年間休日120日以上の保育園の特徴とは?働くメリットや求人を探すときのポイント

「年間休日120日以上」というワードを求人などで見たことがある保育士さんも多いでしょう。仕事とプライベートを両立して働きたいと考える保育士さんにとって、年間休日が多いというのは魅力的な条件かもしれません。今回は、年間休日が120日を超える園の特徴や探し方、保育士として働くメリットなどを紹介します。


リフレッシュする女性

siro46/shutterstock.com


「年間休日120日以上」の働き方とは?

年間休日120日以上とは、勤め先の保育園が定める1年間の合計休日数が120日を超えることを言います。


年間休日120日以上の保育園に正社員として勤める保育士さんはどのような働き方をしているのでしょうか。


1年は約52週なので、完全週休2日制を採用している園で働いた場合、休日数は104日となります。この日数に国民の祝日の総数である16日を加えると120日です。


振替休日を含めると年によって全体の休日数は前後しますが、カレンダー通り(土・日・祝)に休むことができれば年間休日は約120日になります。


そして、夏季休暇や年末年始休暇が加わると年間休日120日以上を実現することができるでしょう。


夏季休暇や年末年始休暇をしっかりと与えたり、土曜出勤の場合には平日に代休を取得させたりと、保育士が休みやすい労働環境を提供している園であれば、年間休日120日以上の働き方を目指せそうですね。

年間休日数に関わる休暇制度の種類

年間休日が多い園は、休暇制度が充実していることもあります。

ここでは、年間休日に含まれる休暇と含まれない休暇をそれぞれ紹介します。



年間休日に含まれる休暇


保育園の公休日

保育園が定める公休日は年間休日に含まれます。

たとえば日曜・祝日に開園しない保育園であれば、日曜日と祝日が公休日となります。


土曜日に開園している園の場合、カレンダー上は休日であっても年間休日には含まれないので注意が必要です。

夏季休暇・年末年始休暇

夏季休暇や年末年始休暇を就業規則で休日と定めている園の場合、年間休日に含まれます。


これらの休暇は、その園で働く正社員保育士であれば全員が取得できる休暇であるため、公休日と同じような扱いとなります。


ただし、有給休暇を利用して休暇を延長した場合でも、有給休暇の日数は年間休日に含まれません。



年間休日に含まれない休暇


バースデー休暇

保育士の誕生日などに休むことができるのがバースデー休暇です。

福利厚生が充実している保育園などでは、職員が休みを取得しやすい環境づくりの一環として、バースデー休暇を設けていることもあるでしょう。


これは保育園が独自に定める特別休暇であり、取得するのは個人の自由となっています。そのため、バースデー休暇は年間休日に含まれないものとなります。

リフレッシュ休暇

リフレッシュ休暇は、勤続年数に応じて数日間の休暇が付与されるものです。

バースデー休暇と同様に法定外の休暇であり、保育園が独自に定める特別休暇となります。


全員が一律に付与されるものではないうえに、取得には個人差があるため年間休日には含まれません。

慶弔休暇

自身や親族の冠婚葬祭のために休むことができるのが慶弔休暇です。


慶弔休暇は多くの園で導入されているメジャーな休暇ではありますが、法定外休暇となるため、年間休日には含まれません。

有給休暇

有給休暇は休んだ日数分の給与を得ることができる休暇で、取得するためには一定の条件が必要となります。


有給休暇を付与される時期や日数は人によって異なるうえに、年間の所得日数にも個人差があります。そのため、有給休暇は法定休暇ではありますが、年間休日には含まれないので注意しましょう。

年間休日120日以上の保育園の特徴

多忙ななか働く保育士にとって、休みが多いというのは魅力的なもの。

ここでは、年間休日120日以上の保育園の特徴をまとめました。



日曜・祝日は閉園している


多くの認可保育園では、月曜日から土曜日まで開所し、日曜日や祝日、年末年始などはお休みのところが多いのではないでしょうか。


そのような園で働けば、土曜日に休めない場合でも平日に代休を取得することで1週間に2日は休むことができそうです。


ただ、なかには利用者の要望によって休日保育を実施する園もあるため、求人などで確認する必要がありますね。



完全週休2日制を採用している


必ず1週間に2日休むことができる完全週休2日制を採用している園で働けば、年間休日120以上の働き方を目指すことができそうです。


先ほど説明した通り、週に2日休み、かつ祝日も休むことができれば1年間の休日数は120日となります。


求人や園のホームページなどで、土曜出勤がある場合には平日に振替休日を取得することができるのか確認しましょう。



有給休暇取得率が高い


年間休日120日以上を実現している保育園の特徴として、有給休暇の取得率が高いことが挙げられそうです。


園が有給休暇の取得を推進することで、保育士が働きやすい環境を整えることを目指していると言えるでしょう。


つまり、進んで保育士に休みを与えることで、保育士が長く働けるような園づくりを行っていると考えられそうですね。



保育士の人数が足りている


保育士の人数が足りている園では、保育士の休みを交代しやすくなるため年間休日数が多い傾向にあると言えそうです。


人手が足りない園では、保育園を回すために土曜出勤の代休がなかったり、夏季休暇が1日しかなかったりするかもしれません。


反対に、保育士が足りている園は代わりの人を立てやすいため、有給休暇やその他の休暇も取得しやすい雰囲気がありそうです。


そのため、面接や園見学などで、保育士の人数が十分に足りているか確認しておくといいでしょう。




年休120日超の保育士求人一覧




保育士が年間休日120日以上の保育園で働くメリット

笑顔の女性

siro46/shutterstock.com


保育士が年間休日120日以上の保育園で働くと、どのようなメリットがあるのか紹介します。



仕事とプライベートの両立がしやすい


年間休日が120日以上の保育園で働くメリットには、仕事とプライベートを両立しやすいということが挙げられるでしょう。


年間で120日以上の休みを設けている園は、おおむね完全週休2日制で祝日休みのことが多いようです。


そのため、有給休暇とあわせて連休を作ったり、夏や年末などに旅行に出かけたりすることもできるでしょう。


仕事とプライベートのオンオフをしっかりとつけて働くことができるというのも、休日数が多い保育園ならではのメリットと言えそうですね。


働き方改革に伴って、最近はワークライフバランスが注目されています。

休日数の多い保育園は時代の流れにあわせて、保育士を大切にする取り組みをしている園とも言えるでしょう。



心身をリフレッシュできる


仕事の疲れをリフレッシュすることができるというのも、年間休日が120日以上の保育園で働くメリットと言えるでしょう。


保育士はやりがいが大きい一方で、大変なことも多い仕事です。

そうした日々のなかできちんと休みを取ることができれば、心身ともに癒すことができ、仕事にも集中して打ち込めそうですね。


心身共に健康で働ける環境があるというのは、保育士だけでなくさまざまな仕事において共通する重要なことと言えるでしょう。



離職率が低い・長く働き続けられる


年間休日数が多い保育園というのは、保育士にとっての働きやすさが実現されている園とも言えるでしょう。


さまざまな面から働きやすい環境づくりを目指している園は、相対的に離職率も低い傾向にあるようです。


きちんと休みが確保されている保育園で働けば、ワークライフバランスを保って働くことができるので、無理なく仕事を続けられるかもしれません。

保育士が年間休日120日以上の保育園を探すときのポイント

年間休日数が多い保育園は、「年間休日120日」というワードで検索すると見つけることができます。ここでは、求人票で見るべきポイントを紹介します。



年間休日数の実績が記載してある


求人票の「休日・休暇」の欄をチェックしましょう。

おおむね休日の欄には、既定の公休日や有給休暇、夏季・年末年始休暇やその他特別休暇などが記載されています。


そこに年間休日数の前年度実績などが記載されているか確認することが大切です。


単に「日・祝休み」や「夏季休暇あり」などと記載されているだけでは、具体的な年間休日数を把握することは難しいでしょう。


前年度の年間休日の実績が書いてあれば、目安として参考にすることができます。ただし、年間休日数の実績に、有給休暇が含まれている場合もあるので注意するようにしましょう。



有給休暇取得率が記載してある


求人に有給休暇の取得率が記載されているかも確認するようにしましょう。


取得率や取得日数の実績が示されていることは、その園が休みを取りやすい環境かどうかを判断するときの材料になります。


年間休日とは別にどの程度有給休暇を取得できるのかを把握できれば、ワークライフバランスを保った働き方を目指せるかもしれませんね。



土曜出勤ありの場合、平日に振替休日が設けられている


多くの保育園では月曜日から金曜日まで開所しているため、シフトによって土曜日に出勤となることもあるでしょう。


土曜出勤の代休がない場合、週に1日しか休みがないということも起こるかもしれません。

年間休日120日以上の働き方を実現するためには、完全週休2日制であることが望ましいので、土曜出勤の代休がきちんと取れるのかを確認しましょう。


求人票を見るときは、「週休2日制」ではなく「完全週休2日制」と書いてあるかもチェックするとよさそうです。



最近は働き方改革の影響もあり、大きな株式会社が運営元である保育園では年間休日120日以上を実現していることもあるようです。


ただ、なかには年間休日が120日に満たない保育園もあるため、「求人には記載があったのに実際は120日も休めなかった」ということもあるかもしれません。


そのため、求人探しや保育園選びが不安な方は、転職サービスを利用してみるといいでしょう。

年間休日120日以上の保育園で、保育士として働くことを視野に入れよう

今回は、年間休日120日以上の保育園の特徴や、保育士として働くメリットなどを紹介しました。


年間休日は保育園が定める1年間の休日の合計のことを指すため、有給休暇は年間休日に含まれません。

ただ、有給休暇の取得に前向きな園は、保育士が働きやすい環境づくりに力を入れていることが伺えるので、年間休日が多い傾向にあると言えそうです。


また、年間休日120日以上を実現している保育園で働けば、リフレッシュができたり仕事とプライベートを両立できたりといったメリットがあります。


保育士として長く働き続けるためにも、現在働いている園よりも休日数が多い保育園で働くことを視野に入れてみてはいかがでしょうか。



年間休日120日以上の保育求人を紹介



関連する記事

保育士の試用期間とは。仕事内容や福利厚生、残業などの取り扱い

保育士の試用期間とは。仕事内容や福利厚生、残業などの取り扱い

試用期間とはどのようなものか知りたい保育士さんもいるでしょう。仕事内容に変化はあるのか、試...

【保育士の履歴書】本人希望欄の書き方。勤務時間や入社希望日の記入例

【保育士の履歴書】本人希望欄の書き方。勤務時間や入社希望日の記入例

履歴書の本人希望欄の書き方を知りたい保育士さんもいるでしょう。勤務時間や入社希望日、希望職...

【2021最新版】保育士の履歴書の免許・資格欄の書き方。勉強中や取得見込みはどう書く?

【2021最新版】保育士の履歴書の免許・資格欄の書き方。勉強中や取得見込みはどう書く?

履歴書には免許や資格を記入する項目が設けられています。転職活動をするなかで、保育士資格以外...

【動画あり】保育士さんの転職に適した時期はいつ?求人の増えるタイミング

【動画あり】保育士さんの転職に適した時期はいつ?求人の増えるタイミング

保育士さんの転職において、ベストな時期はいつなのか悩むことがあるでしょう。求人がいつから増...

【動画あり】保育士の職務履歴書の書き方。自己PRの記入方法

【動画あり】保育士の職務履歴書の書き方。自己PRの記入方法

職務経歴書の書き方について、知りたい保育士さんもいるでしょう。異業種に転職する際にも、自身...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!