業内容

学童は、小学生版の保育園といえるでしょう。
放課後や帰宅時の子どもたちの安全確保と、心身の健康を安定させることを主としています。それに加えて、家庭や地域での遊びの環境作りの支援をし、遊びの場を提供することで子どもたちの自主性・社会性・創造力を培い、遊びに対する意欲と行動力を形成する手助けをしています。また連絡帳などを通じて家庭と連絡を取り合うことにより、日中保護者が家にいない家庭でも保護者が子どもの様子を知り、育児に活かすことができるようにしています。


放課後児童クラブガイドラインの基準内容


職員の資格

「児童の遊びを指導する者(旧:児童厚生員)」の有資格者が必要ですが、児童の社会性を養うには多方面での経験を持つ人材が児童と関わることが有意義だと判断されるので、必ずしも職員全員が有資格者でなければいけないということはありません。


職員の数

「職員は原則2人以上配置、うち1人以上は有資格者であることが適当」とされています。ただし、児童数20人未満の小規模なクラブではこれを原則としつつも、併設する施設の職員が兼務できる場合には、その人物が有資格者であれば1人でも可としています。


児童数

「集団の規模は40人程度までが望ましい」「1放課後児童クラブの規模は最大70人までとすること」とされています。実際には大規模クラブも存在しているため、40人を超えるクラブでは、その中で複数のクラブに分割して運営するか、クラブ内で複数の児童のグループを作りグループごとに対応を分けるよう努めることとされています。(これは必ず守らなければいけない基準ではなく、地方自治体が事情に応じて例外を認める場合もあります)


家庭的(在宅)保育事業

2015年の子ども・子育て支援新制度で加わった家庭的保育事業(保育ママ)は、最も小規模の保育園です。


家庭的(在宅)保育事業とは

待機児童問題は、大都市を中心にまだまだ解消し切れておらず、保育所へ子どもを預けて働きたいのに預け先が見つからない、という保護者が数多くいます。そこで待機児童対策の一環として、自宅や保育ルームにて小規模な家庭的保育を行うのが在宅保育です。
認可保育園では保育士一人が保育する最大人数は0歳児3名、1~2歳児までで6名、3歳児は20名、4歳児以上は30名となっていますが、在宅保育が可能な「家庭的保育事業(保育ママ)」の国の設置基準は、保育士1人につき1~3名となっています 。


在宅保育のメリット

まだまだ課題の多い在宅保育ですが、メリットも多々あります。


預ける側のメリット

まず都市部では保育園が不足している状況ですので、預けられるということだけでもメリットと言えるでしょう。また、大規模な保育所での保育を好ましく思わない保護者からすると、自宅等で少人数で行う家庭的保育での親密な人間関係はメリットと感じることもありそうです。また、保育される子ども自身も、少人数のため全体に保育者の目と愛情が行き届き、安心感を持ってまさに家庭のように過ごせるというメリットもあるでしょう。


保育する側のメリット

自身にも子どもがいる場合には、自宅や保育ルームでいっしょに保育を行うことができます。自分で安心して保育を行い、他の子どもとふれ合いながら成長することができるというメリットがあります。


在宅保育に必要な資格

在宅保育をするためには自治体ごとで基準が定められているので、各自治体への確認が必要となります。基本的には保育士資格と保育の経験があれば問題はありません。
資格を持っていない人の場合は、「チャイルドマインダー」という資格を取ることが多いようです。チャイルドマインダーの資格は保育士の資格よりも取得のハードルが低いことが特徴で、「家庭的保育のスペシャリスト」として0歳~12歳の子どもを保育することができます。チャイルドマインダーの資格は通学でも通信でも取得することができるので、自分に合ったスタイルで取得が可能です。


在宅保育と訪問保育の違い

訪問保育とはその字の通り、保育を希望する人の自宅に訪問して、その場で保護者に代わって保育を行います。在宅保育とは単純に「保育を行う場所」が異なります。訪問保育の場合は、金品の管理や使用する部屋・道具などについて問題が起きないよう、しっかりと両者で事前に話し合う必要があります。


ベビーシッター

保育士の専門性ある保育を家庭で提供する、ベビーシッターが広がりを見せています。


ベビーシッターとは

ベビーシッターの主な仕事内容は、依頼者のご自宅などに伺い、保護者に代わって子どものお世話をすることです。お預かりする年齢は0歳~12歳まで。子どもと遊んだり、衣食住のお世話をするのはもちろんですが、習い事の送迎や宿題のサポートなどを依頼される場合もあります。


ベビーシッターに必要な資格

ベビーシッターとして働く上で、必要な学歴や資格はいりません。
ですが、短時間でも子どもの命を預かるという大切な役割を担うため、子どもの成長や発達、けがや病気への理解は必ず必要になります。採用の際も、保育士や幼稚園教諭、看護師などの免許を持っていると有利でしょう。
ベビーシッター専門の勉強がしたいという方には、全国保育サービス協会が認定する民間資格「認定ベビーシッター」があります。


ベビーシッターとして働くメリット・デメリット


メリット

ベビーシッターが1回のシッティングで受け持つ子どもの人数は1人か、多くても2~3人程度です。そのため、子どもの意見を尊重しながら余裕を持って保育をすることができます。子どもの好きな遊びをしたり、キャラクターを聞いてあげたりすることで、たくさんの笑顔を引き出してあげることができるでしょう。
保育所の仕事と違って、雑務が少ないのもメリットです。書類作業といっても、保護者や勤務先に提出する報告書を作成をする程度なので、空いた時間を有効に使えます。


デメリット

基本的に1対1のお世話になるので、子どもの安全について自分ひとりで責任を負わなくてはなりません。何か事故が起きた際も迅速に対応しなくてはならないため、とっさの判断力が求められます。
また、定期的に利用してくれる契約者が見つかるまでは、収入が安定しづらいかもしれません。しかしその反面、信頼してくれる契約者に出会って「またお願いします」と指名していただけたときには、この上ないやりがいを感じることができるでしょう。


ベビーシッターはこんな方にオススメ

ベビーシッターはフリーランスとして働くことも可能ですが、大部分の方がシッター専門の派遣会社や、マッチングサービスに登録して 勤務しています。
自分の好きな時間を登録すれば、自由に働くことが可能です。プライベートを優先した働き方ができるので、子育て中の方やご家庭の事情がある方、ダブルワークの方にオススメです。時給もほかの保育士アルバイトに比べて比較的高めに設定されているので、がんばり次第によっては高収入を得ることも可能ですよ。


保育士バンク!から生まれた「KIDSNAシッター」にも注目

保育士の専門転職サービス「保育士バンク!」から生まれた「KIDSNAシッター」は、保育士・幼稚園教諭の資格を持つ方のみが登録できる、プロフェッショナルなベビシッターサービスです。最低時給1600円からスタートできて、充実したサポート体制で、あなたの希望に合わせた働き方を応援します!
保育士バンク!から生まれた「KIDSNAシッター」


助産施設

数は多くありませんが、全国の助産施設でも保育士が働いています。


助産施設とは

よく聞かれる「助産院」とは、助産師が開業し、家庭的な雰囲気の中で自然なお産を行おうとする施設です。
それに対し「助産施設」とは入院して助産を受ける必要がある妊産婦が、経済的な理由で入院費用や出産費用を支払うことができない場合に、支援し助産を受けさせるための施設です。現在、助産施設は全国で約400か所あり、その多くが病院に併設されているか、病院の中にあるという施設が大半のようです。


助産施設での保育士の役割

保育士の役割は、基本的な、ミルクやおむつ替えといった「乳児のお世話」の他に、母親への育児指導や診察時の兄弟の面倒といった保育経験を活かした内容となります。助産施設として認定されている産婦人科には、多くの妊婦さんが来院し、第二子、第三子の妊娠の場合、乳幼児を連れてくることも多ので、サービスの一環として、診察中の保育を取り入れているところもあるようです。
また、出産のプロである助産師や産婦人科で働く看護師と、子育てのプロである保育士がタッグを組み、多方面から的確なアドバイスができるので、母親の信頼・安心を得られることから、保育士の活躍が注目されています。


助産施設で働くメリット・デメリット


メリット

助産施設の保育士は医療機関で働くこととなるため、高いレベルの仕事が求められています。保育経験はもちろんのこと、知識や経験が豊富な人が活躍できるのがメリットと言えるでしょう。


デメリット

デメリットとしては、助産施設の多くは病院に併設されているので、施設の規模として、基本的に10床以上は作ってはいけないことになっているため、2人もしくは3人の保育士が1つの施設で働いているのが現状です。そのため、求人数があまり多くありません。


求人は少ないので転職サイトに登録を

助産施設でのお仕事は、一般的に想像する保育士の仕事内容とは大きく異なるかもしれません。ですが、子育てのプロとして活躍できる場であることは確かです。
あまり求人が多いお仕事ではないので、空きが出たらすぐに知らせてくれる保育士専門の転職サイトで希望条件等を事前に伝えておくのも良いかもしれませんね。


乳児院

児童養護施設の一種である、乳児院でも保育士が必要とされています。


乳児院ってどんなところ?

乳児院は、保護者からの虐待や経済的な理由などさまざまなことが原因で、親と一緒に暮らせない乳幼児を、家庭に代わって見守り育てるところです。入所している子どもの年齢は、新生児~2歳までを中心に就学前まで。20名以下の乳幼児が入所する乳児院は、児童福祉法で、必ず1人以上は保育士を設置するよう義務付けられています。
また、保育園は一時的に子どもを預かり保育をする施設ですが、乳児院は24時間体制で保育士、看護師、管理栄養士、医師などたくさんの職種がチームとなって連携を取りながら乳児を養育しています。厚生労働省の2016年の調査では、乳児院は全国に約136カ所あり、およそ3000人の乳児が入所しています。


乳児院の役割

乳児院は保育所と似ているようで、まったく違う施設です。保育所が一時的に子どもを預かり保育する場に対して、大きな違いは、乳児院は乳児の「生活の場」「家庭」の機能・役割を持っていることです。
親の出産や病気、入院などで一時的に預かる機能もありますが、大半の子どもは乳児院を家庭として過ごしています。乳児の親代わりになり、子どもが安心できる一番の場所となることが重要です。


乳児院での保育士の仕事

乳児院で働く保育士は、日中は保育園と同じように集団保育をしますが、それとは別に、保育士一人ひとりが担当の乳児を1~2名程度受け持ちます。乳児院の配置基準として、看護師または保育士・児童指導員1人につき、0・1歳児では1.6名、2歳児では2名と設定されています。
自分が担当する乳児に関しては、児童相談所とのやり取りや、記録、里親のケアの他、養育全般を担当します。定期検診や予防接種に連れて行ったり、離乳食の進め方を考えたり、服など身の回り品を買いに行ったりなど、子育ての経験がなくても、保護者としての役割を担い、母親代わりとして愛情を持って接することが大切なお仕事になります。


乳児院のメリット・デメリット

乳児院の乳児にはお迎えがなく、24時間体制で養育が基本となります。夜勤もありますし、自分の休みの日でも担当乳児にトラブルがあった際は、対応しなければいけません。そのため、保育園以上に時間が拘束され、責任も重い仕事です。
しかし、特定の乳児のお世話をするので信頼関係が深まりますし、集団保育よりも、手ごたえがあり、やりがいのあるお仕事といえるでしょう。
乳児の命を預かる責任の重いお仕事でもありますので、自分の適性を冷静に判断して、転職に挑みましょう。


キッズルーム


保育士需要が高まるキッズルーム

最近保育士の需要が高まっている職場が、美容院や歯医者、大型商業施設やネイルサロンなどのキッズルームです。キッズルーム併設のお店は、いつも子どもにかかりきりのママたちに大好評なため、数が増えてきています。特に、保育士資格を持った方は、採用面接の際に優遇される傾向にあります。


キッズルームでの保育士の仕事内容

仕事内容を簡単に言ってしまえば、お店へサービスや施術を受けに来たママから子どもを預かるということです。どんなに長くても数時間預かる程度ですから、「保育」というよりは「一緒に遊び、見守ってくれるお姉さん・お兄さん」といったところでしょうか?
最近のキッズルーム併設のお店では、キッズルームにモニターを設置して、サービスを受けている最中でもママたちが子どもの様子を見ることができるようにしたり...といった工夫をしているところも増えつつ有ります。快適な時間を過ごしてもらうためにママたちの不安(=子どもが無事かという不安)を取り除くことが、キッズルームの存在意義となっているようです。


保育園とキッズルームとの違い

「子どもを保護者から預かる」という点ではズレがないのに、保育園とキッズルームでは保育士の立ち回りから大きく異なってきます。キッズルームが保育園と違う点は下記の3つです。


違い1一回の預かり時間が短い(長くてもせいぜい3~4時間ぐらい)

サービスや施術の間だけ、短時間のお預かりなので、慣れてきたと思ったらすぐに子どもとはバイバイになってしまいます。雇用形態として正社員の採用もなくはないのですが、ほとんどがパート・アルバイトという扱いになります。


違い2集団行動がない

キッズルームは保育の場ではないので、集団行動を無理に学ばせる必要はありませんし、そもそも入れ替わり立ち替わりで子どもたちが来るので、集団として扱うのはなかなか難しいところがあります。


違い3子どもの年齢の幅が広い

0歳児を預かることは稀かもしれませんが、3歳児ぐらいからなら、小学校低学年の子どもと同時に預かるということも起こります。これぐらい年齢が離れていると、体格や力の差が出てきますので、ケガをさせないよう注意が必要です。しかし時には、面倒見のいい子どもが小さな子と遊んであげるという、微笑ましいシーンを見かけることもあるそうです。


企業内保育


企業内保育とは

企業内保育とは、企業がそこで働く育児中の従業員のために、企業内や近隣に設置した保育園のことです。
以前から病院や医療関係の職場には、院内保育所として設置されていたのですが、待機児童問題の深刻化に伴い、近年では一般企業でも導入されるようになりました。
2016年度の厚生労働省の調査によると、全国の事業所内保育施設の数は約4,561カ所。5年前の調査に比べて約400カ所も増加していて注目されているのがわかりますが、全施設のうち6割は病院内の施設で、一般企業の設置はまだ少ないというのが現状です。


一般企業の設置が少ないのはなぜ?

その理由は企業側に負担が大きいからです。どのような負担かと言えば、定員や面積など必要条件を満たすことができれば、国から初期投資と運営費の両方で国から補助されるのですが、費用面や、保育所の場所を事業所の敷地や従業員の通勤経路に設置しなくてはいけないなどといった条件があり、たやすくは設置できないようです。
また、せっかく設置されても、ふたを開けてみると利用者が少ないなどの理由で、休園や閉鎖に追い込まれてしまうケースも少なくないそうです。


企業内保育のメリット

企業内保育のメリットは、保護者の勤務先と保育所が近いという点です。
乳児は熱を出しやすく、体調が急変したりすることもあるので、そのような時にすぐ保護者が駆けつけることができます。災害時に離れ離れになりにくい、仕事内容によって融通のきく時間で預かってもらえる、急な残業などでも対応してもらえるなど、働く親にとっては安心できる環境で預けることができます。働く保育士にとっても、病気やケガをした子どもの対応について保護者の判断を仰ぎやすい点は、長所といえるでしょう。
もう一つのメリットは、企業内保育所は、職員の働きやすさを考慮した大きめの企業が運営している場合が多いので、比較的待遇や福利厚生が整っています。転職を検討する際に、一度は企業内保育所の求人票に目を通すと良いでしょう。


企業内保育のデメリット

デメリットとしては、保育施設が勤務先にほど近い場所だった場合、毎日子どもを連れて通勤しなくてはいけなくなります。個々の勤務時間にもよりますが、長距離の移動となると子どもに負担がかかったり、親が体調不良の時に預けられない場合があります。
また、企業内保育園は、園庭を確保することが難しいため、なかなか園庭や外での活動がしにくい部分があります。子どもの定員も少ない場合が多いので、集団生活の指導には工夫が必要です。しかしその反面で、小規模保育には子どもたち一人ひとりの成長を手厚くサポートできるという長所があります。
集団生活を通じた学びがしにくい、特に3歳以上児は集団の中で人間関係を学んでいくことが大変重要となってくるので、大きくなると、転園も視野にいれないといけないなど、子どもの成長に合わせて変えていく必要があります。他の園への途中入園となると、なかなか希望通りのところへ入所できないことも考えられます。


駅型保育


駅型保育モデル助成事業とは

近年女性の社会進出・職場復帰などに伴う子育て支援不足が原因となり、少子化、待機児童問題が深刻になっています。何とか改善するべく、政府は、1994年「今後の子育て支援のための施策の基本的方向について(エンゼルプラン)の目玉施設として駅型保育所を設置しました。
エンゼルプランとは、95年から10年間で総合的な子育て支援を行うという計画のことで、文部省、厚生省、労働省、建設省の4省が力を合わせ、スタートさせたものです。
これを実施するために、厚生大臣認可の、日経連を中心とした経済団体が設立した、財団法人こども未来財団というものが作られ、民間企業を助成し、子育て支援に活かしています。このような事業を「駅型保育モデル助成事業」といいます。


駅型保育園のメリット

駅型保育園とは、鉄道会社が駅ビルや駅施設内、もしくは駅から5分以内の場所に設置した保育施設のことです。通勤に便利で保育時間が長いなど、保護者にとって利便性の高い施設が多く、近年大変ニーズが高まっています。
他に駅型保育園のメリットとしては、(1)途中入園が可能であること(2)延長保育や低年齢時の受け入れをしてもらいやすいこと、また、通勤時間に配慮した保育時間を提供するなど(3)こども未来財団の審査を受けるので助成があり、認可外でも準認可保育園と認定されることが多く、保育環境は認可保育園と同じレベルであることが挙げられます。
働く側にとっても、駅の近くで通勤に便利な点や、駅ビルに設置された園の場合はビルが閉まってしまうため夜勤がないなどの点は、大きなメリットと言えるでしょう。


駅型保育園のデメリット

逆にデメリットとしては、(1)園庭が確保しにくい、または作れない(2)保護者間の交流が少ないため、親同士孤独になりがち、コミュニケーション不足など(3)増加傾向にはあるが、設置数がまだ少ない、などが挙げられます。
業界第一号となる駅型保育園を開設したJR東日本は、現在、全国各地に100カ所以上の子育て支援施設を開設しています。作りにくいとされていた園庭も、駅ビルならではの、屋上緑化スペースを保育園の遊び場として利用するなど、さまざまな取り組みに積極的に取り組んでいます。
また、私鉄各社も保育事業に参入を初めており、新たな施設開設も相次いでいます。
これらは都心に通勤する共働き世帯の子育てを支援し、沿線のイメージアップを図るだけでなく、少子高齢化による鉄道利用者の減少に備え、若い世代を呼びこむということも目的にしています。


まとめ 保育士の資格は一生もの

「放課後児童クラブ」から「ベビーシッター」に至るまで、保育士の資格は多様な現場で活きることがわかりました。どの現場でも、保育の担い手はまだまだ数が足りていません。個人的な事情があって保育園の仕事から離れたとしても、活躍できる現場はたくさんあります。
また、上に示した以外の新しい職場が今後登場しないとも限りません。転職サイトなどを通じて常に情報収集することで、皆さんにぴったりの職場が見つかるかもしれませんよ。



関連する記事

障害児保育とは?現状や意義、働くために必要な資格など

障害児保育とは?現状や意義、働くために必要な資格など

障害児保育とはどのようなものか、興味を持っている保育士さんもいるかもしれません。保育所など...

保育士配置基準の計算方法が知りたい!認可保育園や小規模保育などの例や、基準緩和の流れ

保育士配置基準の計算方法が知りたい!認可保育園や小規模保育などの例や、基準緩和の流れ

保育士の配置基準を計算する方法をご存じでしょうか。保育園に配置する保育士の人数は、年齢ごと...

乳児院とはどんな施設?乳児院で働くために知っておきたい役割と仕事内容

乳児院とはどんな施設?乳児院で働くために知っておきたい役割と仕事内容

「乳児院」というと「保護者が養育ができない乳児を預かる施設」というところまでは理解している...

保育士が果たしている役割。社会や仕事で求められる保育の意義について 

保育士が果たしている役割。社会や仕事で求められる保育の意義について 

保育士に求められている「役割」にはどのようなものがあるでしょうか。近年では家庭支援や子育て...

企業主導型保育事業と事業所内保育事業の違いについて。認可の有無や無償化など

企業主導型保育事業と事業所内保育事業の違いについて。認可の有無や無償化など

企業主導型保育事業と事業所内保育事業はそれぞれどのような事業で、どのような違いがあるのでし...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!

ランキング記事

幼児期の終わりまでに育ってほしい「10の姿」とは。改定保育指針の内容や具体的な事例 1
幼児期の終わりまでに育ってほしい「10の姿」とは。改定保育指針の内容や具体的な事例
保育士とは。保育士になるための資格取得の方法や国家試験と仕事内容 2
保育士とは。保育士になるための資格取得の方法や国家試験と仕事内容
認可保育園と認可外保育園の違いとは? 保育料や無償化、補助金制度など 3
認可保育園と認可外保育園の違いとは? 保育料や無償化、補助金制度など
【最新版】保育士のお給料事情。平均月収や安い理由、給料を上げるには? 4
【最新版】保育士のお給料事情。平均月収や安い理由、給料を上げるには?
「なめられない保育」はもうやめよう(前編) 5
「なめられない保育」はもうやめよう(前編)

新着記事

幼児期の終わりまでに育ってほしい「10の姿」とは。改定保育指針の内容や具体的な事例
幼児期の終わりまでに育ってほしい「10の姿」とは。改定保育指針の内容や具体的な事例
【2020年最新版】転職に役立つ保育士の自己分析のポイント。自己PRへはどう生かす?
【2020年最新版】転職に役立つ保育士の自己分析のポイント。自己PRへはどう生かす?
保育園で楽しむ植物を使った色水遊びのアイデア。野菜や草花など使える植物の種類について
保育園で楽しむ植物を使った色水遊びのアイデア。野菜や草花など使える植物の種類について
【2020年最新版】保育士の面接を受けるときの服装は?パートやアルバイト、中途など
【2020年最新版】保育士の面接を受けるときの服装は?パートやアルバイト、中途など
保育園で作れる1歳児向けの手作りおもちゃ。フェルトやボタンなどの簡単アイデア
保育園で作れる1歳児向けの手作りおもちゃ。フェルトやボタンなどの簡単アイデア

カテゴリー

注目の求人

社会福祉法人みおつくし福祉会

勤務地
大阪
職種
保育士

株式会社Kids Smile Project

勤務地
東京 神奈川ほか
職種
保育士ほか

ウィズブック保育園(株式会社アイ・エス・シー)

勤務地
東京 ほか
職種
保育士ほか

学校法人大藤学園

勤務地
北海道
職種
幼稚園教諭 ほか
WEB面接OKの求人特集 フェア 新卒特集 株式会社Kids Smile Project ウィズブック保育園_株式会社アイ・エス・シー 保育士バンク!チャンネル【公式】