年休120日超の条件とは?お休みが多い保育園求人の特徴


仕事のやりがいは大きい一方で、その内容は楽とはいえないのが保育士のお仕事。できることなら仕事もプライベートも大事にしたいものです。
そのために大切なのがお仕事とお休みのバランス。保育園の中には「年間休日120日以上」というような休みが多い求人がありますが、こうした園は一体どのような保育園なのでしょうか?


年休120日超の求人をご紹介



保育士の休暇・休日の現状や休日の制度や種類なども交えながら解説していきます。


20180530-04a.jpg

「年休120日超」の保育園とは?



「年休120日超」の保育園は正社員として働く保育士さんの一年を通じた休みの数が120日を超える保育園のことです。

完全週休2日制で一年間を52週として働いた場合の休日数は104日。これに祝日休みを加えると、年度によって祝日休みは異なりますが、おおよそ一般的な年間祝日を12日とすると、週休2日・祝日休みで116日程度となります。
この週2日と祝日のお休みの他に、何らかの休日を設けると、年間のお休みが120日以上になります。
有給取得100%、独自の休暇制度、年末年始の休暇などを設けて保育士の休日を保証してくれるこうした保育園は、保育士を大切にしてくれる園、保育士にとって長く働き続けることができる園といえるでしょう。
保育士バンク!があなたの就活・転職をお手伝いします


多様化する休暇制度



以上の有給取得率を改善するために保育園側もさまざまな休暇制度を設けて、有給取得を促したり、休日を増やしたりしています。特に、年間休日120日以上の保育園ではこうした休暇制度が充実しています。その例を見てみましょう。


完全週休2日制・祝日休み



完全週休2日制を耳にしたことのある保育士さんは多いと思います。この制度は、基本的には土日休み、近年は土曜保育や休日保育を実施する園も増えてきたことから、日曜+平日固定の休みで土曜シフトが入ったり、休日シフトが入った場合は平日に振り替えて休むことができます。

年間休日120日以上の保育園では、これに加えて、祝日はお休みする保育園が多いようです。


年末年始休暇



年末年始にまとまった休暇がもらえるのが年末年始の休暇です。一般的な認可保育園では、年末から三が日にかけて保育園をお休みします。保育士さんはまとまった休暇が取れるため里帰りしたり、長期の旅行に行くことができます。


夏季休暇・春季休暇



夏季休暇・春季休暇は、施設の種類によって違いはあるものの、実施されているところが多いお休みです。幼稚園や認定こども園など、園児に夏休みがある園では1週間~2週間などのまとまったお休みがある園も。保育園では保護者の就労状況にもよりますが、2~3日程度のお休みを順番で取る園が多いでしょう。園によっては預かり保育を行うこともあるため、そうした場合は休暇期間中を丸ごと休めるわけではありませんが、長期休み期間は預かる人数も少なくなるため、業務の負担は少なくなるでしょう。


バースデー休暇



保育士の誕生日などにお休みできるのがバースデー休暇です。大手の保育運営会社などで取り入れられていて、有給休暇を取りづらい雰囲気をなくすために作られたのがこの制度です。「自分のための休暇」という名目で有給を取得することができるため、お互いに気兼ねなく有給休暇を取得できる雰囲気づくりに一役買っています。法人によっては、このバースデー休暇の前後にまとめて有給取得を推奨するなど、有給取得率を上げているユニークな制度です。

年休120超の求人を保育士バンクで見てみる

年休120超の保育士求人一覧


リフレッシュ休暇



保育士の休暇を増やそうという制度の一つがこのリフレッシュ休暇です。勤務3年目や5年目などの節目の年に有給休暇とは別にもらえるのがこの休暇の特徴。長く働いてくれた保育士さんを労わって、リフレッシュするための時間を持ってもらおうという取り組みです。こうした休暇は有給で実施する園が多く、長く働いてほしいという園側の思いが伝わってきます。


慶弔休暇



冠婚葬祭のための休暇が慶弔休暇です。自身や親族の結婚式や葬式の際に取得することができます。園によって利用できる場合が決まっており、葬式などは親や兄弟など近い親戚の場合のみなどの適用範囲があるようです。


保育士にとっての有給休暇



以上、さまざまな休暇制度を実施することで「年休120日超」を実現している保育園があることが分かりました。これらのお休みに加えて、求人票の年間休日日数には、有給休暇を含まないことが一般的ですので、有給の利用でさらに多くの休みを取ることもできます。ここでは、基本的な有給休暇の仕組みを保育業界の有給休暇取得率などのデータを参考にしながら解説していきます。


まずはおさらい、有給休暇の仕組み!



最初に有給休暇の基本的な仕組みを見てみましょう。有給休暇の正式名称は「年次有給休暇」といいます。これは法律で定められた休暇の制度。休んだ日の給与を減らすことなくお休みをとることができます。

取得できる条件も厳しく決まっており、半年以上決められた労働時間の内の一定時間を働くことで取得することができます。正社員だけでなくパートとして働いていても一定の条件で取得が可能です。取得した有給休暇は最大2年間利用できます。


保育業界の有給取得率



実際にどれくらい有給が取れるのでしょうか。厚生労働省の調査によると、保育士の含まれる医療・福祉業界の有給取得率は2017年度時点で、52.5%となっています。全体の平均は49.4%ですから、平均よりほんの少し高い水準ですが、本来取得できるはずの有給休暇の半分しかもらえていないことがわかります。

このように、取得率が低くなっている有給休暇ですが、さまざまな休暇制度を設けて年間休日120日超のような保育園が増えてきている中で、今後の取得率改善が期待されます。


年休120日超の園で働くメリット



さまざまな休暇があることがわかりましたが、休みが多い園で働くとどんないいことがあるのでしょうか。


仕事とプライベートの両立ができる!



仕事とプライベートを充実できるのが休みの多い園で働くメリットです。120日以上の休みを設けている園は完全週休2日制で祝日休みです。休みをまとめて取って小旅行に行ったり、子どもの行事や病気の際にも有給を取得しやすいため、自身のプライベートの時間を削ることも少なくなるでしょう。

近年では働き方改革に伴って、ワークライフバランス(仕事と生活のバランス)の考えが注目されています。こうした休暇の多い保育園は時代に流れに乗って保育士を大切にする取り組みをしている保育園といえるでしょう。


心身ともに健康で、仕事にも打ち込める!



お休みが多い保育園で働けば、心身ともにしっかり休めるでしょう。保育士のお仕事はやりがいの大きな一方で、動き回る子どもに危険がないように注意を向けたり、保護者とのコミュニケーション、日々の保育日誌作成の事務作業など仕事の質・量ともに大変なお仕事。そうした日々の中でまとまった休日が取れることは、日々の疲れをとり、再び保育の仕事に打ち込むことのできるいいきっかけとなることでしょう。


休日多めの求人が増えています!



上述のように、近年さまざまな休暇制度を設ける保育園は増えてきています。保育士不足の現状と、働き方改革などプライベートも充実させようという背景もあり、これからも休日を増やしたり、有給休暇を取得しやすい環境づくりを目指す保育園はますます増えることでしょう。紹介した制度以外にも、働く保育士全員が有給休暇を利用して連休を取得できるよう年度初めに調整する保育園があるなど、その内容も多様化しています。転職・就職の際には、休暇・休日の面でも自身の希望に沿った保育園を探してみてくださいね。

参照
http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/jikan/syurou/17/dl/gaikyou.pdf


関連する記事

【2020年最新版】保育士の円満退職する方法。退職理由の伝え方や退職願の書き方など

【2020年最新版】保育士の円満退職する方法。退職理由の伝え方や退職願の書き方など

保育士さんの中には、転職や結婚、出産を機に現在の園を離れる際、上手く理由を伝えて円満退職し...

保育園事務員の仕事内容。求人情報や正社員、パートなどの働き方、志望動機について

保育園事務員の仕事内容。求人情報や正社員、パートなどの働き方、志望動機について

保育園で働く事務員について、仕事内容や正社員とパートでどんな違いがあるのか、また志望動機に...

【2020年最新版】いい保育士求人の探し方。転職に役立つ求人票の読み方と見るべきポイント

【2020年最新版】いい保育士求人の探し方。転職に役立つ求人票の読み方と見るべきポイント

転職活動をしている保育士さんの中には、自分に合った求人の探し方が分からないという方もいるの...

【2020年最新版】保育士の転職Q&A。気になる疑問を解決!

【2020年最新版】保育士の転職Q&A。気になる疑問を解決!

転職を考えている保育士さんの中には、Q&Aを参考に転職における疑問点や悩みを解決したい方も...

【2020年最新版】保育士の転職活動の流れ。転職の時期や内定までにするべき準備とは

【2020年最新版】保育士の転職活動の流れ。転職の時期や内定までにするべき準備とは

転職をしようと考えている保育士さんの中には、転職活動の流れやスケジュールを知りたいという方...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!

ランキング記事

幼児期の終わりまでに育ってほしい「10の姿」とは。改定保育指針の内容や具体的な事例 1
幼児期の終わりまでに育ってほしい「10の姿」とは。改定保育指針の内容や具体的な事例
保育士とは。保育士になるための資格取得の方法や国家試験と仕事内容 2
保育士とは。保育士になるための資格取得の方法や国家試験と仕事内容
認可保育園と認可外保育園の違いとは? 保育料や無償化、補助金制度など 3
認可保育園と認可外保育園の違いとは? 保育料や無償化、補助金制度など
【調査】保育士のお給料事情。安い理由や平均給与、今後の賃金改善する? 4
【調査】保育士のお給料事情。安い理由や平均給与、今後の賃金改善する?
「なめられない保育」はもうやめよう(前編) 5
「なめられない保育」はもうやめよう(前編)

新着記事

乳児向けのふれあい遊び。保育のねらいや効果など
乳児向けのふれあい遊び。保育のねらいや効果など
保育室内で行う砂遊び。メリットや室内用の砂の種類など
保育室内で行う砂遊び。メリットや室内用の砂の種類など
病児保育とは。概要や役割、病児保育士の仕事内容と必要な資格について
病児保育とは。概要や役割、病児保育士の仕事内容と必要な資格について
子どもが砂遊びをするときに最適な服装とは?砂場着の必要性やおすすめの素材など
子どもが砂遊びをするときに最適な服装とは?砂場着の必要性やおすすめの素材など
保育の5領域を徹底解説!具体例と小学校との連携
保育の5領域を徹底解説!具体例と小学校との連携

カテゴリー

注目の求人

ウィズブック保育園(株式会社アイ・エス・シー)

勤務地
東京 ほか
職種
保育士ほか

学校法人大藤学園

勤務地
北海道
職種
幼稚園教諭 ほか

社会福祉法人みおつくし福祉会

勤務地
大阪
職種
保育士

株式会社Kids Smile Project

勤務地
東京 神奈川ほか
職種
保育士ほか
WEB面接OKの求人特集 フェア 新卒特集 株式会社Kids Smile Project ウィズブック保育園_株式会社アイ・エス・シー 保育士バンク!チャンネル【公式】