保育園で英語教育は必要?ねらいやメリット、保育士に求められるスキルなど

英語の需要が高まるなか、保育園での英語教育も浸透しつつあるようです。保育現場に導入することで、子どもにとってどんな意味があるのか、必要性やねらいなどを知りたいと考える保育士さんもいるかもしれません。今回は、保育園での英語教育について解説します。取り入れるメリットや保育士に求められるスキル、保育での活動例とあわせてみていきましょう。


英語を学ぶ子どもの写真

Mcimage/shutterstock.com

 

保育園での英語教育とは

保育園では、英語教育の需要が高まりつつあります。

 

その背景には小学校から始まる英語教育が関わっているようです。

 

具体的には、2017年の学習指導要領の改定による小学3年生からの外国語活動の必修化が影響しており、前準備として保育園や幼稚園でも英語活動を導入するようになったと言われています。

 

園によっては、英語教育の一環として専門講師を呼んだり、英会話の活動を行なったりする場合もあるようです。

保育園で英語教育を行うねらい

保育園で英語教育を行うには、以下のようなねらいが挙げられます。

 

  • 英語に親しみを持つ
  • 音楽やゲームを通して英語や外国の文化にふれる
  • 英語を使って表現することを楽しむ

 

これらのねらいを意識すれば、保育園での英語活動がより有意義なものとなるでしょう。

 

英語に親しむうちに、外国の文化について知ったり、表現することの面白さを感じたりすることにつながるかもしれませんね。

保育園で英語教育を行うメリット・デメリット

保育園から英語教育に触れるメリットとデメリットをみていきましょう。

 

メリット

リスニング力を鍛えられる

幼い頃から英語を聞いて育つことで、耳を英語に慣れさせることができると言われています。

 

日本語に慣れている人の場合、英語の発音特有の「LとR」といった細かな違いが分かりにくく、英語を正確に聞き取れるようになるまで時間がかかるようです。

 

子どもの頃から英語の発音に慣れておくことで、複雑な発音の聞き分けがスムーズに身につくようになるでしょう。

英語に対する抵抗感を持ちにくい

子どもの頃から保育園生活の中で楽しく英語にふれることで、英語に対する抵抗感を持ちにくいことも挙げられます。

 

幼い頃から英語に慣れ親しむことができれば、小学校での英語教育にも移行しやすくなるかもしれません。

吸収が早い

人間には臨界期というものが存在しており、あることを学習するには適切な発達のタイミングがあり、それを逃すとなかなか身につきにくくなるという考え方があります。

 

臨界期の期限はいつまでというのは明確にはされていませんが、言語の臨界期はおよそ12歳~13歳であり、早く学習すればより効果が表れやすいと言われています。

 

つまり、言語習得の臨界期を迎える前に英語にふれることで、よりスムーズに英語を身につきやすくなるのかもしれません。

多様性が身につく

英語活動を通して、外国の文化や暮らしにふれることもあるでしょう。

 

他国のことを知ることができれば、異文化への親しみや理解につながっていきそうです。

 

また、「英語を使って外国の人と話してみたい」という思いから、コミュニケーションへの意欲が養われたり、英語の必要性に気づいたりするという効果もありそうです。

 

デメリット

日本語の習得が遅くなる

英語教育ばかりが先行してしまい、日本語の習得が遅れるケースもあるようです。

 

具体的には、英語と日本語を混同して話してしまう、日本語でのコミュニケーションに支障をきたすなどの問題が挙げられます。

 

英語ばかりにふれるのではなく、日本語でコミュニケーションを取る時間をきちんと確保することが大切といえそうですね。

論理的思考が身につきにくい

英語と日本語をどちらも同程度に身につけようとする過程の中で、頭の中で考える言葉(思考言語)が充分に発達しないという事態に陥ってしまうこともあるかもしれません。

 

生活に必要な語彙は身についていても、抽象的な概念を理解したり、教科の学習をしたりというような高度な言語活動につまずいてしまうケースもあるようです。

 

子どもの置かれた環境を考慮し、母国語をしっかり身につけられるようなサポートをしていくことが必要ですね。

英語が苦手になる可能性も

専門講師や外国人講師に対して人見知りをしてしまうことや、英語活動についていけないことから、英語に対して抵抗感を持ってしまうこともあるかもしれません。

 

保育士さんは、子どもが楽しく、自分のペースで英語にふれていけるような関わりや見守りが必要となりそうです。

卒園すると忘れてしまう

保育園生活で英語を身につけても、卒園後に英語を使う機会がないと学んだことを忘れてしまうこともあるでしょう。

 

小学校での英語教育が開始されるのは小学3年生からであるため、その間にも定期的に英語にふれる機会を作っていけるとよいですね。

保育園の英語教育で保育士に求められるレベル

英語を学ぶ子どもの写真

maroke/shutterstock.com

 

保育園で英語教育を行うにあたって、保育士さんに求められる英語のレベルをみていきましょう。

 

簡単な日常会話ができるスピーキング力

 

英語教育に力を入れている園でも、外部の専任講師を読んで活動を行うケースが多いでしょう。

その際、保育士さんは外部講師とコミュニケーションを取りながら、子どもたちに英語の意味を伝えていくことが大切になります。

 

英語のダンスや歌、ゲームなどを取り入れた活動で使用する簡単な日常会話レベルの英語を身につけておけば、現場に入ったときに活かすことができそうです。

 

リスニング力

 

まだ字を読めない子どもたちは、耳から英語を聞き取り、学んでいくようです。

 

ダンスや歌を取り入れた活動では、保育士さん自身も英語の歌詞を歌うことがあるでしょう。

 

子どもは保育士さんの歌をお手本にするので、保育士さんは歌詞の発音を正確に聞き取り、再現する力が求められそうです。

 

保育士さんは活動の前にCDや電子辞書などを使って正確な発音を聞き、子どもたちに正しく伝えられるよう備えておきましょう。

 

英語が使えるの保育士求人一覧

 

保育園の英語教育の活動例

保育園で取り入れられる英語教育の活動例を紹介します。

 

歌やダンス

 

子どもが楽しみながら英語にふれられよう、英語の歌やダンスを導入しみましょう。

 

必要に応じて絵カードやペープサートなどを取り入れると、英語を理解する手助けになりそうです。

 

専門講師の方といっしょに行う際は、子どもが安心できるよう保育士さんがそばについていっしょに活動するとよいでしょう。

 

読み聞かせや素話

 

絵本やお話などを、英語を使って表現してみましょう。

 

保育士さんは身振りや表情を豊かにすることで、英語の意味や話の雰囲気が子どもに伝えられるかもしれません。

 

ペープサートやパネルシアターなどを使ってお話をすれば、子どもの興味や想像を引き出しやすくなりそうですね。

 

英語を使ったゲーム

 

英語を使ったゲーム遊びを活動に取り入れてみましょう。

 

たとえば、カルタでは英語で読み札を読んだり、数字をイラストに変えたビンゴカードを作って当たりのイラストを英語で発表したりなど、工夫次第でさまざまなゲームができそうです。

 

低年齢のクラスでは、英語で色を発表する色オニをしてみてもよいかもしれません。

 

このように、普段から行なっている活動内容に英語を取り入れていけば、子どもも英語に親しみやすくなりそうですね。

保育園での英語教育について知って、保育活動に活かそう

今回は、保育園の英語教育について、ねらいやメリット、活動例を紹介しました。

 

小学3年生から始まる英語教育に備えて、幼児期から英語にふれることの必要性を感じる保護者も増えているようです。

 

保育士さんは、子どもが活動を楽しみながら、英語に親しんでいけるような工夫や関わりをしていけるとよいですね。

 

保育園での英語教育について学び、保育活動に取り入れてみてくださいね。

 

英語教育重視の保育求人を紹介

 

関連する記事

保育園看護師の仕事内容とは?役割や給料、求人事情などを解説!

保育園看護師の仕事内容とは?役割や給料、求人事情などを解説!

看護師の資格を活かして働ける場所の一つに保育園があります。看護師さんは1人に限り保育士とし...

インクルーシブ保育とはどのような取り組み?保育者の役割やメリット・課題

インクルーシブ保育とはどのような取り組み?保育者の役割やメリット・課題

インクルーシブ保育とは何か、気になる保育士さんもいるでしょう。取り組みについて保育者の役割...

子育て支援センターとは?保育士の役割や施設のサポート内容

子育て支援センターとは?保育士の役割や施設のサポート内容

子育て支援センターは育児家庭をサポートする地域交流の場です。支援センター求人を目にした転職...

幼稚園教諭 一種ってどんな資格?取得方法や二種から一種への切り替え方法を解説 

幼稚園教諭 一種ってどんな資格?取得方法や二種から一種への切り替え方法を解説 

幼稚園の先生になるために、一種・二種どちらを目指すべきか悩んでいる方もいるかもしれません。...

幼稚園教諭の仕事内容とは?目的や資格など保育士との違いを比較

幼稚園教諭の仕事内容とは?目的や資格など保育士との違いを比較

幼稚園教諭の仕事内容について、知りたい方もいるでしょう。教育者として求められることや役割、...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!