高卒から保育士になる方法。受験資格や通信教育を使った勉強法

高卒から保育士になるにはどうすればよいか気になる方もいるでしょう。保育士資格を取得するには、通信教育や養成校などの方法があるため理解しておくとよいですね。今回は、高卒から保育士になる方法や、保育士試験の受験資格、実務経験を積む手段などを解説します。また、保育士になった場合の給料や求人についてもまとめました。


高卒から保育士資格の勉強をする人の写真

naka-stockphoto/shutterstock.com

 

高卒でも保育士になれる?

大卒や短大卒でなければ、保育士になることができないと思っている方もいるかもしれません。

 

しかし、高卒であっても保育士資格を取得することができます。
そのため最終学歴が高卒の社会人や主婦の方なども、保育士になることが可能です。

 

とはいえ、どのように受験すればいいのか、くわしい受験資格や保育士になった場合の処遇なども気になりますよね。

 

今回は、高卒から保育士になる方法や受験資格などを「一般社団法人全国保育士養成協議会」資料をもとに解説します。

高卒から保育士になる方法

ここでは、保育士試験を高卒以外で受験するにあたっての内容を解説します。
高卒認定取得者の受験資格はあるのかもまとめました。

 

指定保育士養成施設に入学する

 

都道府県知事が指定している保育士養成学校へ入学し、単位を取得して卒業することで自動的に保育士資格を取得することができます。

 

高卒であれば、保育士養成課程のある大学、短期大学、専門学校の入学資格を満たしているため、受験をして試験に合格すれば入学できるでしょう。

 

養成課程はだいたい2年から4年程度で、授業は講義形式の座学だけでなく、ピアノや造形表現などを含めた実技の授業や、提携保育施設での実習などもあるようです。

 

保育士試験に合格する

 

保育士資格は、国家試験である保育士試験に合格することで取得できます。

 

高卒の場合、卒業年度や卒業学科、実務経験の有無など、受験に際していくつかの条件が定められており、それらを満たすことで受験資格があると認められます。

 

保育士試験のくわしい受験資格については、後ほど説明します。

 

高卒認定の場合は?

 

高校を卒業していなくても、高卒認定を取得していれば保育士養成校に入学することができます。

 

そのため、養成施設を卒業して保育士資格を取得することが可能です。

 

そもそも高卒認定とは、学力試験に合格することで高卒程度の学力があることを証明し、大学や短大、専門学校の受験資格を得ることができる制度です。

 

保育士試験を受験する場合は実務経験が必要になりますが、高卒認定を取得することで、保育施設で働きながら受験資格を獲得し、保育士を目指すことができるでしょう。

 

 

保育士試験における高卒者の受験資格

考えている女性の写真

takayuki/shutterstock.com

 

次に、高卒の方が保育士試験を受ける場合の受験資格を解説します。

 

卒業年月日を確認

 

高校の卒業年月日によって受験資格の有無が決まり、高等学校を1991年3月31日以前に卒業した方は受験資格があります。

 

現在社会人として働いている方や主婦の方など、これから保育士試験を受けようと考えている方は、自身の高校卒業の年月日を確認してみましょう。

 

卒業学科を確認

 

高校の卒業年月日が1991年3月31日以降だった場合、卒業した高校の学科を確認しましょう。

 

経過措置として、1996年3月31日以前に高校の保育科を卒業した方であれば、保育士試験の受験資格を持っていることになります。

 

ただし、1996年3月31日以前に高校を卒業していても、保育科以外の学科を卒業した方には受験資格は認められないので注意しましょう。

 

実務経験を確認

 

卒業年月日や卒業学科が一定の条件を満たしていない場合、高卒の方が保育士試験の受験資格を得るためには、児童福祉施設での実務経験が必要になります。

 

具体的には、「2年以上かつ2880時間以上」と定められており、以下のいずれかに当てはまる場合、受験資格が認められます。

 

  • 保育所(利用定員20名以上)
  • 保育所型認定こども園
  • 幼保連携型認定こども園
  • 児童厚生施設(児童館)
  • 児童養護施設
  • 助産施設
  • 乳児院
  • 母子生活支援施設
  • 障害児入所施設
  • 児童発達支援センター
  • 児童心理治療施設
  • 児童自立支援施設
  • 児童家庭支援センター

 

また、上記以外の認可外保育施設や小規模保育事業などでの勤務経験は、都道府県知事によって認定されれば実務経験として認められる場合もあるため、各自治体に確認してみましょう。

高卒者が実務経験を積むには?

卒業年月日や卒業学科といった要件を満たしていない高卒の方が保育士試験を受けるためには、児童福祉施設での実務経験が必要となります。

 

では、どのように実務経験を積めばいいのでしょうか。

 

実務経験として認められる施設を探す

 

まず実務経験として認定される施設を探しましょう。

 

先ほど紹介した保育所や児童養護施設、乳児院などの児童福祉施設で働くと、実務経験を積んだことが認められます。

 

ほかにも受験資格の認定を受けられる施設はありますが、都道府県の基準によっては対象から外れることもあるようです。

 

実務経験を積んで保育士試験を受験する場合には、就業前に施設長に確認してみましょう。

 

勤務する期間や時間を決めて働く

 

実務経験を積むための施設を決めたら、勤務する期間や時間を決めて求人を探しましょう。

 

求人によっては、「未経験可能」「資格不問」としているものもあるため、高卒の方でも選考に進むことができます。

 

先述の通り2年以上かつ2880時間以上の実務経験が求められますが、具体的にはどのくらいの勤務形態で働くとよいのでしょうか。

フルタイムの場合

実務経験は最短2年で満たすことができます。

 

1日8時間、週5日のフルタイム勤務の場合だと、1年の勤務日数が約240日で、1年間の勤務時間はおよそ1920時間になります。

 

つまり2年間フルタイムで働くと総勤務時間は3840時間となるので、2880時間以上という基準を十分にクリアすることができるでしょう。

パートタイムの場合

主婦の方など、子どもが学校から帰るまでには退勤したいといった希望がある方は、パートとして実務経験を積むとよいかもしれません。

 

1日5時間程度の勤務でも、週4日以上のシフトに入り、1年間で200日働けば総勤務時間は1000時間となります。
そのため、同じペースで働き続けた場合、3年で必要な要件を満たせるでしょう。

 

パートタイムで働けば、プライベートと仕事を両立させながら勉強時間も確保することができそうですね。

 

資格取得支援体制が整っている保育園を活用する

 

保育施設によっては、保育士資格の取得支援制度を設けていることもあります。

 

こうした施設では、保育士試験に合格するまでの勉強にかかる費用を負担してくれたり、養成講座を設置して、勤務時間内に講座を受講できるようにしてくれたりと、高卒の無資格の方が安心して働ける取り組みが行なわれているようです。

 

このような求人であれば、保育士試験の勉強に対して、より一層熱意をもって取り組むことができるかもしれませんね。

 

プレミアム求人

 

高卒者が保育士試験に合格するための勉強方法

勉強をする女性の写真

leungchopan/shutterstock.com

 

保育士の養成施設に入学せず、実務経験を積んだあとに保育士試験を受けて資格を取得しようと考える方もいるかもしれません。

 

ここでは、高卒の方向けに保育士試験合格を目指した勉強方法を解説します。

 

通信教育を利用する

 

保育士資格取得のための通信教育を利用して勉強するという方法があります。

 

通信教育では、資格試験に精通した方が監修したテキストを教材として使用できたり、添削などにも対応してらえたりしています。

 

また、学習プランが設けられており、資格試験までのスケジュールを意識して勉強を進めることができるのも通信教育のメリットと言えるでしょう。

 

ほかにも、隙間時間に無理のないペースで勉強を進めることができたり、保育士試験に的を絞った内容の勉強ができたりするのも、通信教育のメリットと言えますね。

 

独学で勉強する

 

参考書や過去問題集を購入して、独学で勉強するのも選択肢の一つです。

 

費用は教材によって異なりますが、テキストによっては通信教育を利用した場合の半額以下に抑えられる点も魅力と言えます。

 

通信教育と同様に、通勤時間やちょっとした隙間時間を利用して勉強できるというメリットがあるため、実務経験を積みながら資格を取りたい方や、時間が限られた主婦の方に向いているでしょう。

 

また、学習プランを組んで進める通信教育とは異なり、自身のペースで進められるという特徴がある一方、独学では試験に向けて計画的に勉強を進める必要があります。

 

そのため、スケジュール管理が苦手な方は、試験の日程を意識した目標を立ててから勉強に取り組むとよさそうです。

高卒保育士の給料や求人事情

ここまで、高卒で保育試験を目指す方法や受験資格などを解説してきましたが、実際に高卒保育士として働いた場合の給料や求人状況はどうなのでしょうか。

 

高卒保育士の給料

 

一般的に、ほとんどの企業や職種において、高卒よりも大卒のほうが初任給がよいと言われています。

 

男女計の初任給に関して、厚生労働省の資料を見ると、大卒が21万200円であるのに対し、高卒は16万7400円と、4万円以上の差があることが分かります。


高卒と大卒の給料比較表

出典:令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1 学歴別にみた初任給/厚生労働省から抜粋

 

しかし保育士の場合、大卒や短大卒と高卒とで、給料に大きな差が開くことはあまりないようです。

 

ただ園によっては、大卒と高卒とで給料が異なる場合もあるようなので、応募する前にきちんと求人票を確認しておくとよいかもしれませんね。

 

高卒保育士の求人

 

保育士の求人では、大卒や高卒など学歴を分けて募集を出している園は少ないようです。

 

基本的に学歴はあまり関係がなく、保育士資格を持っていれば応募できる求人が多いと言えるでしょう。

 

しかし、なかには応募資格として大卒短大卒以上などと条件を定めている求人もあるようです。そのため、高卒の方は応募資格の欄もしっかりと確認するようにしましょう。

 

出典:令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1 学歴別にみた初任給/厚生労働省

高卒以外(中退など)で保育士になる方法はある?

ここでは、保育士試験を高卒以外で受験するにあたっての内容を解説します。

 

4年制大学や短大、専門学校の中退者は高卒扱いになるのか、受験資格はあるのかなどを見ていきましょう。

 

4年は大学中退の場合

 

4年制大学を中退した方がすべて高卒と同じ扱いになるわけではありません。

 

4年制大学を中退していても、学部学科を問わず在学期間が2年以上で62単位以上を修得ていれば、保育士試験の受験資格を満たしていることになります。この場合、実務経験は必要ありません。

 

短期大学中退の場合

 

短大の2年制の課程を中退した場合は、受験資格は認められません。

 

しかし、2年以上在学しており、かつ62単位以上を修得している場合には、保育士とは関係ない学部や学科であっても受験資格があるかもしれないので、保育士試験事務センターに問い合わせてみましょう。

 

また、短大の在学期間や修得単位が足りない場合は高卒と同じ扱いになるようです。

 

専門学校中退の場合

 

専門学校を中退した場合は、受験資格が認められないようです。そのため、高卒と同じ扱いとなります。

 

専門学校を卒業していない方は、高卒者の受験資格である「1991年3月31日以前に高校卒業」「1996年3月31日以前に保育科を卒業」「2年以上かつ2880時間以上の実務経験」の3つを満たしているか確認しましょう。

高卒からでも、保育士を目指そう

今回は、高卒から保育士を目指すための方法や、給料求人事情などを紹介しました。

 

最終学歴が高卒の社会人や主婦の方も、指定の養成施設に入学したり保育士試験に合格したりすれば保育士になることができます。

 

ただし、高卒から保育士試験を受ける場合は、卒業年月日や実務経験などのさまざまな要件をクリアする必要があるので、きちんと受験資格を確認するようにしましょう。また、通信教育や参考書など自分にあった勉強方法で取り組むといいですね。

 

このコラムを参考に、高卒からでも保育士を目指してみましょう。

 

高卒から働ける保育求人を紹介

 

 

 

 

関連する記事

保育士資格の免許更新は必要?再発行や書き換えの手続きの方法

保育士資格の免許更新は必要?再発行や書き換えの手続きの方法

保育士資格は免許更新が必要なのか、疑問に思う保育士さんもいるかもしれません。更新は不要です...

保育園での面接日程がいつでもいい場合の返信の仕方は?メールや電話での例文

保育園での面接日程がいつでもいい場合の返信の仕方は?メールや電話での例文

保育士の転職活動において、面接の日程や時間がいつでもいいというケースもあるかもしれません。...

【保育士試験】独学で一発合格したい方必見!勉強時間や方法などの対策ガイド

【保育士試験】独学で一発合格したい方必見!勉強時間や方法などの対策ガイド

保育士試験を受験する方のなかには、独学での一発合格を目指している方もいるかもしれません。い...

【2021年版】保育士試験の実技の概要。科目や合格率、ピアノなどの対策方法

【2021年版】保育士試験の実技の概要。科目や合格率、ピアノなどの対策方法

保育士試験の筆記に合格したあとに行われる実技。科目は造形・音楽・言語とありますが、それぞれ...

[PR]1日10分~できる!保育士試験対策講座これから保育士とは?

[PR]1日10分~できる!保育士試験対策講座これから保育士とは?

PR:株式会社京進 年2回実施されている保育士国家試験。筆記試験に合格後、実技試験へと進み...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!