第2回 積み木あそびのポイントとは?

明日から使える!あそびコーディネートのコツ

遊びこなせていますか?園のおもちゃ



連載1回目に続いて、「リグノ」という積み木のあそび方を深めていきます。
今回も対象は1~2歳児。リグノは0~2歳ぐらいの子どもたちととても相性のいい積み木です。


積み木は床で遊ぶもの......とは限らない!



20171101_10.jpg

あそび環境コーディネーターとして保育園で活動を始めたとき、積み木は床で遊ぶものだと思っていました。
床の上でリグノをいろんな形に積んでみせると、子どもたちが集まってきて一緒にあそび始めます。
しかし、しばらくするとどこかに行ってしまう、もしくは手で積み木を「ぐしゃぐしゃ」と広げてあそびはおしまいとなっていました。

何度かそれを繰り返したある日、机の上に積み木を置いて、椅子に座って遊ぶよう提案してみました。
すると子どもたちが以前より意欲的に積み木であそぶようになり、取り合いがなくなることはないですが、その頻度も減りました。
これは、椅子に座って机に向かうことで「自分のあそぶスペース」が明確になり、目の前の積み木に自然と集中できているようでした。


あそびに集中すると「取り合い」は減る


20171101_11.jpg


どんなあそびにも言えますが、子どもたちがおもちゃに興味をもち、あそびに集中し始めると自然と取り合いは減ります。
1~2歳児さんでも、今、目の前にある自分の世界に没頭すると、他の人がやっていることに意識が向かなくなる瞬間があるのです!
皆さんは体験したことないですか?この瞬間を見たくて、私はあそび環境コーディネーターをやっているといっても過言ではありません。
そして、こういう瞬間を作るために現場に入っています。

保育士バンク!があなたの就活・転職をお手伝いします

あそびこむためには「おもちゃの数」が重要



子どもたちが真剣にあそびこむ姿を見ると、声をかけるのもはばかられるほどです。
そういう瞬間に導くためには、「おもちゃの数」が重要です。
今回のリグノでしたら、1~2歳児さん1人に、最低でも3~5個手渡せるぐらいの数があるといいですね。

ちなみに数がありすぎても、子どもたちはあそびこめないので、最初から全部の積み木を出す必要はありません。
1~2歳児に多すぎる積み木という環境は、手でぐちゃぐちゃと広げておしまいとなりがちです。
ですから、子どもたちのあそぶ様子を見て、積み木の量を調節する。ここが保育士としての腕の見せ所ですね!
あそぶ人数が減ってくれば、当然積み木の数も減らします。


子どもの集中力が途切れないよう、積み木の量を調節する



20171101_12.jpg

どれぐらい増やしたり減らしたりするかは、子どもたちのあそぶ様子を、とにかくよく見ているとわかります。上に積んでいくか、横に並べていくか。
子どもが積み木を探しに行くことで集中力が途切れてしまわないように、量を調節したり子どもの傍にそっと積み木を置いたりします。
そういうことが保育士の専門性につながります。


積み木を通して1~2歳児が気づくこと




リグノを通して子どもたちはあることに気づきます。自分を中心にして上下、前後、左右に円柱が動くということです。
リグノの真ん中の穴を上向きに置き、円柱を入れる・出す。この動きは上下の動きです。

20171101_13.jpg

また、穴を正面に向いて置くと、円柱は前後に動きます。横向きに置くと円柱は左右に動く、そして穴は見えなくなり面が見える。見えないところにも穴はあり円柱の動きは見える。
一つの積み木で3通りのあそび方ができて、自分から見て「物の動きには3つの方向性がある」。
あそびながら子どもたちは認識します。

それは物事の成り立ち、自分を取り巻く世界の成り立ちの一部を知ることにつながっているのではないでしょうか?真剣な表情で、そっとリグノの中心の円柱を押す子どもの手先への神経の配り方。

どこまで押せば、円柱は穴から落ちるのか?
子どもたちはこうやって自分が持つ力の使い方、手先や体の使い方、自分という存在を学んでいくのではないかと思います。


プロフィール


横尾 泉(よこお いずみ)横尾プロフィール
木のおもちゃ「チッタ」店主、あそび環境コーディネーター、保育士。
保育士養成校を卒業後、乳児保育園の保育士などを経験。
その後、フィリピンの孤児院や、オーストラリアを放浪しながら現地の保育園にてボランティアを行う。
結婚を機に上京、子育てに行き詰まったことをきっかけに、おもちゃコンサルタントマスター取得。
その勢いで自宅ショップ「木のおもちゃチッタ」オープン。
こだわりのおもちゃ屋を経営しながらあそび環境コーディネーターとして保育現場で活動。
園内研修、保護者向けのおもちゃの講座などを手掛ける。石川県出身、2児の母。 Facebook https://www.facebook.com/woodtoychitta/

関連する記事

感情論の保育から卒業しよう

感情論の保育から卒業しよう

これまで25回に渡って保育に関するコラムを書いてきましたが、諸般の事情により今回で保育士バンク!さ...

保育のプロなら「甘やかしている」と言わないで

保育のプロなら「甘やかしている」と言わないで

しばしば、保育園の現役保護者から「子供を甘やかしすぎです」「お子さんは甘やかされています」と保育...

保育者として「子供を信じる」ことができていますか?

保育者として「子供を信じる」ことができていますか?

前回は、保育者の心理面で重要な専門性「待つこと」、その大切さについてお話ししました。それを読んで...

忘れていませんか?「待つ」という保育者の専門性

忘れていませんか?「待つ」という保育者の専門性

今回からは保育の専門性について、具体的な行動に視点をあて、みていきたいと思います。 保育者が専門...

保育園はハラスメントが起きやすい職場!?そのわけは

保育園はハラスメントが起きやすい職場!?そのわけは

前回、前々回に引き続いて、保育をめぐるハラスメントの話題のまとめを書きたいと思います。保育士さんた...

保育士お悩み相談 第16回「保護者に『子どもにこうしてあげて欲しい』と伝えるには?」

保育士お悩み相談 第16回「保護者に『子どもにこうしてあげて欲しい』と伝えるには?」

Q.保護者に「もっと子どもに、こうしてあげて欲しい」と伝えるには? 子どもに対する言葉や態度が乱...

子供を巻き込む「ハラスメント保育」とは

子供を巻き込む「ハラスメント保育」とは

今回は「保育上のハラスメント」について取り上げたいと思います。 これは保育現場で、上司や同僚から...

保育士お悩み相談 第15回「行事に凝りすぎてしまう同僚をどう説得する?」

保育士お悩み相談 第15回「行事に凝りすぎてしまう同僚をどう説得する?」

Q.行事に凝りすぎてしまう同僚をどう説得する? 1歳児の副担任です。組んでいる同僚が凝り性で、行事...

保育の職場でおきるハラスメントにどう立ち向かう?

保育の職場でおきるハラスメントにどう立ち向かう?

先日、新聞の投書欄をきっかけに、ある保育園で「妊娠する順番(育児休暇を取る順番)をあらかじめ園長...

保育士お悩み相談 第14回「研修で学んだことを自分の園で広げるには」

保育士お悩み相談 第14回「研修で学んだことを自分の園で広げるには」

Q.研修で学んだことを自分の園で広げるには? 外部のさまざまな研修に出かけて、知見を広げるのが...

「◯◯先生」「◯◯さん」保育園での名前の呼び方と子供の人権

「◯◯先生」「◯◯さん」保育園での名前の呼び方と子供の人権

みなさんの園では、子供のことをどのように呼ぶでしょうか? また、保育者のことをどのように子供に呼ば...

保育士お悩み相談 第13回「ピアノへの苦手意識がなくなりません」

保育士お悩み相談 第13回「ピアノへの苦手意識がなくなりません」

Q.ピアノへの苦手意識がなかなかなくなりません。 ピアノで、生の音で歌を教えたり、歌ったりするこ...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す