父の日の由来と保育のアイディア 工作といっしょに感謝を伝えよう


6月の第3日曜日の「父の日」は、母の日と比べると、影に隠れがちかもしれません。由来どころか、日にちすらわからないという大人も多いのではないでしょうか。子どもたちが母の日と父の日を同じくらい大切にしながら、保護者への感謝を伝えることを園でも教えていきたいですね。


近隣の働きやすい保育求人を紹介


ありがとうを伝えるお手伝いをしてくれる、工作のアイディアもまとめてあるので、園での製作の参考にしてみてください。


父の日の由来と保育のアイディア 工作といっしょに感謝を伝えよう

父の日の由来



父の日の由来には、実は母の日が関連していました。


父の日の由来



1909年、アメリカのソノラ・スマート・ドットが母の日の存在を知り、同じように父にも感謝する日を設けてほしいと牧師協会に強くお願いしたことがきっかけでした。ソノラは6人兄弟の末っ子で、早くに母親が亡くなったあと父親に男手ひとつで育てられたため、その思いはとても強かったのでしょう。その7年後に当時のアメリカ大統領が演説の中で取り上げたことで父の日は広く知れ渡り、1966年にはソノラの父親の誕生月であった6月の第3日曜日が父の日と定められ、1972年に正式に制定されました。

日本で父の日が広がり始めたのは1950年頃と言われており、その後1980年代にはデパートなどが販売戦略としてイベント化したことで一般的な行事として定着したようです。


父の日の花は?



父の日にはひまわりやガーベラなどさまざまな種類のお花をプレゼントする人も多いようですが、本来はバラを贈る習慣があります。ソノラが父親の祭壇に白いバラを捧げたことがきっかけとなり、そこから故人には白いバラを、健在であれば赤いバラを贈るようになりました。


黄色は父の日限定?



では、なぜ日本では父の日に黄色い花を贈ることが多いのでしょうか。その理由は、昔から日本では黄色は幸せを示す色として良いイメージがあるからです。そこから、黄色いバラをプレゼントすることが一般的になりました。しかし、母の日のカーネーションと同様に、黄色いバラには「嫉妬」などネガティブな意味が含まれるので、父の日限定で使った方が良さそうです。ちなみに他の色に関しては、ピンクのバラには「あたたかい心」、オレンジのバラには「信頼」、紫のバラには「尊敬」、青のバラには「神の祝福」といった花言葉が込められています。


最近では行事として取り上げない園もある



とはいえ、最近では家庭のあり方が多様化していることを踏まえて、園での父の日行事や製作をしないところも増えてきているようです。そういった実情を踏まえ、子どもたちの家庭環境をある程度把握しておいた方がよいでしょう。

その上で、園の方針も考慮しながら、実施するかどうかをしっかり話し合ってみてください。母子家庭・父子家庭の子どもがいてもはれものにさわるような対応はせず、「そういう家庭も普通にあるんだな」と子どもたち同士も感じられるような環境を作っていきたいですね。


保護者への感謝について考えよう



子どもたちが普段保護者にどんなことをしてもらっているか、また感謝の伝え方についても考えてみましょう。


日々してもらっていることを振り返ろう



毎日朝起きてから登園して、退園して寝るまでの間に保護者にどんなことをしてもらっているか、子どもたちに見つめ直してもらいましょう。朝起こしてくれたり、ごはんを作ってくれたり、園まで送ってくれたりなど、保護者にしてもらっていることがたくさんあります。また、自分たちが園にいる間はお仕事をがんばっているというのも思い出したいですね。


どんなものなら喜んでくれるか



プレゼントを贈る保護者のことについて考えてみましょう。保護者の好きなものや大切にしているもの、好きな食べ物や好きな色など。贈る相手が喜んでくれるように好きなものを絵に描いたり、好きな色を選んだりという工夫をプレゼント作りに活かしたいですね。


製作のアイディア



父の日のプレゼントにぴったりな製作のアイディアをまとめてみました。動画で作り方の手順を確認することができるので、ぜひ取り入れてみてください。


足形メッセージカード




ジャケットの形をしている、子どもの手形や足形を押したメッセージカードです。足形をネクタイに見立ててもよし、手形を押してその上からメッセージを書き込んでもよしなので、子どもたちも作るのを楽しみながらプレゼントを作ることができます。ジャケットにハサミを入れて開く仕様にするところだけ少し難しいので、様子を見ながら手伝ってあげてください。保護者が子どもの手形や足形を見れば、成長を感じることができて愛おしく感じることでしょう。

詳しくはこちら


手作り腕時計




発想を活かした手作りの腕時計です。子ども自身が楽しむための工作でしたが、今回は保護者へのプレゼントとして作ってみましょう。文字盤よりもベルトを太くすると、強度が保たれて安定します。文字盤よりもベルトを細くする場合は、文字盤の裏に厚紙を貼って補強するなどして折れにくくしましょう。身に着けられるものなので、作ってくれた子どものことが身近に感じられる、あたたかいプレゼントになりますね。文字盤が示す数字を保護者の誕生日にすれば、ちょっとしたサプライズの演出もできますよ。

詳しくはこちら


ビールとおつまみごっこ



大人が大好きな飲みもの、ビールを作ってみましょう。作り方はとても簡単で、用意したものを入れるだけなので子どもでもすぐに作ることができますよ。材料はプラスチックカップ、プチプチ、黄色のセロハン、綿です。まずカップの内側に黄色のセロハンを入れます。その中にプチプチを入れて、上からわたをかぶせれば完成です!簡単ですぐにできるのに、見た目は完全にビールそのもので保護者も喜んでくれますよ。いっしょに枝豆も画用紙で作ってあげるとより本格的な見た目になりますよ。


父の日にありがとうを伝えよう



父の日は日ごろの感謝を保護者に伝える日です。そしてあたりまえになっていることに改めて目を向けることの大切さを、子どもたちに教える良い機会でもあります。普段はなかなか伝えられないありがとうの気持ちも、手作りのプレゼントといっしょならより気持ちが伝わります。母の日ほどクローズアップされない父の日ですが、同じくらいの感謝を子どもたちが伝えられるよう、計画していきましょう。

関連する記事

母の日に感謝の気持ちを伝える工作・製作 保育行事のアイディア

母の日に感謝の気持ちを伝える工作・製作 保育行事のアイディア

5月の第2日曜日は母の日です。保育園や幼稚園では日々お世話になっている人へ感謝することの...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す