保育のプロなら「甘やかしている」と言わないで

保育士おとーちゃんの「保育の力」って何だろう?


しばしば、保育園の現役保護者から「子供を甘やかしすぎです」「お子さんは甘やかされています」と保育士から言われて悩んでいるという話を聞きます。また、保育士も「上司(同僚、先輩)から、子供を甘やかさないで、と言われる」といいます。どちらも、僕にとっては数え切れないくらいよく聞く話です。


この「甘やかさない」という言葉。本当は子育てや保育の専門家として使うこと自体が恥ずべき言葉なのですが、これまでの一部の保育士はそうではないと認識してきたのでしょう。

もし、現代でも保育士の認識がその程度でとどまっているとしたら、保育が社会から専門性の高い仕事と認められる日は来ないでしょう。


というのも、「子供を甘やかすな」というのは、前時代的な一般の人における子育ての考え方です。保育を学んでいなくても、誰でも使うことができる言葉です。保育のプロである保育士がそれと同じレベルのことを言っていたら、「子育て経験のある人に準保育士的な資格を与えて保育させればよい」「リタイア世代に保育をさせればよい」といった議論が出てくるのもいたしかたありません。


だから、もう保育士は「甘やかしている」という見方から卒業しなければなりません。でなければ、国家資格としての保育士や、国や市区町村が保障している公的な保育(保育園は主に補助金=税金で運営しているわけですから、公立・私立を問わず全ての認可保育園を含みます)というこれまでのあり方は失われてしまうことでしょう。


保育のプロなら「甘やかしている」と言わないで

「甘やかしている」と言うべきではない理由



なぜ保育士は「甘やかしている」と言うべきではないのでしょうか?
保護者に向けたケースから考えてみましょう。

「甘やかしている」という言葉には、必ず他者を責めるニュアンスがともないます。
保護者にその言葉が向けられるとき、「あなたが甘やかすから子供の姿が○○になっている」という意味合いで使われます。


保育者にもそのように言いたくなる理由はあるのかも知れません。でも、これは優しく言おうとも強く言おうとも、必ず「あなたが悪い」という相手を否定する意味合いになります。

「子育ての支援」が求められている現代の保育者が、まず相手の否定から入ってしまうのでは、その職務をまっとうしていると言えませんよね。

「甘やかしている」と言われた保護者はどうなるか、考えたことはあるでしょうか。自分の子育てのスタイルを「甘やかしている」と批判されたわけですから、当然その反対をしようとします。

しかも、かなり感情的に対応することになります。なぜなら、そうしないと「自分が責められてしまう」からです。


「甘やかすな」が子供に否定的な関わりを生む



「甘やかす」の反対。具体的には叱ったり、厳しくしたり、疎外したり、脅したり、叩いたり、無視したり......その人がどういった行動を取るかは、それぞれです。しかし、それが子供への適切な対応になるとは限りません。

「甘やかしている」という言葉には、「具体的にどう対処すればいいのか」という情報が含まれていません。
だから、言われた人の感情やその人の持っている知識の中で、子供に対して否定的な関わりがでることになります。


「甘やかすな」は相手を責めるだけの言葉



保育士から、そのように言われたことで子供を叩くようになったり、自尊心を傷つける言葉をぶつけるようになった保護者を数多く知っています。そして多くの人は、子供に対して否定的な関わりをしてしまったことに強い自責の念を抱き、何重にも子育ての中で苦しんでしまうのです。


つまり、「甘やかすな」という言葉は、相手を責めるだけでその人の子育てを本当に助けるものにはなっていないのです。


また、実際に保護者に面と向かってそのように言わずとも、子供への関わりを考える際に「あの子は家で甘やかされている」といった見解を保育士が持つことは、保護者とその子供を否定的にとらえることにつながるので、これも適切な保育を生みません。こういった見方は、巡りまわって保育者自身の疲弊を生み出すことにもなります。


「子育てがうまくいかなくて当然」が出発点



このたびの保育所保育指針改定の中で、それまでの「保護者支援」が「子育て支援」と変わり大きく取り上げられました。これは、「現代の家庭は子育てが適切にできない場合がある。だから保育士がそれを援助する必要がある」という見地に立っているからです。


「子育てがうまくいかなくて当然」が、いまの保育者が家庭に向き合うときの出発点なのです。

そこで、「甘やかしている」という見方をしてしまうことは、「あなたは親としてできるべきことをやっていませんよね。あなたはダメな親ですね」と見るのと同じことです。子供への適切な関わり方を伝えていく必要があるのに、ダメ出しだけしてあとは投げっぱなしになっています。


確かに、保護者の中には、子供への適切な関わり方がわからない方がいます。わかっていても、それができなかったりして、子供に対して極端な過保護や過干渉となってしまっている方もいます。その結果、子供が本来の発達に比していちじるしく幼かったりということが、実際に起こっています。


保育者はそこにアプローチしたいのでしょうけれども、出発点として保護者が「甘やかしている」「甘やかすな」という見解では、適切な保護者の対応を導けません。


保育士なら「依存が助長されている」ととらえるべきだ



こういった状態に対しては、「依存が助長されている」ととらえるべきなのです。
そのようにとらえたところから、

(1)「その保護者はどうして依存を助長してしまうのだろう?なにか理由があるのだろうか?」(他者尊重の視点)

(2)「その保護者のこういった関わりが子供の依存を助長してしまっている」(専門的な問題の考察)

(3)「では、どういう関わり方をしたら、この保護者の子育てが安定して無理のないものに導けるだろうか?」(具体的な関わりの提案)


というふうに、(1)他社を尊重する視点から問題を見つめ、(2)専門的に問題を考察し、(3)具体的な関わりの提案へと進んでいくべきなのです。

このように保育者が子育てする人への援助をしていくことができれば、保護者からも保育士の専門性を認識してもらうことができます。


保育指針には「甘えさせるな」といった言葉はない!



これまで無自覚に使われていた「あなたは子供を甘やかしている」という言葉が、どれだけ保育者と保護者の間に溝を作っていたことでしょう。


保育所保育指針には「甘やかさないようにすべき」とか「甘えさせるな」といった言葉はひとつとしてありません。保育士は、「甘やかし」という見方から早々に卒業する必要があるでしょう。


プロフィール


保育士おとーちゃん(須賀義一)

20170714-suga.png
1974年生まれ。大学卒業後、男性としてはまだ珍しかった保育士(当時は保父)資格を取得する。
2009年、保育士としての経験などを元にブログ『保育士おとーちゃんの子育て日記』を開設。

現代の子育てに合った具体的な関わり方を伝えつつ、多くの人からの子育ての悩み相談にも応える。

著書に『保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」』『保育士おとーちゃんの「心がラクになる子育て」』(ともにPHP研究所)など。

東京都江戸川区出身、墨田区在住。一男一女の父親。

関連する記事

感情論の保育から卒業しよう

感情論の保育から卒業しよう

これまで25回に渡って保育に関するコラムを書いてきましたが、諸般の事情により今回で保育士バンク!さ...

保育者として「子供を信じる」ことができていますか?

保育者として「子供を信じる」ことができていますか?

前回は、保育者の心理面で重要な専門性「待つこと」、その大切さについてお話ししました。それを読んで...

忘れていませんか?「待つ」という保育者の専門性

忘れていませんか?「待つ」という保育者の専門性

今回からは保育の専門性について、具体的な行動に視点をあて、みていきたいと思います。 保育者が専門...

保育園はハラスメントが起きやすい職場!?そのわけは

保育園はハラスメントが起きやすい職場!?そのわけは

前回、前々回に引き続いて、保育をめぐるハラスメントの話題のまとめを書きたいと思います。保育士さんた...

子供を巻き込む「ハラスメント保育」とは

子供を巻き込む「ハラスメント保育」とは

今回は「保育上のハラスメント」について取り上げたいと思います。 これは保育現場で、上司や同僚から...

保育の職場でおきるハラスメントにどう立ち向かう?

保育の職場でおきるハラスメントにどう立ち向かう?

先日、新聞の投書欄をきっかけに、ある保育園で「妊娠する順番(育児休暇を取る順番)をあらかじめ園長...

「◯◯先生」「◯◯さん」保育園での名前の呼び方と子供の人権

「◯◯先生」「◯◯さん」保育園での名前の呼び方と子供の人権

みなさんの園では、子供のことをどのように呼ぶでしょうか? また、保育者のことをどのように子供に呼ば...

「子供を尊重する」ってどういうことなんだろう?

「子供を尊重する」ってどういうことなんだろう?

いま、子育てに一生懸命なお父さん、お母さんがおちいりやすいのが、子供の「いいなり」になってしまう...

保育のなかの「子供の人権」って何だろう?

保育のなかの「子供の人権」って何だろう?

食事のとき、苦手なモノを食べさせるのに、デザートで釣ったりするのはいいのかな? 寝ない子に「鬼がく...

「自主性・主体性の保育」って何だろう?わかりやすい考え方

「自主性・主体性の保育」って何だろう?わかりやすい考え方

「自主性・主体性の保育って何だろう?わかりやすい考え方」 今回のテーマは「自主性、主体性の保育」...

子供をコントロールする保育になっていませんか

子供をコントロールする保育になっていませんか

「子供になめられな」と根っこが同じ「コントロールする保育」 前々回から「なめられない保育」について...

「なめられない保育」はもうやめよう(前編)

「なめられない保育」はもうやめよう(前編)

今回は、保育現場の中で未だにまかり通っている、この困った言葉。 (子供に)「なめられない保育」につ...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す