【2021最新版】保育士試験の筆記科目を解説!難易度や勉強する順番

保育士試験の筆記は全部で9科目あります。一般的に合格率が低く難易度が高い試験と言われていますが、どのような順番で勉強を進めたらよいのでしょうか。今回は、保育士試験の試験科目について、くわしい内容や合格基準を紹介します。出題範囲や試験対策のポイントをしっかり押さえて、合格を目指しましょう。


青空の下の女性

milatas/shutterstock.com

 

保育士試験とは?

保育士試験は国家試験の一つで、合格すれば保育士資格を得ることができます。

1年に2回、春と秋に実施され、受験資格があれば年齢問わず誰でも受けられる試験です。

 

筆記試験と実技試験があり、一次試験の筆記に合格すれば二次試験の実技を受験できるシステムで、両方の試験で合格点を取れば保育士試験合格となります。

 

なかでも筆記試験は科目数が多く出題範囲が広いため、難易度が高いと言われているようです。

勉強方法は、独学や通信教育など人によってさまざまですが、科目の傾向を掴み、効率的な勉強方法を押さえることが合格のカギとなるかもしれません。

 

今回は、保育士試験の筆記科目の内容や合格率、試験対策などを紹介します。

保育士試験の筆記科目について

まずは、保育士試験の筆記科目について解説します。

 

科目の内容

 

筆記試験では全部で9つの科目が出題されます。それぞれの科目名と内容を以下の表にまとめました。

 

筆記試験の科目と内容
教科 内容
1.保育原理
    • ・保育の意義及び目的

    • ・保育に関する法令及び制度

    • ・保育所保育指針における保育の基本

    • ・保育の思想と歴史的変遷

    ・保育の現状と課題
2.教育原理
    • ・教育の意義、目的及び子ども家庭福祉等との関連性

    • ・教育の思想と歴史的変遷

    • ・教育の制度

    • ・教育の実践

    ・生涯学習社会における教育の現状と課題
3.社会的養護
    • ・現代社会における社会的養護の意義と歴史的変遷

    • ・社会的養護の基本

    • ・社会的養護の制度と実施体系

    • ・社会的養護の対象・形態・専門職

    ・社会的養護の現状と課題
4.子ども家庭福祉
    • ・現代社会における子ども家庭福祉の意義と歴史的変遷

    • ・子どもの人権擁護

    • ・子ども家庭福祉の制度と実施体系

    • ・子ども家庭福祉の現状と課題

    ・子ども家庭福祉の動向と展望
5.社会福祉
    • ・現代社会における社会福祉の意義と歴史的変遷

    • ・社会福祉の制度と実施体系

    • ・社会福祉における相談援助

    • ・社会福祉における利用者の保護に関わる仕組み

    ・社会福祉の動向と課題
6.保育の心理学
    • ・発達を捉える視点

    • ・子どもの発達過程

    ・子どもの学びと保育
7.子どもの保健
    • ・子どもの心身の健康と保健の意義

    • ・子どもの身体的発育・発達と保健

    • ・子どもの心身の健康状態とその把握

    ・子どもの疾病の予防及び適切な対応
8.子どもの食と栄養
    • ・子どもの健康と食生活の意義

    • ・栄養に関する基本的知識

    • ・子どもの発育・発達と食生活

    • ・食育の基本と内容

    • ・家庭や児童福祉施設における食事と栄養

    ・特別な配慮を要する子どもの食と栄養
9.保育実習理論
    • ・保育所保育指針の内容など、実習で学ぶ理論について

    (音楽や言語、絵画、絵本など)

 

筆記試験はマークシート方式で出題され、1科目あたり10~20問程度が設問されています。

 

試験時間は各科目1時間ですが、「教育原理」と「社会的養護」は各30分で合計1時間が用意されています。

 

合格した筆記科目は、3年間の有効期間が付されるため、3年以内に再受験する場合その科目は免除となることに留意しましょう。

 

合格基準

 

筆記試験は各科目の配点が100点となっており、9科目すべてが6割以上得点できれば合格です。

 

ただし、「教育原理」と「社会的養護」の科目は各50点で設定されており、両方とも6割以上(30点ずつ)得点していないと合格ではないので注意しましょう。

 

また、この2科目は同一試験内において両方とも6割得点していないと合格とは認められません。そのため、片方のみ合格していても次回の試験で免除になるわけではないということもあわせて覚えておきましょう。

 

科目免除

 

幼稚園教諭免許を保持している場合、免除申請をすれば「保育の心理学」「教育原理」「実技試験」の3科目が受験免除となります。

 

加えて、指定保育士養成施設で筆記試験に対応する教科目を修得していれば、それ以外の科目についても免除されます。

 

また、幼稚園教諭免許を持ち、幼稚園等の対象施設で「3年以上かつ4320時間以上の実務経験」を積んでいれば、先述した3科目に加えて「保育実習理論」も免除される特例制度を利用することができます。

 

幼稚園教諭免許を所持している方は、自身が特例制度の対象者に該当しているか確認しておきましょう。

 

出典:一般社団法人全国保育士養成協議会

保育士試験の合格率

筆記科目の概要をふまえたうえで、保育士試験の合格率について見ていきましょう。

 

全体の合格率

 

厚生労働省の資料では、2018年度と2019年度の保育士試験の合格率は以下のように示されています。

 

保育士試験の合格率
  1回目 2回目 合計
2019年度 14.1% 32.9% 23.9%
2018年度 25.2% 14.4% 19.7%

 

例年20%前後を推移している状況で、そこまで合格率が高くないことが分かります。

 

筆記試験の合格率

 

厚生労働省の資料によると、2015年実施の筆記試験の合格率は25.2%です。

一方、実技試験の合格率は89.1%であり、合格率に大きな差があることが分かります。

 

この理由として、筆記試験の合格率は9科目をすべて合格した人のみの割合が示されているため、低い数字となっていることが考えられます。

 

一方、実技試験は「音楽」「造形」「言語」のうちから2つを選択でき、筆記試験合格後に余裕を持って対策できることから、比較的合格率が高くなっているのかもしれません。

 

出典:保育士試験の実施状況(平成27年度)/厚生労働省

 

出典:保育士の現状と主な取組/厚生労働省

 

保育士試験の筆記科目の対策

筆記科目は難易度が高い傾向にあることがわかりましたが、試験に向けてどのように対策したらよいのでしょうか。

 

関連分野をまとめて勉強する

 

これまで説明した通り筆記科目は全部で9つあり、出題範囲が広いためどの順番で手をつけたらよいのか迷うかもしれません。

 

そういった場合、以下のように科目の内容を大まかに分類し、関連分野をまとめて勉強するとよいでしょう。

 

  • 保育原理/教育原理:保育の基礎について
  • 子ども家庭福祉/社会福祉/社会的養護:子ども福祉の歴史や法令について
  • 保育の心理学/子どもの食と栄養/子どもの保健/保育実習理論:子どもの成長や発達について

 

以上は分類の一例ですが、比較的取り扱っている内容が近いものをグループにして同時期に勉強すれば、頭が整理され知識が定着しやすいかもしれません。

 

どの科目から着手するかは自由ですが、保育の基礎的な内容を網羅している「保育原理」から始めると、その後の勉強がスムーズになりそうですね。

 

参考書でインプットを行う

 

「教育原理」や「社会的養護」は暗記系が多く、かつ読解力も必要になる試験形式のため難易度が高いと言われています。そのため、はじめのうちからコツコツと知識を積み重ねておくことが大切になるでしょう。

 

人物名や法令、歴史などの暗記系は、赤シートを使って繰り返し覚えると知識が定着しやすいかもしれません。

 

また、出題範囲が幅広いため、自分なりのノートを作成すると膨大な時間がかかってしまいます。インプットするときは要点がわかりやすくまとまっているテキストを利用して、自分の苦手とする箇所を集中的に勉強するとよいかもしれませんね。

 

過去問や予想問題を解いてアウトプットする

 

知識をある程度インプットしたら、問題集などでアウトプットしましょう。

 

過去問や予想問題は、出題範囲や傾向を掴むのに役立ちます。また、時間配分を把握しやすくなるので、効率的な問題の解き方を見つけられるかもしれません。

 

アウトプットをすることで、理解できていない部分を洗い出すことができ知識が定着しやすくなります。間違えた問題は繰り返し解いて試験に向けて対策を進めましょう。

筆記科目をしっかり対策して、保育士試験に臨もう

今回は、保育士試験の筆記科目について、内容や合格率、試験対策のポイントなどを紹介しました。

 

筆記科目は全部で9つあり、広範囲に出題されます。また、すべての科目で6割以上得点しなければ合格にならないため、実技試験に比べて難易度が高くなっているようです。

 

試験対策をするときは、科目を分野でグループ分けして、内容が重なるものを同時期に勉強するようにすると、理解しやすくなりスムーズに進められるかもしれません。

 

合格のカギは筆記試験をクリアすることです。効率的な対策方法を押さえて、保育士試験突破を目指しましょう。

 

これから保育士サムネ

 

未経験歓迎の保育求人を紹介

 

関連する記事

保育士資格の免許更新は必要?再発行や書き換えの手続きの方法

保育士資格の免許更新は必要?再発行や書き換えの手続きの方法

保育士資格は免許更新が必要なのか、疑問に思う保育士さんもいるかもしれません。更新は不要です...

地域限定保育士とは?試験の内容や受験資格、科目免除の条件などを解説!

地域限定保育士とは?試験の内容や受験資格、科目免除の条件などを解説!

地域限定保育士とは、特定の地域で働ける保育士のことで、保育人材不足の解消を目的として201...

保育園での面接日程がいつでもいい場合の返信の仕方は?メールや電話での例文

保育園での面接日程がいつでもいい場合の返信の仕方は?メールや電話での例文

保育士の転職活動において、面接の日程や時間がいつでもいいというケースもあるかもしれません。...

【保育士試験】独学で一発合格したい方必見!勉強時間や方法などの対策ガイド

【保育士試験】独学で一発合格したい方必見!勉強時間や方法などの対策ガイド

保育士試験を受験する方のなかには、独学での一発合格を目指している方もいるかもしれません。い...

【2021年版】保育士試験の実技の概要。科目や合格率、ピアノなどの対策方法

【2021年版】保育士試験の実技の概要。科目や合格率、ピアノなどの対策方法

保育士試験の筆記に合格したあとに行われる実技。科目は造形・音楽・言語とありますが、それぞれ...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!