保育士のキャリアアップ研修制度とは。処遇改善による給料の実態や研修内容

保育士の昇格をサポートするキャリアアップ研修制度によって、保育士の昇進、処遇改善がしやすくなりました。今回はキャリアアップ研修とはどのような制度なのか、処遇改善の結果どのくらい給料に反映されるのか、厚生労働省のガイドラインをもとに解説します。また、キャリアアップ研修内容や、修了証の期限についてもまとめました。


研修を行っている女性の写真

mapo_japan/shutterstock.com

 

保育士のキャリアアップ研修とは?

保育士のキャリアアップ研修とは何か、 厚生労働省「保育士等キャリアアップ研修ガイドラインの概要」の資料をもとに、概要についてみていきましょう。

 

保育士のキャリアアップ研修の概要

 

キャリアアップ研修とは、政府による処遇改善制度の取り組みの一つ、処遇改善等加算によって作られた制度です。

 

そもそも処遇改善等加算には、処遇改善等加算ⅠとⅡがあり、キャリアアップ研修は処遇改善等加算Ⅱとなります。

 

これまで一般的な保育士のキャリアがクラス担任などの保育士、主任保育士、園長(制度上での役職は主任保育士、園長のみ)だったのに対し、

 

2017年4月に創設された処遇改善等加算により、

 

  • 職務分野別リーダー
  • 専任リーダー
  • 副主任保育士 
  • (園や法人によって名称は異なります)

 

と新たに3つの役職が追加されました。

 

つまりキャリアアップ研修とともに新役職が配置され、若手や中堅の保育士がキャリアを積み上げやすくなったと言えるでしょう。

 

新役職が配置された具体的な背景や目的

 

職務・職責に応じた処遇改善

一般社団法人 保育士養成協議会によると、主任保育士の平均勤続年数が21年であることに対し、一般保育士の平均勤続年数が7年から8年程度にとどまっており、多くの保育士さんが役職に就く前に退職しているようです。

 

保育士さんの職場に対する要望として最も多く挙げられていたのが「給料の改善」です。

 

つまり、保育士さんの離職率を改善するためにキャリアアップ研修に伴って新役職を配置し、若手や中堅保育士のキャリアアップと、給料を上げるきっかけを作ったと言えるでしょう。

保育の専門知識の向上

保育現場では、子どもの発達過程の把握や食育・アレルギー、障害児保育に関することなどさまざまな課題への対応が求められます。

 

このような業務内容に応じて、専門的な知識を身につけるための機会としてキャリアアップ研修が設置されました。

 

他にも、新任の保育士のための現場で使える実践的な内容や、中堅保育士のために若手の指導に関するマネジメントなど、幅広いニーズに対応した研修が設けられています。

 

このようにキャリアアップ研修には、保育の専門知識を学び直す機会を作るとともに、保育士の処遇改善から離職率の低下につなげるという目的があります。

 

出典:保育士等キャリアアップ研修ガイドラインの概要/厚生労働省

保育士のキャリアアップ研修における受講状況の実態

キャリアアップ研修の導入より給料水準の改善が期待されますが、今後この制度は浸透していくのでしょうか。

 

アンケート結果をもとにした、受講状況の実態をみていきましょう。

 

2019年5月時点のアンケート結果を見てみると、保育士約100名中キャリアアップ研修を受講して新しい役職に就いた人は7%と少なく、受講予定はないと答えている人が44%と最も多い結果になりました。




受講者が少ない理由としては、以下のような声が挙げられています。

 

  • 「制度を知らなかった」
  • 「園が研修を認めておらず休みが取れない」

 

保育士への周知はもちろんのこと、保育士が積極的に研修を受講できるような環境整備がより求められるでしょう。

 

キャリアアップ研修は2017年に開始されたばかりの比較的新しい制度なので、今後多くの園や保育士に浸透していくことを期待したいですね。

 

<調査概要>

 

調査対象:「保育士バンク!」登録保育士
調査機関:2019年5月22日~27日
調査手法:インターネット調査
有効回答数:97人

保育士のキャリアアップ研修における分野別の内容

保育士のキャリアアップ研修には全部で8つの分野があり、1分野の受講時間は15時間以上となっています(2~3日)。

 

分野別に研修内容をみていきましょう。

 

乳児保育

 

主に0歳から3歳未満児向けの保育内容に関して理解を深める分野です。

 

具体的には乳児保育の役割と機能や、乳児保育における安全な環境、保育所保育指針について、全体的な計画に基づく指導計画の作成などを学びます。

 

幼児保育

 

主に3歳以上児向けの保育内容に関して理解を深める分野です。

 

具体的には幼児教育の現状と課題や、一人ひとりの発達の特性に応じた指導、資質と能力を育むための保育内容、小学校教育との接続を学びます。

 

障害児保育

 

障害児保育に関する理解を深める分野です。

 

具体的には障害のある子どもの理解や、障害のある子どもと保育者との関わり、保護者や家族に対する理解や支援、障害児保育についての評価などについて学びます。

 

食育・アレルギー対応

 

食育やアレルギー対応に関する理解を深める分野です。

 

具体的には食事摂取基準値と献立作成、調理の基本や、衛生管理の理解と対応、アレルギー疾患の理解、第三次食育家定格などについて学びます。

 

保健衛生・安全対策

 

保育衛生・安全対策に関する理解を深める分野です。

 

具体的にはこどもの発育・発達の理解と保育計画の作成、保育所における感染症対策ガイドラインの理解、事故防止及び健康安全管理に関する組織的取組、災害への備えと危険管理などについて学びます。

 

保護者支援・子育て支援

 

保護者支援・子育て支援に関する理解を深める分野です。

 

保育所の特性を活かした支援や、保護者に対する相談援助の方法と技術、虐待の予防と対応等、「子どもの貧困」に関する対応などを学びます。

 

マネジメント研修

 

マネジメント・リーダーシップを身につけるための分野です。

 

組織マネジメントの理解、関係法令・制度及び保育指針等についての理解、職員への助言・指導、職員のメンタルヘルス対策などについて学びます。

 

保育実践研修

 

保育の展開を行うために必要な能力を身につけるための分野です。

 

子どもの感性を養うための環境構成と保育の展開、身体を使った遊びに関する実践方法、言葉・音楽を使った遊びに関する実践方法などについて学びます。

 

このように、キャリアアップ研修では多岐に渡る分野の研修を受講できます。

 

自分の担当しているクラスや園の状況に合わせて、深めたい内容の分野を受講するとよいかもしれません。

 

出典:調査研究協力者会議における議論の最終取りまとめ(概要) /厚生労働省

保育士のキャリアアップ研修の受講対象者と新役職になるための条件

milatas/shutterstock.com

 

キャリアアップ研修を受けるうえで、対象となる保育士さんや新役職に就くための条件をみていきましょう。

 

キャリアアップ研修の受講対象者

 

キャリアアップ研修は、初任後から中堅までの保育士さんを対象としています。

 

園の状況に合わせて受講分野を決定できますが、経験年数や役職によって受講対象となる分野が異なるようです。

 

「保育実践研修」については、保育の実務経験が少ない方や潜在保育士さんが対象となっています。

 

他にも、副主任保育士であれば、将来的に主任や園長など園の中核を担う人材を目指して、「マネジメント」の受講が必須となっています。

 

新役職になるための条件

 

それぞれの役職へのキャリアアップの条件は下記のとおりです。


分野別の内容表

役職によって、求められる経験年数や、受講する研修科目が異なることがわかります。
研修を受講する際には、科目数や分野に気をつけるとよさそうですね。

保育士のキャリアアップ研修受講後の処遇改善状

キャリアアップ研修を受講し、新役職につくことができれば以下のような処遇が期待できるようです。

 

  • 職務分野別リーダー:月額5千円
  • 専門リーダー・副主任保育士:月額最大4万円

 

園に分配される処遇改善費から保育士さんに手当が支払われますが、支給対象となる保育士さんは園の職員数によって決められます。

 

どのように支給対象となる保育士さんが決まるのか、園の職員が全員で22人の場合を例にして考えてみましょう。

 

職務分野別リーダーの場合

 

職務分野別リーダーについては、標準規模の園では3人が対象になるようですが、計算方法としては園全体の職員から園長・主任保育士を除く1/5が支給対象となります。


職務分野別リーダーの支給条件表

よって、園から選抜された4名が職務分野別リーダーの処遇改善費5000円以上/月の支給対象者になります。

 

また、副主任保育士などの役職に就ける保育士の人数が少ない園では、その余剰予算を職務分野別リーダーなどの給料に分配することも認められています。

 

専門リーダー、副主任保育士の場合

 

専門リーダーと副主任保育士については、園全体の職員から園長・主任保育士を引いた人数の1/3が支給対象となります。

 

ここで気をつけたいのが、支給対象者全員に月額4万円の全額が支給されるのではなく、決まった人数にしか全額支給されないということです。

 

具体的には2020年に全額支給の対象となる人数の計算方法が改正されたことが関係しています。

内閣府「令和2年度における処遇改善等加算の運用の改善」の資料をもとに、改正前・改正後の支給範囲の変化をみていきましょう。


専門リーダー、副主任保育士表の支給条件

満額支給者の人数が、「対象者の1/2」から「1人以上」に変更されました。
満額対象者の設定については、園の職員の状況によって柔軟な対応ができるようになっています。

 

残りの支給額の配分については、主任保育士や職務分野別リーダーの保育士さんに対して、月額5000円~4万円未満の範囲で支給可能となります。

 

このように、全額支給となる対象者やそれ以外の役職者の手当の給料額が決定されるようです。

 

出典:令和2年度における処遇改善等加算の運用の改善p1~3/内閣府

出典:保育士のキャリアアップの仕組みの構築と 処遇改善についてp10/厚生労働省

保育士がキャリアアップ研修を受けるメリット

ここまで保育士のキャリアアップ研修の概要と処遇改善について解説してきましたが、その他にはどのようなメリットがあるでしょうか。

 

専門知識を深められる

 

幼児保育や食育、保護者支援などの分野を受講すれば、実践的な知識を日々の保育に活かせるでしょう。

 

産休・育休を経て数年ぶりに復職する場合は、改めて専門知識を学び直すことで、自信を持って復職に踏み切れるのではないでしょうか。

 

また乳児院や児童発達支援施設などのへの転職を考えている保育士さんであれば、乳児保育や障害児保育の分野など、転職先に活かせる知識を得られそうですね。

 

修了証は全国共通で使え、費用もおさえられる

 

保育士のキャリアアップ研修は全国の都道府県で行われていますが、その修了資格は全国共通です。

 

転職の場合にも、修了証を受け取った都道府県と、転職先の都道府県が異なっても問題ありません。

 

キャリアアップ研修は受講料が無料で、自己負担はテキスト代のみと料金負担が少ないのも魅力ですね。

 

都道府県ごとで開催されるため、わざわざ遠くまで出向かなくてよいのもメリットといえるでしょう。

 

修了証は期限なしで転職時にも活用できる

 

キャリアアップ研修の修了証は一度受講し終えると無期限で活用でき、転職時や復職時にも活かすことができます。

 

また、職務分野別リーダーなら保育経験がおおむね3年以上あれば対象になります。

 

早めの転職を考えている場合でも、受講することで良いアピール材料となり、安心して転職に臨めそうですね。

 

このように、キャリアアップ研修では幅広い専門知識を学ぶことができるうえ、修了証は全国共通かつ期限がありません。

 

現職の保育士さんだけでなく、転職や復職を考えている保育士さんにとっても、キャリアアップ研修は有用であるといえるでしょう。

保育士のキャリアアップ研修を活用して、待遇改善に役立てよう

今回は保育士のキャリアアップ研修とは何か、厚生労働省のガイドラインをもとに解説しました。

 

新しい役職のおかげで、キャリアの浅い保育士さんの頑張りが給料にも反映されやすい形になりました。

 

また、研修内容の充実度や、修了証は無期限で全国共通であることから、転職を視野に入れている保育士さんにとっても大きな恩恵を受けられそうです。
保育士のキャリアを積んでいく上で、ぜひ利用したい制度といえるでしょう。

 

保育士のキャリアアップ研修について知り、専門性の向上や給料の改善につなげられるとよいですね。

 

自分にぴったりの保育求人を紹介

 

関連する記事

玩具の取り合いが起きたときの保育士の対応。環境整備や仲裁の方法

玩具の取り合いが起きたときの保育士の対応。環境整備や仲裁の方法

子どもが玩具の取り合いになったとき、保育士さんはどのような対応をするべきでしょうか。1歳児...

保育士さんの肩こりの解消方法は?原因とツボ押しやストレッチなどの改善アイデア

保育士さんの肩こりの解消方法は?原因とツボ押しやストレッチなどの改善アイデア

保育士さんは子どものお世話をしたり、いっしょに遊んだりと身体に負担をかかることが多く、肩こ...

幼保小連携とは?幼児教育と小学校教育をつなぐ取り組み

幼保小連携とは?幼児教育と小学校教育をつなぐ取り組み

幼保と小学校のつながりを深め、子どもたちの生活や学びの基盤を支える「幼保小連携」。小学校入...

保育士として主任になるには?経験年数などの必要な条件や、仕事内容・給料

保育士として主任になるには?経験年数などの必要な条件や、仕事内容・給料

主任になるにはどうすればよいのか知りたい保育士さんもいるでしょう。研修や経験年数など必要な...

103万円の壁とは?パート保育士さんが扶養内で働くための注意点

103万円の壁とは?パート保育士さんが扶養内で働くための注意点

扶養内で働くため、自身の年収が103万円以内になるよう、勤務日数の調整をしているパート保育...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!