水戸市(茨城県)の企業主導型の保育士求人一覧

企業主導型保育とは?

企業主導型保育は、2016年度からスタートした比較的新しい保育園の設置形式です。主に従業員の子ども向けに企業がつくる保育園で、事業所内(オフィスや工場など実際に働く場)に併設、もしくは近隣にあります。運営はその企業が直営している場合と、外部委託の場合があります。

エリア
水戸市
給与
こだわり無し
職種
こだわり無し
雇用形態
こだわり無し
施設形態
企業主導型
こだわり
こだわり無し

ピースホームタウン株式会社

ドリームボックス春日

月22~30万円、引越し費用最大10万円の補助あり!年休120日以上

  • ボーナスあり
  • 残業少なめ
  • 年休120日超
  • 新卒も歓迎

療育が初めての方も歓迎!入社後は研修や資格取得支援があり、経験を重ねながら成長できます。年休数も多く、オンオフのバランスを取りながら働ける職場です。転居される方には引越し費用の補助…

勤務地 茨城県つくば市春日3-12-3 スクロパレス河村1F
事業エリア 茨城県、東京都、埼玉県
運営施設種別 放課後等デイサービス

社会福祉法人つぼみ会

4エリアで新規園オープン予定!残業なし・持ち帰り禁止で定時退勤、賞与年3回

  • 福利厚生充実
  • 上京者歓迎
  • 残業少なめ
  • 復帰率高

保育園はいつでも子どもたちが主人公。その環境をつくるためにはまず、働く大人がとことん保育を楽しむ!それが私たちのモットーです。だからこそ、残業はしない・休みはしっかり取る・給与面や…

本社所在地 東京都北区桐ヶ丘1-7-17
事業エリア 東京都、茨城県ほか
運営施設種別 認可保育園
01

昇給アリ・賞与年3.0カ月!がんばりがしっかりと評価される職場ですよ。

キープ
ぼんぼん保育園(茨城県水戸市)
  • 乳児保育のみ
  • リトミック
  • 住宅補助あり
  • 車通勤可
  • ボーナスあり
  • 産休育休制度
  • 初心者歓迎
  • 有給

ぼんぼん保育園は、生後43日から2歳までのお子さまをお預かりする、企業主導型保育園です。月齢・発達に合わせた運動遊びやリトミックなど、体を使った活動を毎日取り入れ、心身共に健やかな...

所在地 茨城県水戸市石川1-4043-8
アクセス 上野東京ライン「赤塚駅」から車5分
給与 月給153,000円 ~
施設形態 企業主導型

1件中 1〜1件表示

1

気になる求人は見つかりましたか?
保育士バンクではキャリアアドバイザーによるお仕事の紹介も行っています

専任のキャリアアドバイザーがあなたの就職・転職を全力サポートいたします。非公開求人も多数ご用意していますので、ぜひ求人紹介サービスもご利用ください。

よくある質問

Q

水戸市の求人を条件で絞り込むことはできますか?

A

もちろん可能です!以下の条件がよく見られています。
水戸市 × 保育士 × オープニング
水戸市 × 保育士 × 住宅補助あり
水戸市 × 保育士 × ボーナスあり

他にも様々な条件で絞り込みができます!
水戸市の一覧ページからご確認ください。

Q

自分で職場を探すのは自信が無いので、求人を紹介してもらうことは可能ですか?

A

もちろん可能です!まずはこちらから会員登録(無料)にお進みください。保育士バンク!では、専任の担当者があなたにぴったりの求人を完全無料でご紹介いたしますので、安心してご利用いただくことが可能です。

Q

在職中も利用することはできますか?

A

もちろんご利用可能です!こちらから会員登録(無料)いただけば、退職・転職に伴う手続きなどもキャリアアドバイザーがしっかりサポートいたします。

Q

転職相談や情報収集だけでも大丈夫?

A

ご相談だけでも大歓迎です!まずはこちらから会員登録(無料)にお進みください。

企業主導型保育のお給料は?

正社員で働くと、ほかの保育園とあまり変わらない15~20万前後が平均的です。 これに夜間手当てや資格手当、さらに正社員であれば、賞与が出るところもあります。非常勤やアルバイトだと、時給1000円前後の場合が多いようです。

企業主導型保育で必要な資格

原則として保育士資格を求められます。無資格の人には、保育補助としての採用もあるようです。乳児がいる施設では看護師採用もあります。

企業主導型保育のメリット、おすすめポイント

企業主導型保育では、その企業のカレンダーに合わせたお休みが取れます。お盆休みなどの長期休暇などが設定されているケースもあるでしょう。比較的小規模な保育園が多いため、行事が少ないといったメリットもあります。直営の企業主導型保育はその企業の社員となるので、他の社員と同等の福利厚生を受けることができます。

企業主導型保育はスタートしたばかりの制度

企業主導型保育は、2016年度からスタートした比較的新しい保育園の設置形式です。認可外保育施設ではありますが、国からの助成金が認可並みに出るということがあり、急速に設置園が増えています。施設としては、企業内または、事業所の近辺に用意された、従業員向けの保育園です。企業主導型保育は福利厚生メニューとして社員の職場復帰を後押しするもので、優秀な従業員に長く働いてもらうために、企業側としてもメリットがあります。

企業主導型保育は行事が少なめ

企業主導型保育は、定員も施設も比較的小規模な保育施設です。そのため保育では運動会などの大きな行事を行わないところが多いようです。クリスマス会のような小さな季節行事はあるものの、遠足や運動会のような大きな行事がないところがほとんどで、持ち帰りの仕事が減り負担が少なくなることがメリットです。また、基本的には運営している企業のお休みに合わせるのが特徴。企業が土日祝完全休みであれば企業主導型保育も同じく土日祝休みになるので、プライベートとの両立がしやすい傾向にあります。

従業員以外にも開放している

企業主導型保育と聞くと、「従業員の子どもしか入れないの?」と思うかもしれません。企業主導型保育は、原則として従業員の子どものみではなく、地域の子どもも入ることができます。企業内に保育園があることで、子どもが「具合が悪くなった」など、急なことにも対応できたり、お昼ご飯を保護者と一緒にとることができる安心感、災害時にも、すぐに子どもを迎えにいけるなどのメリットがあります。

上京特集