【採用担当者コラム】保育補助に学生のアルバイトを採用するメリット。選考のコツや注意点

人手不足の中で、保育補助に学生アルバイトの採用を検討している保育施設もあるでしょう。保育士の資格を保有していないものの、雇用することで人材の補充や未来の保育士の育成につなげることができるかもしれません。今回のコラムでは、保育補助に学生のアルバイトを採用するメリットや選考のコツ、雇用する際の注意点を紹介します。


大学生の面接

metamorworks/shutterstock.com

 

 

「6部門No.1」の保育士バンク!だからできること

保育士バンク!は、「保育士と保育園の、最高の出会いをつくる。」とMissionに掲げた、保育士向けの転職支援サービスです。

日本マーケティングリサーチ機構の2019年1月調査で、『保育士がおすすめするNo,1』『お客様満足度No,1』認知度No,1』『転職が決まりやすいNo,1』『信頼できるNo,1』『好感度No,1』の6部門を受賞いたしました。保育士さんの信頼を得ている弊社のサイトで、直接貴園の求人情報を公開して応募を募ることができます。貴園の採用成功に全力で貢献させていただきますので、ぜひご検討ください。

 

法人ご担当者さまへ採用・業務改善のご相談はこちら

 

保育補助に学生アルバイトの採用を検討しよう

厚生労働省が発表した2021年4月の保育士の有効求人倍率は2.04倍と、依然として高い水準で推移しており、人手不足の状態が続いています。


令和3年有効倍率

出典:保育士の有効求人倍率/厚生労働省からの抜粋

 

このような状況で、正社員の保育士の採用が進まずに人材の確保について不安を抱く園もあるかもしれません。

 

その中で保育補助として、学生アルバイトの方の採用を検討している施設もあるのではないでしょうか。

 

資格はなくとも、保育学生さんや子どもが好きな方などを雇用することで、人手不足の解消につながりそうです。

 

学生のアルバイトを採用するメリットや雇う場合の注意点、選考のコツなどを把握して人材の確保に役立ててみましょう。

 

出典:保育士の有効求人倍率/厚生労働省

保育補助に学生アルバイトを採用するメリット

保育補助に学生のアルバイトを採用すると人材の補充だけでなく、未来を担う保育士の育成にも役立つかもしれません。

 

ここで、採用するメリットについて詳しく紹介します。

 

人材の補充ができる

 

学生のアルバイトを採用する大きなメリットはまず、人手不足の状況を改善できるという点でしょう。

 

人材が不足すれば、職員一人ひとりに過度な業務負担がかかり、気力や体力が続かずに離職する方も増えてしまいます。

 

退職が続くとさらにまた人が足りなくなる・・・といった悪循環に陥る可能性もあることから、人員の確保は重要なことでしょう。

 

また、0歳~2歳など低年齢の子どもたちは、着替えや食事の援助など生活全般のお世話が必要になるため、適切に対応するためにも、一定の人材の確保が必要となります。

園児の安全・安心な環境を作り上げるためにも、保育補助として学生の方を雇用することも検討してみるとよいかもしれません。

 

未来を担う保育士の育成に役立つ

 

アルバイトの方の中には、養成校で資格の取得を目指している保育学生さんもいるでしょう。

 

資格取得後、働いた園にそのまま正社員として勤務するケースもあります。

学生時代から経験を積みたいと考える保育学生さんは仕事への想いが強く、働く意欲が高いことも考えられます。

 

そのため、優秀な人材の確保につながり、未来を担う保育士さんの育成にも役立ちそうです。

 

早朝や夜間の勤務を中心に雇える可能性がある

 

大学生の方は日中は学校に通うことから、早朝や夕方の勤務を希望する方もいるでしょう。

 

ちょうどその時間帯は人手が不足し、人材を確保したいと考える保育施設は多いかもしれません。

 

国が定める保育士の配置基準は、以下のように定められています。

 

  • 0歳児:子ども3人に対して保育士1人
  • 1~2歳児:子ども6人に対し保育士1人
  • 3歳児:子ども20人に対し保育士1人
  • 4歳児以上:子ども30人に対し保育士1人

 

早朝や夜間など人手不足になりやすい時間帯も、上記の基準をきちんと守ったうえで、保育補助の雇用を検討してみましょう。

 

出典:保育士養成について/厚生労働省

 

法人ご担当者さまへ採用・業務改善のご相談はこちら

 

保育補助の学生アルバイトを採用する注意点


子どもと保育アルバイト

yamasan0708/shutterstock.com

 

次に保育補助の学生のアルバイトを採用する注意点を紹介します。「働いてみるとイメージが違った」、「雰囲気が合わなかった」などのミスマッチが起こらないよう、採用するうえで気をつけることをまとめてみました。

 

勤務日数や時間を確認する

 

まずは、面接などで勤務できる時間帯のしっかり確認しましょう。

 

週にどれくらい働けるのか、勤務可能な時間帯などを聞き、勤務条件のすり合わせをしっかり行うと、採用後のトラブルの防止にも役立つでしょう。

 

電話で応募の連絡があった場合も、まずは勤務できる日数や時間帯を聞き、こちらの希望条件に合った人材なのか確認するとよさそうです。

 

学業との両立について話す

 

保育補助のアルバイトと学業の両立ができるか、きちんと確認することも大切です。学生の方は、学校でのテストや保育実習などでシフトに入れない時期もあるでしょう。

 

学校でのスケジュールを程度把握して、勤務開始後に相違がないように確認するとよいかもしれません。

 

保育方針やルールを伝える

 

子どもたちの成長をいっしょにサポートしていくうえで、保育方針を伝えておくことは、ミスマッチを防ぐためにも大切です。

 

服装や髪型のルールを設ける場合に、事前に学生さんに伝えて採用後のミスマッチを防ぐようにしましょう。

 

園の職員として雇用するために、面接などで園のルールや保育方針に理解を示す方なのか判断することも必要でしょう。

保育補助の学生アルバイトの選考のコツ

保育補助の学生アルバイトの選考のコツを把握し、面接などに活かしていきましょう。

 

言葉遣いや態度で誠実さを確認する

 

学生さんの中には敬語が上手く使えなかったり、態度が大柄になってしまったりする方もいるかもしれません。

 

保護者へ対応する際にそのような姿勢で接してしまえば、園の評価が悪くなってしまう可能性があります。

 

面接の受け応えや電話で連絡を取り合う際などは、基本的なマナーが身についているのかしっかり判断しましょう。

 

保育活動に対する意欲を聞く

 

「子どもが好き」という理由で保育園で働きたいと考える方は多いでしょう。しかし、保育士の仕事は、「子どもが好き」という気持ちだけでは務まりません。

 

保育活動は命を預かり、子どもの育成を支える重要な仕事です。

 

保育に携わるうえで大切にしたいことや志望動機などを詳しく聞き、仕事に対する意欲を確認しましょう。

 

仕事内容への理解を確認する

 

保育の仕事に対して、「子どもと遊ぶだけ」というイメージを持っている学生の方もいるかもしれません。

 

しかし、子どもと遊ぶことも大切な仕事ですが、食事や排泄の援助や園児の忘れ物チェック、保護者への受け渡しなど、さまざまな業務があることをきちんと伝えることが大切です。

 

また、園児と接するうえで心身の発達段階の知識なども必要になる場面も多いものです。

抱いているイメージとギャップがあれば、業務を開始してもすぐ辞めてしまう可能性もあります。

 

仕事内容を伝えたうえで、改めて保育に対する気持ちと意思の確認を行うことが重要でしょう。

保育補助の学生アルバイトを採用して人材の確保に活用しよう

保育補助の学生アルバイトさんを採用に向けて、資格がない若い方を雇用しても大丈夫なのかと、不安になる場合もあるでしょう。

 

選考の際は、電話の応対や面接などで「基本的なマナーができているか」、「保育活動に対する意欲があるか」などをきちんと確認して、雇うべきか合否を判断するとよいかもしれません。

 

保育補助の学生アルバイトの採用を検討し、人材の確保につなげていきましょう。

 

「6部門No.1」の保育士バンク!だからできること

保育士バンク!は、「保育士と保育園の、最高の出会いをつくる。」とMissionに掲げた、保育士向けの転職支援サービスです。

日本マーケティングリサーチ機構の2019年1月調査で、『保育士がおすすめするNo,1』『お客様満足度No,1』認知度No,1』『転職が決まりやすいNo,1』『信頼できるNo,1』『好感度No,1』の6部門を受賞いたしました。保育士さんの信頼を得ている弊社のサイトで、直接貴園の求人情報を公開して応募を募ることができます。貴園の採用成功に全力で貢献させていただきますので、ぜひご検討ください。

 

法人ご担当者さまへ採用・業務改善のご相談はこちら

 

関連する記事

【採用担当者コラム】保育士の新人研修とは。役割や研修内容、計画する際のポイント

【採用担当者コラム】保育士の新人研修とは。役割や研修内容、計画する際のポイント

人材の育成や定着化のために重要な役割を持つ「保育士の新人研修」。人手不足の保育業界において...

【採用担当コラム】まだ間に合う!22卒保育士の冬採用を成功に導くポイント

【採用担当コラム】まだ間に合う!22卒保育士の冬採用を成功に導くポイント

22卒の保育学生さんに向けて、冬採用に取り組む保育施設もあるかもしれません。次年度の人手が...

【採用担当者コラム】新卒の保育学生の内定辞退を引き止める方法。原因や防止対策

【採用担当者コラム】新卒の保育学生の内定辞退を引き止める方法。原因や防止対策

新卒の保育学生さんを採用しても、内定辞退の申し出を受けるケースがあるかもしれません。人材を...

【採用担当者コラム】保育園で内定後の面談を行う目的や内容は?質問項目や実施する際のポイント

【採用担当者コラム】保育園で内定後の面談を行う目的や内容は?質問項目や実施する際のポイント

内定者に入職意思の確認や労働条件の説明などを行う「内定後面談」。保育園での面談に向けて、事...

【採用担当者コラム】保育士面接のアイスブレイクで使える話題とは?役割と取り入れる際の注意点

【採用担当者コラム】保育士面接のアイスブレイクで使える話題とは?役割と取り入れる際の注意点

面接テクニックとしてよく耳にする言葉「アイスブレイク」。面接に関係のない天気や地域のネタを...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!