保育者として「子供を信じる」ことができていますか?

保育士おとーちゃんの「保育の力」って何だろう?


前回は、保育者の心理面で重要な専門性「待つこと」、その大切さについてお話ししました。それを読んでいかがでしたか。人によっては、当たり前と思っていたことが当たり前ではなかったと気づいた方もいたのではないでしょうか。


近隣の働きやすい保育求人を紹介


保育者として「子供を信じる」ことができていますか?


泣いている子をあたたかく見守りながらも、それにただ「泣き止ませなければ」と手を貸すのではなく、その子が自分で葛藤という心の経験をし、それを完璧でなくてもいいので少しでも成長の方に前進していく姿を自分で出すことを待つ。ここに子供を主体的に成長させることができる、保育者の「待つ」専門性があるのでした。

では、どうしたらこの「待つ」専門性を保育の中で出していけるようになるのでしょうか。実は、「待つ」をうしろから支えているものがあります。


子供を信じるとは?



それが、「子供を信じる」専門性です。信じるといっても、「保育士は子供を信じなさい」とか、「子供に寄り添う」といった精神論や感情論で保育者のあり方を説くものではありません。

このような精神論・感情論で保育者の専門性 が語られてきたこれまでの保育界のあり方は、僕は不適切なことだったと考えています。


子供のムリのない成長のありかた、理解していますか



ここで言う「子供を信じる」ということの本意はこういうことです。まずは、保育者が子供の成長発達のあり方や、いろんな多様な子供がいて、いろんな個性がある、という広い知識や経験を持っていること。

その知恵をベースに、「いまはその姿は出ていなくても、こういった経験をしつつ、また時間的な成長や、周囲の子供や大人との関わりをしていけば、ムリのない成長のあり方が見えてくる、ということ」をよく分かっている、ということです。

これは案外難しいことです。 というのも、多くの人は、子育てのスタートラインに立ったときに、子供にさまざまな「できる」を増やしてあげないといけない、というスタンスを持っているからです。保育者もまた例外ではありません。
さらに人によっては、そこに「子供はできないものだから」という決めつけや、子供の力を見くびった見方を持っています。


「できる」を増やすことが保育の全てではない



こうしたスタンスになんの疑問も持たないまま、実際の子供への関わりが始まってしまうと、その人は「(大人が)介入によって子供の『できる』を作り出す」関わりを積み重ねていってしまいます。

これが過保護・過干渉の始まりです。その人は必ずしも悪意があってそうしているわけではなく、その人なりに一生懸命だったり、子供を思ってのことだったり、職業的な誠実さゆえにそれをしてしまいます。
しかし残念なことに、それは無意識ながらに子供の力を信じられていない状態なのです。


無自覚な保育を招いてしまうもの



これは、「無自覚な保育」をたくさん招きます。例えば、その子はそんなことをしなくても、適切に大人についてこられるにも関わらず、無意識に乱暴に手首を引っ張ってつれて歩いてしまったり、その子をただ待っていればこちらに来られるのに、まるでモノでも抱え上げるように抱き上げて動かしてしまったり。

こういったことが保育の現場では無数に見られます。その保育士たちは、その行為に自分自身気がついていません。つまり、無自覚なのです。

たしかに、保育者自身は悪意なくやっています。しかし、プロである保育士が、無自覚に不適切なこと、無用なことをしているのは、それがたとえ悪意がないからといって許容されるでしょうか。残念ながら、専門性の高い仕事であればそれは許されるものではありません。


無自覚な保育はなぜおきる?



こういった無自覚な保育が発生してしまうのは、子供の成長への理解がなく、子供の成長を信じられることができず、そのため待てずに、結果をてっとり早く作り出してしまう介入、過干渉、過保護、管理、支配の関わりがあるからです。

本来であれば、私たち保育者の仕事は、子供の見た目の姿・行動を作り出すことではなく、子供自身が適切な成長を自分で遂げられるよう子供を伸ばしていくことにあるのです。


保育者が考えるトイレトレーニングの無意味さ



例えば、排泄の自立の場面で考えてみます。一般的に、少なくない人が、おむつは早く外れるほど良いのだと考えています。でも保育者は、子供の成長面には個人差が大きくあり、「○歳になったら取りましょう」といった紋切り型の考え方が実際には意味のないことだと知っているはずです。

また一般に考えられている、年齢や、排尿の間隔が「○時間空いたら」といった目に見えることだけでなく、排泄が自立するためには、情緒の安定や、自立心などの心の成長といった目に見えない部分も大切だと知っているでしょう。


おむつは大人が外すものではなく成長によって外れるもの



これらを踏まえていれば、いわゆる「おむつ外し」「トイレットトレーニング」といったことに注力することが、そもそもあまり意味のないことであることがわかります。

「おむつは(大人が)外す」のではなく、適切な成長の段階を踏まえて子供が自立し「外れる」のですよね。「トレーニング」をすれば外れるのではなく、子供の成長の諸条件が整った前提があってこそ、排泄を意識させるアプローチに意味がでてくるわけですよね。

でも、一般の人のみならず、保育者も、こういった子供の成長のメカニズムを理解しておらず、その結果子供の成長を信じることができず、結果ばかりを焦り、それを作り出すアプローチを保育だと認識してしまっています。

だからこそ、「子供を信じる」ことが保育の専門性になるのです。子供を信じられるためには、子供の成長の理解、個別性の理解、また保育者の心理が焦りに支配されないだけの理解や根拠が必要です。


子供の「できる姿」を無理やり作り出してはいけない



その上で、子供が自主的に得られた成長こそが、子供がもっとも伸びるときであり、また子供自身も、もっとも達成感を感じられる成長となります。大人が無理矢理、子供の「できる姿」を作り出してしまう力技の保育は、本来その子が食べるべき子供の成長の果実を保育者がむしり取って食べてしまう状態です。

子供によりよい成長を遂げさせてあげられるために、なによりも「信じて待つ」ことが保育者にとって大切なのです。


プロフィール


保育士おとーちゃん(須賀義一)

20170714-suga.png
1974年生まれ。大学卒業後、男性としてはまだ珍しかった保育士(当時は保父)資格を取得する。
2009年、保育士としての経験などを元にブログ『保育士おとーちゃんの子育て日記』を開設。

現代の子育てに合った具体的な関わり方を伝えつつ、多くの人からの子育ての悩み相談にも応える。

著書に『保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」』『保育士おとーちゃんの「心がラクになる子育て」』(ともにPHP研究所)など。

東京都江戸川区出身、墨田区在住。一男一女の父親。

関連する記事

感情論の保育から卒業しよう

感情論の保育から卒業しよう

これまで25回に渡って保育に関するコラムを書いてきましたが、諸般の事情により今回で保育士バンク!さ...

保育のプロなら「甘やかしている」と言わないで

保育のプロなら「甘やかしている」と言わないで

しばしば、保育園の現役保護者から「子供を甘やかしすぎです」「お子さんは甘やかされています」と保育...

忘れていませんか?「待つ」という保育者の専門性

忘れていませんか?「待つ」という保育者の専門性

今回からは保育の専門性について、具体的な行動に視点をあて、みていきたいと思います。 保育者が専門...

保育園はハラスメントが起きやすい職場!?そのわけは

保育園はハラスメントが起きやすい職場!?そのわけは

前回、前々回に引き続いて、保育をめぐるハラスメントの話題のまとめを書きたいと思います。保育士さんた...

子供を巻き込む「ハラスメント保育」とは

子供を巻き込む「ハラスメント保育」とは

今回は「保育上のハラスメント」について取り上げたいと思います。 これは保育現場で、上司や同僚から...

保育の職場でおきるハラスメントにどう立ち向かう?

保育の職場でおきるハラスメントにどう立ち向かう?

先日、新聞の投書欄をきっかけに、ある保育園で「妊娠する順番(育児休暇を取る順番)をあらかじめ園長...

「◯◯先生」「◯◯さん」保育園での名前の呼び方と子供の人権

「◯◯先生」「◯◯さん」保育園での名前の呼び方と子供の人権

みなさんの園では、子供のことをどのように呼ぶでしょうか? また、保育者のことをどのように子供に呼ば...

「子供を尊重する」ってどういうことなんだろう?

「子供を尊重する」ってどういうことなんだろう?

いま、子育てに一生懸命なお父さん、お母さんがおちいりやすいのが、子供の「いいなり」になってしまう...

保育のなかの「子供の人権」って何だろう?

保育のなかの「子供の人権」って何だろう?

食事のとき、苦手なモノを食べさせるのに、デザートで釣ったりするのはいいのかな? 寝ない子に「鬼がく...

「自主性・主体性の保育」って何だろう?わかりやすい考え方

「自主性・主体性の保育」って何だろう?わかりやすい考え方

「自主性・主体性の保育って何だろう?わかりやすい考え方」 今回のテーマは「自主性、主体性の保育」...

子供をコントロールする保育になっていませんか

子供をコントロールする保育になっていませんか

「子供になめられな」と根っこが同じ「コントロールする保育」 前々回から「なめられない保育」について...

「なめられない保育」はもうやめよう(前編)

「なめられない保育」はもうやめよう(前編)

今回は、保育現場の中で未だにまかり通っている、この困った言葉。 (子供に)「なめられない保育」につ...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す