保育の5領域を徹底解説!ねらいと内容、遊びの具体例

2018年に改訂された保育所保育指針。保育士さんが子どもの健やかな成長・発達を援助するためにも、5領域の「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」は大切な指針といえるでしょう。今回は、5領域について解説します。視点を活かした保育の実践例や小学校との連携において大切となる「3つの柱」「10の姿」などについてもまとめました。


保育園に行く子どもの写真

KPG Payless2/shutterstock.com


保育内容の5領域とは?

保育所保育指針で定められた5領域とは、保育所や幼稚園での教育目標や、保育を行なう際の視点を表わしたものです。


保育所保育指針に定められた5領域は、


  • 健康
  • 人間関係
  • 環境
  • 言葉
  • 表現

となっています。


それぞれ領域ごとに、ねらいや内容が明確に記載してあります。


そもそも保育のねらいとは、子どもの姿をもとに子どもに育ってほしい能力や態度を示したものです。
そして、ねらいを達成するために子どもに経験してほしい活動を具体的に表したものが内容となります。


この5領域を意識して保育を計画・実行することで、子どもの自発的な遊びが深まり、総合的な心身の発達へとつながっていくようです。


今回は、厚生労働省「保育所保育指針」をもとに、3歳以上児の5領域のねらいや内容について詳しく解説します。

保育の5領域:心身の健康に関する領域「健康」

保育所保育指針における「健康」では、健康な心と体を育て、自ら健康で安全な生活をつくり出す力を養うことを目的に、以下のようにねらいや内容を示しています。



5領域「健康」のねらいと内容


5領域「健康」では、園での生活リズムを整えるとともに、身の回りの支度などを自分で行えるようにすることや、健康のために行動することなどが大切となるようです。


保育士さんは、子どもの思いやペースを尊重した丁寧な関わりを通して、子どもの安心感や意欲を育めるような援助ができるとよいでしょう。

保育の5領域:人との関わりに関する領域「人間関係」

保育所保育指針における「人間関係」では、周りの人と支え合って生活するための、自立心や人と関わる力を養うことを目的に、以下のようにねらいや内容を示しています。



5領域「人間関係」のねらいと内容


5領域「人間関係」では、保育士さんや友だちとの信頼関係を基盤として、人との関わり方を身につけ、自律心を養うことをねらいとしています。


保育士さんは、子どもと周囲の人との関わりを仲立ちし、喜びや悲しみを共感し、他者の立場に立って考えられるように援助することが大切でしょう。

保育の5領域:身近な環境との関わりに関する領域「環境」

保育所保育指針における「環境」では、子どもがさまざまな環境に好奇心や探究心をもって関わり、それらを生活に取り入れていこうとする力を養うことを目的に、以下のようにねらいや内容を示しています。



5領域「環境」のねらいと内容


5領域「環境」では、身近な環境に親しみを持ち、発見を楽しむなど、さまざまな経験を通して関心を深め、感覚を豊かにすることをねらいとしています。


保育士さんは、子どもたちが身近な事象に関心や親しみ、興味をもてるように、「気づき」を促せるような援助ができるとよいですね。

保育の5領域:言葉の獲得に関する領域「言葉」

保育所保育指針における「言葉」では、思いを言葉で表現する力や、相手の話を聞く意欲、言葉に対する感覚を養うことを目的に、以下のようにねらいや内容を示しています。



5領域「言葉」のねらいと内容


5領域「言葉」では、自分の気持ちを言葉で表現し、人の話にも関心をもつなど、言葉に対する感覚を豊かにすることをねらいとしています。


保育士さんは、子どもが経験したことや感じたことを自分なりの言葉で伝えられるよう言葉を補ったり、周りの人と言葉を使ってやり取りできるよう関わりを仲立ちしたりしていけるとよいですね。

保育の5領域:感性と表現に関する領域「表現」

保育所保育指針における「表現」では、子どもが自分なりに表現することを通して、豊かな感性や表現する力を養うことを目的に、以下のようにねらいや内容を示しています。



5領域「表現」のねらいと内容


このように5領域「表現」では、子どもが思いを自分なりに表現し、イメージや感性を豊かにすることなどをねらいとしています。


保育士さんは、生活の中でさまざまなものに触れたり、遊びの中で表現を楽しんだりする活動を取り入れ、表現するよろこびを育んでいけるとよいかもしれません。


出典:保育所保育指針/厚生労働省

5領域の要素を組み合わせた保育の具体例:【季節別】

積み木で遊ぶ子どもの写真

maroke/shutterstock.com


5領域を意識した季節の遊びや日常的な遊びの具体例や領域ごとのねらいを紹介します。



「春」の保育活動~春を探そう~


春にちなんだ保育活動の中には、春を探しに公園や園の周りを散歩することもあるでしょう。


春の散歩では、どのようなねらいが挙げられるでしょうか。


【保育の流れ】

近隣の公園や散歩に出かけて「春」の自然であるたんぽぽやつくしなどを探し、子どもたちといっしょに春らしい遊びを楽しみましょう。



春の戸外遊びのねらいと内容


このように、自然とのふれ合いをねらいに取り入れていけるとよさそうです。


保育士さんは、子どもたちが「春」を探すことで自ら発見する喜びや楽しさを知ることができるように、共感や言葉がけを大切にしましょう。


出かける前には、「手をつないで歩く」など具体的なルールを伝えて、子どもたちが自らルールを守って行動できるように援助するとよいかもしれません。



「夏」の保育活動~水遊びを楽しもう~


夏にちなんだ保育活動では、園のプールで水遊びを楽しむこともあるでしょう。


保育の流れ、5領域を意識したねらいの一例を紹介します。


【保育の流れ】

保育士さんは子どもたちにルールを伝えて、水遊びを行います。


水遊びの道具などを用意しておくと、子どもに水との触れ合いを楽しんでもらえるかもしれません。


このように、水の心地よさや面白さを感じることをねらいに取り入れるとよさそうです。



夏の水遊びのねらいと内容


保育士さんは、水遊びのおもちゃを順番に使う大切さを伝えましょう。


子ども同士でおもちゃの使い方や遊び方を教え合ったり、話し合ったりできるような言葉がけを意識するとよいかもしれません。


また、子どもたちの健康を守るため、天候や気温を確認し、水遊びに適している日なのかを確認することも大切ですね。



「秋」の保育活動~落ち葉を使って製作を楽しもう~


秋にちなんだ保育活動の中で、落ち葉や木の実を拾い、製作遊びに活用してみましょう。


この活動のねらいや遊びの内容にはどのようなものがあるでしょうか。


【保育の流れ】

公園などに行き、落ち葉やどんぐりなどを拾います。


拾った秋の自然物を使って絵をかいたり、工作をしたりと製作遊びを行ないましょう。



秋の散歩遊びのねらいと内容


この事例では、自然とふれ合いさまざまな発見や遊びを楽しむことでねらいを達成できそうです。


保育士さんは、子どもたちが秋の植物や木の実に関心をもてるような言葉がけなど行ないましょう。


落ち葉や木の実を使った製作遊びをする際は、子どもの年齢に合わせた工程を考えるとよさそうですね。



「冬」の保育活動~お餅つきをして、お正月を祝おう~


冬にちなんだ保育活動として、お正月にお餅つきを行う園も多いことでしょう。


保育の流れと、5領域を意識したねらいや内容の一例を紹介します。


【保育の流れ】

杵と臼を用意して、子どもたちとお餅つきを楽しみましょう。


お餅つきのやり方を説明し、順番にお餅をついていきます。


子どもたちに自分でお餅をついてもらい、いっしょにお正月をお祝いできるとよいですね。



冬のお餅つき遊びのねらいと内容


餅つきを通して、伝統的な行事に親しみ、特有のかけ声やお祝いの雰囲気を楽しめるようにするとよいかもしれません。


保育士さんは子どもたちの安全を見守りながら、お餅つきの楽しさや特別感が味わえるよう明るく笑顔で声かけをしていきましょう。


この活動では食品を扱うため、しっかり手を洗う、清潔な道具を使うなど、衛生面においての配慮も大切ですね。

5領域の要素を組み合わせた保育の具体例:【日常保育シーン別】

パズルで遊ぶ子どもの写真

Mcimage/shutterstock.com




お店屋さんごっこ


お店屋さんごっこは、店員さんやお客さんになりきってやり取りをしたり、商品やお金などを製作したりとさまざまな遊び方を楽しめますよね。


お店屋さんごっこの流れ、5領域を意識したねらいや内容の一例を紹介します。


【保育の流れ】

商品やお金などを手作りして、お店屋さんとお客さんの役を分けて子どもたちとお店屋さんごっこを楽しみましょう。


子どもたちの年齢に合わせた製作やごっこ遊びを展開できるとよさそうです。


このように、子どもが身近なお店や買い物の様子を思い出して再現しながら遊べるようにしましょう。



ままごと遊びのねらいと内容


お店屋さんごっこには、製作遊びやごっこ遊びなどさまざまな工程があります。


保育士さんは子どもの発想やペースに合わせて進められるよう、環境設定や声がけを考えていけるとよいですね。


また、お店屋さんごっこを通じて子ども同士がやり取りを楽しめるように、援助と見守りをバランスよく行なっていくとよいかもしれません。



フルーツバスケット


ゲーム遊びとしてフルーツバスケットを取り入れている園も多いのではないでしょうか。


フルーツバスケットをするときのゲームの流れ、5領域を意識したねらいや内容の一例を紹介します。


【ゲームの流れ】

1.子どもたちは「りんご」「いちご」などの3、4種類のグループに分かれ、オニを1人決めます。
2.クラスの人数から1引いた数の椅子を内向きに並べて座り、オニは真ん中に立ちます。
3.オニは「りんご」など好きなグループの名前を言います。
4.オニに呼ばれた「りんご」のグループの子どもは椅子を立ち、空いているほかの椅子に移動します。
5.オニも空いている椅子に座り、座れなかった子どもが次のオニとなります。
6.オニが「フルーツバスケット」と言った場合は、全員が移動し、座れなかった人がオニとなります。
7.(3)~(6)を繰り返します。



フルーツバスケットのねらいと内容


このように、ルールを守りながら友だちといっしょに遊びを楽しめるとよいでしょう。


初めてフルーツバスケットを行う場合は、ルールをすぐに理解することは難しいかもしれません。


保育士さんは子どもたちの様子を見て、適切に声をかけていくとよさそうですね。

保育の「3つの柱」と「10の姿」とは~小学校との連携を目指して~

2018年の保育所保育指針、幼稚園教育要領、幼保連携型認定こども園教育・保育要領、そして小学校以降の学習指導要領の改定に伴い、幼児教育と小学校教育との接続の在り方も重要であると示されました。


幼児期の保育の目的と小学校との連携を捉えるためにも、「3つの柱」「幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿」についてきちんと理解しておきましょう。



3つの柱とは


3つの柱とは、生きる力の基礎となる、「保育を通して育みたい資質・能力」を以下のように3つに分けたものです。


  • 豊かな体験を通じて、感じたり、気付いたり、分かったり、できるようになったりする「知識及び技能の基礎」
  • 気付いたことや、できるようになったことなどを使い、考えたり、試したり、工夫したり、表現したりする「思考力、判断力、表現力などの基礎」
  • 心情、意欲、態度が育つ中で、よりよい生活を営もうとする「学びに向かう力、人間性など」

この3つの柱で示された資質や能力は、5領域をふまえた保育活動を通して一体的に育まれることが大切となるようです。



10の姿とは


10の姿とは、小学校入学までに育まれる子どもの姿として、「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」を10つの視点で示したものです。


<10の姿の視点>

1.健康な心と身体
2.自立心
3.協同性
4.道徳性・規範意識の芽生え
5.社会生活との関わり
6.思考力の芽生え
7.自然との関わり・生命尊重
8.数量・図形、文字などへの関心・感覚
9.言葉による伝えあい
10.豊かな感性と表現


これらは、5領域をもとに5歳児の終わりの子どもの姿や育ちをより具体的に表されています。


幼児教育と小学校教育の連携を目的としており、保育士さんが卒園前の子どもの育ちを見る目安や援助の方向性を把握できるようにと示されました。


10の姿は「幼児期の終わりまでにこうなるべき」という到達目標ではなく、方向性の目安であるということに留意して保育を計画できるとよいですね。

保育の5領域をバランスよく組み合わせて、保育活動に生かそう

今回は、保育所保育指針の5領域についてや遊びの実践例、「3つの柱」や「10の姿」について紹介しました。


5領域は、保育士さんが子どもたちの保育活動を考えるうえで、基盤となる指針でしょう。


「保育所保育指針」「幼稚園教育要領」や「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」の改定を機に、もう一度これらに目を通しておくと保育のヒントが得られるかもしれません。


そして「健康」「人間関係」「環境」「言葉」「表現」それぞれの領域を一体的に育んでいくことで、子どもたちの生きる力につながっていくようです。


遊びの具体例を参考に、5領域のねらいや内容をバランスよく保育に取り入れていきましょう。


子どもに向き合える保育求人を紹介



関連する記事

【徹底解説】保育要録とは?書き方や様式、記入例文を紹介。

【徹底解説】保育要録とは?書き方や様式、記入例文を紹介。

5歳児クラスの担任は、子どもの様子を伝える「保育要録」を作成する必要があります。保育計画な...

【10の姿】「豊かな感性と表現」とは。子どもの姿につなげる遊びの実践事例

【10の姿】「豊かな感性と表現」とは。子どもの姿につなげる遊びの実践事例

保育所保育指針・幼稚園教育要領の改定により示された「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」。...

【10の姿】「数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚」とは。子どもの姿につなげる保育の実践事例

【10の姿】「数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚」とは。子どもの姿につなげる保育の実践事例

保育所保育指針・幼稚園教育要領の改定により示された「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」。...

【10の姿】「道徳性・規範意識の芽生え」とは。遊びから子どもの姿を読み取る実践事例

【10の姿】「道徳性・規範意識の芽生え」とは。遊びから子どもの姿を読み取る実践事例

保育所保育指針・幼稚園教育要領の改定により示された「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」。...

【10の姿】「社会生活との関わり」とは。保育現場の子どもの姿にあらわれた事例

【10の姿】「社会生活との関わり」とは。保育現場の子どもの姿にあらわれた事例

保育所保育指針・幼稚園教育要領の改定により示された「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」。...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!