冬至とは?かぼちゃを食べる意味やゆず湯に入る理由、子どもに伝える方法

冬至とは、一年のなかで太陽が出ている時間が最も短い日のことです。ゆず湯に入ったり、かぼちゃを食べたりといった習慣がありますが、風習のくわしい意味について知らない先生もいるかもしれません。今回は、冬至とはどのような日なのか、また子ども向けの簡単な説明のしかたや、保育園での過ごし方を紹介します。


ゆずをもつ子どもの手

Purino/shutterstock.com

 

冬至とは?

冬至とはどのような日なのか、意味や日にちについて簡単に紹介します。

 

冬至の意味

 

冬至とは、北半球において一年間で太陽が出ている時間が最も短い日のことです。

つまり、夜の時間が一番長い日であり、この日を境に昼の長さが長くなっていく日でもあります。

 

冬至は、太陽の黄経が270°(冬至点)に達する日で、二十四節気では22番目にあたります。

この日は太陽が最も南に偏るため、日が沈む時間が早くなり昼の長さが最も短くなるようです。

 

二十四節気とは、1年を24等分してそれぞれに季節を表す名称をつけたもので、中国の暦をもとにしています。

 

ちなみに、夏至は北半球において最も昼間の時間が長くなる日であり、この日を境に昼の長さが短くなっていく日です。

夏至も冬至も、二十四節気の一つとして、暦の上で重要な役割を果たしているのですね。

 

冬至はいつ?

 

2020年の冬至は12月21日です。

日付が固定されているわけではないため、年によって変動するものの、だいたい12月21日か22日にあたることが多いようです。

 

また、次の二十四節気の小寒が訪れる2021年1月5日までの15日間を冬至と呼ぶこともあります。

冬至の風習について

冬至の日には、全国的に有名な風習があります。ここでは、風習の意味を簡単に紹介します。

 

ゆず湯に入る意味

 

冬至の有名な風習の一つとしてゆず湯があります。

 

翌日から日が長くなることから、冬至は運気が上昇に転じる日と考えられており、「一陽来復」という考えがありました。

 

そして、運を呼び込む前の厄払いとして、古来より魔除けの色とされていた黄色いゆずを入れたお風呂に入るようになったと言われています。また、香りの強いゆずのもとでは邪気が起こらないという考えもあったそうです。

 

ほかにも、ゆず=「融通が利く」、冬至=「湯治」といった語呂合わせは縁起がよいとされ、冬至にゆず湯に入る習慣が根付いたとも伝えられています。

 

かぼちゃを食べる意味

 

かぼちゃは、ビタミンやカロチンなどを含み、栄養価が高い食材です。

 

また、夏の野菜でありながら冬まで長期保存ができることから、栄養補給や風邪などの予防としても食べられていたようです。

 

さらに、かぼちゃは「南瓜(なんきん)」とも言うため、「ん」がつく食べ物を食べると運気があがるという言い伝えも関係しているそうです。

子どもに冬至とは何かを伝える言い換え例

顔を手で隠す子ども

Purino/shutterstock.com

 

冬至の日についての子どもたちからの質問を想定した、回答例を見ていきましょう。

 

Q1:冬至ってなに?

 

答え:冬至は、一番お昼の長さが短くなる日だよ。その代わり、夜の時間が一番長くなるんだって。

 

Q2:冬至ってどんなことするの?

 

答え:かぼちゃを食べたりゆず湯に入ったりして、元気でいられることをお願いしようね。保育園でも、給食でかぼちゃを食べてみよう。

保育園での冬至の過ごし方アイデア

ここでは、保育園で簡単に取り入れられる冬至の過ごし方を紹介します。

 

どんなふうに過ごすのかわかれば、子どもたちが冬至の風習について理解することにもつながるかもしれませんね。

 

給食でかぼちゃを食べる

 

冬至にはかぼちゃを食べる風習があります。

 

そのため、給食でかぼちゃを使った料理を食べて、子どもたちに冬至の風習について説明してみましょう。

 

本来夏野菜であるかぼちゃですが、今では一年中食べることができる食材とされていますよね。

昔は夏の時期にしか収穫できなかったのに、どうして冬に食べることができるのかなども伝えられると、食育にもつながりそうです。

 

「ん」がつく食べ物探し

 

保育園で、子どもたちと「ん」がつく食べ物を考えてみましょう。

 

先述しましたが、冬至に「ん」のつくものを食べると、運を呼び込めるという言い伝えがあります。

 

これはかつて、にんじんやだいこんなど「ん」がつくものを運盛りといって、縁起をかついでいたことから語り継がれているものです。

 

「んがつく食べ物をたくさん思いついたら、いいことがあるかもしれないよ」と声をかければ、子どもたちは夢中になっていろいろな食べ物を挙げてくれるかもしれませんね。

 

なかなか思いつかない場合には、「オレンジ色で丸い果物の名前はなんだっけ?」などヒントを出して、みんなで考えられるようにするとよさそうです。

 

ゆず湯で足湯

 

冬至のもう一つの風習として、ゆず湯があります。

 

保育園でお風呂に入るのはなかなか難しいので、ゆず湯の足湯を体験してみましょう。

 

ビニールプールや桶のようなものに、お湯とゆずを入れて足湯を作ります。子どもたちには、椅子に座って足をお湯の中に入れてもらいましょう。

 

ゆず湯に入るようになった理由も合わせて伝えると、子どもたちはより冬至に対して親しみを持つことができるかもしれません。

 

また、お湯の温かさやゆずのさわやかな香りを感じることもできるため、子どもたちも足湯を楽しんでくれそうですね。

冬至とはどんな日かを子どもたちに伝えて、伝統的な風習に触れよう

今回は、冬至とはどのような日なのか、意味や風習、子ども向けの説明のしかたなどを紹介しました。

 

冬至とは北半球で昼間の長さが最も短くなる日であり、2020年の日付は12月21日となっています。健康や運気上昇を願う習慣として、かぼちゃを食べたりゆず湯に入ったりするようです。

 

保育園でも、伝統的な過ごし方を体験しながら、子どもたちに簡単な言葉で冬至について説明してみましょう。

 

行事重視の保育求人を紹介

 

関連する記事

【幼児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

【幼児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

子どもたちの造形活動の成果を披露する一大イベント、作品展。今回、保育士バンク!公式インスタ...

【乳児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

【乳児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

保育園の秋冬のビッグイベントの一つといえば、作品展!子どもたちの製作を展示する大切な場です...

保育園で宿鬼をしよう!遊び方やルール、より楽しむためのポイントなど

保育園で宿鬼をしよう!遊び方やルール、より楽しむためのポイントなど

鬼ごっこの一つ、宿鬼を保育に導入してみましょう。ルールを守りながら身体を動かす集団遊びを行...

保育園で活用できる11月のおたより文例。季節の書き出しや保護者へのお願いなど

保育園で活用できる11月のおたより文例。季節の書き出しや保護者へのお願いなど

冬の訪れを感じ始める11月。毎月のおたより作成に悩む保育士さんもいるでしょう。季節の挨拶や...

【年齢別】保育に導入できる劇遊びの題材10選!絵本や歌を活用したアイデア

【年齢別】保育に導入できる劇遊びの題材10選!絵本や歌を活用したアイデア

劇遊びに使える題材にはどのようなものがあるでしょうか。子どもに人気のある絵本のストーリーや...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!