【動画】時計の読み方の導入に活用できる!紙皿でつくる亀時計

 

保育の紙皿を使った製作に「亀」をテーマにした亀時計を取り入れてみるのはいかがでしょうか。紙皿が亀の甲羅の部分になり、亀の頭や手などのパーツを貼り付けると簡単に亀時計ができあがります。子どもたちの時計の読み方などの導入も活用できるので、参考にしてみてくださいね。

 

遊び重視の保育求人を探す

 

用意するもの

・紙皿
・糸
・ボタン
・画用紙で作った時計の針
・画用紙で作った数字が書かれたパーツ
・画用紙で作った亀のパーツ
・絵の具セット
・きりなど穴をあける道具
・セロハンテープ
・のり

 

作り方(楽しめる年齢の目安:5歳くらい~)

1.紙皿を絵の具で緑色に塗ります。


紙皿に色を塗る工程

2.キリを使い、時計の針と紙皿の中央に穴をあけます。


キリで穴をあける工程

3.糸をつけた針を、ボタンと時計の針のパーツに通し、紙皿の穴に通して裏面を固定します。


糸を穴に通して針を付ける工程

4.(3)に数字の書かれたパーツを貼り付けます。


時計盤に数字のパーツを付ける工程

5.最後に亀のパーツを貼り付けてできあがりです。


亀の手足のパーツを付けて完成

保育士バンク!があなたの就活・転職をお手伝いします


 

製作のポイント

糸を穴に通すとき

 

時計の針や紙皿などの小さな穴に糸を通しずらいときは、穴の上に糸を置き、上からキリなど先のとがったもので押してみる、などといった工夫をしてみましょう。

そうすることで、小さい穴にも糸を簡単に通しやすくなり、スムーズに作ることができそうです。


 

「今、何時かな?」ゲームをしてみよう

 

紙皿でつくった亀時計の針は、手で自由に動かすことができます。そのため、製作のあとに、子どもたちといっしょに「今、何時かな?」ゲームをしてみましょう。

 

先生が紙皿でつくった亀時計の針を動かして時間を決め、子どもたちに「今、な~んじ?」と呼びかけます。
例えば、朝で設定した時間を当ててもらうときは、「亀が朝ごはんを食べている時間はなんじかな?」などと、ストーリーも交えながらお話してみると子どもたちも楽しみながら、時間や時計に親しみを持つことができそうですね。


 

ジャンル別 保育お役立ち動画

折り紙

お絵かき

季節の製作

先生の製作

製作遊び

手遊び

 

関連する記事

保育園で楽しむ冬の折り紙11選!雪だるまやサンタさんなどの折り方アイデア

保育園で楽しむ冬の折り紙11選!雪だるまやサンタさんなどの折り方アイデア

冬の季節に子どもと楽しめる折り紙製作のレパートリーを探している保育士さんもいるのではないで...

【動画】ダンボール工作でパソコンのおもちゃを手作りしよう!リアルなキーボードの作り方も紹介

【動画】ダンボール工作でパソコンのおもちゃを手作りしよう!リアルなキーボードの作り方も紹介

ダンボールを使って手作りのパソコンを作ってみましょう。テレワークが普及した昨今、お仕事をし...

【0歳児~5歳児】リズム遊びの保育指導案を作成しよう!ねらいや活動内容

【0歳児~5歳児】リズム遊びの保育指導案を作成しよう!ねらいや活動内容

保育園でのリズム遊び指導案の書き方を知りたい保育士さんもいるでしょう。手作り楽器やカスタネ...

11月30日は絵本の日。記念日の由来や保育園で子どもと楽しめる過ごし方のアイデア

11月30日は絵本の日。記念日の由来や保育園で子どもと楽しめる過ごし方のアイデア

保育園での絵本の日の過ごし方のアイデアを探している保育士さんもいるのではないでしょうか。絵...

【文例集】保育園で子どもに誕生日のメッセージを贈ろう!書き方のコツや内容のポイント

【文例集】保育園で子どもに誕生日のメッセージを贈ろう!書き方のコツや内容のポイント

子どもたちの誕生日に、メッセージカードを贈ってお祝いする保育園も多いでしょう。しかし、どん...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!