保育士の転職 ~転職の流れ、内定・引継ぎ、働き始めるまで~

保育士の転職は3か月程度の期間がかかるのが一般的。スムーズに新しい職場で働き始めるために、転職の検討から、転職先の探し方、面接・内定、現職の円満な辞め方や引継ぎなど、一連の流れを理解しておきましょう。

保育士の転職 ~転職の流れ、内定・引継ぎ、働き始めるまで~

転職に向けて、何月に動き始める?


保育士の転職では、卒園や年度末で区切りがいい3月に向けて、転職活動を行う方が多いようです。

実際に保育士バンク!に寄せられる転職相談では、例年8月後半から徐々に件数が増えていき、9月~10月に最も多くなります。

具体的には、9月頃からコンサルタントへの転職相談をはじめて、10月〜2月の間に面接などの転職活動を本格的に行い、4月から新しい職場で働き始める、といったケースです。

一方、求人が最も増えるのは、例年1月から3月の時期。来年度に向けた採用が最も活発になる時期ですが、新卒の保育士の応募が増える時期でもあるので、競争率は高くなるというデメリットもあります。

advisor-02.png

転職先をお探しの方へ

専任のアドバイザーが好待遇、残業なし、人間関係良好など、あなたのご希望に合った求人を紹介します。お気軽にご相談ください♪

アドバイザーに相談してみる

年齢別の強み、転職を考えるターニングポイントは?


保育士が転職を含め、キャリアを見直すターニングポイントは以下の三つの年齢といわれています。

・25歳......最初の園での保育に慣れたころ。将来性があり、体力的にも不安がない
・28歳......5年程度の経験を生かして、経験者採用などに幅広く対応可能
・33歳......仕事での実績や強みを生かしたキャリアアップを目指せる

実際の求人では、園によって求める年齢や経験が異なりますが、どの年齢での転職にも強みがあるのです。

注意したい点としては、一つの園での勤続年数が2年を下回るようだと「長く仕事を続けられない人なのでは?」と思われてしまう可能性があること。

職場の雰囲気がどうしても合わない、いじめがあるなどの深刻な理由がないのであれば、1つの園で2年以上は勤務年数を積むことが、今後の転職活動を有利に進めるポイントです。

保育士バンク!があなたの就活・転職をお手伝いします

実際の転職スケジュール


1、転職の方針を決める


まず転職を考えるにあたって、ご自身が重要視する点を考えます。例えば保育の方針なのか、働きやすさなのか、給与面なのか、などです。何となく転職活動をスタートすると、求人をたくさん見ていくうちに、転職の方針がぶれてしまうこともあります。そうならないためにも、最初に絶対に譲れないポイントを決めましょう。

2、転職先を探す(退職予定の半年~3か月前)


転職したい時期の、半年~3か月前を目安に動き始めます。現職で働きながら、空いた時間で求人情報を探してみましょう。探す方法としては、保育士さん向けの求人サイトや園のウェブサイト、ハローワーク、知人の紹介などがあります。また、休日などに開催されている保育士向けの転職フェアに参加すると、複数の園の情報を効率的に集めることができますよ。

3、転職先に応募する


良いと感じたり、気になる求人があったら、その保育園のウェブサイトを見たり、説明会に参加したりして、園について詳しく調べます。保育の方針や働きやすさ、条件、場所などをしっかり調べた上で、転職先に応募しましょう。

4、応募書類作成


履歴書と職務経歴書の作成に取り掛かります。履歴書は手書きが中心ですが、職務経歴書はパソコンのワードなどで作成します。A4サイズで1~2枚程度、多くても3枚以内で書きましょう。書くことで一番大事になってくるのは、志望動機と自己PR。自己分析してよく内容を考えた上で、応募しましょう。

5、面接


履歴書等の書類選考を通過できたら、いよいよ面接です。
保育士の転職面接で問われるのは、所作や身だしなみも含めて社会人としての一般常識を備えているか、「どうしてその園で働きたいか」、「同僚として一緒に働きたいと思える人か」という三点です。面接官の質問をある程度予想し、準備をした上でのぞみましょう。

6、内定


縁があって内定を頂いたら、3日以内に返事をし、現職の退職予定日を元に勤務開始日を話し合います。お休みや給与面、勤務形態など、気になっていることもここで明確にしておきましょう。

7、現職の円満退職(退職願→引継ぎ→退職)


現在の職場には、最低でも2か月前には退職を伝えしましょう。退職の理由は、たとえネガティブなことでも、前向きな方向に言い直して伝えます。
例えば、給与面が退職の理由なら、「能力や資格の取得等で評価される仕組みがなく、モチベーションが維持しづらい」といった理由に言い換えましょう。
業務の引継ぎ期間は最低でも1か月ほど確保するようにし、引継ぎをきちんと終え、最終日にきちんと挨拶をして円満退職できるようにします。

8、転職先で勤務開始


ついに勤務開始当日!勤務開始までに必要なものを確認し、指定された時間に余裕をもって出勤しましょう。初日から、ギリギリの出勤ですと、悪印象になり、信頼を失ってしまうかもしれません。

ここでワンポイントアドバイス!
転職フェアや合同企業説明会を活用しよう



保育士の転職は、ご自身にあった園を見つけることが重要です。とはいえ、ウェブサイトや求人誌からでは、実際の保育の雰囲気や様子を感じ取ることは難しいですよね。そんな時に便利なのが、転職フェアや合同企業説明会です。

フェアには都市部のイベントホールなど広い会場で開催し、大手法人から小規模な法人までさまざまな園が参加。個別のブースで各園の説明や個別に質問し、相談することができます。

♢フェア・合同企業説明会のメリット



・1日で効率よく、たくさんの保育園の情報が得られる
・インターネットだけでは知る事ができない保育園のリアルな様子を知る事ができる
・保育園の採用担当に直接疑問や質問をする事ができる
・今までチェックしていなかった保育園を知り、幅を広げる事ができる
・気軽にいろいろなブースを見て回る事ができる

フェア、合同企業説明会は、入場無料・入退場自由なので、気軽に参加することができます。
休日に開催されることがほとんどのため、現職が忙しい方にも向いていますね。

実際に園で働いている保育士から、現場の声を聞けたり、深く質問することもできるため、転職をする上での参考材料になりますよ。

社会人からの保育士転職



「子どもが大好き!」「小さいころからの夢をかなえたい」

そんな理由で、社会人を経験してから保育現場を目指す人も増えています。

さて、社会人から保育士へ転職を考えた場合、必要となるのが保育士資格です。
保育士資格を取得するには以下の二つの方法があります。

・「保育士」となる資格が取得できる厚生労働省が指定した養成学校(大学・短大・専門学校等)を卒業する。
・保育士試験に合格する。

養成学校の場合、卒業と同時に保育士資格が与えられ、幼稚園教諭など別の資格の取得にも挑戦できるため、全保育士の半分以上が養成学校を卒業して保育士になっています。
ただし、社会人から保育士を目指す場合、時間がなかなか自由にならないことが多いでしょう。学費などを抑えることも考えると、通信教育などで勉強しながら、保育士試験の対策をする方が、より早く確実に保育士となることができるでしょう。

<保育士試験で合格するメリット>



・学費が安く済む
・毎年2回の試験があるので、短期間でも取得可能
・学習時間が自分の都合で決められる
・科目ごとの合格制度があるため、最長3年間かけてじっくり取り組むこともできる

<保育士試験で合格するデメリット>



・試験の合格率は例年、約2割程度と難易度は易しくはない
・保育士資格と併行して別の資格(幼稚園教諭など)を取得することができない

保育士試験合格者の就活は?



保育士試験合格者の就活も、既卒・新卒の保育士と同様、各園に個別に連絡して応募していきます。ただし、試験合格者は養成学校などのルートが使えないため、転職・就活フェアや転職サイトなどで、より広く情報を集める必要があるでしょう。

保育士試験の合格者は、社会人として培ってきた一般常識や経験を期待されることが多く、全体としては少数派ながら、現場では貴重な人材として求められています。

転職の流れのまとめ


以上、保育士の転職の流れを解説してきました。
保育士の転職は卒園や年度末に合わせての退職がスムーズ。年度内に退職する場合も、最低3か月はかかると逆算して、早めに転職活動を始めましょう。

また、保育士が転職するうえでターニングポイントとなりやすいのは、25歳、28歳、33歳の頃ですが、体力や技能、経験・キャリアなど、どの年齢でも転職する上での強みがありますよ。
ご自身にあった転職先を見つけるためには、余裕をもって転職活動を行うことが重要です。
なお、現職が忙しい場合には、転職フェアや合同企業説明会に参加することで、効率よく転職活動をすることもできます。フェアや転職サイトなども活用して、ご自身にあった転職先を見つけていきましょう。

保育士の転職でよく見られる記事

転職の流れ

転職のためには何か月前から動くべき?転職の流れを理解しましょう。

良い求人の見つけ方

ご自身にとっての「良い求人」の見つけ方をつかみましょう!

履歴書

ぜひ会ってみたい!と思わせる履歴書の書き方を解説します。

職務経歴書

職務経歴書にこれまでのスキルや経験をまとめてアピールしましょう!

自己分析と自己PR

履歴書や面接に活かせる自己PRの書き方を解説します。

志望動機

志望動機の書き方と例文を「保育士歴別」に分けて解説します。

円満退職

辞めるまでの過ごし方のコツ、退職届の書き方などをご紹介します。

面接対策

身だしなみや面背でよく聞かれる質問のポイントをおさえましょう。

転職Q&A

保育士が転職する際に気になる点をQ&A形式で集めました。

離職後の注意点

保育士が離職後に注意するべき各種手続きなどをお教えします。

一般の転職との違い

転職する際に知っておきたい保育業界の転職事情を知りましょう。

関連する記事

保育士の志望動機の書き方。転職や新卒など履歴書で参考にしたい例文集

保育士の志望動機の書き方。転職や新卒など履歴書で参考にしたい例文集

志望動機は、保育士の履歴書でも面接でも、必ず問われる重要なポイントです。「どうすれば自分の...

保育士の有効求人倍率とは?解説と都道府県別の違い

保育士の有効求人倍率とは?解説と都道府県別の違い

景気のよしあしを表す指標の一つに有効求人倍率があります。各職業ごとに違いがあり、保育士は...

保育士の転職 ~保育士さんの履歴書の書き方~

保育士の転職 ~保育士さんの履歴書の書き方~

保育士として転職活動をする際、履歴書の作成に頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか。 ...

保育士の転職面接完全マニュアル

保育士の転職面接完全マニュアル

新卒で入った保育園で、定年まで働くことができる保育士はどれほどいるでしょうか? 出産や引...

保育園の退職理由はどう伝える?園、退職願、面接の状況別まとめ

保育園の退職理由はどう伝える?園、退職願、面接の状況別まとめ

保育園を退職するとき、退職理由をどう伝えたらよいか悩む保育士さんも多いのではないでしょう...

男性保育士の役割と求人募集中の保育園の特徴

男性保育士の役割と求人募集中の保育園の特徴

保育士さんのイメージといえば女性を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?実際に男性保育...

広がる保育士の「時短勤務」 子育て後の職場復帰に

広がる保育士の「時短勤務」 子育て後の職場復帰に

日本全体で働き方の多様化が進む中、「時短勤務」という働き方が保育業界でも注目されています...

駅チカの職場の魅力は?近年急増中、通勤便利な保育園

駅チカの職場の魅力は?近年急増中、通勤便利な保育園

日々の業務が忙しく、早番や遅番もある保育士さんにとって、できるだけ通勤の負担は減らしたい...

勤務地を選べる保育園求人の良いところ、その特徴は?

勤務地を選べる保育園求人の良いところ、その特徴は?

求人を探す際に気になるのが勤務地。できれば最寄りの沿線沿いや住み慣れた土地で働きたいですよ...

寮ありの保育士求人 低家賃・生活費も抑えられる寮生活のメリット

寮ありの保育士求人 低家賃・生活費も抑えられる寮生活のメリット

「地元を離れて新天地で就職・転職しよう!」と考えている保育士さんのために、首都圏や主要都...

【てぃ先生に聞く】今、保育の職場が変わりつつある!その理由とは?

【てぃ先生に聞く】今、保育の職場が変わりつつある!その理由とは?

日本で一番有名な男性保育士?!Twitter で大人気の「てぃ先生」。 いろいろな園を見...

「複数園あり」の保育士求人 大手法人で保育士として働く魅力って何?

「複数園あり」の保育士求人 大手法人で保育士として働く魅力って何?

現在転職を考えている保育士さんは、「複数園あり」という条件に注目したことはありますか? ...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す