保育園でのハロウィンをさらに盛り上げる手作り衣装。魔女のマントやかぼちゃのお面など

10月31日は、子どもたちも大好きなハロウィン。保育園で過ごすハロウィンをより楽しむために、子どもが仮装するための衣装を手作りしたいと考えている先生もいるのではないでしょうか。今回は、保育園でのハロウィンをさらに盛り上げる、ゴミ袋やカラーポリを使った簡単な手作り衣装のアイデアや作り方をまとめました。


仮装をしている子どもたち

Simplylove/shutterstock.com

 

なぜハロウィンに仮装をするの?

そもそも、どうしてハロウィンに仮装をするのかご存知でしょうか。

ここでは、ハロウィンの由来を簡単におさらいし、仮装をする意味などを紹介します。

ハロウィンの由来

 

ハロウィンは、キリスト教の祝日である「万聖節」の前夜祭として行なわれるお祭りで、古代ケルト人が始めたのが起源と言われています。

 

ケルト人の1年の終わりが10月31日とされており、この日に秋の収穫を祝い、悪霊を追い払う儀
式が行なわれていたようです。

そこから年月を経て民衆化されていき、かぼちゃをくり抜いておばけの顔にしたジャック・オー・ランタンを飾ったり、仮装をした子どもが近隣の家からお菓子をもらったりする、現在の風習に近づいたと伝えられています。

 

保育園でハロウィン行事を行なうときにも、仮装をしたり、お菓子交換をしたり、かぼちゃなどの飾り付けをしたりするとより楽しめそうですね。

 

仮装をする意味

 

ハロウィンが行われる10月31日には、この世とあの世を隔てるドアが開き、先祖の霊が戻ってくると信じられていました。

 

そのとき、魔女や悪霊などが先祖の霊に混ざってやってきて、人間たちに悪さをすると考えられていたようです。そのため、魔女や悪魔などに仮装することで、その悪霊たちに仲間だと思わせて身を守っていたと伝えられています。

 

また、仮装をして怖いものに扮することで、悪霊を怖がらせて追い出すといった意味もあったようです。

 

ハロウィンらしい仮装といえば?

 

ハロウィンに仮装をするのには、悪霊を怖がらせたり仲間だと思わせたりするという意味がありました。そのため、ハロウィン行事では怖いものや不気味なものに仮装することが一般的なようです。

 

ハロウィンらしい仮装には、

 

  • ドラキュラ
  • ミイラ男
  • 魔女
  • ガイコツ
  • おばけ

 

などがあります。

 

保育園で子どもたちが仮装するときには、このようなモチーフの仮装以外にも、かぼちゃやコウモリ、黒猫などの仮装をすればハロウィンらしさが演出できるでしょう。

 

今回は、ハロウィンの子ども用の手作り衣装のアイデアを、乳児クラス向けと幼児クラス向けに分けて紹介します。

保育園で作れる乳児向けのハロウィン用手作り衣装

ここでは、乳児クラス向けのハロウィン用の簡単な手作り衣装のアイデアをまとめました。乳児クラスの子どもたちが着る衣装は主に先生が作りましょう。

 

かぼちゃの帽子

 

かわいらしいかぼちゃの帽子の作り方を紹介します。

 

用意するもの

  • 画用紙 2枚
  • 輪ゴム 1個
  • はさみ
  • のり
  • ホチキス

ポイント

乳児クラスの子どもたちが着用するため、ホッチキスではなくセロハンテープやのりを使用して作りましょう。

 

輪ゴムを使っていて伸縮性があるので、お腹に巻きつけてもかわいいかもしれません。作るときは、赤ちゃんの頭のサイズにあわせて、少し小さめに作るとよさそうです。

 

白いポリ袋で作るおばけ

 

白色のカラーポリ袋をつかった簡単なおばけの衣装を紹介します。

用意するもの

  • 白いポリ袋
  • 黒い画用紙
  • 両面テープ
  • はさみ

作り方

1.ポリ袋の底の真ん中と両角を切り、首と腕が通るように穴を開けます。

2.黒い画用紙で目や口のパーツを作ります。

3.(1)に、(2)を両面テープで貼りつければできあがりです。

ポイント

1歳児や2歳児の子どもは、シール貼りができるようになるかもしれません。おばけの顔を作る作業に、先生といっしょに挑戦してみてもよさそうですね。

 

上からかぶったり脱いだりできるので、子どもたちの着替えもスムーズにできるでしょう。

 

フェルトで作るかぼちゃスタイ

 

お着替えが苦手な赤ちゃんでも簡単に仮装できる、かぼちゃスタイの作り方を紹介します。

用意するもの

  • オレンジのフェルト
  • 黒のフェルト(シールで接着できるもの)
  • 緑のリボン
  • 布用接着剤
  • はさみ

作り方

1.オレンジ色のフェルトをかぼちゃの形に切ります。

2.黒のフェルトにジャック・オー・ランタンの三角の目とギザギザの口をかいてはさみで切り抜きます。

3.(1)に(2)のパーツを貼り付けて、接着剤でリボンをつければできあがりです。

ポイント

100円均一ショップなどで購入できる裏面がシールになっているフェルトを使用すれば、貼り付ける作業がスムーズになるため、1歳児や2歳児であれば挑戦できるかもしれません。

 

黄緑色のフェルトでかぼちゃのヘタのパーツを作って貼り付ければ、よりかわいらしく仕上がりそうですね。

 

かぼちゃの衣装

 

カラーポリ袋を使って作れるかぼちゃの衣装の作り方を紹介します。

用意するもの

  • カラーポリ袋(オレンジ色)
  • 画用紙(黒色・黄緑色)
  • 両面テープ
  • はさみ

作り方

1.カラーポリ袋の底の真ん中を丸く切り取り、首を通す部分を作ります。

2.カラーポリ袋の底側にある左右の角を扇形に切って、腕を通す部分を作ります。

3.画用紙でかぼちゃの目と口、ヘタを作ります。

4.(3)の目や口を(2)の真ん中から少し上あたりに貼り付けます。

5.(3)のヘタを(2)の襟元に貼り付ければできあがりです。

ポイント

先生は画用紙の裏に両面テープをつけ、はがしたものを用意しておきましょう。1歳児後半から2歳児の子どもであれば、自分たちでパーツを貼ることができるかもしれません。

 

飾り付けが少しシンプルだなと感じた場合には、コウモリや黒猫などのシルエットに切った画用紙を貼り付けて装飾してみると、よりかわいらしくなりそうですね。

保育園で作れる幼児向けのハロウィン用手作り衣装

ここでは、幼児クラスの子ども向けの手作り衣装について、女の子向けと男の子向けに分けてアイデアをまとめました。

 

子どもたちが主体となって作りながらも、助けが必要そうな場面では先生がフォローするようにしましょう。

 

女の子向けのハロウィン衣装

 

魔女や黒猫など、女の子が楽しめる手作り衣装のアイデアをまとめました。

魔女の帽子とマント

 

<用意するもの>

 

【魔女帽子】

  • 黒い画用紙 6枚
  • 25cmの紐
  • 8cmの紐
  • クレヨン
  • セロハンテープ
  • はさみ

 

【マント】

  • 黒いゴミ袋 1枚
  • リボン
  • ストロー
  • セロハンテープ
  • はさみ

 

<ポイント>

 

魔女の帽子のパーツは先生が用意し、子どもたちにはテープを貼って組み立てる作業から進めてもらうようにしましょう。

 

マントを作るときゴミ袋が上手く切れないことがあるかもしれません。その際は、ゴミ袋をぴんと張るようにして持てば切りやすくなるということを子どもたちに伝えるといいでしょう。

 

また、リボンを穴に通すときには、ゴミ袋にしわを寄せながら行なうとやりやすくなりますよ。

魔女のほうき

魔女の仮装をするときの小道具として活躍する、ほうきの作り方を紹介します。

 

 

<用意するもの>

 

  • 新聞紙 1枚
  • PEテープ
  • テープ
  • ビニールテープ
  • はさみ

 

<ポイント>

 

新聞紙を細く丸める前に、一度大まかに丸めてから行うと、丸まった跡がつくのでやりやすくなるでしょう。

 

PEテープで作った束は最初にきつく縛りすぎると持ち手を差し込みにくくなってしまうので、子どもたちに注意するように声掛けするといいかもしれません。

魔法使いのワンピース

ゴミ袋を頭からかぶり、ウエストをリボンで結んで作る簡単なワンピースの作り方を紹介します。

 

<用意するもの>

 

  • 黒いゴミ袋
  • 幅5cmくらいのリボン
  • 好きな飾り(シールやリボン、レースなど)
  • ビニールテープ(黒色)
  • はさみ

 

<作り方>

 

1.ゴミ袋の底の真ん中と両角をはさみで切り、首と腕が通るような穴を作ります。

2.(1)に、リボンやシール、レースなどを使って装飾します。

3.ワンピースの裏側の腰のあたりにリボンを置き、真ん中をビニールテープでとめます。

4.ワンピースを頭からかぶり、(3)で付けたリボンを前で結べばできあがりです。

 

<ポイント>

 

先生は、ゴミ袋に切るときの目印になる線をかいておくと、子どもたちも切りやすくなるでしょう。

 

黒いカラーポリ袋を使えばハロウィンらしい魔女のような仕上がりになりますが、ピンクや赤などのカラーポリ袋を使えば、カラフルでポップなワンピースにもなりますよ。

 

首元に画用紙で作った襟やリボンを付けたり、左右にポケットを付けたりなどのアレンジをしてもかわいく仕上がりそうですね。

魔法使いの赤いリボン

100円均一ショップで購入できるカチューシャに赤いフェルトのリボンをつけて、魔法使いの髪飾りを手作りしてみましょう。

 

<用意するもの>

 

  • フェルト(赤色)
  • シンプルなカチューシャ(飾りがついていないもの。100均などで購入できます)
  • セロハンテープ
  • 布用接着剤

 

<作り方>

 

1.正方形のフェルトの一辺を、端から2センチ程度のところでまっすぐ切ります。(リボンの中央をまとめるのに使います)

2.残ったフェルトを蛇腹に折ります。

3.折ったフェルトをカチューシャの中央にあて、セロハンテープで一周巻いて固定します。

4.切り落としておいたフェルトでリボンの中心を作ります。セロハンテープで巻いた部分を上から覆うように巻き、適当な大きさに切って布用接着剤で固定します。

5.接着剤が乾いたら、リボンカチューシャのできあがりです。ワンピースと合わせて着ると、かわいくなりそうですね。

 

<ポイント>

 

フェルトの素材は折り目がつきづらいので、少し大きめで生地が薄いフェルトを使うと折りやすくなるかもしれません。

 

フェルトをリボンの形に折る工程では、まず半分に谷折りして、残った部分を半分で山折りするとリボンの形が作りやすくなりそうです。

黒猫のチュチュスカート

100円均一ショップなどで購入できる水切りネットを使って作れる、チュチュスカートの作り方を紹介します。

 

<用意するもの>

 

  • ゴム紐
  • 黒の水切りネット
  • はさみ

 

<作り方>

 

1.ゴム紐を子どものウエストに合わせて調整し、輪っかを作ります。

2.水切りネットのゴム部分をカットして広げ、4〜5cm幅に細長く切ります。

3.ゴムのウエストに、細長く切った水切りネットをくくりつけます。洋服やバックのタグなどによく使われる「ひばり結び」という結び方をすると便利です。

4.水切りネットをどんどんくくりつけていき、ボリュームが整えばできあがりです。

 

<ポイント>

 

ゴムひもはあらかじめ先生が長さを測って切ったものを用意しておきましょう。

 

水切りネットをゴム紐にくくりつける結び方を知らない子どももいるかもしれないので、製作を始める前にリボンなどを使って何回か結び方の練習をしておくと、子どもたちも作業を進めやすくなりそうです。

 

今回紹介したものは、以下の動画の作り方を参考にハロウィンバージョンにアレンジしています。くわしい作り方を知りたい方は参考にしてみてくださいね。

 

参考動画:「水切りネットで簡単チュチュスカート作り/保育士バンク!」

黒猫カチューシャ

100円均一ショップのカチューシャに手作りの耳を付けて、簡単に黒猫カチューシャを作ってみましょう。

 

<用意するもの>

 

  • フェルト(黒色・紫色)
  • シンプルなカチューシャ(飾りがついていないもの。100均などで購入できます)
  • 布用接着剤
  • 洗濯バサミ
  • はさみ

 

<作り方>

 

1.黒いフェルトを9cm×9cmに2枚カットします。

2.紫のフェルトを7cm×7cmに1枚カットしたあと、対角線を斜めに切って三角形を2枚作ります。

3.黒いフェルトの対角線に沿って、布用接着剤で(2)を貼り付けます(2枚とも)。耳の内側を作るイメージです。

4.黒いフェルトのもう片方の対角線の半分まで、ハサミで切り込みを入れます。

5.(4)で切り込みを入れた片側に布用接着剤を貼り、もう片側の切り込みを上からピッタリ重ね合わせます。紫のフェルトをつけた部分が立ち上がり、立体的な猫耳ができます。

6.(5)を、布用接着剤でカチューシャに貼りつけます。接着剤が乾くまで、洗濯バサミで挟んで固定します。

7.接着剤が乾いて、猫耳が固定したらできあがりです。

 

<ポイント>

先生は、事前に決まった大きさに切ったフェルトを準備しておきましょう。

 

一般的な工作用のはさみだとフェルトを少し切りにくいかもしれないので、薄めの生地のものを用意するか、先生がフェルトにしわが寄らないように持って、子どもたちが切りやすいようにサポートしましょう。

 

男の子向けのハロウィン衣装

 

かぼちゃのお面やドラキュラ男など、男の子たちが楽しめる手作り衣装のアイデアをまとめました。

かぼちゃのお面

画用紙を使ったかぼちゃのお面の作り方を紹介します。

 

 

<用意するもの>

 

  • 画用紙 1枚
  • ゴム紐 40cm
  • 穴あけパンチ
  • はさみ
  • ペン

 

<ポイント>

 

折り紙のように画用紙を折ることで簡単にお面を作ることができます。

 

4歳児や5歳児の子どもであればパンチの使い方を知っているかもしれませんが、子どもたちが安全にパンチを使えるように使い方を教えてから製作を始めるといいかもしれません。

 

子どもたちが自由にお面の顔をかいて、誰が一番怖い顔をかけたのか見せ合いっこをして遊ぶのも楽しそうですね。

ドラキュラ男

先ほど紹介した魔女のマントのリボンの色を変えて、ドラキュラ男の衣装を作ってみましょう。ここでは、小道具として使えるやりの作り方を紹介します。

 

<用意するもの>

 

  • 新聞紙
  • 黒のビニールテープ
  • アルミホイル
  • セロハンテープ

 

<作り方>

 

1.新聞紙を斜めに細く丸めていき、細長い棒を作ります。

2.棒に黒のビニールテープを巻きつけます。

3.アルミホイルでやりの形を作ります。

4.(3)を、ビニールテープで(2)の先端に取りつければできあがりです。

 

<ポイント>

子どもたちがやりの形をアルミホイルで作るのは難しいかもしれないので、2つのパーツを組み合わせて作るといいかもしれません。

 

U字にしたアルミホイルと棒状にしたアルミホイルをセロハンテープで貼り合わせれば、簡単にやりの先端ができあがりますよ。

ミイラ男

体中に包帯を巻いてミイラ男になりきってみましょう。

 

<用意するもの>

 

  • 包帯

 

<作り方>

 

1.子どもの体に包帯を巻きつけます。

2.全身に巻き終わり包帯を結べばミイラ男のできあがりです。

 

<ポイント>

 

包帯を巻きつける作業は一人ではできないので、子どもたちが協力し合って友だちの身体に巻くように声をかけてみましょう。みんなで包帯を巻き合えば、子どもたちの仲も深まりそうですね。

 

先生は、身動きがとりやすいように包帯をきつく巻きすぎないことを、あらかじめ子どもたちに伝えておきましょう。

ガイコツ男

男の子が喜びそうなガイコツ男の衣装の作り方を紹介します。

 

<用意するもの>

 

  • 黒いゴミ袋 3枚
  • 画用紙
  • リボン
  • 両面テープ
  • セロハンテープ
  • はさみ

 

<作り方>

 

1.ゴミ袋の底の真ん中をはさみで切り、底の両角もはさみで切ります。(1枚目)

2.もう1枚のゴミ袋の底部分を切り開き、左右はつながったままで縦に半分に切ります。(2枚目)

3.(2)で切ったゴミ袋の長い辺をセロハンテープでとめ、上下が空いた筒状にします。これが腕の部分になります。

4.(3)を(1)で切った角の部分に貼り付ければ、上半身の衣装のできあがりです。

5.最後の1枚の画用紙の底の部分を切り開き、底から3分の2くらいの長さまで切り込みを入れます。(3枚目)

6.(5)で切り込みを入れた部分の長辺をセロハンテープでとめます。

7.(6)のゴミ袋の口の片方に5cm程度切り込みを入れ、外側に折り返します。

8.(7)で作ったウエスト部分の輪っかにリボンを通します。これでズボンのできあがりです。

9.最後に(4)と(8)に画用紙で作った骨のパーツを貼り付ければできあがりです。

 

<ポイント>

 

ミイラ男の衣装は上と下に分かれているので、手作りするのには少し手間がかかるかもしれません。

 

しかし、ゴミ袋を切って貼り付けるというシンプルな工程が多いため、子どもたちでも作ることができるでしょう。時間はかかるかもしれませんが、子どもたちの集中力を養う機会にもなりそうですね。

手作り衣装で仮装して、保育園でのハロウィンを楽しもう

今回は、保育園でのハロウィンイベントに向けた手作り衣装のアイデアを紹介しました。

 

乳児クラスの子どもが仮装する場合には、先生が作ったものを着るのがメインになりそうですが、シールやパーツを貼る工程など、子どもたちができそうな工程があればチャレンジしてみてもいいかもしれません。

 

魔女のマントやカラーポリを使った衣装の作り方などは、女の子や男の子関係なく応用できる簡単なものなので、子どもたちといろいろな衣装作りをしてみるのもよさそうです。

 

今回紹介したアイデアを参考にかわいい衣装を手作りして、子どもたちとハロウィンパーティーでの仮装を楽しんでみてくださいね。

 

行事重視の保育求人を紹介

関連する記事

【幼児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

【幼児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

子どもたちの造形活動の成果を披露する一大イベント、作品展。今回、保育士バンク!公式インスタ...

【乳児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

【乳児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

保育園の秋冬のビッグイベントの一つといえば、作品展!子どもたちの製作を展示する大切な場です...

保育園で宿鬼をしよう!遊び方やルール、より楽しむためのポイントなど

保育園で宿鬼をしよう!遊び方やルール、より楽しむためのポイントなど

鬼ごっこの一つ、宿鬼を保育に導入してみましょう。ルールを守りながら身体を動かす集団遊びを行...

保育園で活用できる11月のおたより文例。季節の書き出しや保護者へのお願いなど

保育園で活用できる11月のおたより文例。季節の書き出しや保護者へのお願いなど

冬の訪れを感じ始める11月。毎月のおたより作成に悩む保育士さんもいるでしょう。季節の挨拶や...

【年齢別】保育に導入できる劇遊びの題材10選!絵本や歌を活用したアイデア

【年齢別】保育に導入できる劇遊びの題材10選!絵本や歌を活用したアイデア

劇遊びに使える題材にはどのようなものがあるでしょうか。子どもに人気のある絵本のストーリーや...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!