お正月 2018年08月02日

【動画】パクパク獅子舞 噛み付いて疫病退治!


本物そっくりなパクパク獅子舞を作って、新しい年の始まりに厄払いをしましょう!
ティッシュ箱をカットして装飾をすると、本格的な見た目の獅子舞を作ることができます。子どもたちの自由なイメージで怖い鬼のような顔を想像して作ってもらえば、できあがりが楽しみになりそうですね。


近隣の働きやすい保育求人を紹介


用意するもの



・ティッシュ箱 1個
・ティッシュ箱 1/2個
・画用紙 6cm×1.5cm 6枚
・画用紙(緑) 1枚
・ハサミ
・獅子舞装飾用の画用紙など
・鉛筆
・白いクレヨン
・テープ


作り方



1.ティッシュ箱の底を残したまま、半分にカットします。

20180719-08b.jpg
2.折り曲げた状態にしておきます。

20180719-08c.jpg
3.表と裏の面を、横の高さを目安になぞった部分をカットします。

20180719-08d.jpg
4.半分に折ったティッシュ箱にはめ込みます。

20180719-08e.jpg
5.獅子舞の形に装飾します。

20180719-08f.jpg
6.画用紙を鉛筆に巻いてカールさせます。

20180719-08g.jpg
7.頭部分に貼り付けます。

20180719-08h.jpg
8.緑の画用紙に白いクレヨンで模様を描きます。

20180719-08i.jpg
9.頭にくっつけたら、獅子舞の完成です!

20180719-08k.jpg


保育士バンク!があなたの就活・転職をお手伝いします


ポイント1 工程(3)のコツ


3つ目の工程では、ティッシュ箱の表面と裏面を、側面の高さと同じ長さ分カットします。ここでマスキングテープを使うのがコツです。側面に一度貼ったら、はがして表面に貼りつけます。それを印としてカットすれば、長さを測らなくても、また子どもたちにも簡単に正しい長さをカットできますよ。表面がカットできたら、はがして裏面に貼ってカットしましょう。


ポイント2 そもそも「獅子舞」とは?


日本の伝統的なお正月、というイメージの獅子舞。実は古くにインドから中国、そして中国から日本へと伝わってきた歴史があります。今から500年も前の室町時代に、飢餓や疫病を追い払うため、お正月に獅子舞が踊られたことが始まりのようです。


その獅子舞が人の頭を噛むのは、その人についた悪いものを食べるため。特に子どもの場合は健やかな成長など、厄除けの効果が強いとも言われているそうですよ。


関連記事

新着記事

特集コラム一覧