【採用担当者向け】保育士の中途採用フローとは。採用計画から入社までの流れ

自園の即戦力を募集するためにも、保育士さんの中途採用フローを形成したいと考える担当者の方もいるかもしれません。採用計画の立案や応募受付、入社など一連の流れを把握し、人材の確保に役立てていきましょう。今回は、保育士さんの中途採用フローの必要性やメリット、採用活動の進める際のポイントを解説します。


中途採用面接の様子

takayuki/shutterstock.com

 

 

「6部門No.1」の保育士バンク!だからできること

保育士バンク!は、「保育士と保育園の、最高の出会いをつくる。」とMissionに掲げた、保育士向けの転職支援サービスです。

日本マーケティングリサーチ機構の2019年1月調査で、『保育士がおすすめするNo,1』『お客様満足度No,1』認知度No,1』『転職が決まりやすいNo,1』『信頼できるNo,1』『好感度No,1』の6部門を受賞いたしました。保育士さんの信頼を得ている弊社のサイトで、直接貴園の求人情報を公開して応募を募ることができます。貴園の採用成功に全力で貢献させていただきますので、ぜひご検討ください。

 

法人ご担当者さまへ採用・業務改善のご相談はこちら

 

中途採用におけるフローの必要性やメリット

そもそも採用におけるフローとは、企業が中途雇用を行う際に実施する採用計画から入社までの一連の流れのことをいいます。

一般企業においても、採用活動をスムーズに行うために流れを考え、確認することで「採用の成功のために必要なこと」や「面接、選考の在り方」などを明確化にし、役立てているようです。

 

保育士の中途採用においても、採用フローの形成を行うことで以下のメリットが考えられます。

 

  • 採用活動をスムーズに行うことができる
  • 求める人材を明確化することができる
  • 目標の達成に向けた取り組みを把握できる
  • 採用成功に向けて、道筋を立てて活動できる

 

保育士の採用を成功させるためにも計画的なフローを作成し、優秀な人材の確保に役立てていきましょう。

 

また、保育士の中途採用における繁忙期は、求職者の動向を考えると「1月~5月」のため、長期的な採用活動を行うことが求められます。

 

この時期は卒園式や入園式など園の行事などがあり、忙しい施設も多いので、保育業務と採用活動の両立をスムーズに行うためにも、採用フローの形成をきちんと行うようにしましょう。

保育士の中途採用フロー

採用フローの形成に伴い、採用活動の一連の流れを把握しましょう。

 

以下は、保育士の中途採用においても一般企業と同様の流れとなります。

 

①採用計画の立案

②募集開始

③応募受付

④書類選考

⑤園の見学、説明会

⑥面接・実技試験

⑦選考・評価

⑧結果通知

⑨内定

⑩入社

 

上記の項目の中でも、保育園の採用フローの特色として、園見学、説明会を行うことが挙げられるでしょう。

 

園見学や説明会などを設けることは、求職者に園の雰囲気や保育方針などを伝えるための大切な機会となります。

では、中途採用フローに沿って採用活動を行う際に、どのようなポイントを重視する必要があるのか、詳しく見ていきましょう。

 

法人ご担当者さまへ採用・業務改善のご相談はこちら

 

保育士の中途採用フローを形成するときのポイント


中途採用についてメモをしている様子

stockfour /shutterstock.com

 

①採用計画の立案

 

まず、採用活動を開始する際は以下の項目を意識して、採用計画の立案を考えていきましょう。

 

  • 採用スケジュール
  • 採用人数、求める人物像
  • 募集方法(ハローワーク、求人情報誌、求人情報サイト、人材紹介、派遣会社など)
  • 採用体制

 

目標とする採用人数や求める人物像などの確認を行い、どのようなツールを利用した募集方法を取り入れていくのかを明確にするとよいかもしれません。

 

採用体制の確立においては、面接担当や園の見学や説明会は誰が行うかなど、役割分担を明確にするとよさそうです。

 

近年では、オンラインサービスを導入したWeb面接を取り入れる園も増えています。
忙しい保育業務の合間を利用したWeb面接を活用は、採用担当者の方と応募者間で面接日程の調整もしやすく、効率的な採用活動となるでしょう。

 

現場の状況を把握したうえで、どのような採用計画が有効なのかを考えて立案するとよいかもしれません。

 

②求職者の募集開始

 

採用計画の立案後、求職者の募集を開始します。

 

その前にまず、どんな方法で募集をするのかを決める必要があります。 保育士さんを募集する方法としては、主に以下の項目が考えられるでしょう。

 

  • ハローワーク
  • 求人情報誌
  • 求人情報サイト
  • 人材紹介会社、派遣会社
  • 保育専門の大学や専門学校などからの紹介

 

求人募集の広告の記載は、無料のものもあれば、有料のものもあるでしょう。 採用活動の予算を考え、費用を計上したうえで、どの募集方法を取り入れていくのかを決定するとよいかもしれません。

 

近年では採用活動を行う際に、保育施設に求職者を紹介する「人材紹介会社」に依頼するケースも増加しています。

 

人材紹介会社に依頼すると、求人要件に合った保育士さんの紹介を受けられることや面接などの日程調整などを任せることができ、忙しい施設にとっても頼りになるでしょう。

 

③応募受付

 

求職者の応募受付を行う際は、電話やメールなどの対応が必要となるでしょう。

 

現場の職員に求職者の応募を開始していることを事前に伝え、問い合わせを受けた場合は、採用担当者への引継ぎがスムーズにいくように準備するとよさそうです。

 

また、ハローワークや求人サイトなどの担当者の方から園へ連絡がくる場合もあるため、業者や担当者名、どのような連絡事項があるのかなどをメモして、報告漏れのないように気をつけましょう。

 

④書類選考

 

書類選考では、求職者が自園に求める人材かを見極めることが大切です。

 

保育士さんの履歴書や職務経歴書を見て、面接に進むか合否を判断しましょう。

 

応募書類で採用担当者が見るポイントの例としては、以下の内容となります。

 

  • 保育士資格、幼稚園教諭免許の有無
  • 学歴、他の保育施設での実務経験
  • 募集内容と求職者の希望条件の一致
  • 自園で働きたいという意欲が伝わる志望動機
  • 自園が求める人物像と自己PR文の相違

 

履歴書を見るうえで特に重視するのが志望動機や自己PR文かもしれません。

 

しっかりと内容を把握することで、求職者の保育観や前職の経験などを知り、自園が求める人材なのか、合否の判断を行うポイントとなるでしょう。

 

また、保育士さんは子どもの保育活動だけでなく、保護者の対応や職員間の連携も大切となる職種です。

 

ビジネスマナーや文章力の観点から、社会人としての最低限の言葉遣いができているのか、コミュニケーション能力が感じられるかなどを判断しながら、応募書類を読み進めるとよいかもしれません。

 

⑤園見学、説明会

 

求職者に向けて園の見学や説明会を行う園も多いことでしょう。

 

あらかじめ行事や保育活動のスケジュールを把握し、スムーズに進むように準備するとよさそうです。

 

求職者は園見学や説明会に参加する上で、以下の内容を重視している可能性があります。

 

  • 子どもたちがいきいきとすごしているか
  • 現場の保育士さん同士の関係性は良好か
  • 衛生管理がしっかりしているか
  • 保育方針が自分に合うか

 

保育士人材が不足する中、求職者から選ばれる施設にすることも重要です。

 

複数の園に面接に行き、どの保育園で働くか迷っている保育士さんもいるかもしれません。

 

園見学や説明会で「ここで働きたい!」と求職者が思えるように、事前に職場環境の整備を行いましょう。

 

⑥面接・実技試験

 

面接を行う際は、どのようなことを質問するのかを事前に決めておきましょう。

 

一般的な質問内容は、以下の項目が挙げられます。

 

  • 自己紹介
  • 転職理由
  • 志望動機
  • 前職の実績、経験など
  • 逆質問

 

中途採用の面接において、求職者の前職の実績や経験の内容を確認することは大切です。

 

保育施設には、認定こども園や企業型保育園、院内保育所などがあり、各施設によって運営や保育方針が異なるかもしれません。

 

採用が成功しても、実際に勤務を開始したときも「今までの経験を考えると、自園と保育観と合わなかった」という保育士さんもいるようです。

 

面接の際は園側と求職者側の保育に対する考えや想いを共有し、採用後も互いの考えのズレが生じないように気をつけましょう。

 

また、実技試験については、求職者が緊張してピアノや歌を上手く発表できないこともあるかもしれません。

 

採用担当者の方は保育士さんがリラックスできるように笑顔で応対し、和やかな雰囲気作りを大切にしましょう。

 

⑦選考・評価

 

求職者の選考・評価を平等に行うためにも、あらかじめ具体的な採用基準を設定しておきましょう。

 

保育士さんの人柄や言葉遣い、協調性などさまざまな項目を設定し、指標を作成すると、複数応募の中から少数の採用を決めなければならないときも、選考がスムーズに進むでしょう。

 

また、保育士さんは子どもの保育業務を行う際に、職員間で協力して活動することも多い職種です。

 

現場の状況を把握し、求職者が他の職員と適切に連携できる人物なのか、現職員との相性などもふまえ、評価するとよいかもしれません。

 

⑧結果通知

 

求職者に選考結果を伝える手段としては、電話やメールがあります。

 

採用か不採用かの通知は応募者の不安にならないように、できるだけ早く伝えましょう。

採用の場合

採用を決定した際は、合格を伝え、求職者が具体的な勤務体制について説明し、これからの見通しが立てられるように配慮しましょう。

 

持ち物や勤務開始日を伝えるだけでなく、「何か不安なことはありませんか?」「いつでも勤務について問い合わせをしてください」など、求職者側に向けて気遣いのある言葉がけを意識することで、保育士さんも安心して内定を承諾してくれるかもしれません。

 

不採用の場合

不採用の場合は、求職者に対して失礼のないように、採用を見送ることを伝えましょう。自園の職員としてはご縁がなかった保育士さんも、今後子どもの保護者として入園する場合や、近隣の園に就職する可能性もあります。

そのため、丁寧で礼儀正しい対応を心がけ、求職者の気持ちに配慮した言葉遣いを心がけるとよいでしょう。

 

⑨内定

 

求職者を採用した場合は、内定通知、内定承諾書の提出を伝えます。

 

採用担当者が電話にて口頭で内定を伝える場合もありますが、基本的にはメールや郵送通知など文書としてしっかりと残る形で内定を通知しましょう。

 

求職者が複数の園の応募を行っていた場合は、他の園に勤務が決定し、内定辞退になる可能性もあります。

 

内定辞退となった場合は、これからの採用活動に活かすためにもなぜ辞退に至ったのか、求職者の心に寄り添いながら話を聞いてみましょう。

 

⑩入社

 

求職者の勤務を開始した際は、早期退職などにつながらないよう、採用後のフォローが大切となります。

 

あらかじめ教育・指導担当を決定し、保育士さんが職場環境に慣れることができるような配慮が必要です。

 

定期的な職員面談などを開き、「保育業務の中で困っていることはないか」、「体調を崩していないか」など求職者を気遣ったフォロー体制に取り組むことで、人材の定着化にも役立つでしょう。

保育士の中途採用におけるフローを確認し、採用成功につなげよう

今回は、保育士の中途採用におけるフローの必要性や、採用活動を進める際のポイントを紹介しました。

 

保育園の中には、忙しい時期に急に現場の職員が辞めて、即戦力となる保育士さんを募集する場合もあるかもしれません。

 

事前に採用フローを形成しておくと、このような緊急時の採用活動に役立つでしょう。

 

近年はWEB面接が増加し、遠方に住む保育士さんとの新たな出会いや面接日程の調整がしやすいなどのメリットがあるようです。

 

面接方法も変化していることから、自園の採用活動に合ったフローを作成し、採用の成功に役立てていきましょう。

 

「6部門No.1」の保育士バンク!だからできること

保育士バンク!は、「保育士と保育園の、最高の出会いをつくる。」とMissionに掲げた、保育士向けの転職支援サービスです。

日本マーケティングリサーチ機構の2019年1月調査で、『保育士がおすすめするNo,1』『お客様満足度No,1』認知度No,1』『転職が決まりやすいNo,1』『信頼できるNo,1』『好感度No,1』の6部門を受賞いたしました。保育士さんの信頼を得ている弊社のサイトで、直接貴園の求人情報を公開して応募を募ることができます。貴園の採用成功に全力で貢献させていただきますので、ぜひご検討ください。

 

法人ご担当者さまへ採用・業務改善のご相談はこちら

 

関連する記事

【採用担当者コラム】新卒の保育学生の内定辞退を引き止める方法。原因や防止対策

【採用担当者コラム】新卒の保育学生の内定辞退を引き止める方法。原因や防止対策

新卒の保育学生さんを採用しても、内定辞退の申し出を受けるケースがあるかもしれません。人材を...

【採用担当者コラム】保育園で内定後の面談を行う目的や内容は?質問項目や実施する際のポイント

【採用担当者コラム】保育園で内定後の面談を行う目的や内容は?質問項目や実施する際のポイント

内定者に入職意思の確認や労働条件の説明などを行う「内定後面談」。保育園での面談に向けて、事...

【採用担当者コラム】保育士面接のアイスブレイクで使える話題とは?役割と取り入れる際の注意点

【採用担当者コラム】保育士面接のアイスブレイクで使える話題とは?役割と取り入れる際の注意点

面接テクニックとしてよく耳にする言葉「アイスブレイク」。面接に関係のない天気や地域のネタを...

【採用担当者コラム】ハローワークでの保育士求人の出し方は?費用や募集手順

【採用担当者コラム】ハローワークでの保育士求人の出し方は?費用や募集手順

ハローワークを利用した保育士求人の出し方を知りたい採用担当者の方もいるでしょう。費用をかけ...

【採用担当コラム】保育の質の向上を目指す!職場環境や採用活動の強化への取り組み

【採用担当コラム】保育の質の向上を目指す!職場環境や採用活動の強化への取り組み

保育園では、子どもたちの健やかな成長を支えるうえで「保育の質」の維持・向上に向けた取り組み...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!