ベビーシッターになるには?資格や仕事内容、向いている人の特徴

ベビーシッターになるにはどうしたらいいのか知りたい方もいるでしょう。利用者の個人宅などで子どもを預かる職種として、時間の融通が利くことや比較的高収入であることなどから、人気の仕事のようです。今回は、ベビーシッターになるにはどうしたらいいのか、資格や仕事内容、仕事の探し方などを紹介します。


寝ている子ども

yamasan0708/shutterstock.com

 

ベビーシッターとして働いてみよう

保育士や幼稚園教諭としての経験を活かして働ける職業の一つに、ベビーシッターがあります。

 

ベビーシッターとは、利用者の個人宅や託児所などで子どもを預かり、保育や身の回りのお世話などをする仕事です。

 

主に0歳児から12歳児くらいまでの幅広い年齢の子どもを対象としており、保育だけでなく教育を行うこともあるようです。

 

一般的に勤務時間の融通が利きやすいため、自分の都合にあわせて働きたい方などに人気を集めている仕事と言われています。

 

ベビーシッターになるにはどうしたらよいのでしょうか。

ベビーシッターになるには?

ベビーシッターとして働くには、主に3つの方法があります。一つずつ見ていきましょう。

 

個人事業主として開業する

 

ベビーシッターになるための方法として、個人事業主として開業する方法があります。

 

この場合、特別な資格などは必要ないため、個人でも仕事を始めることができるようです。

 

時間や料金を自由に設定できるといったメリットがある一方、最初のうちは実績が少ないことから、利用者の信頼を得ることが難しいといった懸念点も挙げられます。

 

また、利用者が定着するまでは収入が不安定という問題もあります。

仕事のやり方や働き方の面では自由度が高いものの、あらゆることを一人で行う必要があるため、その分負担が大きいのが特徴と言えるかもしれません。

 

派遣会社に登録して仕事を紹介してもらう

 

ベビーシッターになるための方法として、ベビーシッターの派遣事業を行っている会社に登録して働くという方法があります。

 

派遣会社に登録すると、自身の希望やスキルに合った仕事を会社側から紹介してくれるため、安定して仕事を得られるというメリットが挙げられるでしょう。

 

また、経験が浅い方向けに研修を行っているところもあるため、これからベビーシッターとして働きたいと考える方にぴったりな方法かもしれません。

 

マッチングサービスに登録する

 

マッチングサービスとは、ベビーシッターと利用者を直接つないでくれるサービスのことです。

 

登録すれば、自分の好きなタイミングで働くことができるという特徴があります。

すきま時間を有効的に使いたい方や、フルタイムで働きたい方など、自分の希望にあわせた働き方を実現できるというメリットがあるでしょう。

 

また、登録が無料というところも多く、自分のスキルに合わせて料金を設定できる場合もあるようです。

 

仕事を続けていくうちに、利用者の方がリピーターとなってくれるようになるのも、マッチングサービスに登録して働く利点と言えそうです。

 

ベビーシッターになるにはいくつかの方法があることがわかりましたが、そもそも働くうえで資格は必要なのでしょうか。

ベビーシッターになるには資格が必要?

お母さんと子ども

takayuki/shutterstock.com

 

ベビーシッターは、基本的に資格は必要ないとされています。

そのため、派遣会社やマッチングサービスに登録する場合は、未経験であっても決められた研修を受講すれば働くことができます。

 

ただし、保育士資格や幼稚園教諭免許、看護師資格のいずれかを持っていないとベビーシッターとして登録できないサービスもあるようです。また、子育て経験や保育に携わった経験があると、リピーターがつきやすいなど、働くうえで有利になることもあるかもしれません。

 

保育士資格や幼稚園教諭免許などの所持は必須ではないものの、持っておくと働き始めるときなどに役立ちそうです。

 

また、ベビーシッター専門の民間資格もあるので、いずれの資格も持っていない方は取得を検討してみてもよいかもしれませんね。

ベビーシッターの仕事内容

先述したとおり、ベビーシッターは利用者の個人宅や託児所などで0歳から12歳までの子どもを預かる仕事です。

 

一般的に、子どもの身の回りのお世話や遊び相手など、利用者からの依頼内容に応じたサービスを提供します。また、保育園や幼稚園などの送り迎えや、家事代行サービスを行っている場合もあります。

 

さらに、音楽や英語を教えたり習い事の面倒を見たりと、家庭教師のような役割を担っている方もいるようです。

 

ベビーシッターは基本的に個人宅が勤務場所となりますが、ほかにも民間の託児所や企業のイベントスペースなどで働くこともあるため、最近は働ける場所が増えつつあるのかもしれません。

ベビーシッターの働き方

ここでは、ベビーシッターの働き方について紹介します。

 

雇用形態

 

ベビーシッターの最もスタンダードな働き方は、派遣会社に登録することでしょう。

その場合、基本的にアルバイトやパート、派遣などの雇用形態で働くことが多いかもしれません。

 

正社員はほとんどいないと言われていますが、保育園やベビールームなどの施設で正社員として勤める働き方もあるようです。

 

なかには、ベビーシッターとして子育てや保育のスキルを身につけたあとで、個人事業主となるというパターンもあるかもしれません。

 

給料

 

ベビーシッターはアルバイトやパートで働く方が多いため、時給制が一般的になります。

 

だいたい1000円から1500円程度が相場のようですが、利用者から人気があるベビーシッターの場合は2000円から2500円程度となるケースもあるようです。

 

経験が豊富だったり人柄が親しみやすかったりと、利用者から信頼を得ることができればさらに高い収入が期待できるかもしれません。

 

派遣会社やサービスによって異なりますが、これまでの実績やスキル、資格の有無によって報酬が上乗せになることもあるようです。

ベビーシッターに向いている人の特徴

赤ちゃんとお母さん

yamasan0708/shutterstock.com

 

ベビーシッターにはどのような人が向いているのか、特徴をまとめました。

 

子育て・保育経験がある人

 

子育ての経験や、保育に携わった経験などがあれば、自身のノウハウを活かして働くことができるでしょう。

 

とくに個人事業主として開業する場合は、仕事を一から自分で見つけなければならないため、利用者を獲得するためには自身の経験やスキルが重要になってくるかもしれません。

 

また、派遣会社やマッチングサービスに登録した場合でも、子どもとかかわった経験があれば利用者に安心してもらいやすくなるでしょう。

 

ほかにも、仕事の依頼を受けやすかったりマッチングしやすかったりするメリットが考えられるため、保育の経験を活かして働きたい人に向いている仕事と言えそうです。

 

体力がある人

 

ベビーシッターだけに限る話ではないものの、子どもとかかわる仕事をするうえで体力があることは重要になるでしょう。

 

子どもと遊ぶだけでなく、赤ちゃんであれば抱っこやおんぶをしたり入浴介助をしたりすることもあるかもしれません。

 

また、サービスによっては送迎や家事代行などを行っていることもあるので、体が丈夫であることは大切なポイントと言えそうです。

 

責任感のある人

 

ベビーシッターは、利用者の子どもを安全に預かることが最も大切になります。

利用時間中にけがをしたり事故に遭ったりしないように、細心の注意を払う必要があるでしょう。

 

大事な子どもを預かっているということに対し、責任を感じて仕事に向き合う人であれば、利用者からの信頼も得やすいかもしれません。

 

子どもから目を離さないようにすることはもちろん、もしものことがあったときには迅速に対処することなどが大切になりそうですね。

ベビーシッターになるための方法を知り、働く選択肢に取り入れてみよう

今回は、ベビーシッターになるにはどうしたらいいのか、また資格や仕事内容などを紹介しました。

 

ベビーシッターになるには、個人事業主になるか、派遣会社やマッチングサービスに登録して働く方法があります。働くうえで資格は必須ではないものの、持っている方が有利に働くことが多いでしょう。

 

子どもの身の回りのお世話をしたり利用者の希望に応じたサービスを提供したりするのが一般的な仕事内容で、近年はイベントスペースや託児所など働ける場所も広がりつつあるようです。

 

ベビーシッターになるための方法や資格について知り、転職する際の選択肢の一つとして考えてみてもよいかもしれませんね。

 

気になる保育求人を紹介

 

関連する記事

保育園看護師の仕事内容とは?役割や給料、求人事情などを解説!

保育園看護師の仕事内容とは?役割や給料、求人事情などを解説!

看護師の資格を活かして働ける場所の一つに保育園があります。看護師さんは1人に限り保育士とし...

インクルーシブ保育とはどのような取り組み?保育者の役割やメリット・課題

インクルーシブ保育とはどのような取り組み?保育者の役割やメリット・課題

インクルーシブ保育とは何か、気になる保育士さんもいるでしょう。取り組みについて保育者の役割...

子育て支援センターとは?保育士の役割や施設のサポート内容

子育て支援センターとは?保育士の役割や施設のサポート内容

子育て支援センターは育児家庭をサポートする地域交流の場です。支援センター求人を目にした転職...

幼稚園教諭 一種ってどんな資格?取得方法や二種から一種への切り替え方法を解説 

幼稚園教諭 一種ってどんな資格?取得方法や二種から一種への切り替え方法を解説 

幼稚園の先生になるために、一種・二種どちらを目指すべきか悩んでいる方もいるかもしれません。...

幼稚園教諭の仕事内容とは?目的や資格など保育士との違いを比較

幼稚園教諭の仕事内容とは?目的や資格など保育士との違いを比較

幼稚園教諭の仕事内容について、知りたい方もいるでしょう。教育者として求められることや役割、...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!