保育士の試用期間とは。仕事内容や福利厚生、残業などの取り扱い

試用期間とはどのようなものか知りたい保育士さんもいるでしょう。仕事内容に変化はあるのか、試用期間中に解雇されることはあるのかなど、気になることもあるかもしれません。今回は、保育士さんの試用期間における給料や残業時間の取り扱いについて紹介します。また、気をつけたいトラブル時の対処法もまとめました。


悩む就活生の写真

mapo_japan/shutterstock.com

 

保育士の試用期間とは

保育士として雇用されるとき、試用期間が設けられていることがあるでしょう。

そもそも試用期間とはどのようなものなのか、意味や目的について説明します。

 

試用期間の意味

 

雇用契約における試用期間とは、長期雇用を前提として設定されるお試しの期間です。一般的に3カ月程度と言われ、短いところでは2週間程度のこともあるようです。実際、試用期間を設けている保育園の求人もあります。

 

保育園によって具体的な期間は異なるため、試用期間が設けられた際には入職書類に記載されている内容を確認しましょう。

 

試用期間を設ける目的

 

試用期間は、雇用側にとって短期間で保育士さんの適性を見極めることが難しいことから、本採用前に試験的に雇用するために設けられています。

 

試用期間は正社員やアルバイト、パートを問わず設定されることがあり、雇用側がスキルや勤務態度などを評価判断している期間であるといえるでしょう。

 

正社員であれば、試用期間を終えてからクラスを任されることがあるかもしれません。

担任保育士の動きや保育の流れを身につけておくと、自信がもてそうですね。

 

試用期間の概要を踏まえたうえで、期間中の解雇や退職事情についてくわしくみていきましょう。

保育士の試用期間中の解雇や退職について

保育士さんが試用期間中に解雇されることがあるのかや、退職したいときの対応について説明します。

 

試用期間中に解雇されることはある?

 

試用期間中に即日解雇されることはあるのか心配している保育士さんもいるかもしれません。

 

基本的に、雇用側はたとえ試用期間であっても、正当な理由がなければ解雇することはできないようです。

 

ただし、勤務態度が著しく悪かったり、無断欠勤が多かったりすると試用期間中でも解雇される可能性があるため気をつけましょう。

 

試用期間内に退職できる?

 

保育士として採用となったものの、思い描いていた職場ではなかったなどの理由で、働く意欲がなくなることがあるかもしれません。

 

働くことのストレスにより体調を崩すようであれば、早めに見切りをつけて転職活動をしたほうがよいと考えることもあるでしょう。

 

試用期間中でも退職は可能なようですが、原則として退職を希望する日の2週間前までに意思表示をする必要があるようです。

保育園の就業規則を確認しながら退職日を決めると、円満に退職できるかもしれません。

 

なお、試用期間は本採用が前提とされているため、退職した旨は履歴書に記載しないと経歴詐称とみなされる場合があるようなので、転職活動をする際は注意するようにしましょう。

試用期間中の保育士の給料や福利厚生

悩む就活生の写真

miya227/shutterstock.com

 

ここでは、保育士の試用期間中における給与や残業代、福利厚生についてまとめました。

 

試用期間中の給料

 

試用期間中は、アルバイトやパート保育士の場合、本採用より給料が下回ることもあるようです。

とはいえ、都道府県の地域別最低賃金は保証されるため、給料がいくら支払われるのかしっかり確認することが大切です。

 

また、アルバイトやパートとして雇用される場合でも試用期間中に残業が発生することもあり、その場合は残業代も支払われることになっています。

 

試用期間中の福利厚生

 

条件に該当しない一部の労働者を除き、雇用側は労働者に対して厚生年金などの各種社会保険に加入させる義務があるようです。そのため、正社員だけでなくパート保育士であっても、条件を満たしていれば社会保険に加入することができます。

 

試用期間中の労働日も有給休暇取得にカウントされることになっているため、6カ月を超えるときは期間中でも有休を取得できるでしょう。

保育士の試用期間中に起こりうるトラブルと対処方法

試用期間中には、気をつけないといけない事例がいくつか考えられます。

ここでは、トラブルが起きたときの対処法についてまとめました。

 

突然の解雇

 

試用期間中であっても本採用に至らないと判断されれば、突然解雇されるケースがあるようです。

 

解雇される条件として、勤務態度が悪かったり、出勤率が90%に満たなかったり、無断欠勤が続いたりと、保育士として不適任だと判断された場合などが挙げられるでしょう。

 

基本的に、雇用側は正当な理由がなければ容易に解雇はできないこととなっています。しかし、学歴や職歴、犯罪歴などで重大な経歴詐称をしていた場合は解雇になる可能性があるため注意が必要です。

 

本採用の拒否

 

試用期間が終わったタイミングで本採用の見送りを告げられるケースもあるようです。しかし、雇用側に正当な理由がない限り、原則本採用の拒否は認められません。

 

本採用を拒否されるような心あたりがない場合は、雇用側の認識が不十分なのかもしれません。保育園側ときちんと話し合う必要があるでしょう。

 

試用期間の延長

 

試用期間が途中で延長されることがあるかもしれません。

就業規則や雇用契約書であらかじめ定められていたり、合理的な理由があれば従う必要があったりするようです。

 

求人情報でどのような条件が記載されていたのか調べるなどして、雇用側の勝手な判断で試用期間が延長されていないか、確認するようにしましょう。

保育士の試用期間について知り、転職活動に役立てよう

今回は、保育士の試用期間について、仕事内容や給料事情などを説明しました。

 

試用期間は、雇用側が採用者の適性を判断するために設けている試験的な期間です。

期間中の給料や残業、解雇や退職に関する基本的なルールを知っておけば、万が一雇用側とトラブルがあった際に正しく対処できるかもしれません。

 

アルバイトやパートとして働く場合であっても、子どもや保護者にとってはほかの保育士と同じです。

たとえ試用期間中でも、本採用と変わらない意識をもって保育に従事するように心掛けましょう。

 

試用期間のもつ目的や意味を正しく理解し、保育士として気持ちよく働けるとよいですね。

 

持ち帰り残業なしの保育求人を紹介

 

関連する記事

保育士さんが転職に失敗する理由とは。失敗談の例や成功するために気をつけるポイント

保育士さんが転職に失敗する理由とは。失敗談の例や成功するために気をつけるポイント

転職活動中の保育士さんの中には、自身の希望に合う保育園探しに苦労している方もいるしょう。給...

保育士さんの転職。なぜ面接に落ちたのか、不採用の理由と今後の対策アイデア

保育士さんの転職。なぜ面接に落ちたのか、不採用の理由と今後の対策アイデア

転職を目指して面接を受けてもなかなか合格にならず、悩んでいる保育士さんもいるでしょう。不採...

【2021年最新版】保育士の職務経歴書の書き方ガイド。転職に役立つ職務内容や自己PRの例文

【2021年最新版】保育士の職務経歴書の書き方ガイド。転職に役立つ職務内容や自己PRの例文

転職活動の際に求められる職務経歴書は、保育士としてのキャリアや自己PRを盛り込んで自身をア...

【2021年最新版】保育士の面接対策!よく聞かれることや質問への回答例文

【2021年最新版】保育士の面接対策!よく聞かれることや質問への回答例文

保育士さんが転職活動をするうえで重要な面接。自身の人柄を上手にアピールするためには、自己紹...

保育士さんの退職の引き止め。断り方のポイントと例文を紹介

保育士さんの退職の引き止め。断り方のポイントと例文を紹介

転職を考えている保育士さんの中には、退職を引き止められた際の断り方に悩む方もいるかもしれま...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!