病児保育士になるには資格が必要?働き方や働くうえでのメリット、求人事情

体調の優れない子どもを保護者に代わって預かる病児保育士。保育士さんや看護師さんなどが従事していることも多いようですが、専門的な資格は必要なのか気になっている方もいるのではないでしょうか。このコラムでは、病児保育士になるための資格や働き方、働くうえでのメリットなどをくわしく紹介します。


聴診器を当てられている子ども

milatas/shutterstock.com

 

病児保育士とは

病児や病後児を預かる病児保育の仕事に興味を持っていても、病児保育士が実際にどのような仕事をしているのか分からないという保育士さんが多いかもしれません。

 

また、一般の保育士の仕事とはどのような違いがあるのでしょうか。

 

役割

 

一般の保育士の場合は通常、保育園に通える健康状態が良好な子どもを預かって保育をします。もしも保育中に子どもがケガをしたり子どもの体調が優れなくなった場合には、保護者に連絡をして予定より早めに保育園へ迎えに来てもらうなどの対応をするでしょう。

 

対して病児保育士の場合は、一般の保育園に通える子どもを預かるのではなく、ケガや病気などで急遽保育園を休まないといけなくなった子どもを保育する仕事です。体調の優れない子どもをただ預かるだけではなく、子どもの回復を見据えて臨機応変に対応する能力が求められます。

 

仕事内容

 

病児保育士の保育内容は子どもの体調にもよりますが、激しい活動や外遊びなどは基本的に避け、室内で安静にすごす配慮が必要です。絵本を読んだり、子どもの好きなビデオを観たりするなど、子どもができる限り落ち着けるように心掛けることが大切になります。

 

保育中の子どもの様子や、体温・体調の変化など、できる限り細かい情報を保護者に伝えることも大切な仕事の一つです。

 

関連記事:病児保育とは。概要や役割、病児保育士の仕事内容と必要な資格について/保育士バンク!

病児保育士に必要な資格

病児保育士になるために必要となる資格や活かせる資格について紹介します。

 

専門の資格はないものの、保育士資格を活かすことができる

 

病児保育士という資格は存在しておらず、ケガや病気中、病後の子どもの保育に従事する保育士や看護師などのことを病児保育士と称されています。実際に、保育系の資格を有する保育士や看護系の資格を有する看護師、医療系の資格を有する医師など、さまざまな業種の人が病児保育士として従事しています。

 

保育士は国家資格ですが、病児保育士という国家資格は存在していません。だたし、病児保育士として働くための知識を得られる民間資格を取得することは可能なようです。

 

認定や専門士などの資格あり

 

病児保育士として認定されたり、医療保育の専門士、病児保育の専門士などになれる資格が受けたりもできるようなので、気になる方は確認してみるとよいかもしれません。病児保育士として働く際に資格の取得は強制ではありませんが、病児保育に関わる資格を持っていると病児保育士として就職する際のアピールポイントになるでしょう。

 

また、一般の保育コースとは別に、病児保育について専門的に学ぶコースを設けている学校もあるようです。病気の子どもを預かる仕事に就きたいと考えている保育士さんは、チェックをしてみてはいかがでしょうか。

病児保育士として働ける場所

病児保育士として病児・病後児を預かる場所は、大きく分けて2種類あります。それぞれの違いについて説明します。

 

施設型

 

病児や病後児を、病院や保育所等に付設された専用スペース等で保育を行います。

 

子どもが保育中に微熱を出すなど保育中の体調不良児については、子どもの通う保育園や、認定こども園、小規模保育事業所、事業所内保育事業所などの医務室や余裕スペース等で一時的に預かります。職員の配置は看護師等を1名以上、預かる体調不良児の人数は看護師等1名に対して2人程度とするよう定められています。

 

子どもは体調が優れないうえ、慣れない環境に身を置かれることで心身が不安定になりがちです。病児保育士としてできる限り子どもの気持ちに寄り添い、子どもが安心してすごせるような配慮が大切でしょう。

 

非施設型(訪問型)

 

回復期に至らない子どもや、回復期であっても集団保育が困難な地域の病児や病後児について、保護者の自宅へ訪問して一時的に保育をします。

 

子どもにとっては住み慣れた自宅という空間なので過ごしやすいかもしれませんが、病児保育をする保育士さんにとっては何がどこにあるのか戸惑ってしまったり、触れてもらいたくない場所を触ってしまったりなど、働きにくいと感じる部分があるかもしれません。

 

出典:病児保育事業/厚生労働省

病児保育士として働くメリットとデメリット

熱を出している子どもの様子

ucchie79/shutterstock.com

 

病児保育士として働くにあたり、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

 

病児保育士として働くメリット

 

病児保育士として働く魅力についてお伝えします。

少人数制

病児保育士は基本、子ども一人に対して保育士一人で担当します。日々いろいろな子どもとじっくり関わりたいと考えている保育士さんには好条件といえそうです。

体を動かす遊びが少ない

病児保育の場合は子どもの体調を労り、激しく体を動かすような遊びは基本的にしないほうがよいでしょう。絵本の読み聞かせなど、静かにすごせるよう室内遊びが主流です。

そのため一般の保育士と比べると、運動面では負担を感じにくいかもしれません。

行事などの事前準備が不要

病児保育の場合は一般の保育園のような運動会や発表会などの行事がないので、行事に向けた事前準備などがありません。

そのため、残業や製作物などに悩まされない傾向にあるでしょう。

 

病児保育士として働くデメリット

 

病児保育士ならではの苦労するポイントについてお伝えします。

日々預かる子どもが異なる

病児保育では、突発的に子どもを預かることがほとんどです。日替わりでいろいろな子どもを担当する傾向にあるため、個々の子どもの成長を感じることは難しいでしょう。

子どもの体調急変への対応が求められる

ケガや病気の容体は子どもによりさまざまで、症状も異なります。常に預かる子どものケガや病気について把握し、状況に気を配らないといけません。子どもの体調が急変した場合などは、臨機応変な対応が求められるでしょう。

感染症の流行時は特に気遣いが必要

感染症が流行る時期はニーズが高まり、せわしなくなる傾向にあります。病児保育に従事する保育士さんは子どもに移さないためはもちろんのこと、自分自身のためにも日々免疫力を高めるよう留意した生活を心掛けることが大切です。

病児保育士の求人事情

保育士の資格がなくても病児保育士として働ける施設があるようですが、保育士の資格を持っていると知識や経験を活かして働くことができるでしょう。

病児保育士のニーズや給与、雇用実態について調べてみました。

 

求められているニーズ

 

保育中に体調不良となった子どもを一時的に保育所などの中で預かる病児保育などは、保護者が仕事を休まなくても引き続き保育ができるため保護者のニーズが高くなっています。

 

待機児童問題が深刻な昨今、一般の保育施設と同様に病児保育施設も増加の傾向にあるため、病児保育士として働くニーズも高いといえるでしょう。

 

平均給与

 

病児保育士の給与については一般保育士と同様で、大きく変わりはなさそうです。働く施設によって異なりますが医療機関併設の病児保育施設の場合は、一般保育士より平均給料と同程度か少し高めであることが多いようです。

 

正社員だけでなくアルバイトやパートでの求人募集もあり、東京都の場合は時給1200円~1500円が相場のようです。

 

雇用実態

 

病児保育士の募集は、病児病後児保育の専用施設、病院・クリニックや一般の保育園に併設された病児病後児保育の施設などで行われています。

 

一般の保育園勤務に比べると病児保育を行っている施設は少ないため、病児保育士として働くための勤務先を探すのは困難かもしれません。

 

病児保育を行っていても小規模なために募集する保育士が少なく、非公開募集の求人も少なくないようです。

 

出典:病児保育事業(体調不良児対応型)について/厚生労働省

やりがいのある病児保育士を就職希望の選択肢に加えてみよう

ケガや病気で辛い思いをしている子どもに寄り添い、子どもの回復に向けてじっくり関われる病児保育士という仕事。保護者に感謝されることも多く、やりがいを大いに感じられるかもしれません。

 

子どもが急な発熱などで急遽保育園を休ませないといけなくなると、保護者はとても困惑することでしょう。不測の事態でも子どもをどこかへ預けたいと考える保護者にとって、病児保育士はとても心強い存在です。体調の優れない子どもにとっても病児保育士は大きな心の支えとなることでしょう。

 

子育て経験にも活かすことができ、アットホームな雰囲気のなかで働ける病児保育士を、選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。

 

病児内保育の保育求人を紹介

 

関連する記事

保育士資格の免許更新は必要?再発行や書き換えの手続きの方法

保育士資格の免許更新は必要?再発行や書き換えの手続きの方法

保育士資格は免許更新が必要なのか、疑問に思う保育士さんもいるかもしれません。更新は不要です...

地域限定保育士とは?試験の内容や受験資格、科目免除の条件などを解説!

地域限定保育士とは?試験の内容や受験資格、科目免除の条件などを解説!

地域限定保育士とは、特定の地域で働ける保育士のことで、保育人材不足の解消を目的として201...

保育園での面接日程がいつでもいい場合の返信の仕方は?メールや電話での例文

保育園での面接日程がいつでもいい場合の返信の仕方は?メールや電話での例文

保育士の転職活動において、面接の日程や時間がいつでもいいというケースもあるかもしれません。...

【保育士試験】独学で一発合格したい方必見!勉強時間や方法などの対策ガイド

【保育士試験】独学で一発合格したい方必見!勉強時間や方法などの対策ガイド

保育士試験を受験する方のなかには、独学での一発合格を目指している方もいるかもしれません。い...

【2021年版】保育士試験の実技の概要。科目や合格率、ピアノなどの対策方法

【2021年版】保育士試験の実技の概要。科目や合格率、ピアノなどの対策方法

保育士試験の筆記に合格したあとに行われる実技。科目は造形・音楽・言語とありますが、それぞれ...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!