福利厚生・手当が充実した保育園求人の特徴

給与の改善が進む保育業界ですが、まだまだその恩恵を受けている保育士は多いとはいえません。その中で目を引くのが「福利厚生充実」や「手当充実」の保育園。こうした保育園では、給与に園独自の上乗せをしたり、保育士の経済的負担を減らすようなサービスや制度を設けています。


福利厚生・手当充実の求人


このコラムでは、さまざまな福利厚生や手当を紹介しながら、福利厚生が充実した保育園で働くメリットをご紹介します。


20180605-02a.jpg

まずはおさらい!「福利厚生・手当」とは?


まずは、「福利厚生」が何なのか、「手当」がどのようなものなのかおさらいしましょう。

「福利厚生」は、保育園などの運営団体が保育士などの従業員に対して支給する「給与以外の報酬」のことです。宿舎借り上げ制度のような経済的なものから、社会保険などの制度的なものまでその内容もさまざまです。近年では優待サービスクラブの会員に加入できたり、大型テーマパークの優待利用券がもらえるユニークな福利厚生を設ける保育園も増えています。

「手当」は福利厚生の一種で、能力や条件に応じて給与に上乗せされます。園長や主任などの役職手当や、通勤距離や方法に応じて支給される通勤手当などがあります。

こうした、働くモチベーションを高めてくれる「福利厚生」や経済的な負担を減らしたり能力を評価してくれる「手当」が充実した保育園は、働く保育士のことを大切に考えてくれる園だといえます。


どんな福利厚生があるの?


では、福利厚生にはどのような制度・サービスがあるのでしょうか?
福利厚生と一概に言ってもその内容はさまざまです。ここでは福利厚生を大きく3つのタイプに分けて紹介します。


経済的な支援をしてくれる福利厚生


まずは、経済的な支援をしてくれる福利厚生です。主に、給与が一般的に低いとされている保育士さんの経済的負担が少なくなるような制度です。

例えば、人生の節目に一定の金額を支給してくれる慶弔金制度。結婚や出産の際のお祝い事があった場合は祝い金を、親族に不幸があった場合にも香典を包んでくれる共済制度を実施している園があります。

他には、保育園が所有している職員寮を格安で利用できたり、宿舎借り上げ制度といって、一般の賃貸物件を保育園が宿舎として借り上げることで保育士の家賃負担を大幅に減らしてくれる制度もあります。

ボーナスや退職金、などもこうした福利厚生の一部です。

福利厚生・手当充実の求人を保育士バンクで見てみる

福利厚生・手当充実の保育士求人一覧


利用できる制度としての福利厚生


働く上で必要なのが、病気や休養に必要な休暇の制度や、万が一ケガや重い病気にかかった際の各種保険制度。こうした、働く保育士にとって重要な制度も福利厚生の一部です。

休暇制度では、基本的な有給休暇に加えて、独自の休暇制度を設ける園や有給休暇の消化を推進する園が増えています。その一つが、リフレッシュ休暇。勤続年数の3年や5年などの節目ごとに保育士が自由に使える休暇を支給します。長く勤めてくれた保育士さんに対するご褒美のような休暇で、有給休暇に上乗せする形で取得ができます。ほかにも誕生日に必ず有給を取得できるようにするバースデー休暇や産休・育休などがあります。

また、「社会保険完備」としている求人も増えてきました。こうした園では、働いた分だけ上乗せがある「厚生年金」、失業してしまった際の「雇用保険」、勤務中の怪我の際に保障がある「労災保険」、医療費の控除がある「健康保険」の各種保険に加入することができます。


モノやサービスの支給による福利厚生


最後に、モノやサービスを支給してくれる福利厚生です。エプロンや制服を貸してくれたり、園で調理した給食を食べることができるのも福利厚生の一部。

近年では、宿泊施設やレジャー施設、日用品の優待サービスが受けられる共済組合の会員になれる園、大型テーマパークが優待価格で利用できるサービスを設けている園、さらに業務が優秀な保育士に海外の保育園視察させてくれる制度など、園独自で行っているものが増えてきました。


手当はどれくらいもらえるの?


保育士さんが実際にもらっている手当にもさまざまなものがあります。気になるのがその金額。ここでは手当の種類を紹介しながら、具体的にどのくらいもらえるのか解説します。


交通費


通勤にかかる費用を出してくれるのが交通費です。マイカー通勤の場合にはガソリン代を、バスや電車を利用する場合はその定期券代を園側が出してくれます。園によって相場は異なり、2万円~5万円程度で上限を設ける園、さらに交通費全額支給という園もあります。


住宅手当・引っ越し手当


住宅手当は主に住居の賃貸にかかる費用を出してくれるものです。上限を設けてその半額を支給したり、宿舎借り上げ制度と同程度の8万2千円の上限を設けている園があります。

引っ越し手当は、現住所から就職先の都合で引っ越す必要がある場合に支給されるケースがあるようです。10万~30万円を上限にしている園があります。


資格手当


持っている資格や役職ごとに追加で支給されるお給料です。保育士資格の有資格者と無資格者でも違いがあり、パートの時給で100円程度差があります。


役職手当


役職手当は一定年数の経験や研修を受けて、園のリーダー的な役職に就くことでもらえる手当です。主任保育士の場合だと3~5万円程度、新設された副主任で最大4万円、専門リーダーで最大5千円程度の上乗せがあります。


保育士にとって・保育園にとって福利厚生・手当のメリット


ここまで、さまざまな福利厚生や手当を紹介してきました。では、こうした福利厚生が充実した園で働くことは保育士にとってどんなメリットが、また保育園にとってどんなメリットがあるのでしょうか?


保育士にとってのメリット、安心して仕事に打ち込める!


保育士にとって福利厚生充実の園で働く最大のメリットは安心して仕事ができるということです。社会保険完備があると、万が一怪我や病気で休業しなければならなくなってしまっても保障が出ますし、休暇制度が充実しているとしっかりお休みが取れるために仕事に打ち込むことができるでしょう。

一方で、福利厚生の充実は働くモチベーションにもなります。家賃手当や交通費が出ると金銭的負担が減り、手取りの増加につながります。ういたお給料で、おいしいものを食べたり、趣味の費用にあてたりとプライベートも充実することでしょう。


保育園が福利厚生が充実させるメリット、ベテラン人材を確保!


保育園にとって福利厚生を充実させることは近年、大きな意味を持っています。その理由が保育士不足です。都市部を中心に保育施設が急激に増加している一方で、そのスピードに保育士人材の育成は追いついていません。新しい保育士を見つけるのは容易ではないのです。そのため、福利厚生を充実させて保育士に長く働いてもらうことが、保育園にとっては大きなメリットになります。福利厚生を充実させる園が増えているのにはこうした背景があるのです。

また、ベテラン人材の確保という点でも福利厚生は重要です。同じ園に保育士が長く勤めているということは、保育園のルールを理解している保育士、技術の確かな保育士がいるということ。新人保育士を教育する際にもベテラン保育士が一人いるだけでも大きな労力負担になります。保育士の負担・不満の少ない職場をめざして福利厚生が充実させるのは、ベテラン人材を確保するという園側のメリットにもなるのです。


保育士・保育園双方にメリットがある福利厚生


福利厚生や手当は働く保育士にとっても嬉しい制度である一方で、保育園側にとってもメリットがある制度となっています。全国展開をする大規模な株式会社や社会福祉法人を中心にこうした福利厚生が充実してきています。また、その中でもこれまでの福利厚生にはなかった独自の福利厚生を設ける保育園もあることから、保育士不足も相まって福利厚生がこれからも充実していくことが見込まれます。転職・就職の際はこうした福利厚生が充実した保育園にも注目してみてくださいね。

関連する記事

保育士の有効求人倍率とは?解説と都道府県別の違い

保育士の有効求人倍率とは?解説と都道府県別の違い

景気のよしあしを表す指標の一つに有効求人倍率があります。各職業ごとに違いがあり、保育士はその中でも...

男性保育士の役割と求人募集中の保育園の特徴

男性保育士の役割と求人募集中の保育園の特徴

保育士さんのイメージといえば女性を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?実際に男性保育士の数はデ...

広がる保育士の「時短勤務」 子育て後の職場復帰に

広がる保育士の「時短勤務」 子育て後の職場復帰に

日本全体で働き方の多様化が進む中、「時短勤務」という働き方が保育業界でも注目されています。保育業界...

駅チカの職場の魅力は?近年急増中、通勤便利な保育園

駅チカの職場の魅力は?近年急増中、通勤便利な保育園

日々の業務が忙しく、早番や遅番もある保育士さんにとって、できるだけ通勤の負担は減らしたいもの。「駅...

4月スタートの保育士求人は転職しやすい?新年度の転職を目指すには

4月スタートの保育士求人は転職しやすい?新年度の転職を目指すには

転職する際に、「余裕をもって転職したい」、「スムーズな入職ができる職場を探している」という保育士さん...

勤務地を選べる保育園求人の良いところ、その特徴は?

勤務地を選べる保育園求人の良いところ、その特徴は?

求人を探す際に気になるのが勤務地。できれば最寄りの沿線沿いや住み慣れた土地で働きたいですよね。 保育...

寮ありの保育士求人 低家賃・生活費も抑えられる寮生活のメリット

寮ありの保育士求人 低家賃・生活費も抑えられる寮生活のメリット

「地元を離れて新天地で就職・転職しよう!」と考えている保育士さんのために、首都圏や主要都市を中心に...

「複数園あり」の保育士求人 大手法人で保育士として働く魅力って何?

「複数園あり」の保育士求人 大手法人で保育士として働く魅力って何?

現在転職を考えている保育士さんは、「複数園あり」という条件に注目したことはありますか? 一見あまり...

保育園事務の求人や仕事内容とは 子どもに関わる事務員

保育園事務の求人や仕事内容とは 子どもに関わる事務員

社会人経験が身近な職場で活かせる「保育園事務」のお仕事をご存知ですか? 保育園の事務では、保育士資格...

設備が充実している保育園ってどんな職場?

設備が充実している保育園ってどんな職場?

保育士さんが「働いてみたい」と思えるような職場であるためには、保育園の設備も重要ですよね。 例えば休...

年休120日超の条件とは?お休みが多い保育園求人の特徴

年休120日超の条件とは?お休みが多い保育園求人の特徴

仕事のやりがいは大きい一方で、その内容は楽とはいえないのが保育士のお仕事。できることなら仕事もプラ...

正社員登用ありの保育士求人とは 契約社員・パートから正職員を目指そう

正社員登用ありの保育士求人とは 契約社員・パートから正職員を目指そう

保育業界では、多くの非正規雇用の保育士が活躍しています。2016年の調査では、公立保育園では2人に...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す