【保育園のプール遊び】年少さんから年長さんまで楽しめる!年齢別ゲームアイデア

暑い夏に涼をとりながら楽しめるプール遊び。子どもの年齢に合った楽しいゲームを取り入れて、さらに保育活動を盛り上げてみましょう。今回は、保育園のプール遊びにぴったりなゲームのアイデアを、年少から年長クラスまでの年齢ごとに紹介します。また、プール遊びを行うねらいや注意点についてもまとめました。


水遊びをする子ども

ANURAK PONGPATIMET/shutterstock.com

 

保育園で行うプール遊びのねらい

日に日に暑さが増す夏の時期、保育園ではプール遊びや水遊びがメインの活動となることも多いでしょう。

 

ビート板や水鉄砲、ビーチボールなどさまざまなアイテムを使って楽しめるプール遊びですが、保育園での活動には年齢ごとに以下のようなねらいがあります。

 

  • 2歳児から3歳児:水に慣れる、水の感触を楽しむ
  • 4歳児から5歳児:プールならではの遊びを楽しむ、水を使った遊びの楽しさを知る

 

2歳児ぐらいからのプール遊びでは、水にふれてその感触を楽しんだり、水に対する抵抗感をなくして慣れてもらったりすることがねらいです。

 

また、4歳児以上になると身体の半分くらいが水に浸かる深さのプールに入ることもあるようなので、水の外と中の身体の動き方の違いを体感することなどもねらいといえるでしょう。

 

プール遊びが好きな子どもが多い一方で、水に対して恐怖心や抵抗感があり、苦手意識を持っている子もいるかもしれません。今回は、水が苦手な子どもでも楽しみやすい、プール遊びにぴったりなゲームを年齢別に紹介します。

【2歳児~3歳児向け】プール遊びで楽しめるゲーム

2歳児から3歳児のプール遊びでは、おもちゃや道具を利用して水に慣れることから始めてみましょう。ここでは、年少クラスの子どもがプール遊びや水遊びで楽しめるゲームの種類や内容を紹介します。

 

水鉄砲の的当て

 

 

ペットボトルで作った水鉄砲で楽しめる的当てゲームです。ペットボトルの側面を押すだけなので、2歳児でも取り組みやすいでしょう。

 

発泡スチロールや乳酸菌飲料の容器など、耐水性があり軽い素材のものなら繰り返し遊べますよ。勢いよく飛び出す水を見れば、子どもたちのテンションも上がりそうですね。

 

スーパーボールすくい

 

ビニールプールや桶にスーパーボールをたくさん浮かべて、夏祭りの縁日のようにすくって遊びましょう。

 

ゲームに使うアイテムは、おわん型の食品トレーやプラスチックのスプーンなど、身近な素材を活用することができます。プールをかき回して流れを作ったりボールの色を指定したりと、ところどころでアレンジを加えてみても盛り上がるかもしれませんね。

 

魚釣り

 

 

プールに小さな魚を浮かべて行う魚釣りゲームです。制限時間内に釣れた数を競ったり、得点制にしてみたりと、遊び方を工夫してみましょう。

 

動画では牛乳パックを2cm幅でカットしていますが、2歳児や3歳児のなかには小さくて釣りづらいと感じる子どもがいるかもしれません。

 

アイテムを手作りする際は、子どもたちの年齢にあったサイズに調節して作るとよさそうですね。

 

牛乳パック船レース

 

 

さまざまな進み方をする牛乳パック船を使って行うレースです。

 

スタート地点から一斉に始め、誰が最も早くプールの反対側まで船を進められるのか対決してみましょう。

 

子どもたちが自分で製作するには少し難易度が高いため、先生があらかじめ作って準備しておくとよいですね。

 

フラフープくぐり

 

先生がプールの床にフラフープを立て、中を子どもたちにくぐり抜けてもらうゲームです。

 

子どもは、ワニ歩きをしたり水に潜ったりと、自由に動いて進みましょう。水が苦手な子は水深が浅いプールで遊び、顔をつけずにハイハイしたりおしりで進んだりするとよさそうです。

 

大小さまざまなフラフープを用意して、サーキット遊びのような簡単なコースを作ってみても楽しそうですね。

 

宝探し

 

宝物をプールの中に隠して、「せ~の」の合図で探すシンプルな遊び。

室内遊びでおなじみのゲームですが、水の中では違った感覚が味わえて楽しいでしょう。

 

ルールは簡単。先生が水に沈むおもちゃを子どもたちに見せたのち、プール内にばらまいて沈めます。30秒経ったら合図を出し、子どもたちに探してもらいます。

 

個人戦にして宝を見つけた早さや数を競っても楽しめますが、2つのチームにわけて団体戦にしてみても盛り上がるかもしれません。

 

子どもが宝を見つけるよろこびを味わえるよう、さまざまな種類のおもちゃをたくさん用意しておくとよいですね。

【4歳児~5歳児向け】プール遊びで楽しめるゲーム

プールで遊ぶ子ども

T.TATSU/shutterstock.com

 

年中から年長くらいになると大きく深さのあるプールに入って遊ぶことが多いようです。年少クラスより遊びの幅も広がるので、水の中という特殊な環境を利用してさまざまな遊びに挑戦してみましょう。

 

ここでは、4歳児から5歳児の子どもがプール遊びで楽しめるゲームの種類や内容を紹介します。

 

ブクブクレース

 

水に顔をつけて口から息を吐き、誰が一番長くブクブクできるかを競うゲームです。

 

顔を全部水につけられない子は、口だけプールに入れてチャレンジしてみましょう。

 

勝ち残り式のトーナメント戦にして、クラスのなかでブクブクが上手な子どもを決めても楽しそうですね。

 

叩いてかぶってじゃんけんポン

 

2人1組でジャンケンを行い、勝った方は水をかけ、負けた方はビート板で身を守るゲームです。

 

2人は向かい合って立ち、間にビート板を浮かべてジャンケンをして遊びましょう。相手に水をかけることが出来たら1点です。

 

子どもたちの様子にあわせて、「負けた子は水の中に潜って攻撃をよけてもよい」などのルールを追加してみても面白いかもしれません。最終的に負けた人が行うゲームもあわせて用意しておくと、子どもたちが本気で取り組んでくれそうですね。

 

答え探し

 

水面にカードをたくさん浮かせて、先生から出された問題の答えを探すゲームです。耐水性のある食品トレーをカードサイズにカットし、くだものやどうぶつなどのわかりやすい絵をかいておきましょう。

 

年長クラスで遊ぶ際は、問題を「しっぽのあるどうぶつどーれだ?」「タネのあるくだものどーれだ?」など少しレベルアップした内容にすると、より楽しめそうです。クイズの内容は年齢や子どもの興味に合わせてアレンジしてみてくださいね。

 

水中じゃんけん

 

プールの中で行うじゃんけんゲームです。

 

水に潜る前に「じゃんけん」と言ったら、水の中でそれぞれ手を出して勝負をします。あいこの場合はその都度水面に出て「あいこで」と言い、再度潜ります。

トーナメント方式でゲームを進め、一番じゃんけんが強い子を決めてみましょう。

 

4歳児や5歳児の年長クラスになると、じゃんけん遊びのルールを理解できていることが多いのでスムーズに楽しめそうですね。

 

風船リレー

 

数人のチームに分かれて、風船をプールの反対側まで運ぶゲームです。

 

子どもはプール内に等間隔で並び、リレー形式でパスを繰り返してゴールを目指します。

 

風船を色分けしておくと、他のチームと風船が混ざってしまった場合にも区別しやすいかもしれませんね。

 

ワニさんレース

 

プールの底をワニさん歩きしてレースをしてみましょう。

 

ワニさん歩きは、下半身をプールの地面につき手だけを使ってゆっくり前へ進む歩き方です。シンプルに直線コースで早さを対決してみたり、チームでリレー形式にして遊んだりするのも楽しそうですね。

 

ワニさんレースは顔を水につけずに遊べるので、水が苦手な子でもチャレンジしやすいかもしれません。

保育園でプール遊びをするときの注意点

保育園で子どもたちと安全に楽しくプール遊びをするうえで、いくつかの注意点があります。くわしい内容を一つずつ見ていきましょう。

 

おむつが取れない子どもにも配慮する

 

2歳児や3歳児だと、まだトイレトレーニングが終わっていない子どもがいるかもしれません。

 

その場合はプールに入水せずに、桶に張った水に手や足先を入れて楽しんだり、水鉄砲や牛乳パック船などのおもちゃを使って遊んだりするようにしましょう。

 

子どもたちと約束事を確認する

 

幼児クラスの場合、大きなプールで遊ぶようになると、子どもが遊びに夢中になり危険な行動を取ってしまう可能性があります。

 

「友だちを押したり引っ張ったりしない」「プールサイドを走らない」など、安全に遊ぶための約束事を確認してから活動に入りましょう。

 

子どもを複数人の先生で見守る

 

自由時間など、子どもが自由に遊んでいるときはすべての子どもに目が行き届かないことがあるかもしれません。

 

浅いビニールプールであっても事故が起きる可能性はあるため、子どもたちの安全を確保するために、必ず複数人の先生でしっかりと見守りましょう。

 

適宜休憩を入れて熱中症対策をする

 

夏の時期は、涼しいプール遊びをしている間も汗をかきます。子どもたちが脱水症状や熱中症にならないよう、こまめに休憩時間を設けてしっかり水分補給をさせましょう。

 

また、気分がすぐれない子は無理せず保育室で休ませるなど、子どもの体調管理を徹底することも大切です。

簡単なゲームを取り入れて、保育園のプール遊びを楽しもう

今回は、プール遊びや水遊びを盛り上げるゲームのアイデアを子どもの年齢別に紹介しました。

 

保育園で行うプール遊びには、2歳児や3歳児の年少クラスは「水に慣れる、感触を楽しむ」、4歳児や5歳児の年長クラスは「水を使った遊びを楽しむ」など、年齢ごとにねらいがあります。

 

これらのねらいをふまえ、水鉄砲や答え探しなどプールならではの簡単なゲームを行えば、水が苦手な子どもでも楽しみやすいかもしれません。

 

年齢ごとに楽しめる遊びの種類や内容が異なるため、子どもたちの様子にあわせてさまざまなゲームをプール遊びに取り入れてみてくださいね。

 

遊び重視の保育求人を紹介

 

関連する記事

【幼児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

【幼児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

子どもたちの造形活動の成果を披露する一大イベント、作品展。今回、保育士バンク!公式インスタ...

【乳児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

【乳児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

保育園の秋冬のビッグイベントの一つといえば、作品展!子どもたちの製作を展示する大切な場です...

保育園で宿鬼をしよう!遊び方やルール、より楽しむためのポイントなど

保育園で宿鬼をしよう!遊び方やルール、より楽しむためのポイントなど

鬼ごっこの一つ、宿鬼を保育に導入してみましょう。ルールを守りながら身体を動かす集団遊びを行...

保育園で活用できる11月のおたより文例。季節の書き出しや保護者へのお願いなど

保育園で活用できる11月のおたより文例。季節の書き出しや保護者へのお願いなど

冬の訪れを感じ始める11月。毎月のおたより作成に悩む保育士さんもいるでしょう。季節の挨拶や...

【年齢別】保育に導入できる劇遊びの題材10選!絵本や歌を活用したアイデア

【年齢別】保育に導入できる劇遊びの題材10選!絵本や歌を活用したアイデア

劇遊びに使える題材にはどのようなものがあるでしょうか。子どもに人気のある絵本のストーリーや...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!