【2021例文集】保育士の転職に役立つ自己PR!責任感や関係構築力をアピールするポイント

転職活動に活用できる保育士の自己PRの例文を知りたいという方もいるでしょう。コツコツ取り組む真面目さや責任感の強さなど、どのように書けば自身の長所や経験をきちんとアピールできるのでしょうか。今回は、保育士の転職における自己PRで、これまでの実績やスキル、強みなどを伝える例文を紹介します。


スーツを着た女性

milatas/shutterstock.com

 

自分の長所をアピールできる自己PRを作成しよう

自己PRとは、自身のスキルや強みなどを採用側に伝えるためのものです。転職活動の履歴書や面接などで求められることが多いでしょう。

 

自己PRは、自身が魅力的な人材であることをアピールし、採用したいと思ってもらうための材料になります。そのため、自身の経験や実績、長所などがきちんと伝わる文章を作成することが大切になるでしょう。

 

しかし、自己分析や他己分析によって見つけ出した自身の客観的なアピールポイントを、どのようにまとめればよいのか悩むかもしれません。

 

まずは、自己PRの書き方や作成するときのポイントを確認しましょう。

保育士の転職における自己PRの書き方

ここでは、転職活動における自己PRを作成するときの基本的なポイントを紹介します。

 

具体的なエピソードとあわせて伝える

 

自己PRでは、自分ができることや得意なことなどをアピールすることもあるでしょう。

しかし、単に「〇〇ができます」「〇〇が得意です」などと説明しても、説得力に欠けてしまうかもしれません。

 

しっかりとエピソードや根拠となる事柄を示し、「△△という経験から、〇〇ができます」のように伝えると、採用側に納得してもらいやすい自己PRを作成できそうです。

 

保育士の仕事で活かせるスキルや長所をアピールする

 

自己PRで伝えることができる長所やスキルはさまざまあるでしょう。

 

しかし、「前職では経理の仕事をしていたので、数字に強いです」など、保育士の仕事に直接関連しないようなものを伝えてしまうと、採用側の印象に残りにくいかもしれません。

 

そのため、「子どもが好き」「いろいろな人と話をしたり聞いたりすることが得意」など、保育の現場で活かせそうなものを選んでアピールしていきましょう。

 

今後の仕事にどのように活かせるのか伝える

 

自身の強みを仕事のなかでどう活かせるのか、どう園に貢献できるのかもあわせて伝えましょう。

 

「〇〇が得意です」のみで完結してしまう自己PRよりも、「自身の〇〇といったスキルを活かして、子どもや保護者と関わっていきたいです」と伝える方が、将来を見据えている印象を与え、採用後のイメージをもってもらいやすいかもしれません。

 

保育士の仕事を通して成し遂げたいことや目標などをいっしょに伝えることで、魅力的な人材であるという印象付けができそうですね。

【経験・スキル編】保育士の転職に活かせる自己PRの例文

ペンを持つ手元

Africa Studio/shutterstock.com

 

ここでは、保育士として働いた経験がある場合と、異業種から保育士を目指して転職する場合の自己PRの例文を紹介します。

 

保育経験者がこれまでの実績をアピールする例文

 

私は、前職で行事やイベントのリーダーを経験しており、企画から準備、運営などすべての工程に携わっていました。はじめてリーダーになった年は、前年度に多くの職員が退職していたため、必要な役割や仕事に不透明な部分があり、全員が共通認識を持てていない状況でした。


それを改善するために、全員が同じレベルで理解できることを目標に、行事ごとの運営ノウハウをまとめた資料を作成しました。それをもとに準備や当日の運営を進めたことで、職員間の連携がスムーズになり、1年間の行事を無事に終えることができました。


この経験から、貴園においても職員同士のコミュニケーションを大切にしつつ、効率的に仕事を進めるための心がけを大切にしていきたいと思います。

 

保育士経験がある場合、以前の園での課題やそれに対する取り組みなどがあればアピール材料となるでしょう。

 

保育の現場で実際に行った具体的な仕事や役割などを明確にすると、「採用した後に活躍してくれそう」というイメージを与えられそうです。

 

未経験者がこれまでの経験をアピールする例文

 

私は一般企業に就職し、3年間住宅を販売する営業職の仕事をしておりました。


はじめは売ることばかりに意識が向いてしまい、お客様ときちんと向き合うことができていない状況でした。しかし、お役様の声にしっかりと耳を傾けるうちに、どんなニーズを持っているのか、どんな将来像を描いているのかなどが見えてくるようになり、お客様の希望にあった住宅を提案できるようになりました。


常にお客様に寄り添う意識をもちながら仕事を進めた結果、1年目と比較して営業成績を1.5倍にすることができました。この経験を活かし、貴園でも子どもや保護者の声だけでなく、気持ちに寄り添いながら保育に向き合っていきたいと考えております。

 

未経験者の場合、これまでにどのような仕事を行ってきたのか、またどんな風に仕事に取り組んでいたのかなどを伝えましょう。

 

そのうえで、コミュニケーション力などの保育士の仕事にも活かせる部分をアピールすれば、子どもだけでなく保護者対応も安心して任せられそうといった印象を持ってもらえるかもしれませんね。

【長所・強み編】保育士の転職に活かせる自己PRの例文

笑顔の女性

takayuki/shutterstock.com

 

ここでは、自身の長所や強みを具体的にアピールするための自己PRの例文を紹介します。

 

前向きさをアピールする例文

 

私の長所は常に前向きであることです。


前園には新卒保育士として入職し、3年間勤めていました。入職した当時は、書類作業で細かいミスを何度も繰り返してしまい、そのたびに先輩から注意を受けていました。しかし、ただ『できていない』『ダメ』と指摘するだけでなく、どうすればよかったのかまで掘り下げて指導してくださった先輩のおかげで、自分にとって成長できるチャンスだと捉えることができました。


それからは、指摘された点をノートにまとめ、上手くできない部分については積極的に質問するなど、ミスを減らすように意識しながら取り組んでいます。貴園においても、子どもとのかかわりや保育のなかで困難なことに直面しても、常に前向きな姿勢をもって仕事を進めていきたいと思います。

 

積極性や前向きな面を長所としてアピールする場合は、前向きな姿勢でどんなことを行ったのか、どんな困難を切り開いたのかなども伝えられると説得力が増しそうですね。

 

責任感の強さをアピールする例文

 

私は、自ら始めたことを最後までやりぬく責任感があります。


前園に勤めていた際、とある保護者の方から『子どもの様子をもっと見たい』という要望がありました。そこで保護者からの要望を元に、保育園のブログを作り写真を掲載することを主任に提案した結果、園のホームページを開設することができました。
しかしパソコン作業に不慣れな職員も多かったため、私が基本的な操作や写真のアップロードのしかたなどを一から教えました。そして、退職するまでブログ更新の担当者として、写真撮影や新人さんへのレクチャーなどを努めておりました。
自ら始めたことを最後までやり抜くという経験をもとに、貴園においても、自分が行っている仕事に対して責任をもち、よりよい保育の実現に貢献していきたいと思います。

 

責任感の強さをアピールする場合は、単に自分の仕事をやりきったということのみで完結しないようにしましょう。

 

「与えられた仕事をこなすのは当たり前」と捉えられてしまう可能性があるので、自ら挑戦した事柄をやり遂げたエピソードがあるとよいかもしれません。

 

コツコツ取り組む真面目さをアピールする例文

 

私は、何事にもコツコツ取り組むことができます。


もともとピアノが好きだったため、前職ではリトミックに力を入れていた保育園に入職しました。子どもが音楽にあわせて楽しそうに歌ったり、身体を動かしたりする姿を見てとてもやりがいを感じ、もっとさまざまな音楽や楽器にふれてもらう機会を作りたいと考えました。


そこで、主任保育士にお話をして新しい楽器を揃えてもらい、自分も上手く演奏できるようになろうと毎日練習を積み重ねました。その結果、子どもだけでなく保護者の方からも好評をいただくことができました。はじめは歌やピアノのみを得意としていましたが、今ではタンバリンやカスタネットなどの打楽器を使った演奏にも自信があります。


このように、私は自身で決めた目標に向かってコツコツと取り組むことができます。貴園でも、子どもが毎日楽しく活動できるように、真面目に保育と向き合っていきたいと思います。

 

コツコツ取り組むことを長所としてアピールする場合は、きっかけやどんな結果を残すことができたのかなどをくわしく伝えるようにしましょう。

 

目標を設定して達成した話や、周りから真面目さを評価された話などを根拠とすると、具体性があってよいかもしれません。

 

関係構築力をアピールする例文

 

私の強みは、信頼関係構築力です。

前園に勤めていた際、1歳児クラスで2人の同僚保育士と複数担任を経験しました。


私ははじめて複数担任を経験したので、はじめの頃は他の職員と認識の違いがあったりうまく連携を取れなかったりする状況でした。原因として、話し合いの場を設けられていなかったことで、現状の把握や共有が不足していたことに気づきました。


それを踏まえ、クラス運営のしかたや気になることについてお互いに話し合う時間を毎朝確保することにしました。その場で必要な事柄を確認したり相談したりするようにしてから、お互いに歩み寄る姿勢を持つようになり、信頼関係を築くことができるようになりました。


貴園においても、定期的な意見交換や困ったときの助け合いなど、職員の方と円滑に仕事を進めていくための努力を惜しまずに、保育の仕事に邁進したいと思います。

 

関係構築力は、対話力やコミュニケーション能力にもつながる性質なので、チームワークが大切と言われる保育士の仕事の中で求められやすい素質かもしれません。

 

強みとしてアピールする場合は、どんな風に関係を築いたのか、またチーム力を高めたことによるプラスな結果について具体的に書くとよさそうです。

 

協調性をアピールする例文

 

私の強みは、相手の意見や立場を尊重しながら目標に向かう協調性があることです。


4年間勤めていた前園では、職員会議の時間に書記を担当しておりました。さまざまな意見が飛び交うなかで、時間内に話の着地点を見つけられないこともあり、しばしば問題となっていました。


そこで、職員の話の共通点を見つけ出し、意見を端的に要約することに努めました。職員同士が同じ意見をもっていることに気づけたことで、会議全体の雰囲気も柔らかくなり、スムーズに議題について話し合えるようになりました。


貴園においても、他者の意見に寄り添いながら、職員の方たちと協力して保育にあたっていきたいと思います。

 

協調性があることをアピールする場合、具体的にどんなシーンで発揮されたのか、またその結果事態がどう変化したのかについても言及しましょう。

 

また、保育士の仕事の中で協調性が求められそうな場面について触れれば、「難しい状況でも協調性を活かして仕事に取り組んでくれるかもしれない」といった期待をもってもらえるかもしれませんね。

自己PRの例文を保育士の転職活動に活かそう

今回は、保育士の転職に役立つ自己PRの例文を紹介しました。

 

企業や園が自己PRを求めるのは、応募者が求める人材とマッチしているのか、また採用後に活躍してくれそうかなどを見るためと言われています。

 

そのため、自身のアピールポイントをしっかり把握したうえで、魅力的だと思ってもらえるような説得力のある文章を作成することが大切になるしょう。

 

責任感の強さや関係構築力、協調性などは保育士の仕事に活かせる強みとなります。未経験の方でもこれまでの経験や長所をしっかりと伝えて、転職活動をスムーズに進められるとよいですね。

 

自分に合った保育求人を紹介

 

関連する記事

【保育士の転職】不採用の理由を聞くのはOK?考えられる原因や対処法

【保育士の転職】不採用の理由を聞くのはOK?考えられる原因や対処法

保育士の転職活動で不採用になった場合、理由を知りたいと思う方もいるでしょう。選考結果の理由...

保育士さんが転職に失敗する理由とは。失敗談の例や成功するために気をつけるポイント

保育士さんが転職に失敗する理由とは。失敗談の例や成功するために気をつけるポイント

転職活動中の保育士さんの中には、自身の希望に合う保育園探しに苦労している方もいるしょう。給...

保育士さんの転職。なぜ面接に落ちたのか、不採用の理由と今後の対策アイデア

保育士さんの転職。なぜ面接に落ちたのか、不採用の理由と今後の対策アイデア

転職を目指して面接を受けてもなかなか合格にならず、悩んでいる保育士さんもいるでしょう。不採...

【2021年最新版】保育士の職務経歴書の書き方ガイド。転職に役立つ職務内容や自己PRの例文

【2021年最新版】保育士の職務経歴書の書き方ガイド。転職に役立つ職務内容や自己PRの例文

転職活動の際に求められる職務経歴書は、保育士としてのキャリアや自己PRを盛り込んで自身をア...

【2021年最新版】保育士の面接対策!よく聞かれることや質問への回答例文

【2021年最新版】保育士の面接対策!よく聞かれることや質問への回答例文

保育士さんが転職活動をするうえで重要な面接。自身の人柄を上手にアピールするためには、自己紹...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!