ハロウィンの由来とは?起源やお菓子・おばけの意味、子ども向けの簡単な説明方法

保育園の秋のイベント「ハロウィン」。その由来や起源をご存じでしょうか?お菓子を配る風習の理由やオバケに仮装する意味などを知り、子ども向けに簡単な言葉で説明できるとよいですよね。今回は ハロウィンの由来やモチーフの意味、乳児・幼児向けにペープサートや絵本を使ったわかりやすく説明する方法を詳しく紹介します。


ハロウィン

Yuganov Konstantin/shutterstock.com


ハロウィンの由来とは

ハロウィンの起源や名前の由来にはどのような意味があるのでしょうか。保育園で子ども向けに簡単に説明するためにも、まず保育士さん自身が知っておくとよいでしょう。



ハロウィンの起源


もともとハロウィンは、古代ケルト人の儀式「サウィン祭」という秋の収穫祭が起源と言われています。古代ケルト歴では、10月31日が1年の終わりの日とされていました。


この日の夜にはあの世とこの世の境い目がなくなり、死者の霊が現世の家族に会いに来ると信じられていたそうです。


しかし、それといっしょに悪霊や魔女がやってきて作物を荒らしたり、子どもを連れ去っていったりと、悪さをするとおそれられる日でもありました。

そこで収穫祭の夜、人々は仮面を被って仮装し、魔物たちを追い払ったと言われています。



ハロウィンの名前の由来


ハロウィンの名前の由来には、11月1日にあるカトリックの「諸聖人の日(万聖節)」が関係しています。諸聖人の日の旧称である「AllHallows」に、前夜という意味の「eve」が加わり、「Hallowseve」と言われていました。


次第に「Hallowseve」という言葉がなまり、「Halloween」(ハロウィン)と呼ばれるようになったようです。


ハロウィンは10月31日に行われる西洋のお祭りであるとともに、すべての聖人と殉職者を記念する「諸聖人の日」の前夜祭にあたる行事です。故人を偲ぶという目的でいうと、日本のお盆と同じような意味と言えるでしょう。


このような由来や起源によって、ハロウィンは今でも多くの人々に親しまれるようになりました。

ハロウィンにお菓子を配るのはなぜ?

ハロウィンではなぜお菓子を配る風習があるのでしょうか。「トリックオアトリート」という言葉の意味もあわせて紹介します。



お菓子を配る理由


ハロウィンでお菓子を配るようになった理由としては、夜の町にさまよう悪霊を遠ざけるため「お菓子をあげるから帰ってください」とお願いする目的があるようです。


その起源は、ヨーロッパの「souling(ソウリング)」という儀式が関係していると言われています。


ヨーロッパでは、ハロウィンの夜が明けた11月1日は「諸聖人の日」となりますが、その翌日、11月2日が「死者の日」にあたるそうです。


この日、キリスト教の信者が人々の家を周り、死者の霊魂を鎮めていました。そして人々は魂を鎮めてもらったお礼として「ソウルケーキ」を差し出したそうです。


一方ケーキを差し出さなかった家では、天国に行けなかった霊魂がいたずらをして災いを起こすとおそれられていました。


このソウリングの風習が伝承され、「お菓子(ソウルケーキ)か、いたずらか」という現代の楽しいやり取りにつながっていったと言われています。



トリックオアトリートとは


海外では「TrickorTreat」(トリックオアトリート)と言いながら近所の家を周ってお菓子をもらう風習がありますよね。


「トリックオアトリート」とは「お菓子をくれないといたずらするぞ」という意味があります。トリックは「いたずら、悪だくみ」、トリートは「招待する、もてなす、ごちそうする」といった意味をもつようです。


そのため、「トリックオアアート」とは、仮装した子どもたちが、自分をもてなして欲しいという気持ちを表した合言葉になります。

ハロウィンでおばけに仮装する意味



FamVeld/shutterstock.com


ハロウィンは子どもたちがさまざまな格好をして楽しく仮装する日ですよね。


仮装することでやってくる悪霊などに自分たちを魔物の仲間だと思わせ、怖がらせることによって追い払ったり、災いを遠ざけたりすることができると古来から信じられています。


こうした魔除けのために、現代でもハロウィンの日に仮装をする風習が受け継がれたようですよ。

ハロウィンにかぼちゃのランタンを作る理由

かぼちゃをくりぬいて顔を作ったランタンはハロウィンの時期によく見かける飾りです。なぜかぼちゃのランタンを作るようになったのでしょう。


これには、ヨーロッパに伝わる「ジャック・オ・ランタン」の伝説が関係していると伝えられています。


ジャックという名前の男は悪魔をだまし、悪いことばかりして生きていたため、さまよえる魂となり、カブをくりぬいて作ったランタンに明かりを灯してさまよいながら歩いたそうです。


この話がアメリカに伝わると、カブよりも馴染みのあるかぼちゃが定着したとと言われています。


こうした伝説が語り継がれ、ハロウィンではかぼちゃのランタンを作るようになったのですね。

【例文あり】ハロウィンの由来を子ども向けに簡単に説明するには?

ハロウィンの由来を子ども向けにわかりやすく伝える言い換え例を、乳児・幼児別にまとめました。



乳児向け


例1

ハロウィンの日にはこわいオバケがたくさん来るの。オバケがみんなのことを連れて行っちゃうかもしれないね。だからみんなでオバケのまねっこをして、オバケとお友だちになろう。

例2

ハロウィンの日、保育園にオバケがやってくるんだって。オバケが悪いいたずらをしたら先生もみんなも困っちゃうね。みんなでいっしょにオバケをびっくりさせて、やっつけよう。


乳児でもわかりやすい「オバケ」「まねっこ」「びっくり」などの言葉を使うと伝わりやすいでしょう。


オバケを理解するために、「ヒュ~ドロドロ」「こわいこわい」と真似るオバケごっこや「おばけなんてないさ」の歌などを普段から楽しむとよいかもしれません。



幼児向け


例1

ハロウィンの日には死んじゃった人の世界と、先生やみんなのいる世界にトンネルができます。トンネルを通って、死んじゃったおじいちゃんおばあちゃんが生きてる人のところに会いに来ます。

でもそのとき、悪いオバケや魔女もこっそりついてきてしまうんだって。

悪いオバケや魔女はみんなのようなかわいい子どもが大好物だから、連れていかれて食べられてしまうかもしれません。

オバケたちに見つからないように、人間の子どもからこわいオバケに変身してかくれんぼしよう。

例2

本当はハロウィンの日は死んじゃった人のための日なんだよ。死んじゃった人は生きてる人には普通は会えないよね。でもハロウィンの日には、オバケの世界のドアが開いて死んじゃったおじいちゃんおばあちゃんがみんなにご挨拶しに来ます。

そのとき、悪いオバケや魔女たちもいっしょになって、オバケの世界からそーっと抜け出してきてしまいます。悪いオバケはいたずら好きだから、もしかしたら保育園にもみんなに悪さをしようとやってくるかもしれないね。

悪いオバケたちを追っ払うために、みんなはもっとこわいオバケに変身してびっくりさせよう。


幼児向けに「死者の世界」を「オバケの世界」など身近な言葉に言い換えると伝わりやすいかもしれません。


また、なりきって遊ぶ「ごっこ遊び」が大好きな子どもも多いのではないのでしょうか。


「オバケに変身しよう」と先生が提案すれば、子どもたちも大よろこびするかもしれませんね。

【子ども向け】ハロウィンの由来を道具を使って簡単に伝える方法

さまざまなアイテムを使ってハロウィンの由来を簡単に子どもたちに伝える方法を紹介します。



ペープサート


ペープサートを使って園児にハロウィンの由来を伝えてみましょう。


例えば、ハロウィンのモチーフをペープサートにえがき、シルエットクイズにして出題するとよいかもしれません。

表にかぼちゃやキャンディといったお菓子、裏にはイラストの形を黒く塗りつぶし「これは何かな?」と子どもたちに問いかけるとよいでしょう。


また、オバケはいたずらをしている絵と逃げている絵、人間は困っている絵と仮装している絵など、ひっくり返した時にストーリーの展開がわかりやすいイラストをえがくと、由来を説明するときに役立ちそうです。



絵本


絵を見ながら話を聞くことで、子どもはよりいっそうハロウィンに対するイメージを膨らませることができるでしょう。


活動の前の導入に読み聞かせをするのもよいですし、季節の絵本としてお部屋の中に置いて子どもが自然にハロウィンに興味を持てるような環境を整えるとよいかもしれません。


子どもが大好きなオバケが出てくるものや、怖がりな子でも安心して読めるような明るい絵本を探してみてくださいね。




ハロウィンの由来を伝える際に、保育士さんが劇をすると子どもたちも楽しめそうですね。


職員同士でおばけや魔女の仮装をして劇を盛り上げましょう。オバケと友だちになるために「トリックオアトリート」のやり取りをすると、園児も真似したくなるかもしれません。


衣装の作り方は以下の動画を参考にしてみてくださいね。


関連動画:魔女の帽子とマントで変身!ハロウィン衣装/保育士バンク!



製作


子どもたちとかぼちゃのお面やキャンディバックを製作し、ジャック・オ・ランタンのお話をしてみましょう。

かぼちゃのお面

 


<材料>


  • 色画用紙(オレンジ)1枚
  • ゴム紐(40cm)1本

<必要な道具>


  • 穴あけパンチ

<製作のポイント>


クレヨンやマーカーで好きな顔をかいてオリジナルのお面ができると、子どもたちもいっそう愛着がわくことでしょう。


目や口のパーツを用意して、福笑いにしてもよいかもしれません。

キャンディバック

 

 

<材料>


  • 色画用紙(オレンジ)1枚
  • 色画用紙(黒)1枚
  • 紙コップ 2個

<必要な道具>


  • ハサミ
  • セロハンテープ

<製作のポイント>


画用紙の色をたくさん組み合わせても華やかになりそうですね。取っ手をモールやリボンにつけ替えても楽しめるでしょう。

ハロウィンの由来を知り、秋の行事に親しむきっかけを作ろう

今回は、ハロウィンの由来について、ケルト人の伝統的な収穫祭が起源になっていることなどを紹介しました。


海外から伝わったハロウィンですが、由来やその意味について知ることで子どもにとってより興味深いものとなるでしょう。

子ども向けにハロウィンの由来について説明するときは、ペープサートやおばけやかぼちゃなどのモチーフを使うとよりイメージが湧きやすくなるかもしれません。


子どもたちがハロウィンを通して外国の文化により理解を深め、いっそう秋の行事を楽しんでくれるとよいですね。

 

行事重視の保育求人を紹介

 

関連する記事

保育園でクリスマスの飾りを作ろう!サンタやトナカイなどの手作り製作

保育園でクリスマスの飾りを作ろう!サンタやトナカイなどの手作り製作

保育園でクリスマスの飾りの製作を子どもと楽しみたいと考えている保育士さんも多いのではないで...

【幼児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

【幼児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

子どもたちの造形活動の成果を披露する一大イベント、作品展。今回、保育士バンク!公式インスタ...

【乳児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

【乳児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

保育園の秋冬のビッグイベントの一つといえば、作品展!子どもたちの製作を展示する大切な場です...

保育園で宿鬼をしよう!遊び方やルール、より楽しむためのポイントなど

保育園で宿鬼をしよう!遊び方やルール、より楽しむためのポイントなど

鬼ごっこの一つ、宿鬼を保育に導入してみましょう。ルールを守りながら身体を動かす集団遊びを行...

保育園で活用できる11月のおたより文例。季節の書き出しや保護者へのお願いなど

保育園で活用できる11月のおたより文例。季節の書き出しや保護者へのお願いなど

冬の訪れを感じ始める11月。毎月のおたより作成に悩む保育士さんもいるでしょう。季節の挨拶や...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!