お正月 2017年12月26日

【動画】かみついて厄病退治!パクパク獅子舞


お正月行事の名物「獅子舞」のパクパク人形を作ってみましょう。
材料は画用紙と牛乳パック。
パクパクかみついて家族やお友だちの厄払いをしちゃいましょう♪


近隣の働きやすい保育求人を紹介


用意するもの



・牛乳パック
・色画用紙(緑・茶・白・黒)
・はさみ
・鉛筆
・クレヨン

作り方



1.牛乳の裏面を残して3面カットします。

20171225-06c.jpg
2.半分に折り返します。

20171225-06d.jpg
3.画用紙で牛乳パックを獅子舞の姿に飾り付けます。

20171225-06f.jpg
4.6cmx15cmの画用紙を6枚用意します。

20171225-06g.jpg
5.(4)を鉛筆に巻いてカールさせます。

20171225-06h.jpg
6.頭部分に(5)を貼り付けます。

20171225-06i.jpg
7.緑色の画用紙に白のクレヨンで模様をつけます。

20171225-06j.jpg
8.(7)をししまいの体部分に貼り付けて完成です。

20171225-06k.jpg


保育士バンク!があなたの就活・転職をお手伝いします

ポイント1 お正月によく見る「獅子舞」のパクパク人形


「獅子舞」のパクパク人形のご紹介です。牛乳パックと色画用紙が主な材料。
牛乳パックをきれいに切るのは難しい作業です。先生があらかじめ切っておくか、切るのを手伝ってあげましょう。
ししまいの目や歯などは、画用紙で作るときれいにできますが、牛乳パックにハサミで切り込みを入れたり、直接目を書いてあげて作ると作業が少なく作れますよ。
頭の飾りは、画用紙を鉛筆でカールさせて作ります。画用紙を鉛筆に巻き付けてカールを作る作業は子どもたちにとってあまり思いつかない技法。先生がお手本を見せてあげましょう。子どもたちの工作の幅が広がるポイントです。


ポイント2 日本の文化としての「獅子舞」


「獅子舞」は日本の伝統文化の一つです。地域のお祭りなど見たことのある子どもたち、テレビの中でしか見たことがなく、獅子舞が何かわからない子どもももいると思います。獅子舞が厄を払ってくれるもの、お祭りのときに見ることができることを説明してあげると、ししまいの工作を通して子どもが地域や日本の伝統行事に子どもが目を向ける機会を作ることもできますね。

ジャンル別 保育お役立ち動画

折り紙

お絵かき

季節の製作

先生の製作

製作遊び

手遊び

関連記事

新着記事

特集コラム一覧