扶養内でパート保育士として勤務するには?年収の壁や働き方、求人事情

家族の扶養内で働きたいと考える保育士さんにとって、いくらまでなら稼いでも大丈夫なのか気になりますよね。年収によって手取り額が変わることもあるので、くわしく知っておくと働く際に役立ちそうです。今回は、パートや派遣保育士にとって重要な扶養控除の仕組みや年収の壁、扶養内での上手な働き方について紹介します。


電卓を持つ夫婦

aijiro/shutterstock.com


「扶養内で働く」とは?

「扶養内で働く」とは、納税者が扶養控除を受けることができる範囲内に年収を収めるということです。では、具体的な扶養控除の制度について見ていきましょう。



扶養控除の概要


そもそも扶養控除とは、納税者に所得税法上、控除対象となる扶養親族がいる場合に、一定の所得控除を受けられる制度のことを言います。つまり、家族を扶養している納税者の負担を軽減させる制度と言い換えることもできるでしょう。


扶養控除には、住民税や所得税に関する税制上の扶養と、健康保険や年金に関する社会保険上の扶養という2種類があります。


この2つは全く別物であり、年収によって受けられる控除にも違いがあります。

これらは扶養内での働き方を考えるうえで重要になってくるものなので、後ほどくわしく説明します。



扶養親族に該当する人の範囲


扶養親族とは、その年の12月31日時点で以下の4つの条件に当てはまる人のことです。


  • 配偶者以外の親族(6親等内の血族及び3親等内の姻族をいいます。)又は都道府県知事から養育を委託された児童(いわゆる里子)や市町村長から養護を委託された老人であること。
  • 納税者と生計を一にしていること。
  • 年間の合計所得金額が48万円以下(令和元年分以前は38万円以下)であること。(給与のみの場合は給与収入が103万円以下)
  • 青色申告者の事業専従者として、その年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと又は白色申告者の事業専従者でないこと。

ちなみに青色申告者とは事業所得や不動産所得、山林所得などがある人のことを言い、白色申告者とは青色申告者以外で確定申告をする方を指します。


扶養親族であるためには生計を共にし、かつ給与のみの収入が103万円以下であることなどが条件となります。


出典:国税庁

保育士が扶養内で働くために覚えておきたい「年収の壁」

計算をする女性

kenchiro168/shutterstock.com


配偶者の扶養内で働くうえで、いくらまで稼いでも大丈夫なのかというボーダーラインが気になるところでしょう。ここでは、一般的に言われている年収の壁について紹介します。



〇〇万円の壁とは


〇〇万円の壁とは、その金額を超えてしまうと扶養控除が受けられなくなってしまう、あるいは扶養から外れるというラインのことを指します。それぞれ年収ごとにくわしく見ていきましょう。


  • 100万円:住民税が課されるようになるライン。ただし自治体によって細かい金額は異なる。
  • 103万円:所得税が発生するライン。
  • 106万円:一定規模以上の会社などで働いている場合、社会保険へ加入できるライン。ただし、配偶者の扶養に入っている。
  • 130万円:配偶者の扶養から外れて、社会保険への加入が必要になるライン。
  • 150万円:世帯主が満額38万円の配偶者所得控除を受けられるぎりぎりのライン。

先ほど説明したように、扶養控除には税制上の扶養と社会保険上の扶養があります。


この場合、103万円や150万円は税制上の扶養、106万円や130万円は社会保険上の扶養を考える際に重要なボーダーラインとなります。



所得税がかからないのはなぜ103万円なの?


パートやアルバイトで働く際に、「扶養内に収めるためには、103万円を超えないように働かないといけない」と考える方も多いかもしれません。では、なぜ103万円という数字が設定されているのでしょうか。


103万円は、基礎控除額の48万円(2019年分以前は一律38万円)と、給与所得控除の55万円(2019年分以前は65万円)を合わせた数字になります。


ちなみに基礎控除とは、所得税額の計算をする際に総所得金額から差し引くことができる控除のうちの一つです。一方給与所得控除とは、収入金額に応じて給与などから差し引かれるものです。


つまり、103万円以内の収入であれば、基礎控除の48万円と給与所得控除の55万円が差し引かれるため所得がゼロということになり、所得税が発生しないということになります。



106万円、130万円の壁


106万円、130万円という数字は、社会保険上の扶養を考える際に重要になります。


2016年10月から社会保険の適用範囲が拡大され、下記の条件に全て該当した場合は社会保険の加入対象となっています。


  • 週の所定労働時間が20時間以上
  • 給与が月額88,000円以上(年収で106万円以上、残業代や通勤手当は含まず)
  • 会社の従業員(社会保険の被保険者)が501人以上
  • 1年以上勤務する予定である
  • 学生以外

年収が106万円を超えると社会保険の加入対象者となる場合がありますが、配偶者の扶養内であるため社会保険料の納付をする必要はありません。

しかし、130万円を超えると扶養から外れてしまうため、個人で社会保険に加入する必要があります。


保育士として扶養内で働くうえで、106万円と130万円の壁をどうするかというのは、一つの重要なポイントかもしれません。



150万円の壁とは


150万円という数字は、「配偶者控除」と関係があります。


配偶者控除とは、納税者に所得税法上の控除対象配偶者がいる場合に、一定の金額の所得控除が受けられるというものです。


従来、世帯主の合計所得金額が1000万円以下の場合、配偶者の年収が103万円までであれば配偶者控除が適用されていました。


しかし、2018年からは「配偶者特別控除」によって、配偶者の年収が150万円以内であれば、収入が103万円以内の場合と同じ額の控除が受けられるようになっています。


配偶者の収入が200万円までであれば配偶者特別控除が適用されますが、150万円を超えると世帯主が受けられる控除が徐々に減り始めるため、「150万円の壁」と言われているようです。


ちなみに、年収を150万円以内に抑えていても、103万円以上であれば所得税の支払いは必要になるので注意するようにしましょう。



【収入と税金&保険料負担の早見表】負担額はどう変わる?


2018年から、パートや派遣として扶養内で働く場合の年収と、税金や保険料負担の関係はこのように変化します。※世帯主(夫)の年収が1120万円以内の場合。



年収と税金の図

こうして見ると、2018年以降は100万円、103万、106万、130万の4つに加え、150万円を合わせた5つが新たな壁になりそうですね。



パートや派遣保育士は社会保険に入らない方がいいの?


手取りを増やしたいと考える方は、社会保険に加入せずに収入を抑えて働くのも一つの方法です。ただし、社会保険に加入することで得られるメリットにも目を向けてみましょう。


そのひとつが「育児休業給付金」です。

パートでも1年以上雇用保険に入っていて一定の条件を満たしていれば、給与の約67%(産休が終わってから最初の180日間)の給付金を受け取ることができます。


同じく雇用保険に加入して条件を満たしていれば、「失業保険」も受給可能です。

ケガや病気で働けないときは、健康保険から「傷病手当」を受け取れるほか、老後は国民年金に上乗せして「厚生年金」が支給されます。


このように、将来のことを考えると、パートでも社会保険に加入するメリットは十分にあると言えるでしょう。


出典:国税庁

出典:パート・アルバイトの皆さんへ社会保険の加入対象が広がっています。/政府広報オンライン

出典:3 「所得税」を知ろう/財務省




扶養内可の保育士求人一覧



保育士が扶養内で働くには?

では保育士として扶養内で働くためにはどうしたらいいのでしょうか。



パートや派遣保育士として働く


パートや派遣で働く一番のメリットは、勤務時間を調節しやすいことでしょう。


週に〇日勤務、あるいは1日〇時間勤務、と決めて働けば月収を正しく計算できるので、年収を想定する金額以内に抑えたい方に適した働き方と言えそうです。


パートや派遣保育士の場合は担任を持たないケースも多く、持ち帰り仕事や残業などの負担も少ない傾向にあるため、家庭との両立もしやすくなるでしょう。



面接時に扶養内で働きたいことを伝える


面接の段階で「扶養内で働きたいです」ということを伝えておきましょう。


また、「扶養内OK」や「時短勤務可」といった条件がついている求人を探して応募するといいかもしれません。


そのような求人内容を見て応募したことを伝えることで、園側は扶養内で働きたいと考えている方だということを理解してくれるでしょう。


求人に記載がない場合でも、履歴書の備考欄に書いたり面接時に伝えたりして、事情を理解してもらえるように努めてみてくださいね。



早朝や夕方など時間を限定して働く


保育士の求人には、人手の少ない早朝や夕方などに限定して募集をかけている園もあるようです。


早朝や夕方は比較的子どもが少ない時間帯なので余裕をもって働けるうえに、時給も高めに設定されていることが多いかもしれません。


時短勤務の一つとして、正社員の保育士が出勤しづらい時間に働いてサポートするのもよさそうですね。

扶養内での働き方を押さえて、パート保育士として働こう

今回は、扶養控除の仕組みや年収の壁、扶養内で保育士として働くにはどうしたらいいのかなどを紹介しました。


扶養内で働きたい場合は、まず所得税が発生しない103万円以内に収めることを考えてみるといいかもしれません。ただし、社会保険に加入して将来年金や給付金を受け取りたいという方は、106万円や130万円を意識しながら働くとよさそうです。


保育士として扶養内で働くためには、パートや派遣という働き方を選ぶといいでしょう。

今回紹介した内容を参考に扶養内での働き方を知って、自分の希望に合った求人を探してみるのもいいかもしれませんね。



扶養内で働ける保育求人を紹介



関連する記事

保育士の時短勤務で働くメリットとは。公立や私立、正社員やパートでの給料や求人状況

保育士の時短勤務で働くメリットとは。公立や私立、正社員やパートでの給料や求人状況

時短勤務で働きたいと考えている保育士さんもいるでしょう。正社員やパートでの制度の概要や対象...

後輩・新人保育士への指導のコツ。先輩としての接し方や伝え方のポイント

後輩・新人保育士への指導のコツ。先輩としての接し方や伝え方のポイント

先輩保育士の大切な役割の一つに、後輩や新人の指導があります。チームワークが重要となる保育現...

【徹底解説】「10の姿」とは。幼児期の終わりまでに育ってほしい具体的な事例や子どもの姿

【徹底解説】「10の姿」とは。幼児期の終わりまでに育ってほしい具体的な事例や子どもの姿

「10の姿」とは、幼児期の終わりまでに育ってほしい子どもの姿や能力を、5領域をもとに10個...

担当制保育のメリットとデメリットとは?子どもとの愛着や食事などについて

担当制保育のメリットとデメリットとは?子どもとの愛着や食事などについて

保育園で行われる担当制保育には、さまざまなメリットやデメリットがあるようです。子どもの遊び...

保育士さんが受け取れる手当とは。国や自治体、保育園ごとの種類 

保育士さんが受け取れる手当とは。国や自治体、保育園ごとの種類 

保育園で受け取れる手当てについて知りたい保育士さんもいるでしょう。保育園や国、自治体ごとに...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!