【採用担当者コラム】フリー保育士さんの役割とは。採用する際のメリットや注意事項

職員のサポート役、園内の雑務や事務作業などを担う「フリー保育士」。ベテランの方からの応募も期待でき、採用を検討している園も多いかもしれません。人手が不足した際もフリーの方がいると心強いでしょう。このコラムでは、フリー保育士の役割や採用するメリットや注意事項などについて詳しく紹介します。


子どもと保育士

yamasan0708/shutterstock.com




「6部門No.1」の保育士バンク!だからできること

保育士バンク!は、「保育士と保育園の、最高の出会いをつくる。」とMissionに掲げた、保育士向けの転職支援サービスです。

日本マーケティングリサーチ機構の2019年1月調査で、『保育士がおすすめするNo,1』『お客様満足度No,1』認知度No,1』『転職が決まりやすいNo,1』『信頼できるNo,1』『好感度No,1』の6部門を受賞いたしました。保育士さんの信頼を得ている弊社のサイトで、直接貴園の求人情報を公開して応募を募ることができます。貴園の採用成功に全力で貢献させていただきますので、ぜひご検討ください。


法人ご担当者さまへ採用・業務改善のご相談はこちら


フリー保育士さんの採用を検討しよう

保育士採用において、担任や副担任の他にフリー保育士さんを募集することもあるでしょう。


雇用するうえで「どのようなメリットがあるのか」、「どんな仕事を任せるべきか」と気になる方もいるのではないでしょうか。


フリー保育士さんの仕事内容や採用する際の注意事項などを把握し、人材の確保に役立てていきましょう。


まずはフリー保育士には、どのような役割があるのか紹介します。

フリー保育士の役割とは

そもそもフリー保育士とは、クラス担任をもたずにフリーで保育活動をサポートする保育士のことをいいます。


保育園は基本的に0歳~5歳児まで預かり、年齢に応じて適切な援助が必要になるため、経験豊富なベテランの保育士さんを配置することが多いようです。


雇用形態や配置人数は園によって違いがあり、主任の方が兼務している場合もあるかもしれませんが、実際の役割について詳しく見ていきましょう。



担任・副担任のサポートを行う


フリー保育士さんは保育活動において、さまざまなクラスに入って担任や副担任のサポートを行います。


設定保育の準備をしたり、子どもたちの活動の様子を観察しながら手助けしたりと他の職員と連携することが多いかもしれません。


また、発達障害などで集団活動が難しい子がいる場合は、その子の担当となって援助することもあるようです。



園内の雑務をこなす


フリー保育士さんは給食の準備や配膳、行事の進行、外遊びの準備、園内清掃などさまざまな雑務を担当することも多いようです。


そのため、園内でスケジュールや活動をきちんと把握し、先回りして活動がスムーズに進むように備える必要があります。


来客の際に園の案内などを任されることもあり、保育方針や設備環境などをきちんと理解しておくことも重要な業務のひとつかもしれません。



事務作業を行う


各園によってフリー保育士さんの業務は異なりますが、園だよりや行事案内の手紙、職員のシフト作成といった勤怠管理の事務作業などを担当することがあります。


小規模の園では、事務員を雇用していないケースもあり、クラス活動のサポートの傍ら、備品管理や電話対応などの業務もこなすことが考えられるでしょう。




法人ご担当者さまへ採用・業務改善のご相談はこちら



フリー保育士を採用するメリットとは


保育士と子ども

milatas/shutterstock.com


フリー保育士さんを採用するとどのようなメリットがあるのかを紹介します。



担任や副担任の業務負担の軽減につながる


担任や副担任はクラス運営を行ううえで、子どもの衣服の着脱や食事の援助、遊びの指導など幅広い業務をこなすことが考えられます。


その際に子どもが泣いてしまったり、ケンカが始まったりと集団活動が上手く進まないケースもあるでしょう。


フリー保育士さんがヘルプ役となり、必要な援助をこなすことで活動がスムーズに進み、担任や副担任の業務負担の軽減につながることも多いようです。



急な人手不足に対応できる


担任や副担任が休んでしまった場合に、フリーの保育士さんは代わりに入り、クラス運営を任せることができるでしょう。


子どもを安全に保育するためには、国の配置基準に沿って子どもの人数に応じた職員を配置する必要があります。


人手が不足した場合もフリー保育士さんがいると、適切な人数を配置することができ、保育活動を進めやすいでしょう。



職員の相談役としての活躍が期待できる


保育士さんは同僚や保護者、子どもとの関係などさまざまな悩みを抱えている方々がいるため、精神的に不安定になることも少なくありません。


フリーの保育士さんはベテランの方の方も多く、職員の相談役として活躍することが期待できるでしょう。


他の職員にはなかなか話せないこともフリーの保育士さんには話しやすい・・・という存在になることも考えられます。


職員が一人でストレスや悩みを抱えてしまうと離職につながるケースもあるため、フリー保育士さんがいることで、人材の定着にも役立つかもしれません。

フリー保育士を採用する際の注意事項

フリー保育士さんを採用する際の注意事項を紹介します。



業務マニュアルを作成する


フリーの保育士さんは各クラスに入る可能性があるため、園独自の業務マニュアルを作成し、早く仕事に慣れることができるように配慮することが大切でしょう。


園によっては、雑務や事務作業について「手が空いている人が行う」などあいまいになっている可能性もあります。


フリーの保育士さんも安心して業務に携わることができるように、職員の役割分担をきちんと行い、業務内容を明確にすることが重要でしょう。


業務マニュアルの作成時の項目例を紹介します。


  • 保育方針
  • 保育計画
  • 職員紹介
  • クラス紹介
  • 業務スケジュール
  • 保護者対応
  • 報告・連絡・相談の手順(トラブルが起きた場合など)

採用後の研修の時期などは、業務内容において分からないことも多いでしょう。

どなたに相談すればよいのかを明確にし、フリーとして仕事をこなすことができるように、サポートするとよいかもしれません。



交流会や定期的に面談を行う


フリー保育士さんの中には「雑務ばかりで子どもたちと関わる時間が少ない」、「思ったよりも事務作業が多く、保育活動のサポートができない」など仕事に対して不満を抱くこともあるかもしれません。


また、フリーという立場からさまざまなクラスに入りますが、多くの職員と関わることができる一方でコミュ二ケーションの時間が少なく、打ち解けづらいケースもあるようです。


職員との交流会を開催したり、定期的に面談を行ったりと、フリー保育士さんが安心して働くことができるように配慮することが大切です。

フリー保育士を採用して働きやすい職場づくりを目指そう

フリー保育士さんは子どものサポートはもちろん、職員のヘルプ役、相談役として、


園を支える存在になることが考えられます。


経験豊富なベテランの方からの応募も期待でき、即戦力としての活躍が期待できるでしょう。


採用することで職員一人ひとりの業務負担の軽減につながる可能性があります。

職場の雰囲気をよくするためにもフリー保育士を雇用し、業務の円滑化、人材の定着に役立てていきましょう。



「6部門No.1」の保育士バンク!だからできること

保育士バンク!は、「保育士と保育園の、最高の出会いをつくる。」とMissionに掲げた、保育士向けの転職支援サービスです。

日本マーケティングリサーチ機構の2019年1月調査で、『保育士がおすすめするNo,1』『お客様満足度No,1』認知度No,1』『転職が決まりやすいNo,1』『信頼できるNo,1』『好感度No,1』の6部門を受賞いたしました。保育士さんの信頼を得ている弊社のサイトで、直接貴園の求人情報を公開して応募を募ることができます。貴園の採用成功に全力で貢献させていただきますので、ぜひご検討ください。


法人ご担当者さまへ採用・業務改善のご相談はこちら


関連する記事

【採用担当者向け】保育士の募集求人に応募が来ない理由5選!原因と対策を解説

【採用担当者向け】保育士の募集求人に応募が来ない理由5選!原因と対策を解説

保育士の人手不足が深刻化する中、募集を出しても「求人に応募が来ない」「応募数が少ない」と悩...

【採用担当者コラム】保育士の新人研修とは。役割や研修内容、計画する際のポイント

【採用担当者コラム】保育士の新人研修とは。役割や研修内容、計画する際のポイント

人材の育成や定着化のために重要な役割を持つ「保育士の新人研修」。人手不足の保育業界において...

【採用担当コラム】まだ間に合う!22卒保育士の冬採用を成功に導くポイント

【採用担当コラム】まだ間に合う!22卒保育士の冬採用を成功に導くポイント

22卒の保育学生さんに向けて、冬採用に取り組む保育施設もあるかもしれません。次年度の人手が...

【採用担当者コラム】新卒の保育学生の内定辞退を引き止める方法。原因や防止対策

【採用担当者コラム】新卒の保育学生の内定辞退を引き止める方法。原因や防止対策

新卒の保育学生さんを採用しても、内定辞退の申し出を受けるケースがあるかもしれません。人材を...

【採用担当者コラム】保育園で内定後の面談を行う目的や内容は?質問項目や実施する際のポイント

【採用担当者コラム】保育園で内定後の面談を行う目的や内容は?質問項目や実施する際のポイント

内定者に入職意思の確認や労働条件の説明などを行う「内定後面談」。保育園での面談に向けて、事...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!