保育士の借り上げ社宅制度とは?結婚しても利用できるのかやいつまで続くのか

保育士が受けられる住宅支援制度の一つに、借り上げ社宅制度があります。都心で働きたい保育士さんにとって、いつまで制度を利用できるのか、結婚しても補助を受けられるのかなど、気になるところでしょう。今回は、借り上げ社宅制度とはどんな制度なのか、また利用するメリットや注意点などを紹介します。


マンションの外観

shigemi okano/shutterstock.com

 

保育士の借り上げ社宅制度とは?

そもそも借り上げ社宅制度とは、企業などの事業者が物件を借り上げ、従業員に対して価格を抑えて貸し出す制度のことです。

 

一般的な企業では福利厚生の一環として採用されていることが多く、保育業界では「保育士宿舎借り上げ支援事業」に基づいて市区町村ごとに行われています。

 

ここでは、保育士宿舎借り上げ支援事業の目的や概要について解説します。

 

目的

 

保育士宿舎借り上げ支援事業は、保育士が働きやすい環境を整備することを目的としています。

 

地方から上京した保育士や一人暮らしをする保育士などを確保し、定着させるための対策として進められている事業です。

 

概要

 

保育士宿舎借り上げ支援事業は、事業者が保育士用の宿舎を借り上げるための費用を、自治体が一部支援するというものです。

対象者

この保育士宿舎借り上げ支援事業を利用できるのは、採用された日から起算して10年以内の常勤の保育士と定められています。

 

ただし、市区町村の待機児童数や有効求人倍率によっては5年以内となる場合もあるので、対象者に当てはまるのか事前に確認しておきましょう。

補助基準額

補助金額は、月額8万2000円が上限とされています。

 

しかし、地域の実勢に合わせ、住宅・土地統計調査に基づいて、市区町村別に1人当たりの上限金額を設定することとなっています。

 

出典:保育関係予算の概要/厚生労働省

保育士の借り上げ社宅制度と住宅手当の違い

保育士が受けられる住宅支援の一つに住宅手当があります。

 

住宅手当は、借り上げ社宅制度と同様に、住宅にかかる費用の一部を保育所側が負担してくれるものですが、いくつか違いもあるようです。では、具体的に見ていきましょう。

 

費用負担の仕方

 

1つ目が費用の負担方法の違いです。

 

保育士の借り上げ社宅制度は、家賃の一部を保育士から徴収しています。

一方、住宅手当は給料に含まれる形で支払われることとなっています。

 

所得税の有無

 

2つ目が、所得税がかかるかどうかの違いです。

 

借り上げ社宅制度は、保育士から費用を徴収するため所得税がかかりません。

一方、住宅手当は給料として支払われるため所得税がかかってしまいます。

 

このように、住宅費用を負担する2つの制度にも大きな違いがあることが分かりますね。

保育士の借り上げ社宅制度を利用するときの注意点

女性の後ろ姿

Princess_Anmitsu/shutterstock.com

 

ここでは、保育士が借り上げ社宅制度を利用するときの注意点をまとめました。

 

結婚やルームシェアなどの場合は園の規定を確認する

 

結婚した場合やルームシェアをした場合に、借り上げ社宅制度を利用できるのか、負担金額が変わるのかなど、気になるところでしょう。

 

基本的に、一人暮らしではなくても制度を利用することはできるようです。

ただし、園の規定によるところが多く、同棲している場合には制度を利用できないこともあるかもしれません。

 

結婚していたり同棲を考えていたりする場合は、園の就業規則を確認することが大切です。

 

いつまで補助されるのか期間を確認する

 

保育士の借り上げ社宅制度は、いつまでも続くものではないようです。

 

もともと保育士の確保や定着を図る目的で開始された事業であるため、保育士が充足している地域では制度自体が終了してしまうことも考えられます。実際、事業の実施期間を2021年の3月31日までとしている自治体もあります。

 

そのため、いつまで制度を利用できるのか自治体のホームページなどで確認しておき、計画的に住宅選びを行うといいかもしれません。

 

住宅手当ありの保育士求人一覧

 

保育士が借り上げ社宅制度を利用するメリット・デメリット

保育士が借り上げ社宅制度を利用するうえで、どのようなメリットやデメリットがあるのか紹介します。

 

メリット

 

自ら住宅を探す必要がないため、引っ越しの負担が軽減される

借り上げ社宅制度を利用する場合、決められた物件のなかから選ぶことができます。

そのため保育士さんは、部屋探しのために不動産屋さんに行ったり内見をしたりする必要がありません。

 

引っ越しの準備で忙しい中、部屋探しをしなくて済むのはかなりの負担軽減になりそうですね。

初期費用や更新料を抑えられる

自身で契約した物件の場合、家賃のほかにも敷金などの初期費用、契約した物件の更新料などの諸費用を支払うことがあるでしょう。

 

しかし借り上げ社宅制度の場合、物件を契約しているのは事業主である保育所になります。

そのため、保育士さんが初期費用や更新料を支払わずに済むので、費用を抑えることができるでしょう。

個人契約するより家賃の負担を減らせる

自身で直接物件を契約するより家賃負担を大幅にカットできるのも、借り上げ社宅制度を利用するメリットと言えるでしょう。

 

補助金額の負担割合は自治体によって異なるものの、借り上げ社宅制度を利用すれば家賃の1割から2割程度の負担で済む場合もあるようです。

 

個人で物件を契約するよりも、余裕のある暮らしができるかもしれませんね。

住宅手当よりも税負担を抑えられる

借り上げ社宅制度のメリットとして、住宅手当を受けるよりも税負担を軽減できることが挙げられます。

 

先ほど説明したように、住宅手当は給料として支払われるため、所得税の課税対象となります。

一方、借り上げ社宅制度は給料として支払われないため、税金を払う必要がありません。

 

つまり、同じ額を負担してもらった場合でも、借り上げ社宅制度を利用した方が所得税を抑えることができると言えますね。

 

デメリット

 

選べる物件が限られている

借り上げ社宅制度を利用するデメリットとして、選べる物件が限られていることが挙げられます。

 

社員寮と比べれば自由度は高いようですが、希望するエリアとは異なる地域の物件しかない可能性もあるでしょう。

 

そのため、こだわって部屋探しをしたいという方にとってはマイナスポイントになるかもしれません。

仕事とのオンオフがつきにくい

保育所が借り上げる物件は、園から近く通勤しやすい場所にあるため、通勤にかかる負担が少ないでしょう。

 

その反面、同僚の部屋が近かったり、街中で園に通う子どもや保護者と会ったりすることもあるかもしれません。

 

仕事とプライベートをきっちり分けたい方にとって、オンオフがつきにくいのはデメリットと言えるでしょう。

退職すると住めなくなることも

借り上げ社宅制度は、借り上げている保育所に勤める保育士のみ利用できることがほとんどです。そのため、多くの場合退職とともに物件を退去しなければならないでしょう。

 

退職後に個人契約に切り替えることで住み続けられることもあるようですが、自己負担額が多くなるため、家賃を支払うことが難しくなることも考えられます。

 

借り上げ社宅制度を利用するときは、退職後の住居のことも考えたうえで検討するとよさそうです。

保育士の借り上げ社宅制度を理解して、転職に活かそう

今回は、保育士さんが利用できる借り上げ社宅制度について、利用するときの注意点やメリット・デメリットなどを紹介しました。

 

借り上げ社宅制度とは、保育人材確保を目的として自治体ごとに実施される「保育士宿舎借り上げ支援事業」に基づいた制度です。

 

保育士さんにとってさまざまなメリットがある制度ですが、いつまで制度が続くのかや結婚後も補助がでるのかなど、利用に際して確認しておくことが大切になるでしょう。

 

今回紹介した保育士の借り上げ社宅制度のメリットやデメリットなどをふまえ、これからの転職に役立ててみてくださいね。

 

借り上げ社宅制度ありの保育求人を紹介

 

関連する記事

保育士さんが転職に失敗する理由とは。失敗談の例や成功するために気をつけるポイント

保育士さんが転職に失敗する理由とは。失敗談の例や成功するために気をつけるポイント

転職活動中の保育士さんの中には、自身の希望に合う保育園探しに苦労している方もいるしょう。給...

保育士さんの転職。なぜ面接に落ちたのか、不採用の理由と今後の対策アイデア

保育士さんの転職。なぜ面接に落ちたのか、不採用の理由と今後の対策アイデア

転職を目指して面接を受けてもなかなか合格にならず、悩んでいる保育士さんもいるでしょう。不採...

【2021年最新版】保育士の職務経歴書の書き方ガイド。転職に役立つ職務内容や自己PRの例文

【2021年最新版】保育士の職務経歴書の書き方ガイド。転職に役立つ職務内容や自己PRの例文

転職活動の際に求められる職務経歴書は、保育士としてのキャリアや自己PRを盛り込んで自身をア...

【2021年最新版】保育士の面接対策!よく聞かれることや質問への回答例文

【2021年最新版】保育士の面接対策!よく聞かれることや質問への回答例文

保育士さんが転職活動をするうえで重要な面接。自身の人柄を上手にアピールするためには、自己紹...

保育士さんの退職の引き止め。断り方のポイントと例文を紹介

保育士さんの退職の引き止め。断り方のポイントと例文を紹介

転職を考えている保育士さんの中には、退職を引き止められた際の断り方に悩む方もいるかもしれま...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!