子どもが夢中になる紙芝居の読み方のポイント!保育に活用できる読み聞かせのコツ

行事やイベントのとき、大人数に向けて読み聞かせることの多い紙芝居。読み方のポイントやコツを押さえられていないと、子どもたちの反応も薄く、いまいち盛り上がりに欠けてしまうかもしれません。今回は、保育士さんが実践したい、子どもたちが夢中になる紙芝居の読み方のポイントや、演じるときのコツを紹介します。


子どもたちに紙芝居を読み聞かせる先生

JenJ Payless2/shutterstock.com


子どもたちが夢中になる紙芝居の読み方を知ろう

紙芝居とは、日本で古くから親しまれている子ども向けの読み聞かせの一つです。


読み手が一枚ずつ絵を見せながら、ナレーションやセリフを読み聞かせて物語を進めていくスタイルが特徴で、絵本のように表の絵には文字が記されていません。


また、一枚ずつ舞台にセットし、場面が変わるごとに絵を引き抜くのも紙芝居ならではの特色と言えるでしょう。


保育園では、行事やイベントはもちろん、室内遊びなど普段の保育のときでも大人数の子どもたちに向けて読み聞かせを行うことが多いかもしれません。


子どもたちにもっと盛り上がってもらうためには、どんなポイントを押さえて紙芝居を読み聞かせるとよいのでしょうか。

紙芝居の読み方のポイント

ここでは、子どもたちが集中しやすくなる紙芝居の読み方のポイントを紹介します。



しっかり下読みをしておく


紙芝居を読み聞かせるときは、事前にしっかりと下読みを行い、準備しておきましょう。


紙芝居で重要となるのは、読み手の演技です。

しっかりとストーリーの順番や場面の切り替えを把握できていないと、本番で手間取ってしまうこともあるかもしれません。


また、上手く切り替えができなかったり絵の順番がバラバラだったりすると、子どもたちも集中しづらくなってしまうでしょう。


さらに大きな絵を一枚ずつ抜き差しするため、持ち手を安定させるのが難しいかもしれません。


あらかじめ読み方だけでなく、絵の持ち方も練習しておくと、スムーズに読み聞かせることができそうですね。



子ども全員から見える位置で読む


子どもたちが集中して紙芝居を楽しめるように、先生は全員からの見え方を意識しましょう。


イラストが見切れてしまったり、角度によって絵がうまく見えなかったりすると、子どもたちが物語の世界に入りにくくなってしまうかもしれません。


保育園で大人数に向けて読む際は、子どもたちの視線よりも高く全員から見やすい場所を事前に探しておくとよさそうです。



舞台装置を効果的に用いる


子どもたちの意識をぐっと引き込みたい場合は、舞台装置を用いるとよさそうです。


紙芝居の専用舞台には額縁がついているため、物語の雰囲気を作りやすくなるでしょう。

また、絵を持つ先生の手も見えにくくなるので、子どもたちもイラストに集中しやすくなるかもしれません。


舞台を開けば、「これからはじまるぞ」といったドキドキ感も演出できるため、子どもたちが物語の世界に引き込まれやすくなりそうですね。

紙芝居で子どもたちを惹きつけるコツ

紙芝居を見る子どもたち

JenJ Payless2/shutterstock.com


先ほどもお伝えしたように、紙芝居は読み手の演技が重要になります。

子どもたちが惹きつけられる読み方のコツをきちんと押さえておきましょう。



声に抑揚をつける


紙芝居を読み聞かせるときは、一本調子にならないように声に抑揚をつけることを意識しましょう。


読むスピードに緩急をつけたり場面によって声のトーンを変えたりと、声の出し方や強弱を工夫することが大切です。


また、キャラクターによって声を変えたり登場人物の感情に合わせた喜怒哀楽の演技をしたりすることもポイントになります。


ナレーションやセリフにメリハリをつけることで、子どもたちにどんなシーンなのかが伝わりやすくなり、感情移入もしやすくなるでしょう。



紙の引き抜き方を工夫する


紙芝居の特徴といえば、一枚一枚紙を引き抜くことによる場面転換。

紙芝居は読み方だけでなく、紙の抜き方も重要となります。


紙を素早く抜いたり途中で止めたりと、バリエーションを持たせることで、子どもたちも物語に集中しやすくなるでしょう。


紙芝居の裏面には場面に合わせた引き抜き方が記されているので、基本的にはその指示に従うとよいかもしれません。


紙の抜き方を意識するためには、物語を下読みしてしっかりと練習しておくことが大切になりそうですね。



間を作る


紙芝居を読み聞かせるときは、「間」の作り方を意識してみましょう。


セリフとセリフのあいだや、シーンが終わった後に一呼吸置くことで、効果的に「間」を演出することができます。


間を作ることで、場面の終わりに余韻をもたせることができたり、「次はどんな展開になるんだろう」といった期待感を生んだりすることができるかもしれません。


物語が盛り上がっているときは間を作りすぎず、一方でひとつの出来事が終わったあとは長めの間を作るなど、シーンにあわせて間の作り方を工夫すると、よりストーリーが面白くなりそうです。

紙芝居の読み方のポイントを押さえて、子どもたちを惹きつけよう

今回は、保育園で役立つ紙芝居の読み方のポイントや、子どもたちを引き込むためのコツを紹介しました。


紙芝居は、保育園の季節行事やイベントなど、さまざまなシーンで活躍する一方で、大人数に向けて行うことも多いため、子どもたちが盛り上がっているのか反応が気になってしまいますよね。


紙芝居のストーリーをきちんと子どもたちに届けるためには、下準備を丁寧に行ったり、舞台装置を用意したりすると、子どもたちが集中しやすくなるでしょう。


また、声に抑揚をつけたり適度に間を作ったりして、子どもたちが物語に引き込まれるような工夫をすることも、紙芝居を読み聞かせるうえでの重要なコツと言えそうです。


今回紹介した読み方のポイントやコツを押さえて、子どもたちが惹きつけられるような紙芝居の読み聞かせに挑戦してみてくださいね。



自分に合った保育求人を紹介



関連する記事

保育園でクリスマスブーツを作ろう!1歳児から楽しめる製作や立体的なアイデア

保育園でクリスマスブーツを作ろう!1歳児から楽しめる製作や立体的なアイデア

冬が近づくと、クリスマスの代表的なモチーフであるブーツの製作を取り入れる保育園もあるのでは...

十字鬼を楽しもう!保育園で遊べる鬼ごっこのルールとやり方アレンジ

十字鬼を楽しもう!保育園で遊べる鬼ごっこのルールとやり方アレンジ

保育園で子どもといっしょに十字鬼を楽しむために、遊び方のアイデアを探している保育士さんもい...

異年齢児保育とは?ねらいや意味、メリット・デメリットをわかりやすく解説!

異年齢児保育とは?ねらいや意味、メリット・デメリットをわかりやすく解説!

異年齢児保育とは、縦割り保育とも呼ばれ、年齢の異なる子どもを同じクラスで保育することです。...

【0歳児~5歳児向け】製作の指導案の書き方とは?ねらいや援助方法の文例

【0歳児~5歳児向け】製作の指導案の書き方とは?ねらいや援助方法の文例

製作活動に向けて指導案を書く保育士さんも多いことでしょう。保育園で子どもたちが楽しく活動で...

秋を楽しむ!自然物を使った製作15選。どんぐりやまつぼっくりで季節を味わおう

秋を楽しむ!自然物を使った製作15選。どんぐりやまつぼっくりで季節を味わおう

どんぐりや落ち葉などさまざまな自然に出会える秋。これらの自然物を使って、保育園で季節感のあ...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!